« 銃マニアのアイドル | トップページ | 2017年明けての決意 »

SMAPに感謝を込めて・・・

SMAPは2016年を最後に解散します。

ファンがどれだけ寂しくて受け入れられなくとも事実は事実。厳しいことを言うかもしれないけど、いつかSMAPが戻ってきてくれるとは信じているけど解散が現状撤回されることもないし、5人で歌ってくれる姿は当分は見ることはできない。事務所に文句を言おうが、SMAPのメンバーにお願いをしようが難しい。

これが、私の本音でありずっと考えていることです。同じ考えでない方は、今から綴らせていただく26日に放送された「SMAPxSMAP FINAL」の感想は読まないほうがいいかもしれません。それを踏まえた上で読まれる方はお願いします。


最後の「スマスマ」なのに、SMAPメンバーの生出演はなし。5時間もの間、過去映像のダイジェスト。番組スタッフは、特番を組んだはいいけどメンバーが出演しない長丁場に奮闘してくださったと思います。ファンにとっては、すべてがすでに何度も見てきた感動の場面だったと思うので、国民的グループとして世間の方への番組という意味では間違ってなかったと思う。ただ、吾郎と剛の謹慎のことを「負の歴史」と書かれた新聞のラテ欄には不安が募り、そしてその不安が悲しいことに当たってしまった・・・事前にフジテレビにはお願いをしていたけど無理だったこと。剛のときはともかく、吾郎のときのはまるで当時の報道を蒸し返すかのような編集に不愉快以外のなにものでもなかったです。「スマスマ」という番組の最後に流す映像だったでしょうか? 剛のときのようにメンバー全員で歌う映像だけで充分だったのでは? もちろん、フジテレビには放送後物申しさせて頂いた。

前半、いきなり大打撃をくらったので、正直あとはながら見でしか見れずまったく楽しめなかった。最後の5人旅のところで若干復活し、「このときは、まさか数年後に解散になるなんて思いもしなかったなぁ」と思い涙が止まらなくなった。少し、未公開の部分も入れ込んでくれてましたね。その後、「27時間テレビ」でのノンストップライブ。もちろん感動した場面でしたが、「スマスマ」としてなら番組でノンストップライブを歌ったときのを見せるのが正しかったような気がする。なによりも、この後のソフトバンクさんのCMが涙を誘った。すでに契約は終わっているSMAPのソフトバンクのCMをつなぎ合わせた映像に、ファン全員が感謝したと思います。本当にありがたい。

そして、最後だけが最近収録されたSMAPが歌うnote世界に一つだけの花note メンバーそれぞれの想いで歌ってくれたと思います。最後に長い間お辞儀をして顔をあげないSMAP。思わず、悔し泣きしてしまう中居くん。目を閉じて考える風の木村くんと慎吾。呆然とした感じの剛。そして、珍しく怒りを抑え込んだように上を向いて厳しい表情をする吾郎。また、SMAPに頭を下げさせてしまった・・・ファンに解散の理由も言えず、ただ頭を下げることしかできないメンバーを見て、「もういいよ」と思った。それぞれに、解散となるまでにものすごく悩んで考えたんだと思う。ファンがいろんなことで動いているのもわかっていると思うけど、それでも解散になってしまうことにいままでの感謝とお詫びもあるかもしれない。でも、もういいからそれぞれが先に進んでいってほしいと思う。

木村くんと剛は、すぐにドラマがスタートするし、吾郎もSPドラマが入っています。中居くんや慎吾もレギュラー番組や特番で大忙しだと思う。ここで、一旦リセットしてそれぞれの活躍の場で輝いてほしい。5人それぞれが向かっている場所へ送り出してあげたい。

最後、スマスマスタッフと記念撮影を終えたあとの様子を見ていると、正直悲しいものがあった。以前なら、きっと輪になっていままで頑張ってきたことをねぎらったり、ライブのときのように全員で手を繋いで高くその手を持ち上げてくれた気がする。そんな画がまったく見られなかった。

SMAP不仲説。冗談じゃない。SMAPはもともと友達ではなくてプロの仕事仲間です。いまさら、不仲とかそんな子供じみたことで解散するわけがない。でも、グループの中でなにか関係性が崩れたのは見ていてわかる。目を閉じてないことにしてしまうこともできるけど、私にはそれはできないです。ひとつだけ言えることは、ビジネスパートナーとして続けていけない事態が起こったのだとしか言いようがない。友達は喧嘩しても続けていけるけど、ビジネスは信用できなければやっていけない。もっとシビアなことだと思う。事務所は悪い。こうなる前に、SMAPを守ることは絶対にできたはず。でも、最終的に解散を決めたのはおそらく彼ら自身だと思います。

ずっと、言わないでおこうと思ったけど、新しい年を迎えるときに5人それぞれに活躍していってほしいので、私もしっかりケジメをつけたいと思います。SMAPがいままでくれたものは嘘ではない。それだけはずっと自分の中でなくさずに持っておきたい。もちろん、これからもそれぞれを応援していきます。吾郎にいたっては、全力200%でサポートしていきたい。もう、理不尽なことで振り回されたくないので。

SMAP、本当にいままでありがとう。

いつかきっとまた戻ってきてくれることを願ってます。

|

« 銃マニアのアイドル | トップページ | 2017年明けての決意 »

コメント

初めまして。一言お礼を申し上げたくコメントさせていただきます。
私はSmapツアー以来の吾郎さんのファンなのですが、こちらのブログやツイッターは長らくROM専で密かに楽しませていただいていました。
kazuyoさんの考え方には共感出来る事が多くSMAPへの想い、とりわけ吾郎さんへの愛情はいつも心に暖かく励まされ同感していました。
SMAPが新しいステージに立っているのではないかと思えたのはタモリさんのビストロSMAPを見た時でした。
最終回のスマスマはまだ見る勇気がないのですがあのタモリさんを囲むSMAPを見ていたらこの先それぞれはまた新しいSMAPを個々に魅せてくれるのではないかと、彼らならきっと魅せてくれるだろうと確信できましたし、私の中でのスマスマのフィナーレは当分タモスマと林檎SMAPでいいと思っています(笑)
ひとつの終わりが来てもまた新しく始められる、確かにSMAPという存在の喪失感は大きいですがそれでも本人達がいなくなるわけではないですもんね。
むしろ今から先が正念場だと思うのでますます応援して行きたいと思います。まずは来年4月以降も編集長が頑張れますように。
これからも陰ながら応援していますので吾郎愛に溢れた投稿をよろしくお願いします。

