« 吾郎流「男の一人暮らし」 | トップページ | 過去の想い出 »

待望の二作目『劇場』

ゴロウ・デラックス (2017年5月18日放送分)

ゲスト:又吉直樹

待望の二作目をひっさげて、又吉さんが「ゴロデラ」4回目の登場となりました。
2015年、初の中編小説『火花』を出版。その後、第153回芥川賞を受賞。2016年にドラマ化に続き、今年は映画も公開。その累計発行部数は、現在311万部。芸人ピース又吉は、瞬く間に文学界のスターの仲間入り。そして、『火花』から2年2ヶ月という時を経て、今年2017年5月に、待望の2作目を発売。

第二百四十九回課題図書 『劇場』 又吉直樹著

Photo 初版発行部数は、『火花』の倍の30万部。小劇団「おろか」の脚本や演出を担当する主人公の永田と、女優を目指して青森から上京してきた専門学生、沙希の不器用な恋愛を描いた小説。

芥川賞を受賞してから自分は変わっていないけど、仕事のオファーが変わってきたと話す又吉さん。「大人の方と話す機会が増えました」 作家として呼ばれる仕事だとそうなりますよね(笑) さらに、又吉さんが帯を担当した小説はものすごい量。
又吉 「芸人の先輩からも、本屋行ってお前のお薦めやから買おうと思ったけど、本当のお薦めどれやねん!って言われて・・・」
吾郎 「あははは」 (吾郎の大笑い、久しぶりに見た(笑))

2作目のプレッシャーは感じていなかったけど、周りから「大事」と言われることが多く意識したのだとか。『火花』の批評はかなり目を通したけど、同じ箇所である人は褒め、ある人は貶し・・・となるので、何も残らないことを知った又吉さん。子どもの頃から、人気者ではなかったので、皆の意見を聞く必要がないと思ってからは、2作目をすんなり書けるようになった。これって、大事ですよね。自分の作品を世に送りだすときは、本であれ音楽であれパフォーマンスであれ、受け手のことももちろん考えるけど、まずは自分自身が楽しまないと!と思います。

今回は、共感できない主人公を書きたくて、それを読む人が面白がってほしいと思って書いたそうですが、吾郎はまさしく、「こんなに、好きになったり、嫌いになったりする主人公の小説は初めて」と話しています。

お金がない永田は、沙希のアパートに居候することに。その場面を吾郎と外山さんが、それぞれ「永田」と「沙希」になって朗読。実家の母親から定期的に送られてくる小包を開けながら、沙希が軽い調子で「半分は知らない男に食べられるのは嫌だって言ってたよ」と言ったことに、急につっかかってしまう永田。沙希が謝っても引き際がわからなくなる。二人の間に流れる微妙な空気・・・。

外山さんはこの場面を、女性の立場から沙希が友達のように感じて心配になったそうですが、又吉さんはその感想はとても嬉しいと。主人公ではなく、相手の女性の立場になって読んでくれる読者もいてほしいと。この二人は、現代の男女関係の中で昔ながらの関係性を持った人たちで、それが二人にとって生きづらく辛いものなんじゃないかと、又吉さん自身は考えます。

世の中の価値観って、人それぞれだと思う。他人と比べても仕方ないし、周りと違っても本人たちがそれでよければ放っておいてほしいと思う。周りに迷惑をかけるのであれば問題だけど、そうでなければ男と女の関係なんて誰と同じでもないと思います。日本人って、すごく「普通」にこだわりますよね(苦笑)

吾郎が注目したのは、又吉さんが描く女性の可愛らしい仕草。男性がしてほしい仕草を的確に描かれているらしく、又吉さんが言われて照れていました。

次に吾郎が朗読したのは、永田がサッカーゲームに熱中する箇所。トーナメントゲームで、自分で作ったチームでの参戦。そのメンバー名に、「漱石」や「太宰」「芥川」といった名前をつけている永田・・・もとい又吉さん(爆) 高校のときにサッカーのインターハイ出場経験があり文豪マニアの又吉さんならではの趣味が投影された箇所(笑)

読み終わった吾郎が・・・
吾郎 「な、なんですか(笑)?

もっと、又吉さんにこの趣味を語ってもらおうと、番組が用意したのがサッカーフィールドと文豪名が記されたネームプレート。又吉さんならではのベストイレブンを作ってもらうことに。いや・・・語る、語る。途中、早回しになるほど語る(笑) この永田がゲームをする箇所が本編でも意外と長く、サッカーに詳しくない吾郎は「早くストーリー進んでほしい」と思いながら読んでいたというから相当好きなんですね(笑)

火花』と『劇場』は、レコードでいうA面とB面のような関係らしい。題材もテーマも違うけど、又吉さん自身もよく似ていると思われるということなので、これを機会に二冊いっきに読んでみるのもいいかもしれないですね。

|

« 吾郎流「男の一人暮らし」 | トップページ | 過去の想い出 »

