« 古文書の魅力 | トップページ | 愛される作家と小説 »

不機嫌な果実 第三話

今回もめくるめく展開の「不機嫌な果実」(笑) ファンの皆様、存分に楽しまれたでしょうか(爆)?

いやぁ、本当にスレスレのところで全員が不倫行為をしているんですねぇ。もともと、不倫というのはスリルと背中合わせで、ダメだとはわかっていてもそのスリルも込みで溺れてしまうものなんだろう。(やったことないのでわかりませんが(笑)) そこをうまくドラマにして視聴者をひきつける内容になっていると思います。もう原作とはかけ離れてきているので(笑)、原作を読んだ方も、過去に映像化されたものを見た方にも楽しめるのではないかと。

不倫はいけないことだという前提で話をしたいのですが、第三話が終わったところでなるほどなぁと思う人物とさっぱりわからない人物が入り混じっています。まず、基本的な不倫コースを走っているのが麻也子なんでしょうね。夫とはセックスレスを除けば特に大きな不満もないけど、女として満たされない部分で走ってしまう。猛烈にアピールしてくる魅力的な男性と、熱い視線で包み込んでくれる男性が現れるとダメだとはわかっていても流されてしまう。野村は、不倫は楽しむものとわかった上でのお遊び。玲子も、麻也子とは違う側面で満たされない部分を補うがための不倫。そして、通彦は純粋に恋をしてしまった女性がたまたま既婚者だったという不幸。

こうなると、航一と久美は例外。まだ、航一のほうは情に流されてなんとなく始めてしまった関係が続いてる感じなのかな?とは思うけど、妻に対する執着心は異常なぐらいなのでよくわからない。久美のほうはちょっと複雑。胸の内には、「こんなつまらない男」と言っているのに、航一と麻也子が仲良くしているのを目の辺りにしてしまうと嫉妬も覚え、わざわざ二人の家にまで押しかけて航一を誘って襲ってみたり(笑) ここで考えられるのは、航一が麻也子と仲良くするのが不満なのか、麻也子は二人の男性からも愛されているのに夫ともとりあえず幸せそうなのが腹が立つから航一を誘ってしまうのか・・・。航一にもらったワインをいまだ飲めずにいるのは、元夫から受けた傷が癒されずに手を出せないのか、航一から優しい言葉をもらったときのことを思い出して取っておきたいのかもわからない。久美が本当に航一を好きなのか、利用しているだけなのかで今後の展開は変わるんだろうなぁと。

このドラマの中で演出部分で非常に貢献しているのが、航一を演じる吾郎なのはよ~くわかった。そして、今後の展開の鍵を握るのがこの航一と久美なのもわかった(笑) もちろん、主演の麻也子の周りが動き出すのも重要なんだけど、こちらは先が読めるので(笑) 吾郎に関しては、本当に製作側に期待をもってオファーされたんだろうなぁというぐらい、ときにシリアスでクールに、ときにホラーサスペンスで、そして・・・次回の予告ではコミカルな部分も受け持たなければならないという非常に難しい役を演じていると思います。個人的には、あまり演出過多になりすぎないように(昔の冬彦さんキャラとかは、この作品では遠慮してほしい派です)進めてほしい。でも、一般視聴者からの航一キャラの期待は膨れ上がっているようなので、そこは頑張ってほしいとも思うし・・・複雑ですね(笑)

今回の吾郎さんの萌えポイント
・ キスシーンからのベッドシーンはやっぱり美しかった件 (背中に男を感じた)
・ 冷めた表情をするときの暗い瞳
・ 女性から襲われる姿が似合ってしまう男っぷり(笑)

「ちょっ!やっ!」とか、まさかの男性である吾郎からの言葉に萌えてしまってすみません(爆) SMAPのメンバーは、このドラマ見てくれているのでしょうか? 上二人は特に吾郎の舞台は観に来れていないので、久し振りのいきなりのラブシーンに戸惑ってしまうのではないかと(笑) 下二人はしっかり見てくれそうですね(笑)

