« 吾郎編集長、創刊号です! | トップページ | 80年代ヒット曲の裏側 »

帰ってきた「不機嫌な果実」たち

2016年の春に連ドラとして放送された「不機嫌な果実」が、この冬スペシャルドラマとして戻ってきました。題して、「不機嫌な果実~3年目の浮気~」(笑) 今回も、狭いところで男女の不倫騒動が勃発。しかし、連ドラのときとは違い、ドロドロとしているにもかかわらずなぜか笑えるつくりになっていたのは優秀でした。スペシャルドラマらしかったなぁと。

前回のレギュラー出演者に加え、新たに二人の男女が加わり六角関係(?)ぐらいにまで発展するコメディにできあがっていた。とにかく、今回は俳優陣が突き抜けて徹してくれていたので楽しい作品に仕上がっていたと思います。もう、ここまでくると突っ込みながら楽しんでしまえる。きっと、演じている俳優さんたちは「こんなのありえない」とか「腹立つキャラクターだなぁ」とか思いながら演じてくれていたと思う(笑)

二週に渡って「前・後編」と放送してくれたわけですが、突っ込みどころを交えて感想を述べさせて頂こうと思う。

まずは、主役となる麻也子。夫、航一から夜の営みを拒否されてまっすぐに愛してくれるピアニストの通彦に惹かれ再婚。幸せになるつもりだったのに、航一のさらに上をいくマザコンで、お金にだらしない。そして、今回は農業男子なる俺様系の若い相馬に強く押され惹かれていく・・・友達にしたくないナンバーワンの主人公(笑) 自分には関係ないところで何をするにも自由とは思いつつ、幸せを見つけられる環境にいながら不満を勝手に募らせ、言い寄られれば節操もなく惚れてしまい不倫に走るどうしようもない女性。栗山さん自身は、とてもサバサバした方なので、演じるのは大変だったんじゃないかと(笑)

そんな麻也子を心配する元夫の航一。その優しさに触れ、現在の夫である通彦と、新しく出現した相馬とも天秤にかけ自分がいったい誰が好きなのかわからなくなるおバカちゃん(爆) 何が一番ダメって、「私はついてない・・・」を呪文のように言い続け、その呪縛から離れられない。この女性は、誰と一緒にいても満足しない人なんだろう。

女性三人の友情関係も不思議。特に麻也子と久美なんて、取っ組み合いに発展しそうなぐらい言い合うのにとても仲が良い。普通は、こうはいかないですよね~(笑) 自分の親友が夫と不倫。まず、間違いなく友情は消滅する。

そんな久美は、航一との結婚に二の足を踏むも、実は愛されているかいつも不安。元妻の麻也子を心配する航一を間近で見ていると、その気持ちはわからなくもない。これは、航ちゃんが悪い。心配するのなら、久美と一緒にどうしたらいいか考えるべきだった。一人で後を追って説得したり、「ずっと心配なんだ」なんて元妻に言っているのを見たら疑心暗鬼にもなります。でも、女癖の悪い男をわざと麻也子にくっつけようとしたりするのはやりすぎで、嫌な女に映ってしまう。

男性陣もどうしようもない。航一も通彦も母親との距離が近すぎる(笑) 通彦にいたっては、経済面でも自立していないのは夫としては情けないところが浮き彫りになってしまう。でも、通彦のいいところはピュアでとにかく麻也子が一番。間違いなく、何があってもずっと麻也子ひとすじで愛してくれると思う。でも、航一を二度も殴ったときは、「お前が言うか?!」とは思ったよね(爆) もともと、航一から麻也子を奪ったのは通彦。彼は、大人になりきれないところが良いところでもあり悪いところ。

航一はマザコンと言えども、これぐらいは母親を大事にしている夫と思えばそうひどくない。すぐ泣くのはどうかと思うけど(笑)、母親は、結婚自体は否定しないし孫の顔を早く見たいと思っている世間一般の母親。航一は、仕事もしっかりこなし経済面も安定しているし、いつもスマート。そして、根本的にとても優しい人だと思う。なにより、誰の前だろうと、しっかり抱きしめて「愛してるよ」と言ってくれる人は信用できる。まぁ、キレたときの対処は困りそうだけど(笑)

