« 過去の想い出 | トップページ | グランピングの楽しさ »

未中年になってからの癒し

ゴロウ・デラックス (2017年5月25日放送分)

ゲスト:ジェーン・スー

オープニングトーク
外山 「吾郎さん、仕事で疲れたっていうときはどうしていますか?」
吾郎 「家に帰ると疲れがとれます。好きなものに囲まれて、好きな音楽をかけて・・・それでもダメなときは、やっぱりアレですよ(笑)」

???と思うと、これがどうやら今夜のテーマらしい(笑) 癒されてください30分ということですが、毎週癒されてますよ~。

第二百五十回課題図書 『今夜もカネで解決だ』 ジェーン・スー著

Photo コラムニスト・ラジオパーソナリティーの著者が、体と心の癒しを求めて数多あるマッサージ店に通いまくった放浪記。それは、帯に書かれているように、女性版「孤独のグルメ」マッサージ編。なるほど(笑)

ジェーンさんは、先週の又吉さんと同様に「ゴロデラ」には今回で4度目のご出演。吾郎が言うように、もう準レギュラー並みです(笑) 番組でいままでに紹介された本は、どれも女性たちの悲哀や心の叫びを代弁したものばかり。ラジオでのジェーンさんのアドバイスは、世の女性から絶大な人気を集めています。

本のタイトルになっている「カネで解決」とはどういうことなのか、吾郎が朗読。「稼いで、疲れて、使って、稼ぐ」つまり、働いたお金でマッサージ屋に行けばいいと(笑)(笑)(笑) 思わず、吾郎も朗読中に笑いそうになる素晴らしい文章(笑) ジェーンさんの本が売れるのは、女性の共感を得る内容だけでなく、この文章の巧さにあると思う。

20代の頃からマッサージに通っていたというジェーンさんは、誰かに労ってもらうことで心と体が落ち着いたり、リニューアルする気分になると。「わかります、わかります」と思い切り同意する吾郎も、そういえばマッサージや整体院などは男性にしてはよく行く人だ。しかし、外山さんは「ちゃんと、ジェーンさんのこと気にかけてますよ」と慰めてくれるわけですが(笑)、ジェーンさん曰く「気にかけてもらうということは、返さなくてはいけない気の掛け合いで、マッサージはそれが必要ないから癒される」 あぁ、とてもよくわかる気がする。

ここで、吾郎が「最近、埼玉の整体院に通っている」と話して、ジェーンさんがものすごく驚くはめに。吾郎のラジオを聴いているファンならすでに知っていることですが、まぁ・・・驚くよね(笑) しかし、ここでさらに詳しく話してくれる吾郎。骨の周りについている筋肉を動かすことによって、骨を正しい位置に戻すというやり方だそうですが、結構痛いらしい。吾郎のお尻のツボに白髪のおじいさん医師のゴッドハンドが、4センチほど入っていくという話に、女性二人「えぇぇぇぇ!」と恐怖のリアクション(爆) いや、それより吾郎の素敵なお尻が目に焼き付いて怖いどころか喜んでしまいましたが(笑)

ジェーン・スーさんの症状別おすすめマッサージ
05251mpg_20170529_231731299 ・ 洗髪する体力がないとき - シャンプー店 (力強いマッサージで洗ってくれて値段も手ごろ。乾かすのは自分で)
頭を洗って乾かすだけの美容院では、女性の社交場のようになっていてシャンパンが出るらしい。

05251mpg_20170529_231914934 ・ 厳しい寒さに耐えられないとき - ヨモギ蒸し (ヨモギを煎じて下半身の二つの穴に熱を当て、体の芯から温まるリラクゼーション)
基本、女性だけのものですが、吾郎はやったことがあると言って、またまたジェーンさんを驚かせるはめに(笑) よく行くマッサージ店にヨモギ椅子があったのでやってみたいと申し出たところ、「当店では、男性のお客様でやった方はまだいませんねぇ」と言われたらしい(笑) 実際やってみて、血行がよくなってポカポカしたのだとか。
吾郎 「でも、僕はたぶん半分しか味わってないと思う(笑)」
ジェーン 「こんな話、していいんですか(笑)?」
自分で言って、余計なことを言ってしまったと笑ってしまう吾郎が可愛すぎて100点満点です(笑)

