« 男女の問題は奥が深い | トップページ | 漫画で学ぶ人生論 »

ワイン御殿でのワイン会

二週に渡って放送された、樹林先生がゲストの「ゴロデラ」。いっきにまとめてレポさせて頂きます。


ゴロウ・デラックス (2018年1月18日・25日放送分)

ゲスト:樹林伸

ワインがテーマということで、吾郎が始まる前からワクワクです(笑)

第281・282回課題図書 『東京ワイン会ピープル』  樹林伸著

Photo 東京の真ん中で夜な夜な行われる秘密のワイン会。ある日、偶然そのワイン会に参加することになった普通のOLが巻き込まれる大人の世界の物語。

著者の樹林先生は、もともとは漫画の元となる脚本を書き、絵を担当する漫画家に提供する漫画原作者。樹林先生の代表作は『神の雫』。天才的なワインの感覚を持つ主人公、神咲雫がライバル遠峯一青との戦いを通じ、父の残した伝説のワイン「神の雫」を探す物語。累計発行部数は1千万部を超え、7ヵ国語に翻訳され各国にワインブームを起こした作品。

今回、漫画ではなく小説を書かれた理由は、日々良いワインを飲むワイン会というものを日本に広げたかったからという、本当にワインがお好きなんですね。ワインを好きになったきっかけは、あるワインに嵌ってからだそうですが、そこからものすごい量でワインを購入し、ご自身のセラーには4千本のワインがキープされているらしい。

きっかけとなったワインは「DRCエシェゾー」。DRCとは「Domaine de la Romanee-conti」(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ)の略。ワインの本場、フランスでも究極だとされ数百年の歴史を持つロマネコンティの会社。エシェゾーは、年鑑生産数1~2万本、価格帯は10~20万円というワイン。

樹林先生の作品では、ワインの味の表現が独特なのが特徴。ワインを飲んだ後に口の中に残る味わい・香りとなる余韻を、音楽や絵画、風景などに例えられる。

お話を聞いているうちに、実際に樹林先生のご自宅の地下のワインセラーを見せてもらってワイン会を開いてほしいと言ってしまう吾郎(笑) それに、快くひとつ返事で了承してくれる樹林先生。吾郎がワイン好きなのは当然ご存じだろうからウェルカムだったのかもしれません(笑)

Photo_3

と、いうことで、本当にそのまま番組のロケとして樹林先生のワイン御殿へ・・・
お家自体も素敵ですが、もうワインセラーが圧巻。吾郎さん、もちろんテンションあがりまくりです(笑) ワイン会がいつも行われる場所で、「ゴロデラ」ワイン会を開くことに。ただし、試飲させて頂いたワインに樹林先生の作品と同じように様々な例えを使って、ワインの味を表現することが必須というルール付き。これは、吾郎の本領発揮ですね(笑)

樹林先生が選んでくださったワインは、作品の中に出てくるワインの中から数本。

その前に、樹林先生からワインを飲むにあたってのちょっとしたアドバイス。「スワリング」(グラス内の空気と触れさせる熟成を進め味わいさせやすくさせる)、いわゆるワイングラスを回すのはテーブル上ではどちらでも構わないが、手に取って回すときは反時計回り。グラスから飛び出してしまったときに自分のほうにかかるようにするエチケットです。

01182mpg_20180216_013248989シャトー・ラグランジュ2009
吾郎 「香りはすごく軽やかなんですが、飲むとしっかり重厚感があって・・・青山あたりのBARでちょっと苦手だなぁと思うような女性と知り合って、会話をしているうちに意外にも趣味が同じで意気投合しちゃった、みたいな」
外山 「なに、カッコいいこと言ってるんですか」 外山さん(笑)(笑)(笑)

01251mpg_20180216_015122587ヴーヴ・クリコ・イエローラベル
吾郎 「まさに爽快感。僕が二十歳から乗っていたというマセラティで、朝の海を見たくて首都高をフルスピードで駆け抜けて行くときに、ふと窓を開けた瞬間に爽やかな風が全身を駆け抜けて行くような」
樹林 「風を感じるというのは、シャンパンらしい表現ですね」

