« 2017年明けての決意 | トップページ | 帰ってきた「不機嫌な果実」たち »

吾郎編集長、創刊号です!

STOP THE SMAP」を吾郎個人のラジオ番組として引き継いだのが2012年の4月。4年近く吾郎一人で放送を繋げ、昨年SMAPが解散という形になったことでラジオタイトルが変更。

編集長 稲垣吾郎

初回、どのような放送になるかと思ったら、「ストスマ」から引き継いだコーナーと新企画のコーナーが上手く融合された新しいラジオ番組になっていた。吾郎の声は、いつもどおり爽やかで明るい。BGMも爽やかで夜というよりは朝の番組のよう(笑)

吾郎 「さぁ、本日から装いも新たにスタートしました。HPなどでもご存じだとは思いますが、まぁ、僕が女性誌の編集長になって(笑)、興味のあることを深く掘り下げていくという番組です。基本的にはいつもの吾郎さんと変わらないんですけど(笑) まぁ、番組ちょっとタイトル変わると、ちょっとこっぱずかしい感じはありますよね。まぁ、新たなるモチベーションで僕も頑張っていきたいなぁと思うんですけども、はぁい。編集長を僕として雑誌を作っていくという。ラジオの前の皆さんは、僕と一緒に雑誌をつくっていくという気持ちになって頂き、番組に参加して頂きたいなぁという。実際に今数多くある女性誌、情報誌いろいろありますけれども、そっからページのオファーとか頂けたら嬉しいですよね。ないと思いますよ。『編集長 稲垣吾郎』っていうこのタイトル。ラジオのタイトルっぽくないもんね。僕、最初どうかなぁって思ったんですけど、このタイトル(笑)」

自分を編集長とする感じがどうにも恥ずかしいような吾郎さん(笑) でも、いろいろあった候補の中から、スタッフさんがこれでいきたいと強く推されたのだとか(笑) でも、本人も以前「頭の中は女性誌」と言っていたぐらいだから、いいかもしれないと思い始めていると。そして、決め言葉が・・・

吾郎 「では、編集会議を始めましょう!

編集長、素敵heart
コーナーのジャンクションには、吾郎の声で「ストスマ」のときのように、「編集長 稲垣吾郎」という吾郎の声でいろんなヴァージョンが入ります。(業界では、これを「アタック」というらしい) なかなか新鮮です。

「GORO's Column」
これは、いわゆる「ストスマ」でいうところの「つぶやきメッセージ」。オープニングのかる~いジャブみたいなものです(笑) 初回は、お正月らしくお雑煮の話題から。吾郎は、毎年恒例でご友人たちと集まってお正月を過ごしているらしい。

noteWalk On by U2

吾郎のラジオにしては珍しく、SMAP以外の曲がかかります。とてもラジオらしい感じ。

「GORO's Search」
編集長 稲垣吾郎』では、これがメインコーナーとなるみたいですが、どんなコーナーかと思ったらリスナーからではなくて、吾郎編集長が自らリサーチしてきてくれるんですね。今回紹介してくれたのは、「温泉総選挙2016」の環境大臣賞「うる肌部門」で1位となった島根県松江市の玉造温泉。そして、吾郎が自ら受賞された玉造温泉の角幸治さんと電話で話すのを、リスナーが雑誌のメイン企画を読んでいるという感じで聞かせてもらえるという感じかな。

吾郎 「もしもし」
角さん 「もしも~し」
吾郎 「はぁ~(笑)、すごいラジオっぽい。初めまして」
角さん 「あっ、どうも初めまして~」
吾郎 「稲垣吾郎と申します」
角さん 「おぉ~、感動してます(笑) 稲垣さんだ!」
吾郎 「あっ、僕もまさか角さんとお話ができるとは・・・角さんって誰だかわからないんですけども(笑)」
角さん 「あはは、ほんとに(笑) 光栄です。ありがとうございます」
吾郎 「いえいえ、こちらこそ、この番組第一回目の電話ゲストとさせていただきありがとうございます」

和やかな感じで始まった吾郎と玉造温泉の角さんとの会話。ファンの方との「イケてるSMAP」というのがありましたが、あのコーナーとは趣が違って「ゴロデラ」をラジオで聴いているような感じです。ちゃんと、玉造温泉の効用や、美容に良い温泉の入り方などしっかり企画にそった電話トークになっているのが吾郎らしい。角さんが、またしっかり答えてくださるのが聴きやすかったですね。

