« レキドクから見る歴史 | トップページ | 古文書の魅力 »

不機嫌な果実 第二話

ものすごく展開が速いドラマ「不機嫌な果実」ですが、今週も怒涛のようにいろんなことが進んだ。あれよあれよと言う間に、先週最後に妻のスマホから浮気を確信した夫が、ほとんどホラー(笑)(笑)(笑) 実に、深夜ドラマっぽい。もう、このドラマはこれでいいと思う(笑)

今回の件でわかったこと・・・それは、このドラマに出てくるキャラ誰も彼もが「」であるということ(爆)

麻也子 - 「自分は損をしている」 結婚にどれほどの夢を持っていたのだろうか。大なり小なり、誰もが結婚してパートナーに不満や愚痴は持っている。確かに、妻より母親を大事にしている節はあるけど、姑としての忠告をサラッと止めてくれたりする夫はそこまで酷くない。几帳面なところも、だらしないより数倍いいと思う。土下座してまで必死で働く夫は、素敵なマンションに住めるほどの甲斐性があり、男前。(これ、大事(笑)) 確かに、夜の営みの拒否の仕方は酷すぎるが、不倫する前にちゃんと話せばいいのに。

久美 - 思わぬダークホースだった友人(笑) まさかの、麻也子の夫との不倫。(予想はしていたけどね(笑)) 口では、「不倫は絶対にダメよ」と麻也子や玲子に口うるさいほど忠告するのに、自分は友人の夫と不倫って下衆すぎる。

玲子 - 夫は主婦業を一手に引き受けてくれて、素敵なマイホーム。確かに、見た目はいまいちかもしれないけど(笑)、それをわかって結婚したはずなのに、若い男性と浮気なんて裏切り度が大きすぎる。

航一 - 姑が来たときの妻の不安な顔や寂しそうな顔に気づいているのかいないのか。冷たい態度を取るのに、妻が浮気をしていると知ったら恐ろしいほどの怖い顔。「目には目を 歯には歯を」という自身の不倫行動というわりには、かなり以前から妻の友人と浮気している様子には理解不可能。

野村 - 妻と子供がいるのに、かなり昔から浮気を繰り返す男。それも、過去に関係のあった女性にもアピールするしつこさ。平気で、浮気相手を旅行に誘えるとんちんかん野郎。夫としては最低。

通彦 - 人は良さそうだが、一目ぼれした女性の友人に「夫がいるから手を出すな」と釘をさされたにも関わらず突き進む自分勝手な人。

(玲子の夫) - 表では良い顔をするけど、内に秘めた自由奔放すぎる愛する妻への憎悪。そして、若干変態ちっく(笑)

本当に、誰にも共感できないドラマ。もちろん、人間なんて悪いだけの人はいないと思うので、彼らもいいところはあります。個人的には、主役の麻也子が一番共感できない。基本的に幸せを見つけようと思えば得られる環境にいて不満だけを募らせる人は苦手。まだ、許せるかなぁというのは玲子ですかね。(いや、茂以外で選ぶならですが(笑)) ここまで、割り切って堂々とやっていれば「そういう人もいるか・・・」と思える。(次週は修羅場になりそうですが) わからないのは久美。本当に航一が好きで不倫をしているのか疑問。(洗濯物の航一のものであろうシャツを見て嬉しそうな顔を見たら本当に好きなのかなぁとは思うけど・・・) 航一もまだまだ秘密がありそうで、この二人が一番先が読めない。

次回は、一同が久美のワインバーに集まってしまうのが見どころですかね。

吾郎さんの萌えポイント
土下座や優しい声音での(演じていたとしても)麻也子への電話などいろいろありますが・・・やはり、今回は最後の久美との逢瀬のシーン。
麻也子への電話をきったあとから表情が変わり、そしてまた男の表情へと変わっていく様に吾郎さん、すご~い!と(笑) そして、やっぱり吾郎さまのキスシーンkissmarkは美しい。(ドラマでのキスシーンなんて、ほぼ10年ぶり。舞台でなら毎年見せてもらえますが(笑)) 成宮くんや橋本さんの生々しいキスと比べられたりしていますが、これは逆に静かだけど大人のキスでエロいと思えるのが大人の女性ですかね(笑) そして・・・吾郎さんの前髪が良い仕事しているのよheart

