« 愛される作家と小説 | トップページ | やっぱり、好きだよ! »

不機嫌な果実 第四話

前回の予告で若干不安になった、ドラマ「不機嫌な果実」。冒頭から、吾郎さんの熱演が見られましたが、いやぁ・・・

気持ち悪い夫だわ(爆)

もちろん、吾郎は素敵heart どんな役を演じていても、ファンとして嫌いになることはない。それよりか、そこにSMAPの稲垣吾郎がまったく存在していないことに、ファンとして役者稲垣吾郎を誇りに思う。演出面で「冬彦さん」現象に加速がついたら嫌だなぁとは思いつつ、視聴者の皆さんはこの不気味な夫水越航一をとても愛してくれている(笑) いや、人間的には最低なんだけど、壊れっぷりをうまく演じている吾郎に期待してくれているのがわかる。だったら、もう何も言うことはない。

今回は、ちょっと贅沢すぎるんじゃないの?と思っていた妻麻也子が、さすがにかわいそうになったわ。女として見てくれていないんじゃないかと思う気持ちは、別に夜の営みのことだけじゃなかったんですね。キスもなし、手も繋いでくれないとなると、ただの同居人だ(笑) それも、まだ結婚5年目ですからねぇ。でも、だからと言って、他の男と関係を持ってしまうのはいただけない。このまま、麻也子は通彦に惹かれていってしまうんだろう。でも、こういう女性は、きっとそこでまた何かしら不満を見つける。前の夫のほうが良かったか・・・とか思ったりするんだよ(笑)

ここに絡んでくるのが、麻也子の親友である久美なのが話をもっと複雑にさせる(苦笑) 彼女は、本当に航一のことが好きなのかな。そばにいてほしいんだろうなぁ。そして、自分を一番愛してほしいと思っている。寂しい女性なんだと思う。今回の最後の言葉は、また波乱を呼びますね。これが、本当なのかそうでないのかがポイント。なんとなく、そばにいてほしいからの久美の嘘のような気がするのですが、航一の性格を考えるともう会わなくなるんじゃないかと。いや、知らんけど(笑)

だいたい、この夫は妻のことを「愛している」と本人だけでなく、愛人にも平気で言ってしまう人でまったく読めない。マザコンなのはわかりましたが、その母親の前でも思わず麻也子に怒りをぶつけてしまうぐらい麻也子のことは好きなんですよね。ただ、ちょっと大人になりきれていない部分があるのかな。子供と同じで、独占欲が強くて、感情が不安定。仕事は優秀みたいなのにね(笑) そうそう、姑さん、やっぱり好きだわ(笑) いい人ですよね?

そして、六角さんは別の意味でヤバい夫だ(笑) これも、次回で暴走しそうな予感。いやぁ、まさにジェットコースタードラマ。夫をないがしろにすると怖いというのを伝えたいドラマなのかと思えるほど(笑) あぁ、このドラマ、予告でのキャッチフレーズを何気に楽しみにしています。笑えるよね(笑)

今回の吾郎さんの萌えポイント
・ 子供のように泣く姿が怖いけど可愛い
・ 怒ったときの妻への罵声は、普段の吾郎からは絶対に出てこない音量
・ ラブシーンは、やっぱり耽美(笑)
・ 目の演技は、今回も秀逸

吾郎の泣き方や、怒り方に驚く。ものすごく大声を出す吾郎って、演じているときしか見れないから。「女性に怒ったことがない」「大声を出して感情を表したことがない」という吾郎の怒りで震えるほどの演技を見て、すごい人だなぁと思いながら見ています。確かに、今回の役は嵌り役かもしれない。でも、「吾郎ちゃんのまんまだね(笑)」という感想を聞くと、それは間違っていますよと言いたくなる(笑) 普段の吾郎は、こんなに感情の起伏が激しい人でないことを知っているから。それでも、こういう役が嵌ってると言われる吾郎。役者冥利に尽きますね、吾郎さん(笑)

|

« 愛される作家と小説 | トップページ | やっぱり、好きだよ! »