誰もかれもがひどいな、こりゃあ(相馬も音大生もどうしようもなかった(笑))という中で、今回は玲子夫婦が癒しだった。玲子は相変わらず若い男性と遊んでいるんだけど、夫、茂は「遊び」だと理解している。なにより、玲子が今は「一番愛しているのはしげちゃん」と言えるということは夫婦円満なんだろうと。まぁ、茂はさらに変態度があがっていたけど、玲子もこれも把握しているし(笑)

サスペンス風なドロドロ不倫劇を、スペシャルでは明るくコメディタッチで描いてくれたところがとても見やすい作品になっていたと思います。これは、また何年後かの彼らを見てみたいと思わせてくれる。公式HPの掲示板には、感想を兼ねてお願いをしておきました。

最後に、吾郎さんですが・・・ラジオで「航一は腹が立つけど、大好きなキャラクター」と本人が言っていたように、とても楽しく演じていたのが伝わってきた。大変な時期の撮影だったとは思うのですが、現場は明るくて撮影も順調だったようで。全員がノリノリで演じてくれたんんだろうなぁと。吾郎にいたってはほとんどコント?と思うような演出まで全力で演じていた。吾郎が出てくると、「キタ、キタ、キタ!」と思わせてくれるぐらい貢献していたと思う。コメディはとても難しい。表情豊かに情けないけど愛すべき航ちゃんを演じきってくれた吾郎さんに拍手(笑)!

|

« 吾郎編集長、創刊号です! | トップページ | 80年代ヒット曲の裏側 »

コメント

kazuyoさんレポありがとうございます。
とても楽しみにしていた「不機嫌な果実SP」前後編たっぷり堪能しました。思い返すとこのドラマ本編が連ドラで始まる時は、普段殆ど見ないジャンルのドロドロ不倫ものなので吾郎さんが出演するとは言え少々不安でしたが、始まってみると昭和の香りがする不思議な味わいと疾走感でクセになってました(笑) 。SPは全体的にコメディ色が強くなり、展開も更に速くて楽しかったです。連ドラ当初はあんなに嫌だった久美が、ドラマが進むにつれ段々と可哀想になって最終的に航ちゃんとくっついて良かったなあと思いましたので、今回もそのまま終わって安心しました。途中で麻也子とヨリを戻すかのような雰囲気に見えたので、ダメダメー!って焦っちゃいました(笑)。麻也子はいつも愛情表現してくれる一途な道彦にも不満を持つ女性だから、愛情表現が下手で女心に鈍感な航ちゃんとは絶対にまた破局すると思います。
新しい登場人物の農業青年も女子大生もかなりのクセ者で、このドラマには殆どまともな人が出て来ないのが凄いですね。今後も続編があるならオファーされる俳優さんは覚悟しなくては笑。吾郎さんはその点とてもプロ意識があって、常に自分が与えられた役所をちゃんと理解して表現できる俳優さんなのでどんな役でも見るのが楽しいです。吾郎さんも演じるのを楽しんでるみたいなので水越航一役が吾郎さんで本当に良かったと思います。クールな立て籠もり犯国井さん、天使みたいなたかおさん、冷徹なライバル役の牛田さん、マザコン潔癖症で可愛い航ちゃん、こんなに役の振り幅があるって凄いですね。どれも過去の作品を見てオファーを頂いてるのですから、吾郎さんがやってきたお仕事が評価されてるということですね。今後も、個性的な役または反対に正統派二枚目とかも演じて貰えると嬉しいです。もちろんまた航ちゃんにも会いたいので、私も続編を要望しました。

投稿: ゆかP | 2017/01/15 03:51

本当に楽しませてもらいました。
やっぱり誰にも共感は出来ないのは変わらないけど。
みんなおバカさんで愛らしかったり。
一番まともなのは、航ちゃんママだったりして。
なんだかんだ言いながら、お孫ちゃんを期待したり。
本当に航ちゃんと麻也子は家族的に繋がっているのかもしれないと。優しすぎるけど・・・
結局、丸く収まるという・・・
でも、今回はセクシーシーンが封印されていてさみしいですね。
ああ、ゴロウデラックスの放送がないから、しばらく吾郎さんは見れない・・・