今後、生々しいシーンもドンと来い!な気分ですが、もろ肌がちょっと見えるだけでセクシーな吾郎さんにはもう少し頑張ってもらおう(爆) 来週が本当に待ち遠しい。

|

« レキドクから見る歴史 | トップページ | 古文書の魅力 »

コメント

kazuyoさん、早速のレポありがとうございます。もう、怒涛の展開に何から書けば良いのやら(笑)私は早くも2話で付いていくのが精一杯です。いやぁ、吾郎さんが出ていなければもう脱落してるかも(面白いんですけどね、登場人物達がみんな信用できないから疲れちゃって笑)。私は、今のところ一番許せないのは久美ですね。男よりも女友達に裏切られた方がショックだと思うので。しかも自分の事を心配して「不倫はダメだよ」って忠告してくれてると思ってたら、自分の夫と付き合ってるんですよ!しかも、何か最近の付き合いじゃない感じ?なかなかの悪女だと思います。
航一さんは、恐くて仕方なかった(笑)。寝てると思ってたらカッと目を開けたり、旅行に行きなよ、と優しくしといて玄関でたら氷のような表情で、フッと笑うのが…ひぃぃぃぃ‼︎ 本当に吾郎さんの演技大好き過ぎて何回もリピしました。
あと、最後の密会シーンですが、私もあの、久美の手が絡んできて航一さんがニヤッとして、久美の顔が近づく場面の吾郎さんの表情がとてもエロティックだなと思いました。ほかの人の濡れ場に比べると些細な場面かも知れませんが、電話中は優しい表情で、切った途端に冷たく厳しくなってからの、あの感じ、激エロですよね‼︎(笑)
キスシーンは、ちゃんと役どころを考えた上級者の演技だと思いました。相手役さんの動きも抑え気味でしっとりした雰囲気だったので、あそこでぶちゅーとはなりませんよね(笑) 例えば吾郎さんが野村役だったらもっと激しくしてるかも知れませんが、航一さんは今のところ違うと思います。でも充分美しい大人のキスシーンでした。潔癖で淡白そうな航一さんが、これから濃厚なラブシーンをするような心理的な変化があるかは分かりませんが、取り敢えず期待だけはしとこうかなと思います。

投稿: ゆかP | 2016/05/07 23:40

appleゆかPさん
過去放送された同名タイトルのドラマは、原作に近く夫が妻の浮気を見つけるまでにかなりかかったみたいですが・・・初回最後にすでにバレてしまった段階で、今回は原作を元にした完璧なオリジナルですよね(笑) 逆に、過去のドラマと同じような暗い不倫ドラマなら見続けるのがしんどかったかもしれないことを考えると、展開が速くてコミカルな部分があったり、ホラーっぽい演出はありがたいです(笑) 一番許せないのは「久美」というのもわかります。自分に置き換えて、自分の夫と親しい友人が不倫をしていたら、夫だけでなく友人への不信感でダブルダメージをくらいそうなので(苦笑) 久美は、何がしたいんだろう・・・ただ航一が好きで不倫したいだけなのか、麻也子に対して何か憎しみがあるのか、ただ単に近くの傍目には幸せそうな夫婦が悔しいのか。航一と久美の関係は、どちらが先にアプローチしたんだろう。その辺のところも描いてくれたりするのかな。とにかく、吾郎演じる航一もわけワカメの人物なので、今後まだまだ解き明かされる事実がありそうですよね。しかし、吾郎さんの目の演技は本当にぞっとする。うますぎて引くレベル(爆) 世間の視聴者の方たちには「気持ち悪い」「こんな夫、無理!」とかさんざん言われていて、役者冥利に尽きるのではないかと。「流れ星」の修一兄ちゃん並みに嫌われてくださいと思っています(笑) ラブシーンのお相手が高梨さんなのは良かったなぁと、今回のお二人の美しさを見て思いました。今後、他の男女のように熱情のまま絡みあう二人のシーンとかあるんでしょうかね。そんなことも少し期待しつつ見ていきたいと思います(笑)