投稿: さき | 2016/12/28 12:36

こんにちは。あと数日で今年が終わる=SMAPというひとつの組織がなくなる、という。どちらも同時進行で進むのかと思うと、やはり複雑です。吾郎ちゃんの1ファンとして、納得行かないことも多々ありましたが、グループとしての彼らを見られるホームグラウンドだったことは紛れもない事実なので。とにかく、皆が健康に過ごせるように、それぞれの仕事をしっかりこなしていけるように、それだけは祈りながら年を越したいと思います。
来年もよろしくお願いいたします🐥

投稿: mariko | 2016/12/28 13:03

 kazuyoさん ありがとうございます。
読んで何だかとても楽になりました。
様々な報道で言われる不仲は本当に冗談じゃありません。子供だって言わないようなあんな理由で解散するようなグループじゃないです。それは本当に貶められたように感じて怒りしかないです。でも無理やり解散させられるというのにも違和感を感じるのです。本当に強くて頭の良い人達だと思うので。本当のところは分からないし、別に知らなくてもいいことだけど、今は5人が少しでも来年以降の活動に希望や期待を持っていてくれるといいなぁと思います。ファンは何があっても彼らについていくのだから。まだまだ色々な彼らを見たいと思っているんですもんね。

 最終回のスマスマは正直、全く面白くなかったんですけど・・。5時間全部を未公開映像でできるくらいの、私達が本当に見たい秘蔵VTRをたくさん持ってるだろうにこれですか!?って感じでした・・。例えるなら、恋人と別れる最後の食事時に、その彼が店員さんに横柄な口をきくのを見た時みたいな感じだなと思ったんですけど。何か最後だから良い事ばっかり思い出してたけど、「あぁそうだった、あなた、そういうひとだったよね」と思うみたいな(笑)吾郎さんの謹慎のところはひどかったですよね。私はあの頃のことを話される事に対してはそんなに抵抗はないです。何よりあの時の吾郎さんは本当に綺麗だから。でも色々な背景やその後の事は端折って、初めて知る人達には誤解を与えかねないあの説明と、「大変なことを仕出かした彼を支えた4人」とするあのVTRはもう本当にいい加減にしてほしいと思います。剛くんのも、あのワイドショーの映像とか本当に見たくなかったので、流れなくて良かったと思いました。吾郎さんの方だってそういう風にすればいいじゃないですかねぇ。スマスマに対しては最後まで「あぁ、そうだった。あなたってそういうところあったよね」でした。

 みなさん思ったことですが、SoftbankさんのCMで泣きました。スマッホの何かスカートみたいなものを履いているカットありましたよね?何だったんだろう(笑)見たかったなぁ。

 今年もこちらのブログにお邪魔して拝見して、とても楽しかったです。私は周りにSMAPファン吾郎さんファンが全くいないので、こちらはkazuyoさんやみなさんの意見を見れるとても大切な場所です。どうぞ来年もよろしくお願い致します。


投稿: ゆきち | 2016/12/28 13:09

kazuyoさん、今頃になってご挨拶をさせていただくなんて本当に遅すぎたと思っています。
5人旅が楽しくてどなたかファンの方が書いてくれていないかな?と探したところこちらのブログに。それからは毎日見る事がル-ティ-ンとなり、5人のファンであった私が、若干木村ファンだったのですが、もう稲垣さんの事ばかり気になるようになり(笑)。
5人旅、車移動中の木村、稲垣の目の動かし方が一緒、という記事をみて、またそこを見直す私。それからはこちらの記事にかいてあるツボをもう一度確認するのが日課となりました。

あと数日で5人の活動は終わりますが、私も同意見で、彼ら大人ですから本当に嫌ならどんな方法もとれたはず。だからもう2017年のそれぞれの飛躍を願うしかないですよね。

また来年も楽しいブログを続けてくださいませ。
楽しみに毎日開いてみます!

投稿: こそめ | 2016/12/28 13:31

余りにも、私にとつて、気分の、良いものでなくて、後味が、悪くなって、解散させた、誰と、言いませんが。

投稿: 原田和子 | 2016/12/28 14:13

Kazuyoさま

けじめをつけてくださってありがとうございます。この場をお借りしてコメントさせてくださいね。スマスマの最後でタブー解禁という予告と編集に携わる方の名を知り、嫌な予感がしました。フジテレビには、スマスマの歴史に避けては通れない事案ならば気を配って放送して欲しい旨を、真実でない酷い事を過去から現在に至るまで言われ続けている事も含めてお願いのメールを出しておいたのですが、見事に裏切られました。きちんと考えて放送してくれるだろうと思ったのが甘かったです。SMAPというグループのホームというべきスマスマから飛び立って行くメンバーに今更タブーを解禁?して何をしたかったんでしょうね。二人の事はタブーでも何でもないのに・・・その真意が知りたいです。案の定、また蒸し返されて事実で無い事が、大手を振ってまかり通ってしまう世界、怖いですね。放送したほうはそれで終わり、その後の事等責任を取りませんからね。スマスマは20年の未公開映像でお宝映像が山とあるはずです。フジテレビにはそういうテープは番組別、年代別にきちんと管理されていると聞いた事があります。同じスマスマの歴史をひもどくならば、ファンがまだ見たことも無い楽しく賑やかな5人の映像を流して5人を送り出して欲しかったと残念でなりません。

最後の歌も違和感がありました。最後の挨拶は言わなかったのではなく、言えなかったのだと感じています。
今までSMAPは何かを乗り越える時、自分の言葉できちんと語ってきたという意見もありますが、森くん、吾郎さん、剛くんの時は、すべて自分の事なのですよ。自らの身に起こった事への説明だから出来たのではないですか。この解散劇は>ビジネスパートナーとして続けていけない事態が起こったというKazuyoさんの見解に全て同意です。