01251mpg_20180216_015653201シャトー・モン・ペラ2001
樹林先生につられて蘊蓄を語りだす吾郎に外山さんがひと言。
外山 「どちらさまでしたっけ(笑)?」 楽しそう(笑)

吾郎 「舞い降りてきました、神の雫が。すごい力強いですね。44マグナムですよ。ダーティ・ハリー。力強い中にも哀愁漂う」
樹林 「今の意外と良い。懐かしさがあるんですよ」

01252mpg_20180216_020638356ドン・ペリニヨン・ロゼ2004
なかなか値がはるシャンパンですが、樹林先生は心地良くなってきたのか太っ腹で開栓してくれます。
吾郎 「まろやかでクリーミー」

収録を立って傍で見ていた親太朗くんをいじりながら呼んでくれるのは、吾郎の優しさですよね。消しゴムはんこのうまさも手伝って(笑)、親太朗くんも最後に一緒に飲ませてもらうことに。樹林先生は、番組のスタッフや本の編集さんたちにも勧めてくださって良い人だ(笑)

機嫌良くいい感じで酔っ払ってきた樹林先生が、最後になんとワインセラーにあるあの貴重なワインを開けてくれることに!
樹林 「ワインっていうのは、いつか飲むんですから」
吾郎 「(ワインに)生まれてきてくれてありがとう。まだ100年生きていけるのに開けさせてもらってるんだよ。わかる?」
外山 「落ち着いて座っていただいていいですか(笑)?」

01252mpg_20180216_021820555DRCエシェゾー2009
吾郎 「くっついて舌から離れてくれないですね」

番組最後に、「楽しかったなぁ」と心から言ってくださる樹林先生。ワイン好きの吾郎はもちろん、樹林先生も吾郎と一緒にワインを飲んでとても楽しんでくれた模様。これは、先生のワイン会に吾郎は今後呼ばれるかもしれないですね(笑)

|

« 男女の問題は奥が深い | トップページ | 漫画で学ぶ人生論 »

コメント

  匠の果てしなき妄想

こんばんは。

ゴロウ・デラックス、レポありがとうございます。

さて、ゴロ・デラ見ていて感じたのですが、吾郎さん、器、大きいですね。
どんなゲストにも、心地よく共鳴してる・・。

やはりそれだけの知識、教養があってこそ、でしょうね。

今の吾郎さんが一番いい、とのお言葉。・・納得。
 
でも、欲を言えば、20歳の吾郎さんと無鉄砲な傷だらけの恋をして、
30歳の吾郎さんを兄として持ち、
今の吾郎さんを父と呼べたら・・・・・。

妄想はここまでとし、映画、2本待ち、贅沢です。
CMや雑誌、ブログ、過去の映像を観られることは、幸せなことですが、
やはり、リアルタイムで、映画、これが一番ですよね。

鼻先に黄金の人参2本、人生の不覚を乗り越えて、走り続けます!

投稿: 匠 | 2018/02/24 01:04

wine匠さん
コメントありがとうございます。
日に日に吾郎さんへの愛が大きくなっていると思われますが(笑)、嵌ったが最後、ヲタ人生は楽しいですよね。このブログ、吾郎への愛が大きすぎて始めたのですが、自分の萌えを声高に書いているだけなのに本当に多くのファンの方に読んでもらえるようになって・・・いつしか、義務感に追われて書き続けたこともあります。いま一度、立ち止まって考え中。とても前向きに良い意味で。吾郎さんは、「新しい地図」のプロジェクトとしての映画と、個人での映画のお仕事が入っています。ファンとしては、どちらも劇場で観る日が楽しみですよね。そして、吾郎さんの魅力を最大限に発揮できる舞台も心待ちにしています。吾郎のヴィジュアルは衰えるどころか光り輝いていく。とても充実しているんだろうなぁと感じると共にプロとしての強さを感じます。これは、今後の活躍が期待できますね。

投稿: kazuyo | 2018/02/25 01:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 男女の問題は奥が深い | トップページ | 漫画で学ぶ人生論 »