コメント

Kazuyoさま

又吉さんは芥川賞を受賞なさってから、「ゴロウ・デラックス」には4回もご出演なんですね。同時受賞をされた羽田さんが受賞以後次々と作品を発表されるのをみて、又吉さんはどうされたかと心配していました。確かに2作めは作家としての真価が問われるし受賞作と比べられるので大変だったでしょうね。吾郎さんも気に入ったようで、特に沙希には想い入れもあるようで(笑)

朗読の後の又吉さんの解説とこの作品にかけた想いが詳しく聞けて、なんだか既に読んだような気分になってしまいました。じっくりと時間をかけて説明されていましたよね。こういう時の吾郎さんの聞き手としての姿勢はいつも素晴らしい!ゲストが話している時に、決して話の腰を折ったり、かぶせる様なことはしませんね。ゆったりと最後まで聞いてから、自分の感想を述べるので、ゲストも伝えたい事が全て伝えられる。番組に出演された方達が最後に満足そうな笑顔になるのが分かるような気がします。

吾郎さんも「火花」と「劇場」を読んで、又吉さんの作風分かると言われていたので、早速、読んでみようと思っています。

投稿: さやか | 2017/05/23 11:23

eventさやかさん
又吉さんの場合は、芥川賞を受賞したとはいえ本来は芸人さん。二足の草鞋を履いての二作目は、さぞかし大変だったのではないかと。今回の新作『劇場』も大好評のようでなによりです。実は、まだ『火花』を読ませて頂いてないのですが、この番組で『火花』を課題図書にしたときと、今回の新作『劇場』の話を聞いていて、個人的には『劇場』のほうに興味が沸きました。『火花』は中編小説なので、サラリと読めそうなので合わせて読ませて頂こうと思っています。ゲストに楽しんでもらうという意図が、毎回番組のつくりにあらわれていると思うのですが、サッカーのベストイレブンを実際の文豪たちでつくるというのは、本の中の主人公が同じようにしていたという流れがあってのことなんですよね。まったく関係ないことを一切入れ込まずに、本の魅力と作家自身の魅力を引き出してしまう「ゴロデラ」はすごいと思います。それも、ゲストの話を引っ張り上げる聞き上手の吾郎さんがいてこそですよね(笑) 又吉さんが、芸人としても作家としても素直に出せる場を作ってあげていたのは見事でした。又吉さんが「ゴロデラ」に出演されるときは、毎回リラックスしているように感じます。いい番組ですね。

投稿: kazuyo | 2017/05/24 00:47

kazuyoさん、こんにちは。最多出演の又吉さん、とてもリラックスされてて、お話も面白かったです。芸人の先輩方に突っ込まれてそのその話を聞いた時の吾郎ちゃんの声に出した笑い声を聞いて、ホントに幸せな気持ちになりました。吾郎ちゃんには、このようにずっと笑っててほしいです。「劇場」に出てくる、永田は朗読を聞いても、嫌な人だなって印象ですが、沙希がとてもいい子で、この二人の関係性の今後を知りたくなりました。また時代移行における、男女の関係など、又吉さんの深い考えを知ることができて良かったです。可愛い女の子を書くのも上手な又吉さん、そのお話のときの吾郎ちゃんの「壁にもたれて~」の仕草が可愛かったですheart04文豪をサッカーチームに見立てて、説明するま又吉さん、この時、吾郎ちゃんはサッカーのことはわからないんだけど、ちゃんと話を聞いてる、又吉さんの話を遮らないのが素晴らしいと思いました。私も、サッカーはわからないけど、熱くなってる又吉さんがなんか可愛くて聞き入ってしまいそうでした(笑)話をきちんと聞き終わったあとで突っ込む吾郎ちゃんも可愛かったし司会者として、人としても優しいと思いました。「火花」をもう一度読んで、「劇場」を読むと二つの本の世界の共通点がより深く分かると思うので、読んでみたいです。

投稿: りな | 2017/05/24 15:55

eventりなさん
又吉さんが、こんなにおしゃべりになるのは、私はこの「ゴロデラ」でしか知りません(笑) 自分の作品のことだけでなく、好きなものを思い切り話している様子はとても楽しそうですよね。不器用なほうだと思う又吉さんが、『劇場』の中で描く不器用な二人。自分を投影したお話でもあるのかなぁと。とても興味が沸きますね。サッカーの話では、吾郎は本の中で出てきてもよくわからないし、番組で熱く語る又吉さんを目の当たりにしてもよくわからない(爆) それでも、好きな話を又吉さんにさせてあげて、「そうですかぁ」と相槌を打ってあげる吾郎の優しいこと、優しいこと(笑) サッカーのことはよくわからないというのは伝えつつも、けっしてつまらなそうにしたり、「ヲタ」気質を出してくる又吉さんを落とすこともしない。そんなMCの人たちが出ている番組に出たくない作家さんはいないですよね。毎回、「ゴロデラ」が放送されたあとは、課題図書となった本が売れると聞いています。たとえ関東圏メインのみの放送でも、支持されているのが嬉しいですね。

投稿: kazuyo | 2017/05/25 00:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吾郎流「男の一人暮らし」 | トップページ | 過去の想い出 »