・ 痩せて見えねばならないとき - リンパドレナージュ (小顔マッサージで顔があがる)
ジェーンさんが隣の外山さんの首元を触ってみるとがっちがち。そこで出てきた吾郎が、外山さんの鎖骨や首元のツボを強く押し出して、テレビの画面で三人固まってえらいことに(笑) 首の後ろの骨が出てしまっているほどこっている外山さん。
ジェーン 「(吾郎さんに)埼玉に連れて行ってもらいなよ」
整骨院ね(笑) いいなぁ、外山さん(笑)

いろんなマッサージ店に行った中で、ジェーンさんの欲望を満たす夢のような店は、お客さんに合わせてマッサージのメニューのカスタマイズをしてくれる渋谷にある「リラクゼーション まるめ」。カフェのような和みの内装、施術者の服装はカジュアルで清潔感がある。足湯の桶が民芸品みたいに可愛い。

ジェーンさんの苦手なマッサージ店は、「イケメンがいる店」(笑) マッサージをしてもらうことに、とても申し訳なく感じてしまうらしい(笑) 「吾郎が、イケメンじゃなければいいの(笑)?」と聞いたら、即答で「申し訳なくならない」と答えるジェーンさん。逆に体がドンドン固まってしまうという話に、同意する外山さん。

ジェーン 「優しいイケメンなんているわけないじゃん!

だから、「どこがこってますか?」とか言われると落ち着かなくなるらしい。わかる、わかる気がする。ちょっと恥ずかしく感じますしね。化粧品売り場でイケメンの男性の方に対応してもらったときそう感じたわ(笑) 

そんなジェーンさんが、究極の癒しアイテムを購入。今までの人生で一番高い買い物だったというそのアイテムは、「30万ちょっとするマッサージチェア」。実は、吾郎も昔30万出してマッサージチェアを買ったことがあるけど手放してしまったらしい。なので、10年間のマッサージチェアの進化を知らない吾郎さんに、実際にスタジオで試してもらうことに。

吾郎 「首すっごくいい。あ~~~~~、いいheart! こんな来るのか! お前、こんな来るかっ!」

吾郎さん(笑)(笑)(笑) コメント上手。30万出して買いたくなったわ(笑)

Photo_2 ジェーンさんがアラフォーの女性の心の叫びを代弁して新たにつくった言葉・・・「未中年
この言葉をテーマに、漫画の原作にも初挑戦。アラフォーの主人公は、仕事でも家庭でも満たされない日々を過ごし、大人だって誰かに褒められたい、もう少し大切にされたい、ともがく。中年だけど、まだ心は大人になりきれない「未中年」女性の葛藤を描いた作品。

未中年を迎えた三人で、今、何を思うのか対談。
ジェーン 「40歳から先って、ぼんやりしてませんでした? なってみて、自分ってもっと大人っぽくなると思ってたとか、こんなことにまだ悩むんだとか」
吾郎 「自分が想像していた40代じゃないよね」
ジェーン 「想像していた40歳像と一番違っていたところってどこですか?」
吾郎 「すごく落ち着いていて、言葉に重みがあって、そういう存在だと思っていたけどなんにも変わってない、20代と今が」
外山 「とても40歳だとは思えない、自分が。すぐ怒るし」
ジェーン 「怒ってるわけじゃなくて、外山さんは「許せない」と口に出さないと気が済まないんですよね」
吾郎 「正義感が強いとか、そういうところは変わらなくていいんじゃない?」
ジェーン 「私は、みっともない嫉妬をするときがあって、自分と同じような仕事をしている人がすごく褒められたり」
吾郎 「嫉妬するよ」
ジェーン 「人に対する期待とかも、仕事もプライベートも「まぁ、こんなもんか」と諦めじゃなくて、自分の人生の中で自分が主人公であって誰かの登場人物の一人になってはいけないと思う」
吾郎 「いい人ほどなっちゃうのかもねぇ」
ジェーン 「そうなんですよ! 人の事を思いやれる人ほど損をしていくのは良くないじゃないですか」
外山 「諦めると興味もなくなっちゃうんだなっていうのは思ったことがあります」