コメント

kazuyoさんこんばんは。
このドラマが始まる前に、ちらりと見たネットの「稲垣吾郎がドラマでついに6番手に落ちた」なる記事を書いた人は今どう思ってるかなーなんて考えることがあります。(まあどうせ見てもいないでしょうけど) 回を増す毎に航一さんの存在感が大きくなって目が離せません。これから工藤役の市原さんの出番が多くなるでしょうけど、それでもこのドラマは麻也子と工藤と航一のトリプル主演⁈と感じるほどに吾郎さんの役は重要かつ魅力のあるポジションだと思います。人物造形がまず一番謎(笑)が多くて私にはまだ航一さんがよく分からないです。第2話で麻也子に箱根旅行を許可した後、玄関を出た時に見せた冷たい目と微笑み(怖かった!)は、実は探偵を雇ってたという航一さんの冷徹なまでの策略家な一面を表してたとすると、今回麻也子が浮気を認めたら子供のように泣きじゃくり、母親を呼んで部屋に篭った航一さんが同じ人だとは俄かに信じられなくて(笑)。愛人の前で平然と妻を愛してると言い、妻には愛人を隠して(しかも妻の親友!)まるで動物じゃないかと浮気を責める。相手の気持ちを想像できない、利己的で幼児性が強い男性に思えます。「それがそんなに大事?」と言う航一さんは、夫婦という成熟した人間関係を作るにはまだ内面が子供過ぎるのかも知れません。特に男女間の愛情とか性愛も含めて、自分の殻があってそこから出ない感じ。潔癖とか、パズルとかも航一さんのバリヤーを象徴してる気がします。でも不思議と私は航一さんに惹かれてます(笑) 何で憎めないのでしょう。怪我した指を吸ってくれたりするからかな(笑)
2週間分掲載してるテレビ誌に第六回の簡単なあらすじが出てましたが、読んで「はあああ⁈」と声を出しそうになりました。(知りたく無い人もいらっしゃるかも知れませんので書きませんが)このドラマの作り手さんは、吾郎さんのハードルをどこまで上げるのか…。でも凄く楽しみでもあります。

投稿: ゆかP | 2016/05/24 02:23

ドラマが始まる前は、「吾郎さんを嫌いになるくらいに気持ち悪い男を演じて欲しいわ」と、
期待してみましたが、
期待以上の気持ち悪さと気味の悪さに笑いが止まりません!
スタッフはお茶の間を笑わせようとしているとしか、思えない。
1時間見終わって、吾郎さんの印象が頭の中の95%くらい占領している。
本当に見逃せないドラマです。
しんツヨラジオに吾郎さんが遊びに来てくれたとき、末っ子がセックスシーンがあるのか、、
心配(期待)していたようですが、、こうなったら、、
キワドイトコロまで見せて欲しいですね。
せっかく美男美女が揃うドラマです。うっとりもしたい。
同時に六角さんの「お仕置き」も楽しみにしてますけど。
SMAPの周りが騒がしいですが、彼らの「本業」は芸能。その評価がなりよりの強み。
働き盛りの彼らの幸せを心から祈ってます。

投稿: ゆずこしょう | 2016/05/24 13:25

kazuyoさん、こんばんは。吾郎ちゃんの演技すべてが素晴らしくて、顔の表情や目の動き、声をあげて、パズルをめちゃめちゃにする所なんかは、迫力があって素晴らしく、ホントにそこに「稲垣吾郎」を感じさせるものは全然なくもうそこには「水越航一」という人がいるって感じです。普段の吾郎ちゃんとは全然違う役を彼は情熱をもって演じてるのが分かります。ホントに誇らしいですよね。今回、麻也子が可哀想でした。航一は勝手だなと思います。口では「愛してる」と言っても愛情が全然伝わってこないし、もうわけがわかりません[E:oldsweats01]愛してるんだったら麻也子があんなに「苦しかった…」って言ってるんだから、自分も反省して、久美と別れて(簡単に別れられないと思うけど(笑))抱きしめてあげるくらいすればいいのにって思いました。久美と別れようとしたのも麻也子のためじゃなくてばれるのを恐れてですよね。ホントどこまでも勝手sign03でまたそのままだし(笑)でも麻也子もだからといって誤解されるような行動したり、すぐ男をたよるのもどうかな?って思います。久美は、もう航一への愛をとめられないかんじなんでしょうか?親友を裏切りたくないという葛藤もあって、彼女も最初は苦しんだと思います。でも今は、麻也子に対する嫉妬が強くなってますね。二人のシーンは、久美の顔の表情が怖かったです。浮気された者の痛みが分かるはずなのにと思うと、残念です。でもそれだけ航一のこと離したくないんだろうなと思います。愛って盲目なんだなと久美を見てると思うし、怖いけど少し悲しいです。茂はなんか航一とは違う怖さや不気味さがありますねcoldsweats01「お仕置き」ってこわいよ~(笑)もうあれですね。この登場人物の中で一番まともなのって綾子さんだけですよね(笑)あのドロッドロした人間関係のなかでゆういつのオアシスです(笑)最後の久美の言葉、また波乱を呼びそうですよね。予告でも久美が行動にうつしてくるみたいだしドキドキします(笑)航一もここまできたら拒絶しそう(笑)でまたドロドロcoldsweats01ほんとどうなるんだろう?そうそう、航一がワァーって泣いた時、確かに怖かったけど、可愛かったですよねheart04「ごめんねぇ~」ってよしよししたくなりました(笑)「触らないでっ」って言われそうだけど(笑)「裏切りのバーベキュー」ってまた面白いキャッチフレーズですよねhappy01毎回そこも楽しみです。