投稿: ゆっこ | 2017/01/15 14:46

kazuyoさん、こんにちは。ずっと楽しみにしていた「不機嫌な果実SP」とても面白かったです。kazuyoさんの的確な突っ込みに共感しながらレポを読みました(笑)麻也子は、惚れっぽいんでしょうね。こんな女友達は嫌ですcoldsweats01私は、相馬のキャラも苦手で、初対面で、あたかも彼女みたいになれなれしいのがなんか怪しくて、そんな男は私は信用できないです(笑)相馬が女癖が悪いと発覚した時、「やっぱりね」って思いました。音大生は最初は、純粋に不倫しちゃいけないけど、先生も好きというような葛藤してる子かと思ったら、恋愛をゲーム感覚でやってるとんでもない悪女でしたね。演じていた奈央ちゃんはいいイメージの役しか見たことなかったので、凄い上手くて新鮮でした。そして、久美が凄い怖さが前回よりパワーアップしてる(笑)ゾクゾクするほど怖いんだけど、ホントは不安でいっぱいだった、でもやりすぎな久美ちゃん(笑)を臨ちゃんは凄い上手く演じられてたと思います。彼女の演技にも釘ずけで見入ってました。私は、マザコン度でいうと、通彦は勘弁だなって思いました。純粋で愛妻家は認めますが、もう少ししっかりしてほしいです。航ちゃんは、すみません、贔屓目では全然なくて、なんか可愛いんです(笑)綾子さんもいい姑さんだし、この二人がなんかいい感じの親子だなって思って、許せるんですよね(笑)航ちゃんは、前の奥さんが心配なのは、航ちゃんの優しさだなとは思うんですが、やっぱり久美の前であの言動はまずいですよね。あれじゃあ、久美が可哀想、不安から嫉妬心メラメラにもなりますよcoldsweats01航ちゃんは今回、コミカルな部分が多くて、そんな航ちゃんを吾郎ちゃんは見事に演じていて、吾郎ちゃん自身も楽しくて充実してたのが、お芝居からも伝わってきました。コミカルなのと前妻を心配する表情、久美を抱きしめる時の表情等シーン別に、表情も変わっててさすがだなって思いました。航ちゃんと久美が元通りのほんわかな感じに戻ってて良かったです。色々とありえないシチュエーションなドラマですが、麻也子&通彦も航一&久美も玲子&茂もハッピーエンドで良かったです。またどんな「役者・稲垣吾郎」の姿が見れるのか今から楽しみですsign03早く新たな吾郎ちゃんのお芝居がみたいです。次はどんな役を演じて魅了してくれるのか期待してますsign03

投稿: りな | 2017/01/15 16:28

Kazuyoさま

「不機嫌な果実」SP前編、後編共にテンポも良く楽しめました。11時15分からという深夜枠の放送は突っ込み満載で笑いながらのストレス発散には最高のドラマです。ドロドロの不倫劇にありがちな暗いシーンも無く、基本みんな可愛くて芯は良い人達なんですよね。美男、美女(これは大事です)が織りなす非現実的な物語だからいいのでしょうね。これがくたびれた中年のサラリーマンと生活に疲れた女性だったら見る気にならないかも知れません(笑)

マザコンの航ちゃんもあの綺麗でほんわかしているお母様では仕方がないかと思うようになりました。航ちゃんも優しいし。そんな親子を吾郎さんと萬田さんが見事に自然に演じていてお二人の場面が大好きになりました。

今回出演した主だった男優は4人。それぞれに良い味を出していましたが、吾郎さんと出番は少なくても六角さんのしげちゃんが存在感抜群でした。シリアスなドラマよりコメディタッチの強いドラマの方が演技が難しいと言われていますが、吾郎さんは見事に演じていましたね。航ちゃんもしげちゃんも連ドラの時はいかがなものかと思っていましたが、少々難はあっても経済力はあるし、真面目だし、結局一番安定していていい人なのにと女性達が気がつくのは何時の事でしょうか。玲子はもう気づいているようですが。