今度、三人で一緒にマッサージ店に行って癒されようという話で終わりました。吾郎一人男性が混じっていても、問題なく女子会のように盛り上がること間違いなしですね。それは、吾郎の強みだと思う。吾郎の人生で、真ん中で光り輝くスポットライトを浴びて立っている主人公である40代を過ごしていってほしいと思います。

吾郎 「まだまだ、いまからだよ」

|

« 過去の想い出 | トップページ | グランピングの楽しさ »

コメント

今週は、準レギュラーになったスーさん。本当に楽しかったです。
さすがに、マッサージの話だったので、外山さんも共感して楽しんでいましたね。
いつもなら、興味が無い事はスルーな外山さんなのに。
ラジオで話していたゴッドハンドの接骨院の話も聞けたし。痛そうだけどやってみたいなあ。
3人が凄く楽しいそうで、リラックスしていて朗らかな雰囲気で何回も見直したい。
未中年もわから世代なので、読んでみたくなりました。
3人でマッサージも行って欲しいし、3人で番組をやって欲しいと思いました。
それぞれの個性が生かされそうで。
当日のスーさんのラジオで、13時またぎの外山さんとの掛け合いで、メールが読まれてゴロウ・デラックスの話が出てきたので嬉しかったです。

投稿: ゆっこ | 2017/05/30 11:52

chairゆっこさん
準レギュラー(笑) 何度も出演してくださるということは、本の宣伝にはなるとは言え、居心地がいいから来てくださるんでしょうね。番組というよりは、本当に女子会のノリでいつも楽しそうなので。ジェーンさんは、ズバッと外山さんに物言いをされますが、とても気に入ってらっしゃるんだろうなぁといままでの様子を見ていて思います。ハッキリものを言う女性のほうが気が合いそうなので(笑) 吾郎とは、男性と女性という垣根を越えて親しげに話しているのを見ると楽しいんだろうなぁと。吾郎が女性が好きそうな話題にも問題なくついていけるのは、いろんなテーマを取り上げた本の番組にはとても重宝される人でしょうね。ジェーンさんのラジオで、外山さんとの掛け合いがあったんですか? メールが読まれたというのは、ゆっこさんのメールでしょうか? ちょっと状況がよくわからなくて、とんちんかんな質問をしているかもしれないですが(笑) 三人でまた違う番組でも機会があれば対談してほしいですね。

投稿: kazuyo | 2017/05/31 01:43

そうなんです。いつもスーさんの番組の最後は、次の番組の「たまむすび」のパーソナリティと短いやりとりをするのですが、
ちょうど放送当日のたまむすびが外山さんとピエール瀧さんだったんで、思い切って生活は踊るにメールしたんです。
そしたら、蓮見アナウンサーがリスナーからもと「ゆきごろう」ネームのメールを読んでくれて、ちょっと盛り上がったんです。
普段は4人のやりとりだけですが、今回は特別に。
その後も生活は踊るで、ゴロウ・デラックスの話が出ていたので、話題になって良かったかなと。
もし、radikoが聞けるのであれば今日まで聞けるので、最後の数分聴いてみて下さい。
明日も楽しみです。