投稿: りな | 2016/05/24 20:34

appleゆかPさん
あぁ、ありましたねぇ。いつものネットニュースのいい加減な記事(笑) もともと、6番手の人がクレジットでトメになるはずがないのに、そんなこともわからずに書いている記事だった。あれですかね、ネットニュースサイトって、なんも知識なくても書けるんだなって。だったら、私でも発信できるわって思いましたよ(笑) とは言え、ネットニュースでも、そこここに真実を書いているのもあるから侮れない(苦笑) それを見極めるのが大事なんでしょうね。今回のネットニュースで、もしかしたら本当かもしれない・・・と思ったのは、このドラマは実は吾郎が主演だったという話。単独というよりは、栗山さんとW主演だったんじゃないのかなぁと。まぁ、主演とかどうでもいいので、作品が面白くて、しっかり吾郎のキャラがうまく作品の中で動いてくれていたら文句ないですよね(笑) ナイトドラマのこの枠は、もともと回数が少ないのですが、どうやら全7話で終了するみたいですね。ということは、すでに折り返しを過ぎてしまっている。そりゃあ、毎回ジェットコースター並みに話が進んでいくわけだと(笑) (脚本家さんが、Twitterで最終回の撮影現場を見学されたと呟いておられたので、クランクアップももうすぐですね) この航一さんのキャラも最後しっかり締めて頂けるのでしょうか。まだまだ理解不可能なことが多いですが(笑) 第6話の展開には私も驚きました。「韓流ドラマかいっ!」と(笑) 広げた風呂敷を最後綺麗にたたんでほしいですね。


appleゆずこしょうさん
カッコいい吾郎だけを望んでいるわけではないので、役としていろんなキャラを演じてくれるのは嬉しい。今、吾郎さんの雑誌祭りで、そこでも今回のドラマは演じていて楽しいと本人が言ってるので良かったなぁと。私は、とにかく「流れ星」の修一兄ちゃんを演じた吾郎さんがとっても好きなんです。あれは、ドラマとしてもとても良くできた作品だったので。あの兄役は、正直今回の航一さんより視聴者の多くにぼろくそ言われたキャラでした(笑) 「スマスマで吾郎ちゃん見ると気分が悪くなる」と言われたぐらい。(なんせ、月9だったので放送後すぐに「スマスマ」だったからねぇ(笑)) だけど、とっても記憶に残っている作品です。ドラマって、役柄にとても世間は影響される。カッコいいキャラクターなら、演じている人自体がカッコよく見える。逆に癖のあるキャラだと、中の人まで嫌いになる人が多い。吾郎は攻めているなぁとつくづく思う。嫌われキャラを演じるという意味では、SMAPイチですよね(爆) 今回のドラマの結末も楽しみです。


