« ぷっすまダンス部に入部! | トップページ | ラブラブお気楽さんたち »

Let's ボーダートリオ!

今週の「スマスマ」は、特別編となる「SMAPxSMAPプレゼンツ 境界線クイズ2016」となりまして、これは1997年から1998年にかけて中居くんの番組「中居正広のボクらはみんな生きている」の中のワンコーナーでした。中居くんが番組進行をするのかと思いきや、今回は吾郎慎吾のパリピアトリオがMCをするという変則技(笑) なぜ、この企画を「スマスマ」でやろうと思ったのかわからないのですが、三人のいいところがうまく出た番組となりました。

この三人だと誰がメインで進行するのか・・・誰でもいける感じですが、ここはしっかり番組を進行していく吾郎に。これが、まぁ、実にスムーズでうまい進行で、SMAPの「27時間テレビ」のご当地コーナーでうまく進行した吾郎に白羽の矢が当たったのかな。もちろん、しんつよの二人も適材適所という感じで、剛がクイズの問題となる人たちの紹介。そして、慎吾がうまく番組を盛り上げる役割を担っていました。境界線クイズということで、三人の衣装には黒と白のボーダーが入っています。吾郎は蝶ネクタイとチーフ、剛はインナー、慎吾は同じくインナーとジャケットのポイントに。三人並んでいると、とても可愛い。

慎吾 「慎吾と剛で「シンツヨ」っていうのは聞いたことありますけど、「ツヨシンゴロウ」ですね」
 「三人になるとさぁ、僕が初めになるんだね。「ツヨシンゴロウ」でしょ?でも、いつも「シンツヨ」じゃん?まぁ、どうでもいいか」

(笑)(笑)(笑) 投げっぱなしの剛。これは、良い意味でグダグダになりそうです(爆) 怯むことなく番組を繋げる吾郎。ゲストパネラーは、月9「ラヴソング」チーム。(助っ人 NON STYLE)、火10「僕のヤバイ妻」チーム。(助っ人 濱口優(よゐこ))、木10「早子先生、結婚するって本当ですか?」チーム。(助っ人 平成ノブシコブシ) なんと、どのドラマチームも主役が来ていないという異例の番宣クイズ番組(笑) これが、実にツヨシンゴロウに合っていました。とにかく、誰も彼もが伸び伸びと楽しそうで、自由に発言し動き(笑)、MC三人にツッコミ且つフォローするという不思議な空間となった(笑)

一問目から、タイトルコールをツヨシンゴロウ三人で。
「「「Let's・・・きょ、境界線!」」」 揃わなくて可愛すぎ(笑) 

第一問目 「小学生女子と大人女子の境界線
わかりそうでわからない。最近の小学生は成長が素晴らしい(笑) お化粧すると、童顔の大人女子と話さなければほとんどわからない。(声でわかってしまうので、この境界線クイズの7名はトークNGです)
踊りが得意という女子のダンスが始まると、お約束で慎吾が吾郎を前に押し出し(笑)、一瞬躊躇するもバラエティを考えてなにやら即興で一緒に踊る吾郎(笑) そして、最後にハイタッチ。慎吾のしてやったり顔に、剛の満開の笑顔という特典付き。

吾郎さん(汗)?」というゲストの方たちの焦ったツッコミもものともせず踊りきる吾郎がアッパレすぎて(笑)
井上 「1番進行する吾郎さんがふざけちゃうんですか?」 (確かに、メインMCは普通振るほうだもんね(笑))
吾郎 「たぶん1番ふざけているのは、この人(慎吾を指差して)ですから(笑)」
 「ごろさん、いいね~」 出たっ!剛のとにかく吾郎を褒めたたえる姿勢(爆)

慎吾 「(女子に)ほんとに(踊り)得意なの?」 確かに、ゆるゆると踊っていましたが・・・
吾郎 「良かったですよ!」 さすが、吾郎さん(笑)
 「良かったよ!小学生ですからねっ!」
スタジオ中、一瞬し~んとなり「えっ?!」「えっ~~~(笑)!」の爆笑の渦。剛、なんかポロリした(笑)?

答え合わせのあと、緊張している小学生女子のくだりで・・・
井上 「緊張していることとかね、収録現場の独特な雰囲気で、そりゃあ、こっち見抜けますから」
吾郎 「ふんふんふ~ん・・・まぁ、そうだねぇ」
慎吾、大ウケ(笑)
井上 「吾郎ちゃん(笑)!」 (「ちゃん」って言いましたよね?)
石田 「こんなにわかりやすい苦笑いあるんですか(笑)?」
ナイスツッコミ(笑)!