ベッドシーンに関しては、栗山さんと成宮くん、そして橋本さんがドラマとして激しい絡みを見せてくれているわけですが、吾郎と高梨さんのほうはデフォルメなく自然に絡んでいて余計にドキッとすると思ったのですが、そこを期待して見ている人には物足りないのかな(笑) カーテンレース越しの二人の絡みは、そこはかとなくエロスを感じましたけど。

そうそう・・・航一と麻也子って絶対的に会話が少ない夫婦だと思っていたけど、案外と普通に仲良くおしゃべりしているんですね(笑) 本当に夜のことを除けば、理想的な夫婦に見えた。まぁ、姑とのことは次回にも何かありそうなのでまだわかりませんが(笑)

|

« 古文書の魅力 | トップページ | 愛される作家と小説 »

コメント

kazuyoさんこんにちは。
3回目を視聴しました。久美が一番悪女に思えるのは変わらないのですが、実は一番傷つき病んでいるのも久美かなぁと。あのワインはもしかしたら水越夫妻からの引っ越し祝いで、麻也子から受け取ったりしたものだとしたら、親友を裏切ってる自分と向き合うのは云々、というモノローグが効いてきます。そして、そんなことも気付かない男に抱かれてる…と続く。淋しさと、ひょっとしたら幸せそうな親友への嫉妬もあって航一と関係を持ったけど、所詮航一も久美とは遊びで、麻也子との家庭は壊す気は無い。自分だけなぜ「最愛の女」になれないのだろう、と思い詰めて水越家に乗り込んでしまったのでしょうか。
きっと何も無ければ久美は元々生真面目な性格に思いますので、それだけ親友の夫と不倫してる事で深く自己嫌悪に陥ってると思います。航一を押し倒したのも、麻也子に知られて自分を罰したい自己破壊的な気持ちと、幸福な家庭を壊したい嫉妬心と、ひょっとしたら航一への執着心もあるのかも知れません。公式の次回あらすじでは、次回は航一が久美に別れようと言うみたいですから、またそこで久美がどうなってゆくのか楽しみです。
吾郎さんは今回も視聴者には大変怖がられてたみたいで(笑)、私も最後の笑顔にはゾクッとしましたが、一番印象に残ったのは久美が「だよね」と豹変した時の航一の表情とか、麻也子が帰ってから久美を「得体の知れないもの」を見てるような目の演技です。上手だなと思いました。
うーん、私もあまり演出過剰にはして欲しくないかも。コメディなら良いですが、コントにはならないで欲しいです(笑)。あと、未だに一番不可解なのが航一さんなので、この上さらにキャラを盛らないで欲しいと願います。どちらにしても吾郎さんは非常に難役を当てられたと感じますので、次回からも楽しみな事は変わりません。

投稿: ゆかP | 2016/05/15 17:37

今週もジェットコースターですね。
最後のほほ笑みは怖い。でも1時間の間に、ちょっと物足りない?大人なシーン、夫婦の会話が自然なシーン、襲われるシーン、ファンは役得ですね。
久美が一番怖いのかも。夫がいていろんな男性にモテて幸せなのことに嫉妬しているのかなと。自分にないものがたくさんあって。自宅に押し掛けた時点で、「久美は危ないから別れたほうがいい」と思ったかも。
もしかして航一が別れるのが大変かもしれないですね。麻也子が知らないところでひと悶着。
これからは航一VS通彦ですかね。すぐに離婚しちゃうと吾郎さんの出番がなくなるので、最後までひぱってほしいです。
今回、久美のお店から出るシーンの会話が好きです。「タクシーで・・・」からお店を出る会話が、すごく優しい夫婦の会話な感じがして。あまりにも自然で。
ここまで展開が早いと最後の結末はどうなるのかますますわからなくなりました。
原作やテレビドラマのようになるのか、一発逆転になるのか。
ドラマの時はもっと粘っこいというか暗い感じだったから。希望はもとさやがいいけど、無理かなあ・・・
そこまでは変えないかなと。
来週の予告のパジャマは大笑い。2人とも本当は恥ずかしいよね。楽しみにしましょう。

