« GORO's Searchの企画力 | トップページ | GREENを部屋に »

独身貴族の趣味

ゴロウ・デラックス (2017年5月4日放送分)

ゲスト:春風亭昇太

いつものオープニングトーク。吾郎と外山さんが両端から歩いてきてセンターで合流する前に、なんだか笑っている外山さんに吾郎が「えっ???」となり、外山さんが「2日続けて・・・(笑)」と笑っている・・・何なのか、すごく気になってます(笑)!

第二百四十七回課題図書 『楽に生きるのも、楽じゃない』 春風亭昇太著

Photo笑点』の司会では、軽妙に大喜利メンバーをいじりつつ、自身は独身ネタでいじられる57歳。そんな著者の日常を綴ったエッセイ。一万円の高級メロンを一人で食べ尽くす。雪の日には、一人で雪見鍋。昇太さんならではの、楽しい独身生活がユーモラスに書かれた一冊。

昇太さんと同じく独身組の吾郎と外山さんは、読んでいて共感できるところが多かったのだとか(笑) 一人鍋が世間的に悲しいとされていることに納得できない三人(笑) これは、盛り上がりそうです(笑)

昇太さんが『笑点』の司会になったのは一年前、大喜利のメンバーに入ったのが10年前。メンバー入りのオファーを受けた当時の心境を吾郎が朗読。落語家をやっていて『笑点』に出演することは、もちろんすごく嬉しいことなのだけど、人気のある長寿番組に出ることによって、キャラクターづけがされ落語がやりにくくなるのではないかと心配した昇太さん。決断したのは「親孝行」になるという気持ち。周りは、全員大先輩の高齢者の方たちで、言うことを聞いてくれなくてとても苦労するのだとか(爆)

楽しいエピソードですが、番組内でのキャラクターづけって吾郎にも当てはまりますよね。「スマスマ」では、どのメンバーも五人五様になるためにキャラクターを作っていたとは思うのですが、吾郎のキャラクターってカッコ悪く三枚目を通さなくてはいけなくて、こんなに男前なのに理不尽だなぁとファンとしては思うこともあったのは事実。イメージって怖いですよね。それを払拭するのには、これからの吾郎にはとても長い時間がかかるかもしれない。でも、これからが吾郎の本領発揮と思ってるよ。

昇太さんは、実はとても多趣味。そのどれもがマニアック。外山さんが朗読。ご本人曰く、飽きっぽいので、趣味がコロコロ変わることから自然に多趣味になったということですが、趣味一覧フリップを親太朗くんが持ってきてくれます。いままで嵌った50種類ほどのリスト。これは・・・すごい。趣味が楽しすぎて、57年間独身でも寂しくなかったのだとか。なるほどねぇ。

ほとんど、そんなにお金は使わない趣味なのに銀行の残高は減っていくそうですが、わかるわぁ(笑) それは、私が答えを知っています。ドップリ嵌ってしまうからです(爆) 今、私はフィギュアスケートに嵌ってしまいました。ヤバいです。宇野昌磨くんにお金かけそうです(笑)(笑)(笑) あっ、もちろん吾郎がマイベストですけど(笑) 元来、私も多趣味なので。

趣味のひとつ「家庭菜園」は、ねぎ・しょうが・みょうが。一人住まいだとネギが必要なときに買ってくると一回使うだけではもったいないので始めたそうですが、吾郎は同じ家庭菜園でもバジル・ローズマリー・タイム。素敵、吾郎さんheart(笑) 

一番新しい趣味は「エレキギター」で、六角精児さんとGSバンドを組んだそうですが、もともと六角さんと一緒に出演した舞台『ザ・フルーツ』の中で時代に乗り遅れたグループサウンズの話だったのがきっかけ。

吾郎が食いついたのは、「プラモデル」で日本陸軍の中型戦車。普通は、ドイツかソ連戦車にいくのが普通だと吾郎が力説。日本戦車に嵌ったのは、微妙に非左右対称なのがいいのだとか。「わかる、わかる!」と同意する吾郎に、外山さんが苦笑(笑)