第二問目 「整形美人とナチュラル美人の境界線
ナチュラルな方はまだしも、整形して美人になったことにどなたも誇りを持って堂々と整形前の写真も披露されることに、なんだかとても素敵だと思った。個人的には、親からもらった顔は触りたくない派ですが、整形することで人生が明るくなるのならいいんじゃないかと思う。そんな風に思わせてくれるテーマになっていましたね。

前のほうで見るのは禁止なのに、ちょっと出て見に行こうとする水野さんを警告する八嶋さんに「うるせぇ!」・・・水野さん(汗)?! 番組進行役がそんな様子を止めるでもなく、笑ってるし(笑) これが、中居くんが司会なら迷わず止めているだろうなぁ(笑) この自由っぷりが良かったですね。

第三問目 「ジェンダーレス男子と女子の境界線
これは、なかなか難問だったみたいで、どなたもどちらにも見れる感じが今の世の中なのかなぁと。普通に電車乗っていてもわからない子たち多いですもんね(笑) 男子でも女子でも可愛いわ。センターの「ゴキブリをペットにしている」人だけは、ちょっと理解不可能だったけど(笑)

八嶋 「本当に、ウチは焼肉弁当(勝利チームの景品)ほしいのよ」
水野 「ウチもだよ!」
八嶋 「学校の生徒とかもいっぱいいるから」
井上 「そんなの弁当持って来させればいいんだよ!」
佐藤 「井上、マジお前うるさいなぁ!」
井上 「なんだ!このヤロー!」
吾郎 「皆さん、撮影中とは思えないぐらい元気ですね(苦笑)」 吾郎が、さすがにフォローに入ったのに・・・
水野 「(木10チームに)適当にやってんだよ!」
八嶋 「なんだと!このヤロー!お前!水野真紀黙ってろ!」
水野 「真紀じゃね~わ!美紀だわっ!」
ほとんど漫才(笑)(笑)(笑) 逆にとっても仲が良いんでしょうね。SMAP関係ないのに大笑いしたので書き出してしまったわ(笑) しかし、これがゲストのいたって普通の姿勢だろうと思われる火10チームの目立たなささと言ったら(笑) 

1時間丸ごと全員で盛り上げた番組でしたね(笑) そして、誰もが本当に楽しそうだった。誰を落とすわけでもなく、それでいて自由に発言して、MCの三人がすべて包み込んでくれる、ある意味「ノーボーダー」の番組だった(笑) これは、またSPで別途番組になりそうです。今回、中居くんと木村くんの出演がなかったので、上二人にはまた別企画で何かやってほしいですね。

|

« ぷっすまダンス部に入部! | トップページ | ラブラブお気楽さんたち »

コメント

こんばんは。オープニングのイマイチ揃わない感じ、ロハスの「1位じゃなくっていいじゃない」を思い出しました。でもゲストの役者さん達がこんな番宣番組ある?ってぐらい、大笑いしてハジケてましたね。これは「よし、この司会者達を盛り上げてやろう!」と思って下さったのかな(笑)?剛くんの「がんばった大賞」に出ていた方もいらしたこともあるかもですね。剛くんの答えポロリもそうですが、私は吾郎さんの苦笑い(笑)には笑いました~。本当に面白かった!リピしてみちゃいました。「吾郎さん!?」と問いただしたくなる気持ち、分かります(笑)慎吾くんはよく見ていて、機転が利いて間がいい。本当によく出来る子です。剛ファンにはすだっちの顎クイもあり、実に美味しかったです。剛くんもだけど、すだっちも色白で横顔がとても綺麗。すだっちに顎クイされた時、思わず目を瞑る剛くんが面白かった(笑)。しんつよが吾郎さんを見る目が本当に可愛くて、期待以上に楽しい番組でした。ゴロウデラックスも本当に楽しみ。Okiraku2のどの部分を吾郎さんが朗読してくれるのかな。消しゴムはんこも注目ですね♪

投稿: つじ | 2016/04/27 18:51

kazuyoさん、こんばんは。MCの三人ともちゃんとそれぞれ役割を果たしていて、ゲストの方も皆さんリラックスされてる感じがでていて(水野さんと八嶋さんのやりとり面白かったですよね(笑)しかもMCだれも止めない(笑)あの二人コンビ組んだら面白そう(笑))盛り上がってて面白く拝見しました。MCがほんわか和やかだったら、スタジオも元気で和やかになるんだなぁと改めて、三人の凄さを感じました。境界線に合わせた服装も可愛かったし、吾郎ちゃんの蝶ネクタイも可愛くて似合ってましたheart04それにしても、今の小学生は凄い大人っぽくてでも、写真や声をきくとあどけなさがあるなどギャップが良かったです。剛くんの天然ミスも、剛くんの顔が赤くなってるのが可愛かったし、こういうハプニングも面白いですよね(笑)次の整形美人の境界線では、私も、親からもらった顔に傷をつけるなんてとは思うけど、でもご本人達が幸せで明るく人生をエンジョイしてるのなら、「良かったね」って思います。笑顔で明るい人生が一番ですよね。ジェンダーレス男子の境界線これむずいですよね(笑)皆さん可愛くて一番の方が女子っていうのにビックリし、ゴキブリをペットにしてる方には、引いちゃいましたcoldsweats01大きなお世話かもしれないけど絶対彼女できないと思うcoldsweats01ツヨシンゴロウトリオのわちゃわちゃも見れてほっこりしたし楽しい時間でした。また他のメンバーの企画や、組み合わせも見てみたいなって思いました。

