« 三島由紀夫の美学 | トップページ | くだらない面白さ »

バラエティ番組の流儀

レギュラー番組はあれど、『ゴロウ・デラックス』は関東圏のみ(一部地域放送あり)のため、多くのファンは吾郎をテレビで久しぶりに見ることができた8月19日は至福の時を過ごせました(笑) 番宣の可愛さに萌え焦げ、安定の特番で一緒に震えあがり、テンションおかしくなりそうだった(笑)


金の正解!銀の正解!

まず、クイズ番組自体にあまり出たことがないと話す吾郎。確かに、思い出してみると・・・SMAPで出演した『マジカル頭脳パワー』ぐらいしかすぐには思い出せない。あとは、『フレンドパーク』内でのクイズ形式のチャレンジぐらいか。
と、いうことで若干緊張気味の吾郎に、両脇から挟む女芸人のお二人と、「吾郎ちゃん」と親しみを込めて呼んでくれる的場浩司さんの優しさに触れ、吾郎だけウォーミングアップをさせてもらうことに。

出題するのは、番組の神の声。しかし、この中の人は吾郎の舞台『No.9』で共演した片桐仁さん。この舞台仲間たちはいまでもプライベートで会って食事をしたりと仲良しさん。なので、「神の声」の吾郎への愛あるツッコミは番組中ずっと続きますが、吾郎へのヒントはとても優しかった(笑)

図形を見てひらめき具合で、「鉄・銀・金」の正解を導かなければいけないクイズ番組。金の正解を出すには、これが意外と難しい(笑) 吾郎は、最初ちょっと要領がわからなくて苦労するわけですが、『SMAPがんばりますっ‼』のときのような饒舌な言い訳。もちろん、これはテレビ向き。そして、多少の負けず嫌い(笑) バラエティ番組を盛り上げるための技は、長年『スマスマ』で培ってきた筋金入り。盛り上がらないわけがない!

SMAPカラー全開で挑んだバラエティクイズ番組。なにがすごいって、味覚クイズ。味覚だけでなく、匂いでもって回答を導き出す吾郎のかっこいいこと。吾郎がワインの利きがプロ並みなのも、この鋭い感覚の持ち主ならではなのです。そして、上質な食事はご友人たちと頻繁に食する機会もある吾郎は、2問とも大正解。2つ目の問題なんて、ガッツリ一人勝ちでした(爆)

「僕はわかるので、だいたい」
「少数で勝ちたいですね、これ」

久しぶりに言わせてください・・・「この、むかつき御曹司!」(笑)(笑)(笑)

なのに一人だけ正解すると、子どものように「やったー!やったー!やったー!」と飛び跳ねる可愛さよ。稲垣吾郎の魅力のひとつは「ギャップ」である。そして、私はこういうギャップを持った男性がと~~~っても好きなのであった(笑)

番組を通して見ていて、いかに自分が参加することで番組が盛り上がるかを常に考え、出演するからには番宣だけでなく全力で挑む。気負いすぎることなく空気を読みつつ微調整を加え、キュートだったり、男前だったり、大人だったり、子どもだったり・・・吾郎の魅力が余すところなく出ていました。役者としても定評はあるけれど、バラエティで使える男。今後もテレビでの活躍を期待させる番組出演となりました。

ほんとにあった怖い話 夏の特別編2017

そして、番宣のあと一時間空けて、恒例の「はい!吾郎さん!」の実録心霊ドラマスペシャル番組。毎年、「ほん怖クラブ」のちびっ子たちの顔ぶれが変わり、吾郎さんと一緒にVTRを見たあとの感想を伝えてくれるわけですが・・・今年も癒しの時間だったわぁ(笑) 今年は、吾郎の左隣に座っていたあきとくんが、VTRが終わるたびに吾郎にピトッ!とくっついている姿が可愛かった。うん、うん、吾郎さんにくっついていると安心するよね(笑)

年々、吾郎さんと子どもたちのカット時間が短くなるのが残念だったのですが、今回は最後にお久しぶりの下先生を交えて心霊写真鑑定のコーナーが復活。実録VTRだけでいいという視聴者もいるだろうから、こういった心霊コーナーでの追加はいいかもしれません。心霊写真自体は、最近は加工が簡単にできる時代になったので検証は難しいと思うけど、入れ込んでくれた番組には敬意を表したいと思います。

今年の5本のビデオですが、最後「なんで?!」と思うものもあって検証してほしかったなぁ。今回の作品の元となるコミック「HONKOWA」を購入して読んでみたら(吾郎さんのお写真が表紙にあり、中もカラーページで記事掲載あり)、ちゃんと理由が描かれているんですよね。テレビでもしっかりそれは放送してほしかった。ただ怖がらせるだけのVTRは、実はあまり怖くないというのが個人的な意見です。シリーズ放送での心霊研究家の方からの検証があってこそ、この番組の醍醐味だったので。