投稿: kazuyo | 2016/05/08 00:17

Kazuyoさま

本当に展開が速いので、あまりドロドロ感に浸っている暇がないのが気楽に見られる要因でしょうか。登場人物の背景に生活感をあまり感じないのも面白く、楽しく見られていいのかなと思っています。相変わらず突っ込み所満載ですが(笑)
私のように年を重ねた者からするとコメントしずらい内容を、Kazuyoさんが人物に分けてそのポイントを挙げてくださったので、助かります。
大体浮気って妻の方が敏感で、先に気付くものだと思っていたのに、麻也子は呑気ですよね。まだ結婚5年目で夫から関心を持って貰えなくなったら、他に女性がいるのではと疑うと思うのですが(苦笑)一流企業に勤めていてイケメンだったら、女性がほっとかないでしょう(笑)
2話は、一番まともだと思って居いた久美が、友人の夫をとるという衝撃の展開でしたが、すました顔をして平気で裏切っているとは怖いですよね。

六角さんが今のところ出番が少ないけれど、良い味を出していてさすがだと感じながら、これからどういう逆襲が始まるか楽しみです。

吾郎さんの演技は期待通りで言うこと無しですが、濃厚なラブシーンの連続で、お腹一杯という感じを気分転換させてくれるあの独特の雰囲気と存在感は、このドラマには無くてはならない存在ですね。キスシーンもあのくらい綺麗にしてくれると絵になりますよね。

はらはらドキドキ、実感があるようで無い美男、美女が織りなす不倫劇は、非日常的であるから嵌るのかも知れません。どういう終着点を迎えるのか今後が益々楽しみです。

投稿: さやか | 2016/05/08 11:42

Kazuyo様
お久しぶりです。ドラマがあまりにもツボでのこのこ出てきました(笑)。
私は結構不倫ドラマ苦手ではないんですよ。生きている以上人間は変わっていくし、社会的な自己とは別に、本能的な部分のエゴは、だれでも持っていると思うし。
ただ、所詮は他人事として味わいたいので、私にとってそうゆうドラマは、演技が上手な美しい俳優・女優さんと、美しい映像が不可欠で。
そういう意味では、制作会社さんが「嘘でもいいから」と同じということも、このドラマが2話とも、小気味よく、振り切った演出であるということにも信頼が持てます。
そしてわれらが吾郎さんの素晴らしいこと。少し癖はあるけれど女房が少し侮ることが可能な程度の普通にいるようにみえる(ただし飛び切りイケメンの)男性が実際2話のような見えないところであんなふうだとすると、女性陣はどんなに恐怖でしょう。
日常の恐怖、人の心理の恐ろしさを、吾郎さんと、六角さんが担っていて、特に吾郎さんが寡黙でありながら、最初と最後にかならず持ってこられるということが、制作陣からどれくらい信頼されているかと思い感慨深いです。
制作会社さんのお花は舞台でなんどか拝見しているので、今回個人的には吾郎さんありきだったのかな(?)と勝手に思っている企画が実現したことに深い喜びを感じています。
HPも充実していて、コメントを残すのも楽しみになってきました。このままの疾走感を維持してほしいですね。

投稿: おとと | 2016/05/08 14:50

kazuyoさん、こんにちは。最初の恐い航一で目が覚めたり寝てると思ってた航一が、急にパッと目を見開いたり、今まで優しい顔していた航一が急に、怖い顔や不敵な笑みを浮かべたり、茂が急に真顔で「殺したいほど」って言ったりこれはホラーサスペンスですか?ってなくらい演出がホラー化していて、面白くて、またこの時間帯ならではの楽しさやセクシーさも沢山でいいですよね(笑)今回、あれだけ「不倫なんて最低」みたいなことを言ってた久美があろうことか、友人の旦那と不倫したことには、どういう神経をしてるんだろうこの人は?(まぁそれは航一もだけどcoldsweats01)ってなりました。前回電話をかけてるシーンもきっと航一ですよね。私、実は久美だけはなぜか信じてる部分があって、(怪しい節はあったけど、私、バカだから別の人を想像してましたcoldsweats01)ドラマだけど人って簡単に信じちゃダメと言う事を学びました(笑)もう、でてくる人みんな問題を抱えていて、でもこれからドロドロな感じに行くかもしれないけど、野村と(この男もほんと嫌いcoldsweats01)箱根旅の時に、電話で航一と麻也子の会話が心に残っててこの後、航一は久美と関係をもってしまうけど、あの時の、表情がホント「どうしてこうなっちゃったんだろう?」的な感じがして、楽しかったころの二人の会話が切なく感じました。また久美の心も気になります。あと、麻也子は、自分は損してるってばかり思ってるけど、よくわからないけど、自分には、逃げてるようにしか見えません。多分、麻也子は人に愛されたいって思うばかりなんじゃないかなと航一の気持ちのことも、ホントは何もわかろうとしてないんじゃないかなと考えてしまいます。そして最後の吾郎ちゃんのキスシーン横顔も綺麗でセクシーで、ホント見惚れました。ホント美しいheart04この一言ですheart04もっとどんどんセクシーな吾郎ちゃん入れ込んで欲しいですね(笑)来週は直接対決ですねsign03修羅場になると思うけど、ドキドキな反面楽しみです(笑)

