« 当たり前のことが大切 | トップページ | 俺たちに明日はある »

ミッションCLEARを目指せ!

突然、入ってきた吾郎の特番「土曜プレミアム・THE MISSION」。どんな番組かと思ったら、冒頭は他の番組でのロケと説明する軽いドッキリ企画から、MISSIONマンからの指令を受けるというもの。企画自体は大掛かりな感じを受けますが、ゴールデンSP番組のわりにはかなりぬるい番組でしたね(爆) でも、こんなときだから、吾郎の変わらぬキュートな笑顔に癒されました。

スタジオでVTRを見ているのは、吾郎と交流があるヒロくんと友近さん。この二人のワイプ付きコメントが、吾郎をとてもよくわかっている感じなのも楽しかったです。

「スマスマ」のロケだという嘘企画に、なんだか嫌そうな表情の吾郎(笑) そして、本日の企画が書かれたメモを朗読させられる。
これは、フジテレビのゴールデン特番だ。既にカメラは回っている。ちなみにマネージャーにはOKをもらっている。やるなら旅館の外へ出ろ。嫌ならやめても良いが、そこまで含めて必ず放送する

読み終わって、旅館の部屋のカメラの位置をすぐさま確認する吾郎。そして、ひと言・・・
吾郎 「じゃあ、やだ

(笑)(笑)(笑) このテンションの吾郎だからこそ、この企画が面白い。テンション低く始めるものの、なんだかんだ言って楽しくなっていくのが吾郎らしいなぁと、最後まで見ていて思いました。とにかく、愚痴は出る(笑) これは、もう吾郎のお家芸みたいなもんだから(爆) しかし、素敵な日本の風景にも合う吾郎さまですね。

MISSION1: 30分以内に一般の方に「ありがとうございます」と言ってもらえ
とにかく、人がまったくいない田舎の駅で、電車が来るまで人通りがない。ホームに入ってきた電車から降りてきたお婆さんに、階段を気遣う吾郎。
吾郎 「段差、気をつけてくださいね~」
お婆さん 「ありがとうございます」

開始2分47秒でCLEAR! あまりの早さにスタッフも大ウケ。いつも紳士な態度の吾郎ならではの自然な流れでしたね。

MISSION2: 1時間以内に「本当にありがとうございます」を言ってもらえ
これは、意外と難しそうと思ったら苦戦しましたね。お礼を述べるときに、あまり「本当に」までつけて言うことはないもの。ここから、吾郎は心優しい男性一般人をお供じゃなくて(笑)・・・味方につけて最後までミッションを果敢に挑戦していくことになります。この男性、あまり吾郎と年は離れていないのに、かなり年の差があるように見えて、二人の足湯でのツーショや会話がとても微笑ましかった。すごく優しい方ですよね(笑)

しかし・・・ミッションをクリアするために、普段はジャニーズのタレントということもあり写真NGなのに、自ら「写真撮ったりとかしたくないですか?」「AKB48全員のサインもらってきてあげますよ」「木村くんのサインはもらえると思う」など、攻める、攻める(笑) この方、吾郎と二人で写メしたり動画撮ったりとかなり貴重なものをGETできて羨ましい。スタジオにいるヒロくんも、これだけ長くいてもあまり二人だけの写真はないと少しやきもち発言が(笑)

場所を変え、畑でほうれん草畑の雑草取りをしているおじいさんを手伝うことに。しかし、吾郎がずっと手に持っている電車の手提げかばんがとっても可愛いのです(笑) これ、持たされた感バリバリなんですけど、言われたままに吾郎はずっと持っていた(笑) 

最後ギリギリ58分15秒で、吾郎の粘り勝ちにてミッションをCLEAR!