最後の「イワコデジマ」のおまじないのあとの、セピア色の吾郎さんの笑顔が素敵でした

関東でも2桁をたたき出しましたが(申し訳ないですが、現在のフジテレビさんのバラエティ番組なら優秀な数字)、地方ではさらに高い数字が出ました。制作スタッフさんが、喜びの呟きをTwitterでされていたのも微笑ましかった(笑) 数字がすべてではないけれど、多くの人が見てくれたという事実はやはり嬉しい。来年も、また夏の風物詩として吾郎さんの「ほん怖」が放送されますように。

|

« 三島由紀夫の美学 | トップページ | くだらない面白さ »

コメント

久しぶりに吾郎さんが見れたクイズ番組。やっと?お髭なしの吾郎さんが見れました。
ゴッドハンドのおかげか以前よりすっきりときれいな顔をしている。子供達のためかそれとも新たなスタートからかお髭なしでした。
金の正解!銀の正解!本当に楽しかった。思いっきりはしゃぐ吾郎さんが見れました。
神様の掛け合いは最高!! 思わず大爆笑でした。心の中ではもっとやれ~って。
さすが、舞台で共演しただけある。二人ともバラエティがよく分かっている。
あ~、舞台が観たい。
ほんとにあった怖い話もいつもはほぼ見ないで、時々チャンネルを合わすだけで、吾郎さんだけを見ていましたが、
今年はちょっと頑張りました。ほん怖クラブが癒やしになって何とか最後まで見れました。
来年もナビゲーターはそのままでいて欲しいですね。
やっぱり、時々はバラエティ吾郎が見たい。

投稿: ゆっこ | 2017/08/25 14:37

kazuyoさん、こんにちは。吾郎ちゃん出演の久々の全国放送でのバラエティーすっごい面白かったし、癒されました。その日、個人的にすっごい嬉しいことがあってまた吾郎ちゃんにも会えるということでテンションが見る前から上がってたんですが、さらにMAXになりました(笑)吾郎ちゃん可愛いし、やんちゃになる吾郎ちゃんも見れて幸せでした。問題も「なるほど」と思えて頭の体操にもなりました。吾郎ちゃん、さすが美食家ですよね。食べ方も相変わらず上品で、レンゲに残った麻婆豆腐の匂いをかぎ分けるところは凄いの一言でした。でもちゃんと皆さんと同じ目線で盛り上げていて、他のかたの意見にも「わかるよ」ってな感じで聞き入れていて素敵でした。一緒に楽しめることがバラエティーでは必要ですよね。片桐さんとの絡みも面白くて、「神様」とは言わず終始「片桐さん」と呼んだり、問題のヒントの時、吾郎ちゃんの家に行きたいという話をしていたり、相変わらず「No.9」のメンバーは仲が良くてほっこりしました。終始吾郎ちゃんがはっちゃけて、凄いキラキラした笑顔で最高でした。次に、本編はすっごい怖くて眠れなかった「ほん怖」、どのドラマも怖くて、演じてる役者さんも素晴らしかったです。特に、「生霊」の回は、私だったら怖くてその友人とは疎遠になりたいくらいですなんか幽霊ももちろん怖いけど、生きてる人間が一番怖い、しかも仲良しと思ってた友人が…って考えるとぞっとしました。吾郎ちゃんと子供たちの絡みはオアシスでホント、ほっこりします。怖かった心が落ち着きます(笑)今回は、心霊写真の研究もあったりして、レギュラーでやってた時を思い出しました。もっと下先生の心霊現象について聞きたいし、吾郎ちゃんと子供たちの、絡みやミステリーツアーとかこのメンバーでやってほしいです。今回、感謝の言葉とあわせて、このような要望も出してみようかなと思います。幸せな時間に感謝です。

投稿: りな | 2017/08/25 15:48

Kazuyoさん、こんにちは。
金の正解、銀の正解、実は初めて拝見した番組でした。
レギュラーの方や神様が吾郎さんをとても大切なゲストとしてもてなしてくれて、スタジオの雰囲気がとても温かかったですね。
その中で。
吾郎さんが変なテンションで笑える。
容姿端麗な俳優さんやアイドルが番宣でバラエティに出たら、ニコニコと感じよくしていればいいんですよ。それはなにも非難されることじゃない。きれいな人が楽しそうにしていれば、画面が華やぐし番組の価値もそれだけで上がるのですから。
しかし、それだけじゃすまないのがSMAPなんですね。もうね、あれ、性ですよね。
吾郎さん、大変ビジュアルが麗しく、まあ、お召し物の構造はいまいちわかりにくかったですけど、キラキラ浄化オーラ、出しまくってましたよね。
それであのウザいキャラはなんなんでしょう。あ、これ褒めてますよ。
ごめんなさい、あの番組、出題前にロケや再現Vがある訳でもなく、ちょっと地味なんですよ。問題もちょっととんちみたいなというか、別に何かの役に立ったり勉強になるようなものでもなし。
しかしなんかもう、とにかく出演するからには体を張って少しでも番組が面白くなる方向に頑張らなきゃって吾郎さんのバラエティ魂、ひしひしと伝わりました。あなたは若手芸人ですか、それとも舞祭組ですか?いいえ、SMAPです、って。
8ヶ月前まで、吾郎さんがああやってお茶目にフリーダムにはしゃいで、他のメンバーもはしゃいでゲストを巻き込んでいた面白いバラエティ番組があって、私はそれを毎週当然のように楽しみに視聴していたんですよ。そのことを思うとちょっと切ないですが。
今回は久しぶりにバラエティでご機嫌な吾郎さんを楽しみにさせていただきましたが、本当に期待を裏切らない可愛さとウザさと華やかさでした。なんか、あの頃の、テレビを見て楽しくなる感じを久しぶりに思い出した。そしてちょっぴり泣けた。
吾郎さんには、ロスみたいなものを早速埋めてくれて、本当にありがとうを言いたいです。
あと、番組もさっき地味とか言っちゃいましたけど、みんなではっちゃける吾郎さんをいじってくれたり、SMAPの曲をたくさんかけてくれたりして、吾郎さんを大切に扱ってくれてありがたかったです。