投稿: ゆっこ | 2017/05/31 09:13

kazuyoさん、こんばんは。ジェーンさんは、姉御肌な印象があって、優しくてこんな方が側にいて相談に乗ってくれたらいいなって毎回ゲストに来てくれるたんびに思います。ジェーンさんが紹介してくれたお店どれも素敵で、仕事の疲れが簡単に癒されそうです。精神にもよさそうで、なんか聞いていて、都会っていいなnoteって思いました(笑)シャンッパンとか優雅ですよね。吾郎ちゃんも可愛くて整骨院のお話のときのおちりドアップがイイ(笑)吾郎ちゃんは、ホント女性との会話でも自然に入っていってマッサージを一緒に行こうと女の子みたいに言ってても違和感ないのが凄いheart04外山さんとの関係も良いですよねnote外山さんになりたい(笑)ジェーンさんが仰ってたイケメンは苦手というの凄いわかります。私も苦手です(笑)私の場合はあんまり顔が整ってると、申し訳ないのもあるけど、緊張して固まってしまうので、自分が恥ずかしいですcoldsweats01なので同性にというのは納得しました。「未中年」の話は、私からすると、吾郎ちゃんも外山さんもジェーンさんもかっこいい40代に感じます。お三方とも、慕ってくれる方が沢山いるということは、人柄はもちろん、その人を目標にしたい憧れや尊敬があるからだと思います。吾郎ちゃんの「まだまだ、今から」という言葉が心に残ってて、私も頑張ろうと思いました。

投稿: りな | 2017/05/31 17:50

Kazuyo さん、こんばんは。先週の放送はうん、うん、わかるわー、と思って見てました。私もマッサージとかエステ💆✨とか大好きなんです。決して安くはないですが、人にさわってもらって体のメンテナンスをするのって気持ちいいんです。吾郎さんは整体のせいか、お肌も美しく体調良さそうですね❗ゲラゲラ笑って見た後の最後の三人の会話が胸にしみました。40代、まだまだこれからです。それにしても吾郎さんに触ってもらい、リンパの流れをよくしてもらった外山さんが羨ましい❗こういう話題になると吾郎さんは本当に詳しいのよねー。気軽に楽しみ、最後ちょっとしんみりした気分になった深夜の一時でした。

投稿: 葵 | 2017/05/31 22:20

chairゆっこさん
あぁ、そうなんですね。聴きたかったなぁ(笑) エリアフリーはプレミアムに登録していないと、iPhoneでないと関西からは関東のラジオを聴けないんですよねぇ(苦笑) どんな話だったのか気になります(笑) お便り出してくださってありがとうございました。


chairりなさん
とてもサバサバしているけど、男性っぽいわけではなくまさしく姉御という感じですよね(笑) お話も文章もとてもお上手で、人をひきつけるものを持ってらっしゃると思います。毒を吐いているようで、相手をおとしているわけではなくて切り込んでくる感じは気持ちがいいですよね。女子トークにすんなり入っていける吾郎さん。興味が幅広いということが大きいとは思うのですが、あんなにイケメンなのに女性に身構えるものを感じさせない雰囲気を作ってしまうのはすごいと思います。普通に女性三人でリンパマッサージで触れあって盛り上がっている感じでしたもんね(爆) 外山さんも、吾郎に首元触られても怯まないのが、信頼関係がものすごくできているんだなぁと感じました。マッサージ店に行って、担当がイケメンだったらまずちょっと照れちゃいますよね。普通に話すだけならありがたいけど(笑)、触られるとなると抵抗がありますよね。だから、ジェーンさんの話には納得です。もうすぐ来るであろう吾郎の反逆を楽しみにしていたいと思います。


chair葵さん
マッサージもエステも興味はあるのですが、行ったことがない。葵さんは、定期的に行かれているんですね。吾郎と話が合いそうで羨ましいわぁ(笑) 外山さんを吾郎が女性として見ていないように感じるけど、実はとても気が合っているんだろうなぁと思います。身内のように言いたいことを言えるけど、根底には愛があるというか・・・見ていて、とても羨ましい関係ですよね。最後の三人での対談はとても面白かったけど、なんだかいろいろ考えることもあって深読みしそうになりました(汗) 待っているのはそんなに苦ではないけど、もう少し吾郎が今考えていることも伝えてほしいなぁとは思いますね。信じているけど(笑)

投稿: kazuyo | 2017/06/01 22:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 過去の想い出 | トップページ | グランピングの楽しさ »