« 結婚の夢と現実 | トップページ | 祝!7年目突入! »

トレンドな街 赤羽

「編集長 稲垣吾郎」 2017年3月23日放送分

GORO's Column
吾郎さんの好きなご飯のお供は何ですか?
吾郎 「最近は、やっぱり納豆とか多いですねぇ。ぬか漬けとか好きですけどね。あと辛いのも好きですね。韓国系のものね」

比較的、朝食に白ご飯と合わせるものが好きな感じですかね。吾郎は、あまり好き嫌いがない感じなので、なんでも食べれそう。

noteUB40 - Kingston Town

GORO's Search - 「赤羽」
新生活に向けて、引っ越しをされる方が多いということで、今、注目度が増しているという「赤羽」の紹介。

2016年のアンケート『住んでみたい駅』人気度ランキング4位。ちなみに、1位から3位は、目黒駅、荻窪駅、武蔵小杉駅となるそう。(関西人の私にはさっぱり想像ができませんが(笑))『穴場な街』ランキングでは2位、『本当に住みやすい、住んで良かった街』ランキングでは3位という貢献ぶり。これは、いろいろお話を聞いてみないといけません(笑)
と、いうことで、今回は赤羽一番街商店街振興組合の山縣さんに赤羽の魅力を伺いました。

最近、若い人たちにも人気があある赤羽駅は、JRが6路線通っているのが便利なのも人気のひとつ。東京・新宿・池袋方面に向かうには、とても使いやすい駅。渋谷・恵比寿方面へは、埼京線で行けることもあり、まさしく東京の主要駅に繋がっていることになっているため、通勤・通学にはとても便利。最近は、物販店よりも飲食店が一番街に多くあるため、人が集まりやすくなっているんですね。

Akabane1s 吾郎 「赤羽に教会があるのわかりますか?」
山縣 「はい、わかります」
吾郎 「あそこ、すごくレトロな教会じゃないですか。あそこって、よくドラマの撮影とか使うんですよね。僕も何度か使わせてもらったことがあって(笑)」
山縣 「えぇ、えぇ」
吾郎 「赤羽教会、素敵ですよね」

吾郎は、この赤羽教会をドラマ『ソムリエ』の撮影で使わせてもらったんですよね。クラシックなレトロな教会が、吾郎の佇まいとマッチしてそれはそれは荘厳で美しかった。

若い人たちに赤羽が人気が出てきたのは、漫画家の清野とおるさんが描かれた『東京都北区赤羽』がドラマ化されたのがきっかけなのだとか。ちなみに、ドラマを調べてみると、主演に山田孝之さんが演じられ、綾野剛さんやイエモンの吉井和哉さんも出演されていた模様。テレ東さんで放送されたそうですが、見てみたくなった(笑)

赤羽一番街では、千円でべろべろになれる、いわゆる「せんべろ」が大人気なのだとか。飲むことだけを考えて来る人が多いので、吾郎さんも気づかれずに来れるかもしれないと聞いて、俄然興味が沸く吾郎(笑) (いや、おそらくバレるだろうけど放っておいてくれるかもしれませんね)

赤羽一番街は、公式サイトがありますので、興味がある方はこちらで調べて訪れてみてはどうでしょうか。

GORO's Break Time
noteリクエスト曲 SMAP - 君は君だよ
美容師になるために上京したけど、慣れない土地でストレスを感じたときに友達がカラオケで歌ってくれて勇気をもらえました
吾郎 「友達、ナイスですね(笑)」

GORO's Essay
くんと慎吾くんのラジオで「しんつよ on アイス」というコーナーをやりました。二人がアイスを食べながら歌を歌って、リスナーも一緒にアイスを食べるという企画です。アイスが食べられると毎回ウキウキしている慎吾くんに比べ、剛くんは「意味がわかんない」と否定的です。吾郎さんなら何を食べてみたいですか?

吾郎 「っていうか・・・この、「しんつよ on アイス」っていうコーナー、まったく意味がわかんないね。(スタッフ、大笑い) これ、何なんですか(笑)? アイスを食べながら歌えるかどうかっていうのは、なんかちょっと面白いじゃない。なんか、障害がありながら歌うっていうことでしょ? その歌いにくい状況をつくって。そういうゲームだったらわかるけど。なんで、リスナーの方もアイスを一緒に食べるんでしょ?そこで。おっもしろいなぁ~。すごいですね、発想がね。へぇ~~~。これ、二人でやっているラジオだからいいけど、僕がやってたらおかしいよね、一人で(笑) 二人だと強いね、こういうのはね。う~ん、僕だったらなんだろうなぁ。なんか、お酒とかいいじゃないですか。でも、ちょっと、それはあれかぁ、ダメか。飲めない人いますしね。考えときましょう。と言って、あんまり考えないと思いますけど」