事務所の関与があったかも知れないが、最後はメンバーで決断したと思いたい。吾郎さんの言動をずっと見てきて彼のファン、関係者に送った文面をもう一度読み直してみました、「ファンの皆様、スタッフ関係者の皆様、この度はご心配ご迷惑をおかけして本当に申し訳ございません。今の状況で5人での活動は難しいと思い辛い決断ではありますが「解散」という形を取らさせて頂く事になりました。どうか僕達の意思をご理解頂けたらと思います。28年間本当にありがとうございました」・・・最後に28年間本当にありがとうございましたと言い切っていますよね。この言葉に並々ならぬ決意を感じました。何時もフラットで舞台でも演出家の要求に出来ないと言った事が無いという吾郎さん!飄々としていて一見クールだけれど、この騒動の最中でも舞台やラジオでずっとファンに寄り添ってくれた吾郎さん。ラジオのオープニングでは何時もSMAPの稲垣吾郎ですから始まり、曲は全てSMAPの曲、個人のソロでもSMAPでと言い続けていた吾郎さん。メンバーの話を喜々として語る様子は如何にSMAPとファンを大事に思っているかが分かりますね。37万超のファンの署名も、CD300万枚達成も新聞広告の事も当然耳に入っていると思います。ファンを大切に思ってくれているその吾郎さんが今の状況での5人の活動は無理だと言っているのです。この率直で分かりやすい文面に全ての想いが込められていると考えると、苦渋の選択をしたメンバーの意思を尊重したいと思うのです。

歌い終わって涙を溜めた目で少し上を見上げた表情は厳しいものがありましたね。意地でも幸せと言いたいと思っている吾郎さんのこの表情を見て、こんな別れはファンも悔しいし、彼らも悔しいだろう事がよく分かりました。

でも、もうスイッチを切り替えて次の目的に向かって進み出しているのではないですか。ファンとしては来年早々のドラマ、「ゴロウ・デラックス」と「編集長稲垣吾郎」の応援あるのみですね。荒波に向け船出した彼らが何時か寄港して再び集まってくれるまで静かに見守って行きたいと思っています。長くなってすみません(汗)

投稿: さやか | 2016/12/28 15:50

今まで前に立っての応援ありがとうございました。感謝!感謝!ただ感謝です。私はその後ろの後ろから応援していました。でも幸せでした、あなたの力のこもった応援を感じることが出来て。ありがとうございました!
引き続きかげながらKazuyoさんを応援し続けます。

投稿: 一ファン | 2016/12/28 18:19

いつもありがとうございます。
私も吾郎さんのところはほとんど見ていませんでいた。
決して気持ちがいいものではないと。吾郎さんが15年経っても今も背負っているものにさらなる傷を。
最後の歌はどうなんだろうと思いました。
でも20年、いろいろと楽しませてもらいました。

誰が100%悪いってことはないですね。
SMAPを支えていた土台の大きな部分が急になくなって、体制が変わり1本の糸で繋がったいたものが
絡んでしまって、それに加えて表に出る報道が更なる糸を絡ませる。
今の40代の大人の彼らが絡まりをほぐすより、思い切って切ってしまった方が作り直せると思ったのかと。
ちょっと切ないですが…
でも、もう一度言いたい!! 5人の歌が聞けないのがさみしい。吾郎さんが全国放送で見れないのがつらい~!
今までは戦友だったけど、これからは友人になれるのかしら。ちょっとキムゴロが心配だったりする。
私は5人がこれからも幸せでいて欲しいし、笑顔でいて欲しい。ただそれだけです。
ちゃんとマネージメントをしてもらえるのか非常に不安。やりたい仕事が出来るのを祈るだけしか出来ませんが。

投稿: ゆっこ | 2016/12/28 19:44

kazuyoさま
すぐにブログを上げてくださって、ありがとうございます。今年の1月に激震が走り、それから1年間どうしてこんな事になったのかずっと考えていましたが、どうしてもわからないまま12月、SMAP解散の時を迎えようとしています。
先日のスマスマに関しては、吾郎さん、剛君の件はテレビを消音して違うことをしていましたし、ソフトバンクのCMにはかっこよさにしびれ、5人旅は楽しかったです。

最後の歌、うん、なにをもったいぶって。なんであんなお通夜みたいな演出にしなければならなかったのでしょうか。

最終回なら沢山の秀逸なコント、トークをてんこ盛りにして楽しく終わらせていただきたかった。

吾郎さんの件は、本当にいまでも胃から苦い汁が上がってくるので見ないようにしていましたが、何故正しい経緯をきちんと説明しないのか、納得いくはずがありません。
吾郎さんは自分の本音をぶしつけに見せたりしないので、世間では飄々としているだの何を考えているのかわからないだの言われていますけれど、タレントとして裏側の葛藤や努力を見せないのはプロ中のプロ、だと思っています。

彼が殊更感情を見せないからと言って、どんなことをしてもいいというわけでしょうか。憤懣やるかたないです。

大した事件ではなかったのに、何回も蒸し返されそれも正しい事実も説明されない。悔しいです。

でも時代が進み、Twitterで様々な方が正しい情報を流してくださっている。そこには救われます。

SMAPの解散が迫り、本当に悲しくて辛いです。うちにあるポスターと目が合うと涙ぐんでしまいます。この1年間いろいろな情報に振り回され、泣いたりうなずいたりしましたが、自分のすぐに頭に血が上る性格にうんざりしどうしでした。

そんな時、いつもkazuyoさんのブログをのぞかせていただき、冷静さを取り戻すことができました。本当にkazuyoさんの客観的で偏ることない構成のしっかりした文章にうなることしきり、です。

いろいろとお世話になり、本当にありがとうございました。来年もまたコメントを寄せてよろしいでしょうか。
ブログもまた拝見させていただきますね。

最後にSMAPはまた必ず戻ってきます。東京新聞に載っていましたが「時が解決する」という意見に同意します。
この件は少し時間という薬が必要なのかも知れません。

kazuyoさん、よいお年をお迎えください。来年はきっといい年になります。佐藤愛子さんも言っていました。
「塞翁が馬」です。

投稿: sachi | 2016/12/28 19:47

思えば1月の生謝罪の時、造反組とされた中居君、剛君、慎吾君の憔悴して目に力が無い様子にショックを受けたと同時に「あれ意外と吾郎ちゃん普通だな。これなら大丈夫かも。」などと少し安心してしまいました。スマスマ最終回を見てあれは普通なんかじゃなかった、吾郎はきっと静かに怒っていたのだと気づきました。私もコチラの皆様とともに吾郎さんの新しい旅立ちを応援したいと思います。