投稿: ゆっこ | 2016/05/15 20:50

kazuyoさん、こんばんは。不倫は自分の家族も、相手の家族も傷つけることになってしまうので、いけないことだとはわかってるんですが、そのことは、このドラマの登場人物達も分かってるんですよね。通彦は、相手に旦那さんがいるのはわかってるけど、でも、麻也子を好きになってしまう切なさがあって、私は、麻也子には航一がいるけど、一番麻也子を大事に思ってるのって通彦な気がしました。野村は、最初は不倫でスリルを感じてる嫌な奴と思ってたんですが、麻也子にいきなり目隠しして縛り上げるのは最低と思いました。だって怖いですよね。玲子も夫に満足せず不倫を繰り返していますが、ベッドの中でふと暗い表情になったのが気になりました。kazuyoさんが仰るように、私もまだ久美の気持ちがわかりません。「つまらない男」とはいうものの、仲良く帰っていく二人にトマトを握りつぶすくらい嫉妬したり、麻也子と航一の家で航一を誘惑したりと彼女の心が見えてこないです。でも、不倫をされてボロボロの状態であんなイケメンに優しくされたら好きになっちゃう久美の気持ちもわかるけど(笑)久美も傷ついて、癒されたかったのかなとも思いました。久美が本気なのか、そうではないのか今後に注目ですね。カーテン越しの吾郎ちゃんの大きな背中がセクシーだったし、kazuyoさんが仰るように、久美が誘惑して攻めて押し倒した時、航一には申し訳ないけど、久美もっと攻めてって思っちゃいました(笑)こういう時Sになっちゃうんですよね(笑)すみません萌え萌えでしたheart04あのシーンは麻也子がどんどん部屋に近ずいてくるのが、今回の回ではばれるのが早いので大丈夫かなと思っててもひやひやしましたcoldsweats01「来るっ来るよーっsign03状態でしたcoldsweats01そして最後の目が笑ってない笑顔が怖い(笑)吾郎ちゃんの演技はホント引き付けられるし、今回のドラマのキーパーソンですよね。演技のふり幅が素晴らしいと再確認しました。来週は凄い泣く演技や、またまた逆にコミカルな(あのピンク系のパジャマが目立つ(笑))吾郎ちゃんの演技も楽しみだし、もう金曜日が早く来てほしいくらい待ち遠しいですhappy01

投稿: りな | 2016/05/15 21:00

kazuyoさんお久しぶりです。何度か入れたのですが、はじかれてしまいまして、断念してました。吾郎さんのセクシーシーンにもう堪らずコメントしにきちゃいました💧カーテン越し私も萌えました。
成宮くんとの交互に映しだされて、やっぱり、吾郎さんがエロスを感じました。
せっかくうっとりして終わりになる所に
予告で号泣、マザコンは、分かってた設定だけど、冬彦さんは、超えないで欲しい!kazuyoさんに同意です。でも、吾郎さんの出演あって成立するドラマなので
世間では、不倫に色々ありますが、ドラマは、凄く楽しんでます。久美は、寂しいんですね。来週は、久美の本当の気持ちがだんだん見えてきそうですね。
万田ママも、バシバシきそうで金曜日が待ち遠しいです。最近スマ不足で過去の映像見まくってます。はやく朗報が聞きたいものですね。長々とすみません。

投稿: サハラ | 2016/05/16 00:13

吾郎さんのお背中に…ドキドキしました。
何でしょう~?本当に久しぶりのこのドキドキ感。
思い起こせば、20代の吾郎さんはラブシーンをたくさん見せて(?)下さっていたのですよね。