投稿: りな | 2016/05/08 17:23

appleさやかさん
今週は、先週よりもコミカルな部分が少なく「えっ?!こっちも?!」というサスペンス風でしたね(笑) まぁ、吾郎さんの目の演技が怖くて、怖くて。この人は、もうこういうの演じさせたら右に出るものはいないですね。それも、すこぶる男前でこれができちゃうんだから、誰もかなわないわ(笑) 登場人物のそれぞれのダメなところを記述してみたんですが・・・書いてみたら、本当に誰もがひどくて困ったものです(苦笑) 良いところをあげるのなら、麻也子はダメな女なんだけど、反省もするから可愛いところがある。久美は、あれで本当に友人たちのことを心配しているんじゃないかと。玲子は、無邪気。航一は、普段は穏やかで優しい旦那さま。野村は、とにかく女性にスマート。通彦は、爽やかさんで茂はマイホームパパなんですよね(笑) 原作と変えてきていると思うので、それぞれがどういう終わり方をするのか先が読めないのが楽しめます。吾郎さんのラブシーンだけ、照明が違った(笑) 製作側がファンと同じだと嬉しかったです(笑)


appleおととさん
コメントありがとうございます。ドラマで疑似体験ができるという意味では、日常から離れていけない夢を見させてくれるドラマではありますね(笑) お相手が吾郎さんなら・・・なんていう図々しい妄想も抱かせてもらえます(爆) そうそう、昔、吾郎がとてつもないドラマ(笑)「嘘でもいいから」に出演したときのスタッフが今回の「不機嫌な果実」に関わっておられるんですよね。だから、吾郎を綺麗に撮ってくださるのかな。吾郎のファンになったのが、このドラマでどっぷり嵌ったのがきっかけなので、それも嬉しいです。マザコンで几帳面と言えども、毎日熱心に仕事をこなし、仕事でストレスがあっても家に持ち込まない。夜の事情さえなければ、とてもできた夫ですよね。でも、ドアを一歩出たところで家では見せない顔に変貌してしまうのは本当に恐怖。優しい電話をしてきて妻を罪悪感に浸らせておいて、自分はのうのうと妻の友人と体を合わせる・・・怖い、怖すぎます(笑) ちょっと、自分の知らない夫の顔があるかもしれない・・・と思ってしまうほど、吾郎さんがうまく演じています。深夜につっこみながら見れるドラマだと思うので、今後も楽しみですね。


appleりなさん
吾郎さん、ホラーだよ~(汗)と怖くなりました。BGMの効果音も、シーンそれぞれでなかなかよく考えられていますよね。深夜の「不倫」ドラマということで、昔のドラマを知っていて期待していた人には物足りないところもあるかもしれませんが、気軽にどんなもんかと見た人たちにはちょうどいい演出なんじゃないかと思います。女性陣の中で、久美は裏切られた経験があるので、「不倫」とは遠いところにいる人と思っていましたが・・・前回で、「おや?もしかして・・・」と思ったら、そのとおりで不思議な立ち位置にいるキャラですよね。なんだか、次回もものすごく「攻め」の久美がいた気がしますが(笑)、本当に近い距離での男女の中でこれだけ複雑に絡み合うのかと思うぐらい。航一が野村と温泉旅行に行っているとわかっていて、わざと昔二人で旅行した思い出話を優しい声で話しておいて、しっかり自分も不倫をしているなんて・・・航一は麻也子のことをどう思っているんでしょうね。まだ、麻也子からの愛は感じるのに、航一からの愛が見えない。執着心と愛情は違う。その辺の心理状態も今後見せてほしいです。