投稿: マコトマ | 2016/12/28 22:58

コメント入れてくださった方、どうもありがとうございます。まったく違う考えの方もいると思うので、コメントを残すのは非常に難しかったと思うのですが、率直なご意見を聞かせていただき感謝します。


tulipさきさん
どうも初めまして。SMAPが解散してしまうという辛いときに初めてコメントを残してくださってありがとうございます。いまからでも、まだまだSMAPのメンバーそれぞれ活躍していってくれると思うし、SMAPとしても今は無理でも戻ってきてくれると思う。是非、これからの吾郎さんを見ていってほしいと思います。もちろん、しっかり応援を込めてブログは更新していきたいと思っていますので、またコメント残しにきてください。


tulipmarikoさん
年の瀬はそれでなくても寂しいものがありますが、今年は寂寥感が半端ないですね(涙) でも、これからもSMAPは続く。解散しようが、SMAPがなくなるわけではないと思っています。最後の「スマスマ」の編集を見るに、まだまだ戦っていかねばいけないことがあるとヒシヒシと感じました。泣いている場合ではないと(笑) 来年から、こんな不条理なことが起こらないように頑張りたいですね。


tulipゆきちさん
いろんなことがハッキリしない。だから、ファンも戦い続けるしかない。解散に至ったのは、きっと事務所の横暴だけが理由じゃないと思います。もちろん、発端はマネージメントにあると思っているので、そんなことに巻き込まれたSMAPを思うとやるせないんですよね。どんなに苦境が待っていようとも、とにかく5人でいてほしかった。そうすることができなくなったときの喪失感は、きっとファンより彼らのほうがとてつもなく大きかったと思います。ファンに解散を伝えることが、どれだけ辛く厳しかったことか・・・だから、SMAPの言葉を信じて今後を応援していこうと思った。気持ち新たに頑張っていこうとする5人を貶めるものが出てくるのなら、事務所だろうがメディアだろうが有名人だろうが容赦しない。一年間なにかとSMAPの話題で引っ張ったメディアも、来年は個々の活動にプラスになることを報道してほしい。コメンテーターの批判だろうが擁護だろうが、なぜ解散になったのかという話はもう聞きたくない。「スマスマ FINAL」の編集に、好きな人が急に嫌に感じる喩え話最高でした(笑) ありがとうございます。来年もどうぞよろしくお願いします。


tulipこそめさん
初めまして。コメントありがとうございます。5人旅のレポでこちらに来てくださるようになったんですね。ものすごく刻んで長いレポを数日間書き続けましたが、レポして良かったなぁと思いました(笑) キムゴロさんのツボも楽しんで読んでくださってありがとうございます。これからだって、SMAPのメンバーが絡むことはきっとあると思う。5人全員が一緒ではなくても、二人だったり三人だったり。そのときは、絶対にレポさせて頂くので、またプチツボ読みにきてやってください。


tulip原田和子さん
初めまして。「スマスマ」はせっかくの最終回5時間SPだったのに、確かに後味悪かったですね。SMAPという日本の宝のようなグループをこんな終わらせ方にして、あんな辛い顔をさせて・・・本当に悔しいです。


tulipさやかさん
素晴らしいグループを送り出すときに、なにをもって「タブー解禁」だったのでしょうね。いままでも、吾郎と剛の謹慎のことを、彼らは隠さずに話しています。それに、いったいいつの話よ?!と言いたい。芸能界は甘いという人もいますが、吾郎と剛はいつまで経っても蒸し返される。吾郎のときのことは、センセーショナルに報道することだけにメディアは喜々としていた。本当のところをどこのメディアも報じてくれなかったから、いまだにしてもいない罪で吾郎は叩かれる。ハッキリ言って、彼がしたことは駐車違反だけです。その後の対応がまずかったのは否定しない。でも、公務執行妨害も傷害罪も警察のいきすぎた反応で不起訴だったと、どうしてどこも大きく報道しなかったのか。5か月も謹慎し言い訳もせず社会的制裁を受けた人に、冠番組が当時の報道のまま放送するっておかしいんじゃないかと。吾郎が復帰のときは、もちろん当時見ていましたが、このときも視聴者を煽ってなかなか登場させず、延々と事件の顛末を流していた「スマスマ」。このときから、信用していない。番組スタッフの中にも、SMAPのことを考えてくれている人とそうでない人が混在しているんでしょうね。番組に最後は5人が生放送で出てきてくれれば・・・と思っていたけど、そうでなくて良かったとこのとき思いました。こんなVTRをSMAPが見てコメントするなんて見たくないので。最後は、解散の理由どころか番組が終わることへの挨拶もなかった。何かを言おうとすると、必ず触れなければいけないことがあって、彼らは全員それを言いたくないんだろうと感じました。メディアだけが勝手に発信する中、「何も言わない」ことを選んだSMAPを私は支持したい。それは、ファンに対する非礼ではなくて彼らの優しさだと思い感謝しかないです。


tulip一ファンさん
初めまして。勝手に自分の思ったことを書いているだけのことにお礼を言ってくださって恐縮です(汗) 応援してくださることに感謝ですが、私なんかよりSMAPを応援してくださいね(笑) 特に、吾郎はよろしくお願いします!


tulipゆっこさん
今回の最後の「スマスマ」は、編集している人が一人じゃなかったのかな?と思うぐらい温度差があった。楽しませてもらえるところも当然あったし、「あ~、こんなのあった!あった!」と懐かしかったし。なのに、なぜにここまで?!と思うところもあって、なにも最後にこんな仕打ちしなくてもと複雑になりました。SMAPが解散してしまうことは、単純な理由ではなかったと思います。いろんなことが絡み合って複雑になって・・・もしかしたら、それをちゃんと話し合えるものが今のSMAPにはできていなかったのかなと思うことはあります。大人になって、何も言わずとも意見が違っても同じ方向を向いて進んできたことが今回はそうならなかったのかと思うと残念です。吾郎さんは、レギュラー番組がテレビ、ラジオとも関東圏のみなのは厳しくなると思います。今以上に全国放送への声は出さないとダメですね。


tulipsachiさん
本当にどうしてこんなことになってしまったのか・・・今は、寂しさと悔しさしかないです。解散なんてしてほしくないし、ずっとずっとSMAPでやっていってほしかったけど、今はきっと無理なんだろうと。とにかく、もう少し冷静になって時間をおきたいと個人的には思いました。個人の活動に慣れてしまうのではなく、個々活躍してこそ未来のSMAPに繋がっていくことができると思っているので、当面は個人のお仕事を応援するのみです。「スマスマ」での吾郎さんの件は、本当にはらわた煮えくりかえりましたね。最近は、そんなこともほとんどなく、SMAPがいてくれるだけで楽しませてもらっていたので最後に裏切られた感じがして後味がものすごく悪いです。そんなことで目くじらたてなくても・・・と思う人もいるかもしれない。でも、黙っているから何度もやられる。来年からは、もしかしたらもっと不愉快にさせられることもあるかもしれないと覚悟しています。何も言わない吾郎だからこそ、ファンが力になりたいですね。冷静に見えているかもしれないですが、私、相当血の気多いです(爆) それでもよろしければ、是非また来年もコメント残しにきてください。こちらこそ、どうぞよろしくお願いします。


tulipマコトマさん
どうも初めまして。コメントありがとうございます。吾郎さんって、素の表情を見られるのが恥ずかしいと言っていたことがあります。寝ているところや、食事しているところや、喜怒哀楽を出すことが演じているときはすごいのに「稲垣吾郎」としては敢えて抑えている人だと思います。それが、世間にはクールで冷たい人に見られるとても損な人(笑) でも、今年は吾郎の厳しい表情をすごく見た気がします。これは、非常事態だ!と感じました。いつもなにごとにも中立な立場にいる吾郎さん。来年は、とにかく自分のことを一番に考えてお仕事をしていってほしいので応援頑張りたい。吾郎の選択は、いつも間違っていないと思うので。