ストーリーの本筋は、まぁ置いといて…久々のドキドキ吾郎様を堪能できる幸せを噛みしめています~

投稿: 56~ | 2016/05/16 01:11

Kazuyoさん、吾郎ちゃん萌えポイントありがとうございます。キスシーンもベットシーンも美しい航ちゃんは紳士的なんですね。だから久美に襲われるところが似合ってしまう?(笑)3話目にして水越夫婦はどこと無く似ている夫婦ですね。航一は麻也子はウソをつくのがヘタと言ってますが航一もセックスレスになっちゃうのだからウソつくのヘタですよね。麻也子が航一が浮気するとはこれっぽっちも思ってない(信じている)からばれていないだけですよね。野村が言っているように前はお似合いのカップルだと思います。さて今後二人はどうなってしまうのでしょう。案外久美からばらされて麻也子は爽やか道彦に走ったのでしょうか?それにしても今週の航ちゃんは怖かったですね!最後の笑い顔が・・・吾郎ちゃん怖いよぉ~coldsweats02来週は冬彦さんばりに演出されるのか?ピンクのパジャマってコント?吾郎ちゃんと千明ちゃんが可愛くきょとんとしている姿が可笑しい(笑)。

投稿: ピカチュウ | 2016/05/16 01:22

appleゆかPさん
久美は悪女ですよね~。それも、いろいろ頭で考えて行動しているところもあるのが怖いです。昔ひどく夫である男性から裏切られた過去を持つ人なので、つい同情してしまいます。これが、まだ自分の友人の夫でなければ良かったのに・・・そう考えると、航一のほうも妻の友人と浮気しているわけだから酷いもんですよね(苦笑) 久美の心情は、第三話までではハッキリとはわからないですよね。本当に航一が好きな自分もいるし、利用しているだけだと思っているときもあるみたいだし。自分が受けた辛さを誰か(友人)に共有してほしいという想いもあるのかなぁと。次回、航一が別れを告げたときにどう行動に出るかで少しわかってくるでしょうか。次回の予告では、航一さんのマザコンっぷりが炸裂するみたいですが・・・あまり暴走してほしくないですよね(苦笑) 今回の第三話を見てもわかるように、吾郎は目だけでしっかり内面を表現できる役者さんなだけに、コントのような過度の演出はもったいないと思うのですよ。おっしゃるように、最初からコメディドラマならそれで間違いないと思うけど、予告だけ見て違うドラマかと思ったぐらい(苦笑) まぁ、見てみるとどうなっているかわからないので、どうもってくるか楽しみにしておこうと思います。


appleゆっこさん
今回、吾郎さんはほぼ出ずっぱりでしたね(笑) ほとんど主役扱いだと思います。そのお相手をしてくださっているのが高梨さん。とても道をはずさないようなのに悪魔のようなものを秘めた久美をうまく演じてらっしゃいますよね。吾郎と高梨さんは、なんとなく似ていると思いました。来週は、航一と麻也子以外にも、麻也子と通彦、航一と久美でもいろいろありそうでまた内容が濃い予感(笑) ワインバーから自然に会話して出て行く航一と麻也子の様子がとても良かったですよね。そりゃあ、ちょっと嫉妬する野村、不安になる通彦、気に入らない久美という画になるのもわかる気がする。やっぱり、新婚時代の何も問題なかった二人の様子もちょっと入れ込んでほしいですね。結末は、原作や過去のドラマと合わせてくるのか、それとも違った終わり方にするのかも興味があります。このドラマ枠は、少し短い回数だと思うので次回で折り返しぐらいになると思うのですが、このまま離婚して航一さんが出てこなくなると寂しいので粘ってほしいですね(笑)


appleりなさん
不倫をして「これじゃあダメだ」と頭でちゃんと一番わかっているのは、現段階では麻也子だと思います。あとは、楽しんでいたり、ちょっとしたお遊び感覚だと思うので。通彦は、今からグイグイくると思うので、彼も麻也子と同じように罪悪感もあるけどやめられないタイプになるのではないかと。そうなると、この二人が一番惹かれあっていく可能性が高いですよね。でも、そうなると二人でずっと罪悪感を引きずっていかなければいけない気がして、あまり明るい未来が想像できない。麻也子がちょっとした火遊び感覚で不倫をしているのなら、野村がベストパートナーでしょうね。そして、安定を求めるのならやっぱり航一と一緒にいるのがいいと思う。選ぶのは麻也子自身。う~ん、なかなかスリリングで楽しいですね(笑) 久美にも幸せになってほしいんだけど、彼女の場合、航一と結ばれてもやっぱり幸せになれない気がして・・・一番、暗さを感じます。いろいろ、結末のパターンが考えられるので、最終回までにいろいろ考えるのも楽しみのひとつですね。航一のマザコン発揮となるであろう次回。お手やわらかにお願いしたい(笑)


