« MXに風を運んできた男 | トップページ | ドラえもんが結ぶ信頼関係 »

SFの中のリアリティ

ゴロウ・デラックス (2017年10月19・26日放送分)

ゲスト:松本零士

二週に渡り放送された「伝説の漫画家シリーズ第5弾!! 」。今回のゲストは、大ヒット作品『銀河鉄道999』や『宇宙戦艦ヤマト』を世に送り出した松本零士先生。いろんなエピソードをお聞きして「へぇ~!」の連続でしたね(笑)

漫画家の方の自宅兼仕事場を訪問する恒例のロケ。あれ?!吾郎さん(笑)? 夜の『零時社』の前でなにやらコスプレ中。『銀河鉄道999』のキャラの扮装をしたお二人。メーテルと鉄郎なのはいいのですが・・・メーテルが吾郎(笑) いや、確かにシルエット的には間違っていない(笑)
吾郎 「普通、逆ですよ」
外山 「ほんとですよね。でも、似合ってますよ」
吾郎 「延々とこんな仕事してるからね。もう動揺しないから。でも、ちょっと久々で、こういう女装嬉しいわheart

第二百七十・二百七十一回課題図書 『松本零士 零次元マンガの描き方』 松本零士著

Photo 著者がマンガの極意を描いた一冊。最初のヒット作品は、1971年に連載された四畳半のアパートに暮らす男たちを描いたギャグ漫画『男おいどん』。その後、1974年にはアニメ『宇宙戦艦ヤマト』の制作に参加し大ヒットを記録。1977年には『銀河鉄道999』の連載を開始し、またたくまに大ヒットとなりアニメ化される。

まずは、『零時社』の様子をレポート。庭に置かれた大きな車輪は、松本先生が上京したときに乗ってきた蒸気機関車SL-D51(通称デゴイチ)のもの。次に車庫に案内されて見せてくれたものは、先生が大事にしている日本への輸入第一号の1960年代クラシックカー・モーガン。

Photo

とにかく、松本先生には好きが高じてこだわりのものがいっぱい。玄関ドアには、映画フィルムのリールを見立てたデザイン。応接間には飛行機の喫煙灰皿がついたビジネスクラスのシート。そして、ショーケースにおさめられたたくさんの戦闘機プラモ。ここで、想像どおり食いつきまくりの吾郎(爆)

ロケを忘れる43歳(笑)(笑)(笑)

他にもいろいろ出てくる、出てくる。時計のコレクション。小学生のときに描いた漫画作品。アニメーションを作りたくて自分で製作した映写機。この映写機は、手塚治虫先生の『鉄腕アトム』の第一話が制作されたときに使われたそう。

松本零士 漫画の極意 その①
SFにおけるリアリティ」 
SFという空想のストーリーながらも、細部にはリアリティを追求。戦艦ヤマトに関しては、実際の設計図をもとに描かれている。

松本零士 漫画の極意 その②
絵のディテール
作中に出てくる計器類は、海外では「レイジメーター」と言われるほど注目されている。さらに、未来都市の描写は先生の憧れが反映されている。

松本零士 漫画の極意 その③
美女
子どもの頃から美女を描きたかったという先生は、特に強い美女への強い憧れがあった。少女漫画雑誌から、男性の漫画家が締め出され、少年漫画はすでに重鎮の漫画家の先生たちがいたので、新しく生まれた青年誌へ活動を移したのが、美女を描きだしたきっかけだったのだとか。

吾郎も松本作品に出てくる強い女性キャラはタイプだそう。(そうなの?!どう考えても、おしとやかな女性が好きですよね(笑)?)
これまた恒例の、漫画家の方からのその場で描いてもらう直筆イラストとサイン。「ゴロデラ」には、過去ご出演してくださった漫画家の方たちの貴重な色紙がたくさんあるんですよね。(もしくは、吾郎の自宅の宝部屋(笑))

10262mpg_20171027_234121871

最後の、親太朗くんの鉄郎の消しゴムはんこも素晴らしかった。
松本先生は、ゆっくりと穏やかに話される方で・・・若干、話が長い(笑) でも、吾郎も外山さんも途中で止めることなく聞いて感動していて、本当に良いMCですよね。先生が最後に自ら「長話になりましてすみませんでした」とおっしゃられていて、きっと楽しんでくださったんでしょうね。さすがの「ゴロデラ」でした。

|

« MXに風を運んできた男 | トップページ | ドラえもんが結ぶ信頼関係 »