後味良く楽しめたドラマのMVPは吾郎さん!あの振り切った演技がドラマを面白くさせた要因の一つだと思うとその貢献度の高さに拍手喝采です。

ドラマの公式に継続要望と感想を送りました。制作に携わったスタッフは視聴率よりも視聴者の反応、率直な意見、感想を求めていると聞いたので、ファンの要望が届いてドラマ継続に繋がる事を願っています。

投稿: さやか | 2017/01/15 21:10

ご無沙汰していました。ブログはずっと読ませて頂いていたのですが、スマスマ最終回のときに、年が明けてメンバーそれぞれのお仕事がスタートしてから、コメント書かせて頂こうと思っていました。スマスマ最終回から大晦日の驚きの報道があったりして、SMAPに対する気持ちや考えは近くにいるスマ友さんと話していても実は心の奥底では「ん?」とズレを感じてしまうことってありますね。口にはしなくてもそんな思いを貯めている方、多いのかなぁなんて感じています。もちろん、5人での活動を望む気持ちは持ち続けていますが、きっと9月には5人揃って手を繋いで道が開ける!と、確信のない夢を見る事は私には出来ないんです。5人とも個人の力は充分にありますが、発揮できる場所が果たして皆が与えられるのか?今はそれぞれが個人のお仕事で足元を固めることが何よりも大事なのかな、と心を引き締めなければ、と感じています。4月からがどんな風になるのか…。心配性なんですよね(笑)。話がずれてしまってすみません。この「不機嫌な果実」で吾郎さんのお芝居を見ることが出来て、笑いながらもホッとしてしまいました。登場人物一人ずつに「おい!」とツッコミを入れながらも、涙がにじんじゃったりして。私は剛ファンなので、「嘘の戦争」を見てもドキドキハラハラしながらも 「ああ、こんな剛が見られて幸せだ…」なんて胸が締め付けられちゃって。ドラマの感想以外の事を書いてしまってすみません。吾郎さんにはテレ朝さんで他のドラマにも出てもらいたいので、これからも要望を出して行きたいと思います。

投稿: つじ | 2017/01/15 22:23

appleゆかPさん
連ドラとして詳細が発表されたときは、ちょうど世間が「不倫」についてマイナスのイメージしか持たないときで不安になりましたよね。ところが、始まってみると吾郎がものすごく頑張ってくれた。必ず突っ込める箇所を作り出していた航ちゃん。またまた、世間から演じているだけなのに嫌われ者の役を一身に受ける姿に感銘したものです。でも、話が進むにつれて、出ている誰もがどこかしら嫌なところを持っていて、それが却って良かったのかもしれません。このドラマは、突っ込みながら視聴して楽しむものだと(笑) 今回のスペシャルでは、さらに笑える要素も多く入れ込んできて楽しいものにしてくれていたのも良かったですね。栗山さんが、「稲垣さんが今回も頑張ってくれた」と言われていたように、あんなに綺麗な顔をして鼻血とかそこまでさせる?!と思うようなことも全力で立ち向かってくれた。素の稲垣吾郎のときなら絶対にしてくれないことを(笑)、役者としてならなんでもやってしまえる吾郎さん。この役者魂を今度は、シリアスな社会派ドラマで発揮してほしい。そんな役も見てみたいですね。


appleゆっこさん
誰か一人に共感できないではなくて、あれだけ主要メンバーがいて誰にも共感できないドラマってある意味すごく斬新ですよね(笑) 確かに航ちゃんのお母さんが一番普通かもしれない。別に嫁いびりをするわけでもなく、少し息子のことをいまだに子ども扱いしてしまうぐらいで。父親の存在がまったくないところを見ると、女手ひとつで航一を育ててきたんだろうし、少々の愛情過多は許される。航一の麻也子への想いは、私も「家族愛」だと思いました。そこを、ちゃんと久美ちゃんに伝えておかないとね。セクシーなシーンはまだしも、吾郎のキスシーンがなかったのは残念だったなぁ(笑) 次回の役者の仕事がくるまで、関西は吾郎不足突入ですね(苦笑) なんとか、「ゴロデラ」を放送してもらわないと!