投稿: kazuyo | 2016/12/29 01:48

こんばんは。
この1年間、その時々に「信じたい」と思う情報につい耳を傾け、真逆の内容の情報が耳に入れば煩わしく感じ・・・思えばそんなことの繰り返しばかりでした。
いまだに解散の撤回を願う気持ちはあります。だけどその反面、3月の「明日へコンサート」の時点で、これが最後、もう5人でSMAPの曲を歌う姿は見れない・・・と頭の中でぼんやり考えていたのも事実・・・。
理解すること・納得すること・・・このふたつの違いは、本当に大きいです。
そして最後に思い至るのは・・・メンバー全員の幸せを願い続ける・・・こんなシンプルな気持ちのみ。

投稿: | 2016/12/29 02:35

お疲れ様です。紅白4人でもいいので出てほしいです。ゲストで。毎年紅白みてました。次の会場に移動の場面も忘れられません。コメント待ちます。coldsweats02

投稿: セブンです。 | 2016/12/29 08:13

kazuyoさんこんにちは。正直、生でSMAP五人の姿を見たかったって言う想いはありました。でもそれは叶わなかったけど、私が物心つくころからSMAPがいて、スマスマがあって、そのスマスマの歴史がどんな風に作られていったのか、感謝の意味も込めて心して拝見しようと思ってたんですが、再三お願いしたのにそれが叶わなかったのは悲しくて憤りを覚えました。その前は、森君の脱退時の映像や私の知らない映像もあって感動したし楽しかったのにあの映像のせいで、感謝もしたくなくなりました。最後の最後までフジテレビには幻滅しました。その後の五人旅など、みんな楽しく笑いあって未公開なども流してくれて、私はずっと泣いてました。ソフトバンクさんにもとても感謝しています。kazuyoさんの仰ってることにすべて同意します。今更子供じゃあるまいし不仲だとかこうとかそんなんじゃないと思います。彼らも断腸の思いなのは、最後の「世界に一つだけの花」を歌い終わってからの様子を見ても感じ取れました。何も悪くないのに深々と頭を下げている様子は、見てる方も苦しかったし胸がえぐられるようでした。今は、20年間笑いや感動を与えてくれたSMAPとスタッフの皆さんにお疲れさまでした&ありがとうございました。と言いたいです。SMAPはこれから五人それぞれの道を歩んでいきますが、全力で応援していきたいです。もちろん自分も吾郎ちゃんファンなのでずっと吾郎ちゃんについていきます。SMAP、ありがとうございます&これからも応援しています。来年はメンバーみんな幸せで笑顔の多い一年になりますように。

投稿: りな | 2016/12/29 11:21

初めまして。実は、私は剛君ファンなので、ここに書かせていただくのは申し訳ないのですが、読ませていただいてどうしてもコメントがしたくなりました。
解散のこと、私も同じ考えです。どの時点で何があったのかなどは、全く解からないことですが、お互いを結んでいたものが無くなったというのは感じています。1月の放送を見て、いくらプロとは言ってもこのまま何もなかったかのようにやっていく事が良いこととは思えませんでしたし。
スマスマ最終回について、吾郎さんのこと何でこんなに時間を使うのかやはり視聴中から疑問に思いました。吾郎さん、剛君のことは、スマスマの歴史の中で大きな事
だったのは確かだとは思いますが・・・。抗議が多かったのでしょうか、翌日には、メンバーと構成を決めたという記事を見ましたが。
最後の長いお辞儀、私には「見てくれてありがとう」「応援してくれてありがとう」「何も言えなくてごめん」と言ってくれているように受け取りました。見る前は言葉が欲しいと思っていたのですが、この場面ですごくすっきりした気分だったのですが、ファンの方の大多数の方の受け取り方は違いますね。そんな感じも私にはちょっと辛くなっていたところにこちらのブログに来て拝見し「そう、そう」ということが多かったのです。
これからのそれぞれを応援するのも一緒です。ただ、4人と事務所の関係はあまり良いように思えず、いささか心配な面もありますが、そんなことも乗り越えていくと思うし、その原動力でありたいです。

投稿: みんみん | 2016/12/29 13:07

kazuyoさん、初めまして。今年に入ってから、このブログを見つけ、共感できることが多々あり、読ませて頂いておりました。私は海外在住で、日本を離れてもう十年以上が経ちました。最後に日本でNHK紅白を見たのは、スマップが世界で一つだけの花を大トリで歌った時だと記憶しています。その後は海外でも紅白を毎年見たり、時々彼らの番組を見る程度のファンでしたが、今年の一月にスマップが解散するかもしれないと知った時に、自分でも驚くほどのショックを受け、その後は遠くから状況を見守ってきました。解散してほしくない、けれど色々な状況の変化の中で、以前の自分達とは違ってしまった姿をファンに見せたくないのではないかとも思っていました。
そしてスマスマでの最後の歌、見ていて本当に胸が苦しかったし涙が溢れました。きっとファンに言いたいことがたくさんあったと思います。でも言えない。嘘を言うくらいなら何も言わない。ただ黙って頭を下げるメンバーが、なぜかサムライのように見えました。
今はもうこれ以上誰も傷ついて欲しくないし、メンバーには幸せになってほしいと心から願っています。
今年もあと残り僅かですね。kazuyoさんも、どうか良い年末年始をお過ごし下さい。