MISSION3: 百人一首日本一と対決して1枚取れ!
お相手は、百人一首の大学生チャンピオン。これは、なかなか難しいよね。カードを取るときのコツを教えてもらわないことには、最初の一手で勝てる要素はないわ(苦笑) とにかく、戦法としては、20枚中2枚にだけ的を絞ってみるが、やはり取れない。取り合うときに、相手の爪が当たったのか指を切ってしまってペロリと舐める吾郎がセクシーheart そして正座ができなくて、女の子みたいに横座りする様も素敵(笑)

最後の1枚は、VTR判定で惜しくも逃しCLEARせず。

MISSION4: 2時間以内にハープで1曲弾ける人を探せ!
日本には1000人ぐらいしかハープを弾ける人がいないと言われる中で、この片田舎で探せるはずがないとグランドハープをゴロゴロ引きずりながら歩く吾郎がシュールで(笑)(笑)(笑) 途中出会った中学生の子たちに、音楽の先生に電話してもらうも学校から撮影の許可を取るのが時間がかかりそうなので断念。ここで、自分のスマホを吾郎に手渡した女の子すごく喜んでいましたね。友達も「いいな~!」って。わかる、わかる。これ、この後サランラップで包んでおきたいぐらいだよね(笑) でも、それより電話渡すときに手が触れ合ってるほうが羨ましいよ(笑)

その後、保育園でヴァイオリンを弾ける方がいるということで、そこからハープを弾ける人を紹介してもらう。その方の家に行くと、不在・・・と思いきや、ちょうど帰宅! (この辺りは、完全に偶然なのか呼んで帰ってきてもらったのかわかりませんが、時間制限があったことを考えるとミラクルに違いなし) 普段は、グランドハープではなくアイリッシュハープを弾いてらっしゃるようです。

問題なく「ロンド」を演奏され1時間47分21秒でCLEAR!

吾郎 「なんか、すごいねぇ・・・いい一日だった!(一緒にずっとついてきてくれた男性は)僕にとっては、第二のヒロくんが生まれちゃったんじゃないかなと」

スタジオのヒロくん、ちょっとやきもち(笑) しかし、友近さんはまだしも、ヒロくんは一般の方なのにコメント上手ですよねぇ。吾郎のご友人たちは、きっと吾郎と同じで社交上手な方が多いのだろう。とにかく、吾郎が楽しめた企画で良かったです。

|

« 当たり前のことが大切 | トップページ | 俺たちに明日はある »

コメント

kazuyoさん、いつもレポありがとうございます。吾郎さんは、ヒロくんが「人見知り」と言ってましたが、プロのスイッチを入れたら凄かった(笑) コミュ力が高いというか、素人さんにもグイグイ行ってましたね。足湯の師匠がずっと同行してたのが面白い画でした(笑)野菜畑にも電車にも意外と似合う稲垣吾郎様に、さすが伊達に長く芸能人やってきてないな〜と、順応性の高さに驚き、楽しみました。番組としては、ゲストの場面が分散してたのがちょっとだらだらした感じもあったかな?と思い、惜しかった印象です。しかし、自分が色々と不安な時に大変癒された番組でした。ミッションクリアした時の吾郎さんの笑顔が何よりのブレゼント!吾郎さんとSMAPみんなの笑顔が大好きですから。

投稿: ゆかP | 2016/01/19 08:37

kazuyoさん こんにちは。
「THE MISSION」、観る前は不安しかなかったのですが、蓋を開けてみたらどうしてどうして、とても楽しい番組でした。まぁ、とにかく吾郎さんが可愛くて可愛くて。でも折々、本当に男らしい方ですよね。そして持ってる!ハープのクリアは本当にすごいミラクルだと思いました。解説のお二人も良かったですよね。他の方の挑戦の解説と明らかに違かった(笑)ただ見守られて甘やかされてる(笑)偏見なしで見せて頂ければ、何の文句も無い番組になるんじゃーんと思いました。そろそろ「ヒロくん」の枕詞に「謎の半同居人」といれるの止めませんかと(笑)
楽しい番組でした。やっと五人の声が聞けると思った昨夜の番組があんなことになって、吐き気がする今日、もう一回見直してもちゃんと笑えました。どうかどうかスマさん達が幸せでありますように。楽しい番組を楽しく観られるのはただその点に関わっていることだと思うので。