appleサハラさん
コメントありがとうございます。何度か入れてくださったのに残せませんでしたか?! 申し訳ございません。何が問題だったんだろう(汗) また、残せないようでしたら、遠慮なくメールでご連絡ください。吾郎さんのベッドシーン、とても色っぽくて素敵でしたね。確かに、成宮くんのような野性味溢れる情熱的な絡みではなかったですが、あちらは見せるための絡みを演じてくれているんだと思います。色があってなんぼの作品だと思うので、頑張ってくれているんだろうと。そうではなく、吾郎の場合は自然すぎて逆に生々しくて萌えてしまいました(笑) あのベッドでの絡みでの背中は、もう少し見たかったなぁ(爆) 予告の航一さんの壊れたようなキャラ・・・あれ、何なんでしょう(笑)? そして、サテン生地の夫婦お揃いのピンクパジャマ?! コントかいっ!っていうね(笑) この作品でそれ必要?!と(苦笑) まぁ、吾郎はうまくやってくれるのは必然だし、それを楽しみにしている視聴者の方もいると思うので、とにかくお手並み拝見ですかね。


apple56~さん
初めまして。コメントありがとうございます。ベッドの上での吾郎さんの背中は、本当に男の色気ダダ漏れでしたね(笑) 若いときとは違った魅力が背中だけでビシバシ伝わってきたました。昔、ドラマに出ればキスシーンや、ましてやベッドシーンは吾郎さんの作品には必須だったのに、ここのところご無沙汰だったので何度もリピしてしまいました。ストーリーは置いておいて(笑)(笑)(笑) 気軽に見れるドラマとしての深夜枠には向いていると思うので、吾郎さんのいろんな表情やお姿に堪能させてもらいたいですね。


appleピカチュウさん
航一は潔癖症だから、薄い感じのベッドシーンなのかな?という意見もありましたが、いやいや、意外と濃厚なセックスをする人とお見受けしました(笑) がっつくだけが激しいわけではないので。いかに、女性を気持ちよくさせるか・・・って、こんなところで語っても仕方ないのでやめておきますが(爆) しかし・・・航一は、ある意味すごく麻也子を信じていたふしがあるので、裏切られていたと知ったときの屈辱と怒りは半端ないと思います。そこで、次回の号泣に繋がるのかな? それも本当なのか演技なのか、予告だけではわからないので早く見たい(笑)! また、いろんな表情で演じている吾郎を楽しめるのは確実。次回は、ツッコミどころが多くなりそうですが(笑)

投稿: kazuyo | 2016/05/16 01:58

Kazuyoさん、ごぶさたしております。こんばんは。
「不機嫌な果実」、吾郎さんが出演しておられなければ拝見しなっかったであろう作品ですが、視聴してみるとなかなか興味深い。

今は昔、バブルといふものありけり。老若男女すべからく遊興にふけり、ことにみめ麗しき若き女人のもてはやさるること、比するものなし。麗人はお嬢様短大にて学をたしなみ、腰かけ入社なる宮勤めを経て位高く上背高く顔面優美なる仕に嫁ぐを至上とせり。
嫁ぎし相手に不服あれば、男女とも不倫文化を嗜み、以って世のあはれにふけるもまたをかし。