投稿: ハナ | 2016/12/29 14:46

kazuyoさん、スマスマ最終回のレポ有難うございます。休みになりやっと全部観ることができました。つい2年くらい前まではファンでなかった私ですがお笑い好きなのでこの番組は初期からコント目当てによく見てました。森君卒業の回もうっすら覚えてます。改めて森君の歌が上手な事に驚きました。当時は中居君がボロ泣きしてたのだけ印象的でしたが、吾郎さんファンになった今はやっぱり吾郎さんを見てしまい、後ろを向いて泣いてる吾郎さんに自分も涙腺が緩みました。SMAP裁判とか自分の見てなかった企画もあり、5人旅もまた流してくれて嬉しかったです。
吾郎さんが居なかった時期の事は、ファンになる前の記憶は「駐車違反の際に警察と揉めて車内に立て籠もり、パニックになり急発進して婦警に接触し逮捕された」というものでした。今のようにネットなどが無い時代なので、テレビと雑誌の情報だけです。吾郎さんファンになってから改めてネットで詳細を調べました。当時の記事やとんでもない噂まで、できる限り読みました。いくつかのファンの方のブログなども読み、結局彼は「駐車違反」だけであったことを確認しました。私はそれ以降、間違った認識の人に話題にされる度に訂正してます。ファンはイタイと思われてるかも知れませんが、そこはどうしても譲れないからです。当時から報道が如何に「センセーショナル最高」に重きを置き、事実を軽視してたか分かりました。今回のスマスマでまた放送するなら、ちゃんと事実まで流して欲しかったですよね。若い世代の視聴者は知らなかった人も多いのにまた誤解されてしまう。当時の自分を含めて、一般の視聴者はざっくりとしたいい加減な認識のまま記憶しています。吾郎さんは今後もお仕事して行くのに、そこを全然考えてくれない内容に呆れました。本当に最後のチャンスだったかも知れない。悔しいです。
最後、5人で歌唱した場面もやはり泣いてしまいました。今年は震災コンサート以降ずっと自分達の歌を歌えなかったSMAPでしたね。生放送も無かった。普通に考えるとおかしな事が全て「不仲」という理由にされ、山ほどの報道、噂、憶測が流れ続けても本人達はFAX以外は解散に関して無言を貫きましたが、普段のお仕事は平常運転で頑張ってて、プロだと思いました。特に吾郎さんはいつもの吾郎さん過ぎて、却って心配になる位です。色々な考え方があると思いますが、私はファンに対して彼等は本当に誠実な対応をしてくれたと思います。今までの彼等なら何かを言ってくれたはずだから何らかの圧力があったのでは?という見方もありますが、もし圧力が無かったら彼等は事実を話したでしょうか?数え切れないお世話になってる人達を巻き込んでも?彼等の及ぼす影響力を考えると、どちらにしろ本心は明らかにせず発言は制限してたと想像します。今回は彼等をサポートする体制も激変し、ひょっとしたらメンバー間に何か軋轢が生じたかもしれません。感情的に拗れたなどではなく、仕事のやり方とか今後の方向性とか、以前ならここまで縺れる前にマネージメントの段階で解決してたような事が上手に回らなかったかも知れない。事務所が全て悪いとは思ってませんが、サポートは殆ど出来てない状態だったのではと感じてます。でも彼等は「夢を売る」ことを貫いて全うしたプロだと思いました。kazuyoさんが仰ったように、少し時間をかけてもまた再結成して欲しいです。SMAPとして歌い踊る吾郎さんが大好きなので。
長々とすみません。今後も吾郎さんと4人を応援して行きます。

投稿: ゆかP | 2016/12/29 15:26

はじめまして。
私は今年1月の騒動の時に初めて自分がSMAPのファンだと気が付いた、ほぼ一般人です。
色々なSMAPらしく無い報道が信じられず、ファンの方のブログやツイッターを巡り、kazuyoさんのブログにたどり着きました。
解散に関して、ファンの方の中でも考えは色々なようですが無理やり解散させられるという意見が多いように思います。私も最初はその意見に賛成する事で救われたように感じました。
1月の生謝罪の後のスマスマは明らかに雰囲気が悪かった。
メンバー間で問題があるのは隠しようが無く、見るのが辛くなる程でした。 でも 徐々に落ち着き、8月のラジオでは慎吾くんがコンサートに前向きな発言までしてしていたとか…。

今は正直言ってわかりません。
でもkazuyoさんのおっしゃるように、残念だけど解散は避けられませんよね。 それならば、来年からの個々活動を応援するしかないです。
この点はkazuyoさんと全く一緒です。
実は私も吾郎ちゃんを応援したい! 優しく美しいけど要領があまり良くな誤解されやすそうで、ほっとけません(^^)

ダラダラとまとまり無く書いてしまって、ごめんなさいね。
これからも読ませていただきますので、よろしくお願いします。

投稿: keiko | 2016/12/29 17:29

tulip???さん
HNがなかったのでこれで失礼します(笑) この一年、本当に報道には振り回されましたね。結局、どこも面白おかしく興味本位で伝えてるだけなんだなぁと感じました。人それぞれ考えはあると思いますが、嘘八百で落とし込むものも多かった。本当にひどいですね。「理解することと納得することの違いは大きい」・・・本当にそうですね。頭ではわかっていても、ファンはなかなか受け入れがたい結果になってしまったことが本当に残念です。ただただ個々でも活躍していってくれることを願うのみ。


tulipセブンさん
初めまして。「紅白」を4人ではダメですねぇ(笑) SMAPはやっぱり5人だからSMAPだと思う。森くんがやめたときとは訳が違うので。過去にも、4人だけでも出演できたときがあったけど辞退していましたしね。一人欠けても何人欠けても、もうSMAPじゃない。でも、SMAPという名は彼らが戻ってくるまでずっと存在していくと思います。


tulipりなさん
「スマスマ」には、これまでにSMAPと一緒に20年間も番組を続けてくれたことに感謝しますが、事件報道の映像はひどかったですね。何も真実を伝えてくれないで、ただ衝撃的な映像として数字を取りたいだけ。フジテレビらしいとある意味呆れました。SMAPの歴史と「スマスマ」という番組の歴史がリンクしていることはわかりますが、放送する映像はちゃんと考慮してほしかったですね。当時の報道を流すのなら、ちゃんとその後の不起訴に至るまでの件も伝えてしかるべし。あれでは、その辺の低俗なワイドショーと同じですよ。フジテレビがまったく支持されなくなってきた理由がわかった気がしました。SMAPがファンに対しての感謝もまともに言うことができない状況が本当に辛いですね。でも、しっかり伝わっているのでこれからも応援していきたいと思います。