吾郎 「ちょっと、僕、行きたいです」
角さん 「あぁ、是非!お待ちしております~」
吾郎 「角さん、ちゃんと迎えてくださいよ、僕のこと」
角さん 「あぁ、もう写真一緒に撮らせてください(笑)」
吾郎 「いいですよ、写真も」
角さん 「本当は、今日も「ズルいなぁ」って言われて。「一人だけ稲垣さんとしゃべれて」みたいな」
吾郎 「いやいやいや、もう光栄です」
角さん 「もし、来られたときは是非。よかったら、五右衛門風呂みたいなやつも一緒にじゃあ入らせてもらって・・・」
吾郎 「それは、ヒロくんだけでいいので、僕の場合は、はい(笑)」
角さん 「そうですか(笑)」

吾郎は、ヒロくんと長野の佐久平の温泉によく行き、そこで男二人で五右衛門風呂に入るという話もしていたので、そこをちゃんと拾ってきてからめる角さんGJ(爆)! 「ストスマ」でのファン向け中心だけでないこういった企画は、吾郎にとても合っていると思う。ある意味、とても吾郎らしい。スタッフの方と毎週リサーチのテーマを考えるのは難しいと思うのですが、リスナーもこういったものをリサーチしてほしいとか、ネタ(記事企画)の提案をしていくようなコーナーになっていくのではないかと。

「GORO's Break Time」
いわゆる、リスナーからのリクエストコーナー。ちょっとしたエピソードとともに。

noteMoment by SMAP

SMAPの曲も、リクエストがあればもちろん今後もかけてくれるというわけですね。

「GORO's Essay」
これは、「ストスマ」でいう「SMAPな時間」と「吾郎の自由時間」が合わさったコーナー。今回は、今夜放送となるSPドラマ『不機嫌な果実スペシャル』の話。二週続けて放送されるSPでは、ドロドロというよりは登場人物誰もがどうしようもなくハチャメチャなコメディタッチになっている模様。放送が楽しみです。

「GORO's Music Library」
これは、「ストスマ」からそのままタイトルも引き継いだコーナー。吾郎からの曲紹介。

noteFar As The Sky by CHARICE

この曲は、吾郎が出演した2011年7月のドラマ『ブルドクター』の主題歌。吾郎が「覚えてますか?」と聞いてくれましたが、ドラマはもちろん覚えてますが、主題歌まったく覚えてない(笑)(笑)(笑) 聴いてもピンとさえこない(笑) ドラマは、また見直したくなったけど。共演者の江角さんと石原さとみちゃんと三人でプライベートで食事に行ったこともあったらしい。初耳(笑) 女性二人の中にすんなり入っていけて食事にも行ける吾郎さんがさすがです(笑)

吾郎 「あっという間にエンディングですね。なんか、楽しいですね。新しいパッケージで。電話でゲストの方とお話できるっていうのは久々ですよね。なんか、前、よくファンの方とねぇ、『STOP THE SMAP』のときにお話しをさせて頂いたっていうのはあったんですけども。これ、今後いろいろちょっと・・・まぁ、いわゆるラジオとしてはベタですけれども(笑)、電話を使ったりとか、第三者と、まぁ、僕一人でこうやってしゃべってるのではなくてお話したりとか。もちろん、ゲストの方を迎え入れたりとか、いろんなことをやっていきたいなぁと思っているんですけども、は~い。皆さんからのメッセージお待ちしております」

回を重ねるごとに、『編集長 稲垣吾郎』のカラーが定まっていくように感じます。心機一転、新しい試みもしてくれているので、一緒に盛り上げて、いつかSMAPのメンバーがゲストで来てくれるような素晴らしいラジオ雑誌にしていきたいですね。

|

« 2017年明けての決意 | トップページ | 帰ってきた「不機嫌な果実」たち »

コメント

kazuyoさん 明けましておめでとうございます。
どうぞ今年もよろしくお願い致します。

吾郎編集長、終始ちょっと照れていて可愛かったですね(笑)吾郎さんご自身も仰っていたように、すごくラジオっぽくて楽しかったです。お電話でお話したお相手の方がとても感じよく、お話が聞きやすかったせいもあるのかな。「Moment」がかかったのも、リスナーのリクエストでかけてくれるっていう形がラジオっぽくて素敵だなぁと思いました。

聴く前は色々ドキドキしてしまったのですが、吾郎さんの変わらない声とお話で、これからが楽しみになりました。「変わらない」ようにするってとても強いことですよね。そして今日は「不機嫌な果実」です。こちらも色々考えず、楽しもうと思います!