ちなみに昇太さんが一番熱中している趣味は、「中世の城郭」。いわゆる、一般的に想像するお城というのは、戦国末期から江戸時代初期にしか作られなかったもの。中世のお城は平安時代末期から戦国時代末期にかけ、山の斜面や丘を削ってできた堀に土を持った土塁、いわゆる土の壁を組み合わしてできたもの。特徴は、天守閣や石垣がないこと。実は、日本に残っているお城の95%が中世城郭というから驚きです。

その中で、昇太さん一押しの中世城郭は、静岡県三島市の山中城。北条氏が得意にしていた「障子堀」が、城のあちこちに見られます。茨城県東茨城郡にある小幡城は、森の中にけものみちのような堀があるのが特徴。堀は、敵が方向感覚を失うように作られている。これだけでなく、昇太さんがすごいのは、手作りの甲冑を来て歩くのが楽しいという嵌りよう。楽しいんでしょうねぇ(笑)

Photo_2

楽しい昇太さんの趣味の話でしたが、一番盛り上がったのは最後の結婚についての「中年独身座談会」(笑)
昇太さんの趣味は、独身だったからできたことも多いと。

結局、「結婚」は勢いだという結論になる三人。若い時ならいけたものが、40を過ぎるとそういうわけにはいかないと。過去に、結婚しても良かったという人もいたという昇太さんと吾郎さん(笑) 結婚するのなら、相手の方の人生も背負う覚悟も考えてしまう年齢になるとなかなか難しいし、失敗したくない。さらに、世界で一番好きなのが自分自身なので、自分より好きな人ができたら結婚するという昇太さんに、「僕も!」と挙手する吾郎(笑)(笑)(笑)

「失敗しても、自分より好きな人ができたら結婚してもいいんじゃないですか」、という外山さんが一番大人に見えた(笑)
ま・・吾郎は、もうしばらく、独身生活を楽しんでください(爆)

|

« GORO's Searchの企画力 | トップページ | GREENを部屋に »

コメント

Kazuyoさま

独身貴族の3人の会話、面白かったですね。昇太さんの番組内でのキャラクターづけ凄く分かります。バラエティー番組、グループ活動の時はある程度必要なのかもしれませんが、限度がありますよね。同じ落語家で若い頃のこぶ平さんの弄られ方に酷いなと感じた事もありましたが、林家正蔵という名跡を継いで、その落語の上手さが評判になり、たまにバラエティー番組でお見かけしても昔のような嫌な弄りはなくなりました。そのキャラクターづけが本来自分が持っているものと大きくかけ離れた場合、本人にかなりストレスが生じるのではないでしょうか。吾郎さんは若い頃からその言動はかなり大人びていましたよね。友人やおつきあいをしている人達がかなり年上で知識人が多く、本人の元から持っている知識と友人から得る知識がその頃のアイドルという括りの中では異質に思われたのでしょうね。ファンも若く、その豊富な知識についていけなかった。だからその頃の吾郎さんファンの殆どが、高学歴、文学少女と認識されていたようです(笑)吾郎さんの発言は殆ど否定され、メンバーからも「気持ち悪い」というような発言や表情をされていた時期がありました。本当に理不尽だと思うことも度々ありましたが、教育評論家の尾木ママが何かの番組で吾郎さんが心の葛藤と戦いながら上手く自分自身でバランスをとっているいるのが素晴らしいと言われているのを聞いて納得。ファンも年を重ねてきて、多趣味で知識が豊富な人の方が、その言動に魅力があると気づいてきたのではないでしょうか。
プラモデルの話も城郭の話も面白かったですね。まだまだ未知の世界がある。知識豊富な方のお話は貴重ですね。

独身貴族のトークは全て納得です。結婚なんて勢いですよね(笑)長く付き合っていたからといって、結婚生活が上手くいくとは限らない。独身を謳歌するのもいいですよね。昇太さん、よく弄られていますが独身でいることを特殊みたいな弄り方は不快です。「結婚しないの」という質問を女性にすると今はセクハラになるのですね。時代は変わってきているのです。昇太さんの番組にきて良かった発言と飲みに行きたい発言は嬉しかったです。ゲストが心地よく時間を過ごされ、嫌な思いをせずに帰る事が出来る。それがホストの務めですものね。