コメント

kazuyoさん、こんにちは。吾郎ちゃんと外山さんのコスプレ外山さんは、可愛らしくて吾郎ちゃんは美人でしたね(笑)きっと先生も照れちゃってたんですよhappy01松本先生のご自宅は貴重品なものや珍しいものなど先生のご趣味がわかるものばかりで、ずっと見入ってました。「へぇ~凄いな」という感じのオンパレードでした。吾郎ちゃんの食いつきぶりも可愛いですよね。普段は、大人な落ち着いた人なのに、戦闘機等のことになると我を忘れて少年に戻る吾郎ちゃんが愛おしいですheart04こんな可愛い43歳はいません(笑)「銀河鉄道999」は名前はもちろん知ってましたが、内容はアニメ特集などでおおまかにしかわからなかったので、三人が一話を漫画と一緒に朗読してくれて、毎回言っちゃいますが、ゴロデラの優しく分かりやすい編集にはいつも感謝しています。吾郎ちゃんは、声も素敵なので、今後、朗読劇や声優等声のお仕事も増えるといいなって思いました。メーテルの書き方、これ、漫画家志望の方にとっていい勉強ですよね。貴重な時間だと思いました。見てて完成までわくわくしますhappy01私も、MCのお二人のゲストの方に対する姿勢は素敵で人柄がでてると思います。よく、MCの方の中には、いくらバラエティーでも、相手の話が長かったら、「話長いですよ」と突っ込む方もいますが、本人は悪気なく冗談のつもりなんだろうけど、言われた方は気分のいいものではないですよね。その点、お二人はきちんと相手を敬って素晴らしいです。松本先生も満足したことと思います。そして最後に親太朗君の渾身の消しゴムハンコで締める。ホント素敵な番組です。作家さん達が他の番組にはでないけど、ゴロデラには出演したいのがよくわかりますよね。予告も番組HPで見れるし、ドラえもん好きな私は次回も楽しみです(笑)あと来週から吾郎ちゃんブログもツイッターも始まるし、72時間テレビもあるし、楽しみなことがいっぱいですよねsign03わくわくしますhappy02

投稿: りな | 2017/10/28 16:41

今週も楽しかったです。すごくいろんな話が聞けて面白かった。
でも銀河鉄道999の初回があういう話だったとは知りませんでした。
旅に出た理由を知ってちょっと複雑になったりもして。
でも吾郎さんのメーテル姿、すっかり溶け込んでましたね。もっとお話を聞きたかった。
でも、どんどん新しい世界が広がっている実感がありますね。ゴロウ・デラックスのTwitterや予告動画まで発信されますね。
やっとtwitterを始めました。なかなか手ごわいですねえ。

投稿: ゆっこ | 2017/10/28 16:46

trainりなさん
松本先生の吾郎と外山さんのコスプレのスルーに笑ってしまいました。それぐらい嵌っていたということですね(笑) 途中から、メーテルの衣装にかつらもはずして眼鏡をかける吾郎に順応性を見ました(爆)先生の趣味が、吾郎の好きなものばかりで楽しかったでしょうね。毎回、ご本人以上に詳しく語る戦闘機の話には驚かされると思うのですが、自分のマニアックな趣味に食いついてもらえると嬉しいと思います。ラジオでも、今回自衛隊の方と盛り上がっていたのも面白かった。普通に番組で毎回漫画家の方に直筆イラストを描いてもらいますが、これって漫画家のファンの方からしたらとても羨ましいことですごいことなんですよね。快く引き受けてくださる漫画家の先生たちも、番組収録が楽しくて忙しい中描いてくださるのだと思います。「ゴロデラ」の公式でTwitterアカウントが始まり、公式サイトには予告映像まで流れ、もちろん予告画像には吾郎さんの姿がしっかり掲載されるようになりました。ジャニーズ事務所を出て独立したことは、こういう面でとても良かったと思うのです。これから、まだ大変なこともあるかもしれないけど、ファンにとって嬉しいことばかりで今後が楽しみですね。


trainゆっこさん
漫画を取り上げるというだけでマニアックだと思うのですが、誰が見ても楽しい番組に作り上げるのは素晴らしいですね。漫画家の方の趣味も見れて、楽しさ倍増でした。どんな趣味でも吾郎と外山さんがしっかりリスペクトして盛り上げる術が整っていると、番組としては質があがります。最後の親太朗くんの消しゴムはんこも含め、番組の良さが伝わってきました。Twitter始められたんですね。吾郎と同じくゆっくりと使いこなしていってください。とりあえず、いろんな情報をGETするだけでも楽しいと思います。頑張ってください(笑)!

投稿: kazuyo | 2017/10/30 02:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MXに風を運んできた男 | トップページ | ドラえもんが結ぶ信頼関係 »