投稿: ゆきち | 2017/01/06 23:00

Kazuyoさま

新しいタイトルでの内容はどうなるのだろうかと想像が全く出来なかったのですが、聞いてみたら上手くまとまっていて安心しました。スタッフが吾郎さんのことを良く熟知しているから成り立つ企画ばかりですよね。

玉造温泉の角さんとの会話もそうですが、吾郎さんは何しろ声が良い。前へ出るんですよね。だから歯切れよくはっきりとリスナーに話の内容が届いて聞いていて心地良い。人によっては声が籠って何を話しているのか聞き取り難かったり、暗いイメージになる人もいますよね。ラジオは顔が見えない分、声の質や喋る速さ、トーンは大切ですね。その点吾郎さんは完璧です。角さんとの会話でも吾郎さんが得意とする人心掌握術が遺憾無く発揮されて、角さんも話やすそうでしたね。おかげで玉造温泉の事がよく分かりました(笑)

創刊号はまだまだ手探り感がありましたが、号を重ねて行く毎に吾郎さん色が出てきて、他では手に入らない貴重な雑誌が出来上がっていくのではないですか。吾郎さんが自由にのびのびと自分らしさを出した。放送にして欲しいですよね。これから春に向けて、花の名所巡り企画もいいし、編集長なら映画撮影やゴロデラのお花見会で良いスポットを知っていそうですしね。生活雑貨、コスメ等々様々な事に詳しそうなので、様々な事を提案して採用される様に考えてみるのも楽しいのではないですか。

Music Libraryの曲は「ブルドクター」の主題歌だったのですね。SMAPの曲を聴き慣れていたのでとても新鮮で素敵な曲だなぁと聴き入っていました。これからは吾郎さんの好きな曲を聴かせてもらえるのでしょうか。

メンバーのラジオはそれぞれに個性がはっきりしていて面白そうですね。ストスマが当初6人の番組であったように何時か、メンバーが雑誌の対談形式でゲストとして遊びに来てくれるといいですね。SMAPのメンバーは皆、計り知れない力を持った人達ですからきっと盛り上がると思います。その時の為にも編集部員の頑張りは不可欠ですよね。

投稿: さやか | 2017/01/07 14:55

いよいよはじまりましたね。一体、どういう番組になるかとドキドキしてましたが、心配はいらなかった。
相変わらずの吾郎さんで。しかし、ほんとに人の扱いがうまい。
気がつくと吾郎さんが相手の懐に入り込んでる~。
テーマがあると、送るメールもすくながく考えるけど、結局、今までとあまり変わらない。
これからが楽しみですね。
4月以降も続くようにハガキ職人開始ですね。

投稿: ゆっこ | 2017/01/07 16:31

kazuyoさん、ラジオレポありがとうございます。とてもいつも通りの吾郎ちゃんで楽しかったですよね。「GORO's Search」の所は動画の関係上聞けなかったので、レポしていただいて嬉しかったです。吾郎編集長自らリサーチっていうのが素晴らしいなって思うし、さすが吾郎ちゃんは女性の気になるものをわかってらっしゃると思いました(笑)私も玉造温泉に入ってうる肌になりたいですspa吾郎ちゃんが五右衛門風呂入ってると言う事で、私も一緒に入りたいなんて変な事思っちゃったりしました(笑)すみませんcoldsweats01初回からとても楽しい時間で、ストスマのふいんきも取り入れてて、吾郎ちゃんも爽やかで明るい声で癒されました。吾郎ちゃんの声は疲れに効くアロマな感じでホットしますhappy01またさともちゃんや、江角さんとお食事しに行った事とか凄い初耳ででも嬉しかったです。女性の中にいてもすんなり溶け込める吾郎ちゃん、素敵ですheart04どんなお話したんだろう?(笑)楽しかっただろうなnoteもしかしたら、「不機嫌な果実」で共演された栗山さんや臨ちゃんとかとも普通に交流があるかもしれませんねnoteなんか女性陣がうらやましくもあります(笑)その不機嫌な果実は吾郎ちゃんの言う通りはちゃめちゃでしたね(笑)今後も、編集長の期待に応えたいです。

投稿: りな | 2017/01/07 18:38

bookゆきちさん
明けましておめでとうございます。こちらこそ、どうぞよろしくお願いします。吾郎は、ドラマや映画の撮影がガッツリ入っている時期でも、SMAPの仕事場に戻るときは切り替えが早いと自分で言っていた。ラジオを聴いていても、昨年のうちにしっかり伝えるべきことを伝え、年が明けたら前向きに楽しいことだけを話していく。吾郎の強さをまた改めて感じた放送となりました。吾郎編集長が前を向いて明るくしていってくれないと、ファンとしても進んでいけないですもんね。いつも、不安を払拭させてくれる吾郎さんが大好きです。一緒にラジオで雑誌づくりをしていかなくては!