吾郎さんには今後は自分の持っているものを誰に遠慮することなく全て出していただき、これぞ稲垣吾郎!という本来の姿を見せていただきたいと願っています。

投稿: さやか | 2017/05/08 08:56

今週も楽しくて大爆笑でした。先週の森山良子さんの家庭での微笑ましいエピソードとは違い、
今週は中年独身爆走中の昇太さん。吾郎さんも共通な趣味も多く、話が合いそう。
本当に飲みに行ったら凄く盛り上がりそう。
外山さんを番組中にもかかわらず置いてきぼりにしちゃう2人大好きです。
私はあんまり趣味と言えるものが無いから、うらやましいなと思いますね。広く浅くは?ですが・・・
結婚ばかりが取り上げられるのは不快な事も多いけど、本人がちゃんと考えているし、人がどうこう言う問題でも無いと思う。
まずは一人を謳歌できる事が素敵な事ですから。
確かNO.9の宣伝番組で、バラエティは苦手でって。
でも一生懸命にやっている事が面白く映ったりするって本人が言ってましたものね。吾郎さんがそれでよしとしているのなら。
確かに今までのイメージを覆すのは難しいけど、吾郎さんなら案外、芝居で演じる役と上手くバランス良く考えながら行くのかなと。
だって、現に吾郎さんと出会った人は必ずファンになって下さるので、大丈夫かなと。少しずつですが、外のファンも魅力に気づき始めているようですから。
私もkazuyoさんと同じように、まず一人を心から盛大に応援します。もちろん、彼らへの想いは心に留めて。
今は演じる姿が見たい。彼が一番輝く場所へ。

投稿: ゆっこ | 2017/05/08 11:00

Kazuyoさま
お久しぶりです。私事でばたばたしており、ご無沙汰しております。ゴロウ・デラックスは本当に毎回楽しいです。私の地域では幸い毎週見られるのですが、これって幸せなことなんですね。感謝すると共になんとしても全国放送を望まずにはいられません。独身をいじられる昇
太さんそして吾郎さんですが、(外山さんも)既婚にも未婚にもそれぞれの良さ、鬱陶しさがあるので、ご本人たちがいいように過ごすのが一番だと思っています。
どちらも一筋縄ではいかない、とこの歳になって考えています。

キャラクターの件、私も感じていたことです。こんなに紳士的で誠実で優しい素敵な吾郎さんなのに、なぜ世間に伝わらないのだ、と思ったことも何度も。でもグループで活動した28年は決して吾郎さんにはマイナスではなかった。そして、これからの吾郎さんにも期待しかないです。いまは充電期間で、これからまた沢山の活躍が待っていると思います。いろいろな方が吾郎さんとのお仕事を希望していたのを思い出しています。時期が来れば、そんなオファーが現実になるのでは。

100年に一度の1756の日、私もお祝いしました!自分もとても嬉しい日でした。これからもずっと応援し続ける、と思いました。

私は未練がましく意気地がないので、Kazuyoさんのように吹っ切れる所までいかないのですが、そこの情けなさは心にしまって、吾郎さんをこれからもずっと追っていきます。

あと、関係ないですが、宇野昌磨君、私も大好きです!
ここ最近の彼の成長は素晴らしい!(フィギュアスケートは元々好きでした)ゆづと一緒に日本を引っ張っていって欲しいです。

投稿: sachi | 2017/05/08 15:33

番組中「あの人でよかったかな、、」と呟いた昇太さんに
外山さんが「で、じゃなくて、が、ですよ」と諭したところが面白かったです。
大人の会話は本当に楽しく笑えます。
今回の内容は本当に充実していて、改めて全国放送になれるように力になりたいと強く思いました。
どんな風に要望を出せば効果があるのか、知りたいです。
この楽しさを全国で共有したい。

昌磨クン。いいですよね。彼のスケートを観るといつも1つのイメージが頭から離れない。
「氷の国に閉じ込められた王子様が一心不乱に踊り続ける。」
昌磨クンのスケートはドラマチックで個性があって大好きです。
日本のフィギュアは世界でもレベルが高いですが、色々なタイプの選手がいて、見ごたえがあります。
それぞれが切磋琢磨して高いところへ昇っていくのを観察できて楽しいです。
生で見てみたいと思うのですが、、チケット入手がたいへんなんですよね、、、
昌磨クン。10年後はどんな男っぷりなのかな、、それも楽しみ。