しんつよ二人のラジオの企画は、意味がわからないから面白いんだよ(笑) 吾郎の言うように、二人だからできる企画ですよね。吾郎は、見えないリスナーに語りかけるようにトークすることはできるけど、企画の意図がわからないようなことはきっとしないだろう(爆) なんせ、ラジオでリサーチコーナーを成立させている人ですからね(笑)

4月1日に、日本初の屋外型LEGOのアミューズメントパークが名古屋でオープンします。そんな中、大阪のレゴランドに世界で13人目、女性では初のレゴ職人がいます
吾郎 「子どもの頃、好きだったので思い入れがありますけど。女性で初ってすごいですね。これ、どこに何を配置してって計算ですもんね。頭いいんでしょうね。イマジネーションも大切だし、深いんじゃないでしょうかねぇ」

GORO's Music Library
noteリクエスト曲  LA LA LAND CAST - Another Day Of Sun  
映画『ラ・ラ・ランド』を観に行ってきました。とても素晴らしいミュージカル映画で、吾郎さんが出演した『恋と音楽』を思い出しました
吾郎 「音楽もすごくいいですよね。僕もサウンドトラックを聴いていますけども」

吾郎はいいと思った音楽は、ジャンル関係なくすぐにアルバムを手に入れて聴いていますよね。その興味のアンテナの張り方がすごいなぁといつも感心します。私の人生、Rockひと筋から、SMAPひと筋と何かひとつのもの集中型だったので、吾郎を見習っていろんな音楽や作品に触れていきたいと思います、はい(笑)

|

« 結婚の夢と現実 | トップページ | 祝!7年目突入! »

コメント

kazuyoさん、こんにちは。地方から東京に引っ越してくる方にとって、どこの街が住みやすいかなどはとても重要なことですよね。私も住みたい街ランキングで「吉祥寺」は何度も聞いたことがあるんですが、「赤羽」は初めて知りました。吾郎ちゃん主演のドラマ「ソムリエ」のロケ地にもなった「赤羽教会」もドラマで見てても、ホントにレトロな感じの教会で欧州とかにありそうな感じもうけました。赤羽教会行ってみたいです。吾郎ちゃんの地元の近くということで、吾郎ちゃん懐かしそうに話してましたねhappy01買い物にもお食事をするのにも楽しそうな感じが伝わってきて足を運びたい街です。吾郎ちゃんも久しぶりに羽を休めるために行くのもいいですよね(笑)素敵な情報を聞けましたnote「君は君だよ」は、私もすっごい好きな歌です。この歌に何度励まされてきたかわかりません。SMAPの歌は、歌詞にも人の胸をうって励ます歌が多いですよね。宝物ですね。しんつよのアイスたべながらって面白いですよね。しんつよらしくゆるい感じでいいなって思いました。吾郎ちゃんも「意味がわからない」と突っ込んだりして面白かったです。リスナーも一緒にっていうのがまた新鮮ですよね(笑)まぁ、吾郎ちゃんはやらないと思う(笑)LEGOは、私も小さい時、好きだったので興味あります。女性初のレゴ職人っていうのも凄いし、吾郎ちゃんが仰るように一言では語れない深さがありますよね。私も、吾郎ちゃんのように幅広く知識を持って、色んなことに興味を持っていけたらなって思いますnote

投稿: りな | 2017/03/29 16:22

bottleりなさん
吾郎がラジオでよく言っていたように、女性の一人暮らしとなると便利なだけでなく治安も大事ですしね。こんな風に地元の方たちが、一丸となって良いところを紹介してくれたら安心ですね。「赤羽」は名前こそ知っていましたが、どんな町なのか関西人の私にはさっぱりわかりません(笑) でも、山縣さんのお話を聞いていると、とても楽しそうですね。きっと、ここ何年かで発展してきた町なんでしょうねぇ。「せんべろ」なんて言葉も初めて聞きました(笑) 吾郎が興奮するほど、昔とは違い若い人たちも楽しめるところみたいですね。東京に行ったときに寄ってみたくなりました。「編集長稲垣吾郎」の企画内容は、とてもいいです。リスナーからのお便りも、どれもとても観点が鋭くて聞いているだけで楽しいですね。かける音楽ひとつとっても、こだわりが見えて毎回30分のラジオ番組にスタッフが吾郎と一緒に作り上げている様子が伺えます。4月からは水曜の夜9時半からの放送となりますが、今後も長く続いていってほしいですね。

投稿: kazuyo | 2017/03/30 01:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 結婚の夢と現実 | トップページ | 祝!7年目突入! »