bookさやかさん
新企画となるメインのコーナーはどうなんだろう・・・と思っていましたが、思ったより(笑)練った企画で情報ラジオ番組としても成立しているのに驚きました。これは、伸びしろがあるコーナーだと思います。これだけでも充分楽しく聞かせてもらいましたが、今後進化していけるコーナーになるのではないかと。「ゴロデラ」で鍛えた誰とでもスマートに話を進める術は素晴らしかったですね。それでいて、台本があるとは思いますが、的確な質問に優秀なコメント。ラジオ版「ゴロデラ」と言ってもいいぐらい、初回からまとまっていたと思います。女性誌などで取り上げてもらえれば嬉しいと先週吾郎さんが言っていたので、いろんな女性誌にお願いしてみるのもいいかもしれませんね。今回は、初回放送ということですべてのコーナーを説明がてら入れ込んでくれて、とても密度の濃いものになっていました。今後は、臨機応変で面白い企画があれば、まるごと30分使ってもいいのではないかと。ゲストの方をお呼びするときは是非。SMAPのメンバーが来てくれることも可能だと思うので、ここはリクエスト出していってもいいのではないかと。もちろん、そこはテーマ込みで番組としてもっていきやすいように、いろいろ考えねば! 


bookゆっこさん
新年一発目に、とても爽やかな吾郎の声で始まった新番組。無理なく自然に流れていき、スタッフの編集も優秀でしたね。メインコーナーは、何を取り上げてほしいか考えないといけないけど、基本は「ストスマ」からのコーナーをタイトルを替えて残してくれていると思います。とりあえずは、以前と同じく吾郎に伝えたいことをお便りすればいいのではないかと。また、吾郎がきっと話を広げていってくれるんじゃないかなぁ(笑) 3月以降も続くように、ドンドンお便り出していかないといけないですね。


bookりなさん
「スマスマ」が終了してしまったので、レポとしてラジオもなるべくやっていこうかなぁと考えています。とは言っても、完レポは私の仕事の範疇ではないので(笑)、またどうレポしていくか考えていこうとは思っています。当面、メインコーナーはレポしておいたほうがいいのかな。今回の温泉の話題なんて、そのまま雑誌記事にできそうですもんね。現段階の吾郎のレギュラーのテレビのお仕事は、TBSさんでの「ゴロデラ」のみ。それも放送は地域限定。この文化放送のラジオ番組も、同じく。地方在住者にとってはちょっと寂しくなると思うので、やはりどちらの番組も全国放送にしていくことが最初の応援になるかなぁと。深夜番組は、地方局で放送されるのが難しいのですが、中居くんや剛のレギュラー番組は、関西でも放送されているので吾郎の番組も同じように引き上げていかないといけない。新年早々、やるべきことが山積みですね。ラジオ存続のためには、リスナーからのお便りの数次第だと思うので頑張りどころです。

投稿: kazuyo | 2017/01/08 02:04

 こんばんわ。
親が見ていたので「嘘の戦争」観ていました。「不機嫌な果実前半」は一人で暮らしている友人の家で今日昼間みました。浩一さんと航一さん、同じ名前ですね~。えらい、違いですが・・・。稲垣吾郎さんの航一さんも演技力ないとあそこまで演じられないですよね。

不機嫌な果実は家で観られないので、次の役は、服を脱がない役をして欲しいと思います。

投稿: tunnka | 2017/01/11 02:26

booktunnkaさん
私も、剛の「嘘の戦争」見てました。初回連ドラで二時間とは豪勢ですよねぇ。関西テレビさんの気合を感じます(笑) 剛のドラマは、いつも脚本がしっかりしているのが羨ましい(笑) 演技に入り込んでいる様子が伺えて楽しく見させてもらいました。吾郎の「不機嫌な果実スペシャル」のほうは、後半の放送が終わったらまとめてガッツリとレポをあげさせてもらいますね。是非、便乗してください。家で見れないのは家族と一緒に見るにはセクシー度が高いからですか? それは大変だ(笑) 是非、それを吾郎のラジオに投稿してください(爆) でも、スペシャルはコメディ色が強いので大丈夫なのでは? (後半、わかんないけど(笑)) こちらも、吾郎が突き抜けてさすがの演技を見せてくれています。後半も楽しみです。

投稿: kazuyo | 2017/01/11 23:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2017年明けての決意 | トップページ | 帰ってきた「不機嫌な果実」たち »