投稿: ゆずこしょう | 2017/05/08 15:56

crownさやかさん
まさか、「笑点」でもキャラクターづけなんてあるとは思わなかったのですが、そういう意味では世間の方も吾郎が見せていた一面が彼のキャラクターとして認識してしまっているということですよね。見えている人には見えているのかもしれないけど、普通に軽く見ていたらそのまま受け取ってしまうのは仕方ない。吾郎だって、そこはわかっていてSMAP内の役割は全うしていたと思います。今、バラエティ番組というものにはまったくと言っていいほど顔を見せない吾郎。もちろん、自身のレギュラー番組であるこの「ゴロデラ」があるわけですが、この番組は他のバラエティ番組とは一線を画しているので自然体でやれていると思うので。バラエティ番組に出ないと、役者のお仕事もないときはテレビから消えてしまいます。でも、悲壮感が私にはない(笑) なぜなら、役者の人たちはおしなべてそういうものだから。逆に、変に無理してキャラクターをつくらねばいけないバラエティ番組に出るぐらいなら、いまのままでいいとさえ思えっています。SMAPでいるときの吾郎を見ているのが嫌だったわけではないですが、そろそろ本来の吾郎自身に戻っていってくれればと思います。結婚に関しては、本人の好きなようにしてくれればと思うのみ(笑) 明日にでも結婚してくれていいし、いまのままが心地よいのなら一生独身でも構わない。いい役者になってくれれば、他のことなんてどうでもいいぐらいの気持ちです(笑) 番組のゲストの方誰もが気持ちよく収録できる場所を作ってしまう吾郎には、本来持っているいいところをドンドン伸ばしていってほしいですね。


crownゆっこさん
今回も、とても楽しそうでしたね。本について話すだけで、意気投合して飲みに行きたいとゲストの方に思ってもらえるってすごいなぁと。ビジネスライクに徹するわけでもなく、ぶしつけに踏み入ってくるわけでもない絶妙なスタンスはMCとして大事ですよね。いままで、「スマスマ」以外で単独でバラエティ番組に出演したときも、いつの頃からか三枚目を貫くようになってしまってしんどくないのかなぁと感じたことはあります。それこそ、20代の頃はナルシストだと言われて、それはそれで誤解されていたけど模索することもあったでしょうね。テレビカメラで映らないところでの吾郎を知った人は、誰もが好印象を持ってくれる。ある程度、テレビに出るときは作らなければいけないこともあると思うけど、少しでも吾郎らしいものをもっと出せていけるといいですね。そんな吾郎がまた活発に動き出すときには、惜しみなく全力で応援したいと思います。その準備のために、今は静かに待っておきたい。


crownsachiさん
お久しぶりです。コメントありがとうございます。SMAPについての考えは、吾郎が動き出すときにしっかりここで語らせてもらおうとは思っているのですが、Twitterの呟きを読んでくださったんですかね(笑) ファンの間でも、SMAPにおいての気持ちはかなり分散してきていると思うんです。どれが正しいなんてもちろんないわけですから、自由に自分の思っているまま進んでいけばいいと思うんですね。でも、個人的には現段階ではもうSMAP再結成を望んでいません。再結成するぐらいなら、彼らはなにがあろうとも解散なんてことはしなかったと思うので。事務所陰謀説には無理があります。本人たちの言動を見ていて、無理に解散にもっていかれたとも思っていない。私は、なんだかんだ言って吾郎のファンですから、吾郎の今の明るい声や表情を見ていると、もう前しか見ていないんだと思いました。何を話して、何を話さないかで、気持ちまで読み取れてしまう。それが、彼のファンへのメッセージだと感じたんですね。SMAPは愛してます。いつかまた・・・とは思っているけど、とりあえずは、吾郎と一緒に前に進みたい。
昌磨くん・・・いいですよねぇ(笑) アイスショーのチケットを狙ってるぐらい今、すごく嵌ってます。私、フィギュアスケートを習っていたこともあって前から好きなんですが、ちょっとお茶の間から一歩踏み出してしまいました(笑) 楽しいことは、吾郎と同じでいろいろ持っておきたいです。