投稿: りな | 2016/04/27 22:52

updownつじさん
なぜに下のメンバーがMCをすると、こうも可愛いグダグダ感になるんでしょうね(笑) 確かに、テレ東さんで放送された「1位じゃなくっていいじゃない」も同じような癒しの空気感だった。これが、彼らの最大の魅力ですよね。ゲストの方たちが、率先してツッコんでフォローして和気藹々とするこの感じ・・・たまらないですね(笑) 三人それぞれの自由度がまた違っていて、逆にすごくカラーが出ていたなぁと感じました。中居くんのように自分でイニシアチブを取って、ゲストを丸ごとまとめてひとつの番組にしてしまう手腕はもちろんとても素晴らしいものですが、これはこれで誰も真似できないオリジナリティがある番組になっていましたね。まとまっていないようで、実はちゃんと三人の役割がしっかりできあがっているからこそ楽しめる番組になっていたと思います。MCが三人いることの「意義」がちゃんとあるんですよね。剛くんの菅田くんからのあごクイは、これまた慎吾のいい振りでしたね~(笑) 苦笑いする吾郎に素で大爆笑してしまう慎吾の楽しそうなこと。この笑顔がほしかった(笑) 明日は、剛が「ゴロデラ」でなにやらいろんなことをしてくれそうで実に楽しみです。


updownりなさん
水野さんと八嶋さんの喧嘩コント(笑)ができたのも、ツヨシンゴロウがMCだったから起こったことで楽しかったですね。一緒になって笑っている三人を見るだけで癒されます。世間から、「SMAPはどうなっているんだ?!」とかいろいろ言われていても、この笑顔を見させてもらうだけで「なんとでも言ってくれ」って思っちゃいますもんね(笑) 境界線となるテーマも、今の社会を見事に反映しているものばかりでなかなか優秀だったと思います。ゲストの方たちのリアクションもとても良かったし、吾郎のメイン進行もスマートだったし、シンツヨのコメントも上出来でした。素直に心から楽しめる番組になっていましたね。欲を言うなら、もう少しSMAP三人でのトーク絡みが見たかったかな。今後、もしまた同じ企画でやるようなら、その辺りも考えてくれるとありがたいです。上二人がいないことを問題視する人も世間にはいたみたいですが、「スマスマ」はもともとメンバー1人での特別編とかは昔からありましたから。面白い企画があれば、ドンドン入れ込んでいってもいいと個人的には思っています。もちろん、5人全員での企画もまた考えてほしいですね。

投稿: kazuyo | 2016/04/28 00:13

5スマが出てこない、と不満を持つSMAPファンも多かったようですが、
ばら売りしても今回みたいに3個セットでも価値があるのが、SMAPの強みなので、
たまには、変則型も楽しいと思いました。
5人の収録がない長い(!)期間にスタッフさんには5スマで最高の企画を練っていただきたいです。
しかし1時間見て、驚いたのは、上の2人がいないだけでこんなに緩々になるのかと。
上の2人の威圧感(!)がなんとも懐かしくなりました。
やっぱり「料理、コント、歌」の3本柱が見たくなりますね。
確か、昔は祝日に被った月曜日は特別編としてメンバーひとりの企画をしてましたよね。
それもいいですよね。
ただ長いだけで退屈な名ばかりの「2時間SP」なら、メンバーひとりの企画のほうが見たい。
結局、どんなSMAPも好きなんですけどね。

投稿: ゆずこしょう | 2016/04/29 16:19

updownゆずこしょうさん
私も、今この状況でとか関係なく、「スマスマ」の特別編は始まった当初からメンバーそれぞれで楽しいものがたくさんあったので、こういう回があってもいいと思います。それこそ、ひとりずつでもいいですよね。あんな大騒ぎにさせられて、本人たちは何も言っていないのに勝手なことばかり書かれて本当にスーパースターって大変なんですね。悪いことだけじゃなく、良いことも斜に構えて見聞きするようになってしまいました。それでも、世間の人たちは書かれたものを鵜呑みに信じるんですね。いつか、しっかり5人の口からちゃんと聞きたいなぁと思います。とりあえず、こんな楽しい企画番組を見させてもらえるのなら楽しまないと損ですよね(笑) 「ただ長いだけで退屈な名ばかりの「2時間SP」なら、メンバーひとりの企画のほうが見たい。」 まったくもって全面同意です(笑)

投稿: kazuyo | 2016/04/29 19:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぷっすまダンス部に入部! | トップページ | ラブラブお気楽さんたち »