« 「広辞苑」のスゴさ | トップページ | 平和であるためのオンリーワン »

ひとり暮らしの楽しさ

ゴロウ・デラックス (2018年2月15日放送分)

ゲスト:小林聡美

今回のゲストは、外山さんが「大好き」と公言するあまりテレビには出演されない女優さん。吾郎が、外山さんが好きそうと言うのは、なんとなくこちらもわかります(笑) 飾らない自然体の女性が、外山さんはお好きですよね。

2015年、映画『紙の月』で日本アカデミー賞で優秀助演女優賞を受賞。女優としても活躍されるかたわら、エッセイを中心とした13冊の本を出版。

第285回課題図書 『ていだん』  小林聡美著

Photo 鼎談(ていだん)とは、「三人が向かい合って話をすること」(「広辞苑」より) 小林さんが、さまざまな分野で活躍する二人のゲストを招き、幅広いテーマについて語り合ったオフトーク満載の一冊。

鼎談を重ね感じた「人と話すこと」。根は気さくだけど、いざ対談として任されると困惑したという企画。その感覚がとてもよくわかるという吾郎。
吾郎 「そうです、そうです! 僕、カメラ回っていないほうが面白いですもん」
女性二人、爆笑

44歳になった吾郎が、ゲストの小林さんに44歳のときはどうだったか聞いてみると「今と変わってないですね」というお答え。
吾郎 「そうですよね。僕も10年前と今が変わっているかと言われると変わってないですし」
外山 「(じっ~と吾郎の顔を見て)いや、変わってないですか?」
吾郎 「・・・「お前、グループ解散しただろ?!」みたいな顔した?今?」
外山 「違う、違う(笑)」

吾郎さん(笑)(笑)(笑) 外山さん、そういう顔じゃなかったよ(笑)

年を重ねても、10代のときからの価値観は変わらないという意見に吾郎と小林さんで盛り上がる。課題図書のテーマが、「素直な自分で行こう!」みたいなものを感じるという吾郎に、「そうそう」と同意する小林さん。吾郎、相変わらずしっかり読み込んでますね。

同じ俳優同志の吾郎と小林さん。他にも共感する部分がいろいろあるみたいで(笑) この年になると、現場では監督やプロデューサーの人たちも年下になってたりして、変に気を遣われて輪に入っていけないときがあると。

ここから、せっかく三人いるので「鼎談」することに。小林さんが選んだテーマは、三人の共通点となる「ひとり暮らし」。
吾郎の場合は、男のひとり暮らしのわりにはきちっとしている。掃除・洗濯は苦にならない。20代の頃は雑に生きていたけど、30代になって友だちが自分の家を徹夜で大掃除して、断捨離をしてからその状態をキープしているのだそう。そう・・・そのご友人こそ、例のひろくんですよね(笑)

出かける前に物をテーブルの上に置いたままにはしない、毎朝ベッドメーキングをしないと外に出れないと聞いて、若干退き気味の女性二人。でも、女性の髪の毛が落ちても文句は言わない。女性が帰ってから片づけるには納得(笑)

小林さんが、動物を飼っていると人間の思うような綺麗さは保てないと話すと、「僕も猫を昔10年飼ってました。でも・・・毛がね(笑)」には爆笑。それで手放したわけじゃないもんね。飼ってるときは、すごく大事にしていたの知ってるから。でも、もうきっと飼えないんだろうなぁ(笑) 

部屋を綺麗にするのは、時間ができたときに片づけるという小林さん。
吾郎 「でも、そもそもなんで散らかるんですか?」 (吾郎の素朴な疑問)
小林 「・・・これ、感じ悪いですね(笑)?」
外山 「ねっ(笑)」
吾郎 (笑)

うわぁ、絶対に吾郎とは住めない(笑) (いや、絶対にそんなことあるわけないし、向こうからお断りだろうけど(笑)) 部屋が汚れているのは問題外として、ある程度は散らかっていてもまったく気にならない人なので。しかし、吾郎さんのお嫁さんになる方は大変だ。同じように少しでも散らかるのが嫌いな女性じゃないとダメですよね。

ここで、ひとり暮らしの外山さんの食事を気にする二人。外食のときもあるけど、家で鍋ぐらいはするという外山さんに、「野菜もちゃんと入れてる?」と母親のように心配する吾郎(笑)
外山 「入れてますよ。えのきばっかり」
(笑)(笑)(笑)

吾郎 「絶対、揚げ物とかしたことないでしょ!」
外山 「指、ささないでくれます(笑)? (揚げ物)やりませんよ」
吾郎 「(家に)オイルないでしょ?」
外山 「ありますよ。オリーブオイルとごま油」
吾郎 「ごま油、好きそうだね(笑)」 (悪い顔したーーー(笑))

家にいるのは好きか。吾郎は丸一日は家の中にいられない。友達に会いたくなったり、散歩したりすると。小林さんは、一日中家にいても平気だし、そうなると昼ごろまでパジャマでいることもあると聞くと俄然外山さんが吾郎に「皆、そうだよ」的なリアクション(笑) 
吾郎 「小林さんだったら、その感じも素敵だなって(笑)」

人によるってか、吾郎(笑) 外山さんにも、素敵な妄想してあげて(笑)

最後には、「ひとり暮らしをしていると家の中でもやることはいっぱいある。楽しく行きましょう」ということでまとまりました(笑)

吾郎 「なんか大丈夫かなぁ。変な事いっぱい言いすぎちゃったなぁ。チャーミングに編集してください」

いや、もうそのまま流れたと思われますが、そういう素の吾郎さんも知りたいから面白かったです(笑)

|

« 「広辞苑」のスゴさ | トップページ | 平和であるためのオンリーワン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「広辞苑」のスゴさ | トップページ | 平和であるためのオンリーワン »