crownゆずこしょうさん
「ゴロデラ」の放送地域は広がったとは言え、まだまだ全国放送にはほぼ遠いんですよね。声を出すもなかなか実現しない・・・とは言え、ここは諦めたくないです。
あっ、昌磨くん好きな方って結構多いんですね。すっごく嬉しいです(笑) 「氷の国に閉じ込められた王子様が一心不乱に踊り続ける。」ゆずこしょうさん、詩人ですね(笑) 素敵! 昌磨くんは、普段はいっつも眠たそうで笑顔が可愛くてシャイな19歳なのに、一旦氷の上に出ると、君、誰?!って思うぐらい表情が変わる。しなやかで、伸びのあるスケーティングに惹かれました。ゆずくんとはまた違うスター性のあるスケーターですよね。日本を背負っての来年の冬季オリンピックでの日本選手の活躍が楽しみです。あれ? 昌磨くんで語りすぎたかな(笑)?

投稿: kazuyo | 2017/05/08 21:39

kazuyoさん、こんにちは。昇太さんのお話、さすが笑点で司会されてるだけあって、トークもユニークで面白かったです。多趣味な昇太さん、確かに独身だからこそ自由にできるんだろうなって思います(笑)プラモの話で、男性二人盛り上がってたのが学生みたいで可愛かったです。お城の説明も写真を見せながら、わかりやすくて聞いてて難しくなかったです。当時のように、甲冑を自ら制作して、それを着けて歩いたのもこだわりがあって楽しそうだなって思いました。また、家庭菜園のお話では、吾郎ちゃんが吾郎ちゃんらしい家庭菜園で素敵でした。私も、じつは、グループ内での吾郎ちゃんの三枚目の扱いが納得できなくて、でも吾郎ちゃんはキャラクターとしてちゃんとこなしていて頭が下がる思いでした。吾郎ちゃんは、誰が何と言おうと優しくて美しいプリンスですheart04結婚の話も、紫門さんとの映像のメドレー面白かったです(笑)優秀ですね(笑)吾郎ちゃんの「僕もsign01僕もsign01」ホントにこんな可愛い43歳他にいませんheart04いつか、吾郎ちゃんにも自分より大事な方が見つかるかもしれないし、また独身でも幸せで充実してる方もいるので、私は吾郎ちゃんがずっと笑って過ごせるならどちらでも構いませんhappy01昇太さんが番組に出演して喜んでらっしゃったのも嬉しかったです(笑)

投稿: りな | 2017/05/09 17:37

すみません、コメントには、「グループ内での」って書きましたが、正しくは「スマスマの時のグループ内での」の間違いでした。誤解があったら申し訳ないです。

投稿: りな | 2017/05/09 18:00

crownりなさん
「笑点」という番組では、昇太さんの年齢では若いんですよね。大喜利回答者のほうが、断然先輩たちってさぞかし大変だろうとは思うのですが、頭の回転が速い方なんだろうなぁと今回のトークを見ていても思いました。独身でいじられがちだという昇太さんですが、MCのお二人も独身ということで、とても楽しかったんでしょうね(笑) 結婚なんて、他人がどうこう言うものでもないので、本人が人生楽しければ結婚していようが、独身だろうが問題ないと思います。まぁ、本音を言えば、吾郎がパパになったらどうなるのかというのは見てみたい気がしますが(笑) 「スマスマ」でのキャラクターづけにおいては、バラエティ番組を理解してのっかっている吾郎はある意味男前だったし、番組も盛り上がっていたのでいいとは思うのですが・・・いつも、そんな役回りばかりでは、ちょっと見ていて複雑になることも多かったです。それの最たるものが、パリスマだったわけで、好きなファンの方が多いのは承知していますが、まったくもって理解できないしいまだに許せません(笑) まぁ、それもすでに良い思い出ですが。「ゴロデラ」は見ていて不愉快になることがなく、吾郎がとても自然体で進行しているのがいいですね。ゲストの方が気持ちよく収録できるのもわかります。いい番組なのになぁ~、どうして全国放送にならないんだか(笑)

投稿: kazuyo | 2017/05/10 00:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GORO's Searchの企画力 | トップページ | GREENを部屋に »