appleりなさん
怒りの演技って、実はとても難しいんですよね。怒鳴るだけでは言葉が浮いてしまうし、笑う演技より数倍難しいと思う。それに加えて、ちょっと屈折している性格なのでこれは本当に演じるのが難しいだろうと。でも、楽しんで演じている吾郎は、本当に役者のお仕事が好きなんですね。自分でも、こんな性格の人は嫌だなぁと思いながら演じていることもあるらしいので(笑)、すごいなぁと。とにかく、今のところ航一さんの良いところはほとんどないです(爆) マザコンで潔癖症だけでも、夫としてはちょっと嫌なのに、性格破綻もおこしていますからね。でも、あのときおり麻也子に見せる優しい表情と声は、軌道修正すればとても良い旦那さまになる可能性を秘めている。最後、ハッピーエンドで終わらせるのであれば、どう転べばいいんだろう。普通に考えたら、夫婦元通りがいいんだけど・・・このドラマの中で唯一まともな考えの人は工藤のような気がするので、麻也子は工藤と結ばれるほうがいいのかなぁとかいろいろ考えますよね。航一と久美の関係もどうなるのか、とても気になるし・・・すでに結末に向けて走り出していると思うので納得できる終わり方を迎えてくれればいいなぁと思います。

投稿: kazuyo | 2016/05/24 23:48

第4話、私達の心配をよそに吾郎ちゃん魅せてくれましたねhappy01 もうどうしようもないキャラクターなのに航一がカッコイイし可愛いheart 歩道橋の上から久美に電話をかけている姿がイケメンで素敵!!綾子ママの膝枕で寝ている姿が可愛い!!久美との逢瀬は耽美!!でもどうしようもないダメンズなのです。吾郎ちゃんの演技と最近のドラマと比べて出演時間の多さに航一沼に嵌りそうで危ないです。今週も羽枕を思い切り回し怒ってる航一楽しみですね。

投稿: ピカチュウ | 2016/05/25 01:10

kazuyさんこんばんは。
航くんは本当に社会的には立派に仕事のできる大人なのに、内面は子供なんでしょうね。麻也子は僕のものだっ的な。泣いたり怒ったり全ては愛してるからなのかな。でも、そこに麻也子の気持ちは関係ない。
でも、工藤だって、結婚していると分かってるのに…ばかなの?て正直思いました。まともなやつはいないのか?笑
麻也子は旦那にも親友にも裏切られて、やっぱ工藤とですかね。
私も修一兄ちゃん大好きです。台詞は優しくて悪いことを全然言わないのに悪いやつ。出てきただけでゾッとする目がサイコーでした。でも妹のことは大好きなんですよね。会社で稲垣吾郎が嫌いになったと言われ、雑誌のカッコいいゴローやかわいいゴローをせっせと見せて復権に頑張ったなぁ。
全7回とは少ないと思いましたが、フルスピードで突っ走ってほしいです。

投稿: まさみ | 2016/05/25 01:53

appleピカチュウさん
私も予告でかなり心配してしまったので、うまくストーリーが進んでくれて安心しました(笑) 航一のキャラは特徴があるので、あまりそこだけに重点をおかずにしっかりストーリーで広げていってほしいと思っていたので、脚本がしっかりできあがっていて良かったなぁと。吾郎演じる航一のキャラ設定は、スパイス程度でいいと思うので、もっと内面を見せてほしいと思います。なかなか、読めない人なのでこれからも活躍できそうなので(笑) 歩道橋で久美に電話する航一の姿は素敵でしたよね。できたら、やっぱりこういう部分をもっと見せていってほしいです(笑)


appleまさみさん
子供っぽい人って、仕事でもどこか出てくるとは思うのに、航一は会社では完璧にお仕事をしているみたいですね。その反動もあるのかなぁ。結構、ストレスを溜め込む仕事をしているのに、家ではミルクパズルで心を落ち着かせているのかと思うといい旦那じゃないかと(笑) マザコンじゃなければねぇ・・・妻の親友と不倫していなければねぇ・・・いや、この二つは結構とでかいですよね(笑) 工藤が麻也子に惹かれていった過程が結構と雑に描かれていたので疑問に思ってしまうけど、彼が麻也子を好きな気持ちは仕方ないと思うし、夫から奪ってでもというところがまだ見えないのでそこまで酷いキャラではないなぁと。市原さん、良い役ですよねぇ。羨ましい(笑) でも、インパクトは航一のほうが断然上だわ(笑) 発売中の雑誌「TVnavi」での吾郎と市原さんの対談がとても良かったので、工藤贔屓になっているかも(爆) この二人、絶対に話が合うと思いました。ドラマ終了後にも交流が続くといいなぁと思います。修一兄ちゃん推しですね。同士の方がいて嬉しいです(笑)

投稿: kazuyo | 2016/05/25 23:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 愛される作家と小説 | トップページ | やっぱり、好きだよ! »