tulipみんみんさん
初めまして。剛くんのファンで読んで頂いてありがとうございます。SMAPの中で流れる空気が、1月の生謝罪から見ていられなかったです。それが、外からものなのか内でのことなのかはわからないけど、まず尋常ではなかったですよね。「解散」と発表してからのメンバーのほうが、なにかスッキリした表情を見せるのが悲しいけどわかってしまってなんとも言えない気持ちになりました。メンバーと最後の番組構成を考えたというのは本当かどうかわからないですが、あの映像の出し方までは話していないだろうと思えます。悪意はなかったのかもしれないけど、数字の呪縛にとらわれているんじゃないかと思うとフジテレビはもうダメですね。最後のSMAPのお辞儀は、もう見ていて辛いものがあり、何も言わずともいろんなことを受け取らせて頂きました。これで終わったのではなく、来年からが勝負のような気がします。応援していくので、荒波に負けず踏ん張っていってほしいですね。


tulipハナさん
どうも初めまして。コメントありがとうございます。海外在住とのこと・・・不安になりますよね。私も、15年ほど英国はロンドンにいたのでお気持ちはお察しします。久しぶりに帰国して、ガッツリSMAPを身近で応援するぞ~!なんて思っていたら、まさかの解散。悲しすぎます。日本にいて思ったことは、嫌でも目に入ってくる芸能ワイドショーの低俗な話題。これは、海外にいたときの幸せをいまさらながら感じています(苦笑) よくもまぁこれだけ芸能人のことで関係ない人たちが勝手に一喜一憂できるもんだなぁと思いました。語るのはファンだけに任せておいてくださいと言いたい。最後の「スマスマ」でも本人たちが何も言えない状況の中、部外者が憶測で垂れ流すなと言いたい。そんな声は無視して、これからはSMAP5人には前に進んでいってほしいと思います。良いお年をお過ごしください。


tulipゆかPさん
森くん、やっぱり歌うまいですね。彼が卒業するときの「スマスマ」は、とてもいい放送回だった。素直に寂しくて、森くんの門出を祝福できた。今回、なぜそれができなかったんだろう。吾郎がテレビで涙をこぼしたのは、このときが最初で最後だと思います。冷たい人のように言われるけど、けっしてそんなことないんですよね。逆に涙を見せたことに、当時は驚いてしまったのがついこの間のことのようです。吾郎の事件のことは、「言われなければとっくに忘れていた。「スマスマ」を見てまた思い出してしまった」と同僚に言われました。「なんで、吾郎ちゃんのだけあんなに尺とったんだろうね」とも。ファンじゃなくてもおかしいと思っている。フジテレビ許せないわ。視聴者を煽るだけ煽ってあとは知らぬ存ぜぬで通す無責任さに、テレビの在り方を学べと言いたい。最後のSMAPのお辞儀は、見ているだけで辛かったです。圧力があってもきっと彼らならファンに対してひと言は話せる人たちだと思う。それぐらい、ファン想いの人たちなので。事務所に言うなと言われたことも、自分たちの正義で貫いてきた人たちです。それが、今回は本当に何も言えない状況を見て、言いたくないんだなと思いました。何か言えば、すぐに勝手にまた報道される。そして、なによりもファンのことを思って無言を貫き通したと思うと、本当に無念さが滲み出ていて申し訳なくなりました。でも、進んでいかないといけない人たちなので、来年からはきっとまた頑張っていってくれると思います。ファン一丸となって応援していきたいですね。


tulipkeikoさん
初めまして。今年になってSMAPファンだと認識された中で(笑)、こちらにコメント残してくださってありがとうございます。もし、SMAPが周りから解散させられるんだと思うことで、心安らかになれるのならそれでいいと思います。だから、SMAPは何も言わないんだと思うので。言えないというのは、言って傷つく人がいるとわかっているから言えないんだと思います。私は、そんな彼らを尊敬して感謝しかないです。今、何かSMAPの中でどうしようもないことがあっても、時間が解決してくれると思うのです。だから、今はそれぞれがお仕事がしやすいのであれば個々で頑張ってほしい。それぞれが活躍して、いまより大きくなってまた元に戻ってきてほしいと思います。それには、やっぱりファンのサポートも必要ですよね。一緒に頑張っていきませんか?

投稿: kazuyo | 2016/12/29 17:50

kazuyoさん

久々のコメントが、こんな時で申し訳ない限りです。
スマスマ、複雑な気持ちでみてました。
グループが解散するにあたって無言はありえなくて
でも、そうせざる得ない苦渋の選択。
ファンを守るためでもあるのかも。余計なマスコミは邪魔ですもの!

普段、テレビ等ほとんど泣かない人ですが、中居君の涙にもらい泣きです。

昨年の後輩グループのT君が辞めた時も
具体的な理由は言わないまま。
最近の復活ライブで、大人なので言えないこともあるとファンに向けて話をしたとか←確信話は無いけれども。

闇は深いのかな。。。

DVD、まずは1枚目みましたよ。
吾郎ちゃん好きだな~!ってしみじみしてます。

SMAPがいたから、ファンになったから今の自分がある。そしてkazuyoさんとも出会えました。
SMAPとkazuyoさんにありがとう!

ゆるく歩いてますが
これからも一緒に応援させてください。
よろしくお願いします。

投稿: mimi | 2016/12/29 21:09

私も吾郎さんのファンです。
一つだけ。
26日SMAPはフジテレビに集まったみたいです。しかしながら、生出演が阻止されてしまったようです。

投稿: はな | 2016/12/29 22:14

tulipmimiさん
お久しぶりです。コメントありがとうございます。後輩くんたちが分裂していく様を見てこられたと思うのですが、やはり何も言わないというのは異例ですよね(苦笑) 普通はファンのために何かひと言コメントするのが常識。SMAPはいつなんどきでもそうしてくれた。でも言えない・・・言わないことがファンへの愛。そう思っています。Tくんのときは、本人が一番笑顔で話していたのが涙を誘いました。彼もきっと言えないこともあったんだと思います。メール交換までした吾郎の舞台を見に来てくれて、幕が開くまで静かにパンフレットを読んでいたと目撃された方に聞きました。とても常識のある人だった。事務所、いや芸能界の闇の部分って本当に計り知れないものがあるんでしょうね。ファンはそれに惑わされず、どんなことが起ころうとも応援していきたいと思っています。こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。


tulipはなさん
初めまして。26日に放送された「スマスマ」放送時に、SMAP全員が生出演するためにお台場に来ていたという話は、Twitterで知り合いが番組の関係者だかで聞いたというのが回ってきていましたが・・・テレビでそんな話は聞いていないというのが流れたり、ファンの方が放送前からあれだけお台場にいたのにSMAPが来ていたら気づいたんじゃないかとか思うと一概に信じていいものかわからないです。もし、そうであったのなら横暴ですよね。