という、はるか古代に本国において実存した時代の文化をフィーチャーしたドラマなのですが・・・なかなか現代とのギャップ(時代錯誤感?)が楽しめます。

「わたしは損をしている・・」あのスペックの旦那にいい暮らしをさせてもらい、家のことさえすれば自由にさせてもらっているのに、このセリフは格差社会で共働きに明けくれる多くの女性に刺されそうです。マザコンもねえ・・あれくらい(3話)まではいますからねー。誕生日に姑ディナーはちょっと残念だけど、ビストロスマップ顔負けの豪華おもてなしだったしなあ・・ロールキャベツの日のすし特攻は、まいこにくぎを刺すためのあえての行動だと思うし・・あれくらいの実家づき合いは、世に我慢しているお嫁さん、たくさんいるんじゃないかなー。なかなか「まいこ可愛そう!不倫に走る気持ちもわかる!」とはならないなー。「まいこ頭悪い?つめ甘すぎ」とは思いますが。
野村さんは不倫は文化なげすの極みおやじでOKとして。
市原さんは野村さんと不倫しているまいこになぜひかれる?一目ぼれだから?夜間に学校に不法侵入する危ない人でもありますが、今後の動きが注目ですよね。
さて、久美が一番悪い、とおっしゃる方が多いですが。私が嫌いなのは玲子。理由は、子供がいるのに家庭をないがしろにして不倫してるから。六角さん、子供と遊んだりいいパパじゃないですか。子供のいない夫婦が不倫から離婚に至っても双方の傷だけで済みますが、母親が不倫をしていてそれが原因で家族不和や離婚になったら、罪のない子供がどんなに傷つくか・・旦那さんのルックス?に不満があっても、子供が健やかに成長できる家庭は維持してあげて~って思います。玲子、六角さんに刺されても仕方ないキャラだよ・・

で、一番わからないのは我らが航ちゃん×久美さんなのですよね。久美さんが、前の離婚でぼろぼろのときに、つい器の大きそうな航ちゃんの腕に飛び込んでしまったのは・・まあ、追い詰められて我を忘れていたのかな?まだわからないこともない。
しかし、なぜそのまま妻の友人と男女の仲になって続いてるの?同情は同情で、それはそれで、航ちゃん、毅然とけじめをつけられなかったんでしょうか?なかなか理知的な人なのに。不倫を始めてからまいことレスなのは、潔癖症だから同時進行で複数の女性と関係を持つのがいやなのか、今の状況で妻が妊娠してしまわないようになのか・・

航ちゃんがね・・今のところ???というかミステりアスなんだけど、偏ってはいてもちゃんと一貫性のある人物像に今後描かれてくれるといいなあと思います。難しくもおいしい役だとは思うので。
あっ、もちろん、吾郎さんの美しいエロシーンは堪能させていただいております。大人~なかんじですよね。相変わらず露出は控え目ですが、眼福眼福。

長くなってすみません。なんだかんだいって金曜深夜が楽しみですね。

投稿: mei | 2016/05/19 03:05

applemeiさん
お久しぶりです。コメントありがとうございます。深夜枠だし、テーマが「不倫」となるといささか敬遠しがちなドラマですよね(苦笑) 確かに、吾郎さんが出演していなければ、確実にスルーしていた作品でした。見てみると、なかなかテンポも良くサクサクと進むの上に複雑に絡み合った男女の関係とは言え気軽に見れるようにできていると思います。出演者の皆様が、全員美男美女なのも楽しめますね(笑) もともとは、バブル時の作品なのでドラマ化されたときもそのような演出になっていたようですが、今回はその辺も匂わせていてとても現代にあわせた演出なのも好評な理由でしょうか。ということで、吾郎演じる航一さんがマザコンで潔癖症ともとれる几帳面で、ちょっと不気味なキャラ設定になるのも仕方ないのかな。他のキャラもかなり癖がありますが、航一さんがとびぬけて気になるキャラになっているのは、もうこれは噂どおり当初は主演(もしくはW主演)だったんではないかと思っています(爆) 航一だけでなく、主役の麻也子以外の男女も丁寧に描かれているので面白いですよね。そして、どのキャラにも共感できないのである意味潔くて複雑にならずに見れます。航一と久美の関係がとても気になるように描かれているので、次回もとても楽しみです。公式では航一が久美に別れを告げるようなことが書かれていますが・・・番宣の予告スポットではまた妖しい感じになっているのが、ダメだこりゃと思いました(笑) 最後まで、航一と麻也子の結婚は引っ張るような感じなので、航一さんにはやり過ぎない程度におおいに頑張ってもらいたいですね(笑)

投稿: kazuyo | 2016/05/20 00:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 古文書の魅力 | トップページ | 愛される作家と小説 »