ほん怖は、すみません。私が超常現象も幽霊も全く信じないという可愛げのない人間で、オカルトに興味皆無なのでながら見しかしていませんが。
吾郎さんと子供たちって、本当、絶妙の取り合わせですよね。
吾郎さんは邪気がない感じだから、おどろおどろしいストーリーを見ても、吾郎さんと子供たちが悪霊を退散させてくれたからもう大丈夫!って皆さんが癒やされるのはよくわかります。
これはほん怖継続するなら、次回以降も吾郎さんは出していただかないとだめですね。でないと番組が呪われてしまいますよ!

投稿: mei | 2017/08/25 18:47

ゆっこさん
そうそう、お髭のことを明記しようと思って忘れてました(笑) 「めざまし」の特別インタビューですでにお髭がない吾郎さんが見れたわけですが、自分の冠番組以外での出演時に剃ってくるのではないかと思っていました。縁を担いだわけではないと思うのですが、自分の中での何かのけじめなのかなぁと。お髭の吾郎も大人の男性の魅力があって素敵でしたが、久しぶりに見るスッキリした男前の吾郎。やっぱり、いいですね(笑) 吾郎は舞台のお仕事を20代の若い頃から真剣に取り組んできたけど、映像として出してほしいと本当に思った演目のひとつが「No.9」でした。再演しても不思議ではない舞台だったのですが、事務所が変わるといろいろと難しいですかね。とりあえず、「ゴロデラ」がそのまま続行されるようなのがありがたいですが、声は出していかないとですね!


りなさん
いい気分で吾郎の久しぶりのバラエティ番組を視聴できてよかったですね。まぁ、とにかく本当に可愛くて(笑) 試食のコーナーでは、カメラさんは吾郎ばかりを映してくれて本当に感謝です。スタッフの優しさも素敵でしたね。吾郎の食事の様子は、本当に上品ですよねぇ。一口食べるたびに、おしぼりでお口を軽く拭くのもプチツボでした。いまどき、女性でもなかなかやらないですからねぇ(笑) 「ほん怖」のほうは、番宣で吾郎が「今年のはいままでで一番怖い」という前触れで始まったわけですが、最初のVTRからして怖かったですね(苦笑) 映像としてというよりりは、自分にも起こりそうなシチュエーションというのがやはり怖い。そういう意味では、生霊の話もとても怖かったです。人の想いというのは、強すぎると念となって自分が知らないうちに飛ばしていることがあるんですね。吾郎さんの元にはファンの熱い想いがたくさん飛んできているのではないかと、少し不安になりました(笑) 今回、心霊写真のコーナーが入ったのが嬉しかったので、来年からも少し企画ものも入れ込んでいってくれるとありがたいですね。


meiさん
私も、「金の正解 銀の正解」はほぼ初めてと言っていいほどの視聴となりましたが、ゆるい感じでいて問題はしっかり作られているし、レギュラーの方たちのゲストへの気配りもよくできている番組でしたね。この雰囲気は、テレビ東京での吾郎と剛の司会で2回放送された「1位じゃなくっていいじゃない」とか、吾郎がメイン進行役でキスマイのメンバーがヘルプで出演してくれた「ゴロケン」を思い出しました。どちらもよくできた番組だったのに、後に続かなかったのが残念です。昨今のバラエティ番組は、内輪で騒いで盛り上がるようなものか、出演者を落として笑いを作るものばかりが人気があるのが解せないです。今回、ゲスト側で吾郎が出演したバラエティ番組では、番宣をするための出演なので、他の役者さんたちのようにありのままで良かったのですが・・・SMAPの性ってすごいですね(笑) しっかり、笑いどころは自分で作って盛り上げてしまう。そんな頑張りが見れたのはすごいなぁと思いましたが、今後、吾郎がドラマの番宣でバラエティに出演することがあれば、そのままの吾郎でも見てみたいと思いました。もちろん、ある程度のリップサービスと盛り上げるのはいいのですが、一人でバラエティに出るときって必要以上に頑張ってしまうように感じるので。個人的には、中居くんの番組だった「黒バラ」に出たときの吾郎のテンションが一番好きです(笑)

投稿: kazuyo | 2017/08/26 01:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三島由紀夫の美学 | トップページ | くだらない面白さ »