投稿: kazuyo | 2016/05/08 22:23

kazuyoさま
もう、レポ読ませていただいて そうそう‼でした。私も麻也子は幸せを幸せだと感じられずに逃してると思います。あんなにイケメンで、働き者で、割れたグラスをさっと片付けてくれる夫なんてうらやましーぞー‼しかし、航くんは妻を抱かなくなったのは久美と付き合いだしたからなのか?でも、久美は離婚してまだ1年弱。二人の事が気になりますね。
電話中の優しい顔から冷たい顔、からの笑顔に優しいチューすごいですよね。私は、まぁ航くんにはこれくらいの上品なラブシーンでお願いしたいかなぁ。もっと脱いでほしいけど(笑)唇が重なる前にふぁさっとなる前髪!
リピリピ止まりませんが、「たまごでしょ笑」の顔と声が好きでたまりません。

投稿: まさみ | 2016/05/09 02:46

appleまさみさん
麻也子の現状は、彼女目線で見るとそりゃあ厳しいだろうなぁというのはあるんですけど、彼女は幸せを掴みにいこうとしないのが嫌(笑) 航一と結婚するときに悩んだもう1人の男性をキープくんにしていたり、まるで自分だけがこの世で不幸だと思っているのはいただけない。夫に不倫されてボロボロになった久美が、そんな麻也子の夫と不倫してしまうのもわからなくもないと思えてしまう。航一が久美と不倫するのに至ったのがまだわからないですよね。その辺が描かれていればありがたいんだけど。吾郎さんのラブシーンは、今のところとても控えめ(笑) あまり、ガツガツした感じなのは似合わないと思うのですが、上品でいいのでもう少し上半身見せてもらえるとありがたい(爆) 萬田さんへの「たまごでしょ?」はアドリブですかね。素の声だったわ(笑)

投稿: kazuyo | 2016/05/09 23:54

Kazuyoさん、ごぶさたしてスイマセン。GW中も出勤があってなかなかTVを見れておりません。Kazuyoさんのレポを拝読して吾郎ちゃんの怪演(良い意味で)が楽しみです。1話拝見しても原作をベースにオリジナルな作品になっていて吾郎ちゃんの航一さんがお話のキーマンなのが嬉しいですね。あの名作「嘘でもいいから」のスタッフさんが関わっておられるとの事で俄然期待度上がってますheart服を着ていても美しい吾郎ちゃんの裸体が肩から徐々に見られる範囲が増えていくのでしょうか?いや~チラリズムの色っぽい吾郎ちゃんも素敵ですけど~ストーリー上だったら見せて下さるでしょうか?スイマセン話が逸れましたが、吾郎ちゃんの航一さんの氷のような冷たい目の演技と優しい笑顔と口調、悪魔と天使の演技に期待しましょう。ルンルンheart

投稿: ピカチュウ | 2016/05/11 00:47

appleピカチュウさん
GWもお仕事とは厳しいですね(汗) 吾郎さんの新しいドラマは、ドラマ自体は正直すごくいい!という感じではないのですが(個人的な感想です(笑))、でも、この時間帯でサクサクとストーリーが進んでいき、ツッコミながら見れて、なによりいろんな表情を見せる吾郎さんが美しくて思いのほか堪能できるという意味では素晴らしいドラマだと思います(笑) 先行きが気になるドラマなので、合格点ではないでしょうか。無意味に裸になるのは美意識が許さない吾郎ですが、こと作品の中で必要ならまったく気にしない人であり、さらにいかに女優さんを美しく見せるかわかっているラブシーンを見せる吾郎は健在です(笑) ワクワクしながら毎週楽しみにさせてもらえるドラマに出演してくれるのは久し振りなので嬉しいですよね。

投稿: kazuyo | 2016/05/12 00:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レキドクから見る歴史 | トップページ | 古文書の魅力 »