appleりなさん
主人公の麻也子がすでにダメダメな人なので、人間誰しも悪いところはあるという案外リアリティのある作品でしたね(笑) 相馬の女にだらしないのは本当にかる~い感じで悪気はないんでしょうが、意外といいことを言っていた。相馬が結婚をしていたことを知らなかったことで憤慨する麻也子に対して、「麻也子だって、過去を全部俺に話した? 30何年生きていたら、そりゃあ皆いろいろあるでしょ。相手の過去にいちいちこだわってて、それで幸せになれる?」という言葉は正論。麻也子は、やっぱり自分中心でしか物事を考えない。航一と結婚しているときもそうだったので、彼が何に傷ついていたか最後までわからなかった。相馬よりも、音大生の女子のほうが悪い子でしたねぇ。演じていた南沢奈央さんは初めて拝見したけど、悪女になったときのほうが演技がうまかった(笑) MEGUMIさんも良い味出してましたね。吾郎さんがコメディ色強くなった航ちゃんを熱演していたけど、時折見せる二枚目の姿にカッコいい!と。鼻に詰め物をしていても、久美を抱きしめる姿は男前(笑) やっぱり、今度は普通に二枚目路線の役も見たいですよね。癖のある役もいいけど、等身大の役も是非演じてほしいです。


appleさやかさん
「不倫」というテーマを、美男美女を揃えたキャスティングでファンタジーに仕上げていたのも成功した一因ですかね。こんなのありえないとわかっていても、ドラマの中でのドリームと思えば楽しめるものです。それだけ、出演者の方たちが素敵だった。ここで変にリアリティがある夫婦ばかりだと、いっきに嫌悪感しか出てこないですからね(笑) 脚本や演出もところどころにユニークなものが入り込んでいた作品でしたが、スペシャルではそこを重点的にまとめてきたのが優秀でした。相変わらず、水越親子は可愛いですよね。「離婚?!」「結婚?!」の、まぁ、息の合ってること(笑) ここは、リハーサルでもきっと吾郎と萬田さんが合わす練習を楽しくやっていたんだろうなぁと想像できます。いくら考えても、やっぱり航一は夫としては問題なくもったいないなぁと思うのだけど、あのハサミで服を切り刻まれた過去はトラウマにはなるかな(笑) とても実況向きのドラマだったみたいで、SNSでも某掲示板でも大好評でしたね。吾郎が出てきたときの盛り上がりはすごかったです(笑) 吾郎も驚いたというスペシャルの話が、また続けられるように感想が番組にたくさん届くといいですね。


appleつじさん
お久しぶりです。各テレビ局でSMAPの解散について引っ張った一年間でしたが、年が明けてもそれは続いていて、「これ、いつまで続けるの?!」と思います。ただ、中居くんや慎吾はレギュラーのバラエティ番組がゴールデンタイムでありますが、他の三人はドラマがないとほぼテレビで見ることはなくなります。吾郎や剛もレギュラー番組は一本持っていますが、ここ関西では剛のはかなり夜が深まってからだし、吾郎にいたっては放送もされていません。世間は、意外とあっさりと出てこなくなった人を忘れていきます。そう考えると、「スマスマ」がなくなったのは、本当に厳しいです。でも、普通の役者さんたちってそれが普通なんですよね。ドラマ前の番宣は、木村くんのも剛のも拝見しましたけど、剛がなんとなく元気がない気がするのは私だけなんですかね。いろいろ不安とかあるのかなぁと。この一年は踏ん張りどころだと思うので、なんとか自分磨きに頑張ってほしいと思っています。5人それぞれがいい方向に向かっていけるといいですね。

投稿: kazuyo | 2017/01/16 02:24

パソコンが苦手、でも応援は毎日してます。これだけ書くのに何回間違えたか・・・。よろしくお願いします。

投稿: | 2017/02/12 09:55

apple???さん
パソコン入力は、慣れていないと面倒だし難しいですよね。コメントありがとうございます。次回から、是非、「名前」欄に、ハンドルネームを入れてくださいな。こちらこそ、よろしくお願い致します。

投稿: kazuyo | 2017/02/12 23:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吾郎編集長、創刊号です! | トップページ | 80年代ヒット曲の裏側 »