投稿: kazuyo | 2016/12/31 01:59

Kazuyoさん、ご無沙汰ばかりしてしまって申し訳有りません。ここのところガガさまからずっとスマスマ見れていません。26日、病院から帰ってきて11時、間に合いました。最後のSMAPの「世界に一つだけの花」号泣です。一人なので声を出して泣いてしまいました。最後のSMAPをちゃんと目に焼き付けれなかったダメダメファンです。お正月に少しづつスマスマファイナル観るつもりです。スタッフには前から吾郎ちゃんの扱いが悪いのは重々わかっていましたが会社の一般の方にも酷いねって言われました。でももうそんなスタッフとは関わらなくなるのでしょうね。SMAPは何も言わなかったけれど彼ら一人一人が立派なステージを魅せてくれましたね。5人がとても綺麗なお顔をしていました。吾郎ちゃんの歌い終わってあと上を見続けている姿を私は一生忘れません。この日を忘れません。これからも私もKazuyoさんと皆様と一緒にSMAPのみんなと吾郎ちゃんを応援続けて行きます。そう再びSMAP5人に会える日をめざして。Kazuyoさんいつも遅くにゴメンナサイ。これからも宜しくお願いします。来年は吾郎ちゃんと吾郎ファンに良い事が沢山有りますように!

投稿: ピカチュウ | 2016/12/31 17:05

こそっと失礼します。私はSMAPが大好きでしたが、吾郎さんが大好きなSMAPが大好きだった気がします。
吾郎さんが決めたなら受け入れたいと思います。
そして、飯島さんへの思いを貫いた慎吾も素敵だと思います。色々あったろうけど、木村くんは当分見たくありません。
四人の来年が素晴らしい一年になりますよう。
力強いブログいつもありがとうございます。

投稿: watanabe | 2016/12/31 20:59

kazuyoさん、年の瀬に申し訳ありません。そしてお久しぶりです。今年はSMAPファンにとって辛い一年になりました。今回のkazuyoさんのブログで私の思いも整理できました。スマスマ最終回はまさか…でした。うちの子どもでさえも、知らないでいい事を知ってしまう事になるよ!と言ってました。かなり後味が悪く周りにあたりましたが…
けれど、ストスマ、ワッツを聞いて嫌な事は思い出さず、これからの5人の活躍を応援しなきゃ!と思っています!
そして私も地元でTwitterでSMAPファンが集まるようになったんです!SMAPが繋いでくれたんだと思っています。濃ーいSMAP話ができるのが、嬉しくて嬉しくて‼
今年はストスマにもメールもなかなか送れない私でしたが、「編集長 稲垣吾郎」には、気持ちを切り替えて番組に貢献出来ればと考えています。
嬉しい事に、ストスマ25周年の時に私のすっとんきょうなメールが読まれたみたいで、まさか…でした。
なんで、もう少し感動的な事で送らなかったのか…!!
と、強がってますが、車でCD聴きながら泣いちゃっている私です。どうしたらいいかなぁ…
kazuyoさん、よいお年をお迎え下さい。m(__)m

投稿: yayoi | 2016/12/31 21:31

tulipピカチュウさん
最後の「世界に一つだけの花」で気持ちよくSMAPの歌を聞けたファンは少なかったと思います。もしかしたら、世間も疑問符だらけになったかも。スタッフと写真撮影をしている様子で、あぁ、終わってしまうんだなぁとは感じたけど、特別なこともなくはけていくSMAPを見ていたら悲しいものがありましたね。事務所の圧力だけで解散になってしまったのだとしたら、ここでいままでのSMAPなら何かしらのアクションで5人全員でファンに見せてくれたと思います。ハイタッチでもいい。握手でもいい。でも、それさえもなかった。だから、彼らの中で何かが変わったんだと改めて思ってしまったのも悲しかった。個人のお仕事は続いていくので、それを見守っていくしかないですね。


tulipwatanabeさん
SMAPが大好きだけど吾郎さんをイチ押ししているので、とりあえず個人のお仕事を頑張ってもらい応援していくしかないわけですが・・・なんとも、寂しい一年の終わりとなりました。年が明けても、なにかとまだまだ勝手に言われるとは思うのですが、それぞれが踏ん張ってほしいと願っています。解散になったのは誰かひとりが悪いということはなかったと思うんですね。いろんなことが引き金になってしまったのではないかと。ただ、どうして5人が同じ方向を向いていけなかったのかなぁと。いまさら言っても仕方ないですけどね(笑) これからのお仕事を応援していきたいですね。


tulipyayoiさん
お久しぶりです。コメントありがとうございます。最後の「スマスマ」にはやられましたね。やっぱり、フジテレビだったに尽きます。興味を引いてもらいたかっただけとは思いますが、ファン以外の方にも5人のSMAPでもっと楽しい企画がたくさんあったのにこういうことしてしまうんだと本当に腹立たしいしガッカリです。地元でSMAPファンで集まれるようになったとのこと。本当に良かったですね。今後、彼らを応援していくのに仲間がいれば心強いし、くじけそうになっても進んでいけると思います。吾郎さんは、テレビもラジオもレギュラー番組が引き続きありますが、限られた地域しか放送されないものばかりなので本当にファンの頑張りどころだと思います。各所に声はたくさん出しましたが、「ストスマ」でのお便りは、私もこの一年ほとんど出していなく反省しかり(苦笑) もっと吾郎さんにも伝えていかないとですね。どうぞ、今年もよろしくお願いします。よいお年を。

投稿: kazuyo | 2017/01/01 15:42

いつもパソコンで読ませていただいていました。スマップ愛に溢れ素晴らしいブログ…冷静で感情に溺れることなく私より半世紀もお若いかもしれない…方らしいのに気分はすっかり姉貴です。今後も頼りにさせてね。

投稿: | 2017/01/20 18:47

tulip???さん
コメントありがとうございます。次回は、是非、HNを明記してくださいね(笑) HNでも名前があると対話している感覚になれるので。ブログを読んでくださってありがとうございます。半世紀も若かったら、まだ生まれてないんじゃないですか(笑)? 昨年より、今後の彼らのほうが心配なので、是非、一緒に応援していきましょう!

投稿: kazuyo | 2017/01/21 00:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 銃マニアのアイドル | トップページ | 2017年明けての決意 »