投稿: ゆきち | 2016/01/19 11:52

kazuyoさん、こんにちは。「THEMISSION」予告では、どんな番組なのかよくわからなかったけど、とても楽しめて、面白かったです。ヒロくんの言葉が、凄い優しくて吾郎ちゃん想いなのが伝わってきて、また一緒に楽しんで見てるのが良かったです。吾郎ちゃんも、最初は、いやいやだったけど、さすが、そこはプロですよね。次第に自分なりにこの仕事を楽しんでいて、結果的に吾郎ちゃん自身もテンション上がっていってるのがわかりました。そんな吾郎ちゃんが素敵です(笑)言葉を引き出すのも彼なりに試行錯誤しながら、自然に引き出していて凄い賢いと思ったし、人の心に自然に入っていくのも吾郎ちゃんの良さだと再発見できました(笑)全部吾郎ちゃんは可愛かったんですが、私、個人的に「可愛い~heart04」ってなったのは、足湯に入ってる所の動画を撮る時に、旅先に友人と来た女の子みたいに笑顔で「足湯入ってまーす」の所も凄い可愛かったです(笑)手の振り方すっごい可愛かったhappy02お気に入りです。騒動のさなか、吾郎ちゃんの、天使のような笑顔が見れて幸せで癒されました。昨日の会見は、醜い権力にSMAPの笑顔も何もかも奪われていると思いました。そんなの間違ってます。絶対許せない。吾郎ちゃんの事、SMAPの事、守り続けていきたい、そう思っています。

投稿: りな | 2016/01/19 15:10

trainゆかPさん
吾郎は人見知りというよりは、敢えて自分から交流を持とうというほうではないですよね。間口は広いとは思うのですが、深く入り込もうと思うと意外と大変という感じがします(笑) なので、テレビ的に一般の方にも気軽に話しかけることができるのは、吾郎の得意とするところだと思います。話し方が優しいので、年配の方も普通にお話できる雰囲気を持っていますよね。見た目は王子だけど(爆) 民衆の生活を見ようと城から降りてきて、楽しんでいるような・・・そんな感じですか(笑) 番組の編集は、同じこと思いました。視聴者に最後まで見てもらおうという意図があったとは思うのですが、吾郎なら吾郎でまとめて見せてほしかったなぁと。そのほうが、どの挑戦者のも楽しく見れた気がします。しかし、吾郎のキュートな笑顔は反則だわ(笑)


trainゆきちさん
どんな番組なんだろう・・・スポットを見る限りではなんか楽しそうだなぁとは思ったけど、下手したらぬるすぎる番組かもしれないなぁとは思っていました。確かに、ゴールデンSP番組にしてはぬるい番組だったけど(笑)、実にあったかい番組でしたね。他の挑戦者のミッションも、人を落とすことなく楽しいものだったと思います。しかし、ヒロくんも友近さんも、吾郎にはひたすら甘いですね(笑) よく知っている人だと厳しいツッコミとか入りそうなのに、コメントに愛が溢れていたわ。「謎の半同居人」という説明は確かに失礼ですよね。普通に「友人」でいいと思います。こういうところが、フジテレビっぽいんだけど(苦笑) 「スマスマ」は、ビストロも楽しくできていたと思うのですが、とにかくリアタイしているときはまったく頭に入ってきませんでした(汗) 実に残念ですよねぇ。ナカゴロちゃん満載だったのに。今後も、変わらず「スマスマ」を笑って見ていくことができたらいいですね。


trainりなさん
この番組って、以前も放送された企画番組なんですかね? ちょっと、その辺がよくわからないのですが、嫌々始めてみる吾郎が、出されるミッションにちゃんと全力を出して挑戦して楽しんでいる様子を見させてもらってありがたいものとなりました。一般の方と絡む吾郎は、本来持ってる優しさが全面に出てきてますよね。ぶらりといろんなところを回るロケは、吾郎にとっても合っているような気がします。最初のミッションはまだしも、二本目からは結構と難しいミッションだったにもかかわらず、最後の最後まで諦めず攻める吾郎を見て、この人はやっぱりとてつもなく強い人だと思いましたね。プロ意識も持っているし、そのうえで自分も楽しめる域にまで持っていける能力はすごいと思います。特に突っ込んだり、バラエティ色強くしようなどとは思わず、あくまで自然体で稲垣吾郎の面白さを存分に発揮できる人だなぁと。いろんな可愛い吾郎さんが見れて、ファンとしては大満足でしたね。吾郎の笑顔は、人を幸せにします。この笑顔をずっと見ていたいですね。

投稿: kazuyo | 2016/01/19 20:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 当たり前のことが大切 | トップページ | 俺たちに明日はある »