« 漫画で学ぶ人生論 | トップページ | ひとり暮らしの楽しさ »

「広辞苑」のスゴさ

ゴロウ・デラックス (2018年2月8日放送分)

ゲスト:平木靖成

今回は本の街、神保町でのロケ。10年ぶりに「広辞苑」が出版されるということで岩波書店さんを訪問。番組初の辞書を課題図書。書店でのロケはあれど、出版社への訪問は初めてということで初めてづくし。

吾郎 「全部読め!って言うのかなぁと思って焦ったんですけど」
外山 「(笑) 番組特別編ですから、今日は」

第284回課題図書 『広辞苑』  岩波書店発行

Photo 1955年の初版刊行以来、ほぼ10年に一度改訂版が出版され、現在は累計発行部数1200万部を突破。今年1月には、過去最大の25万語が収録。

広辞苑」第七版を出版するにあたり、改訂の総指揮を務めた岩波書店の辞典編集部副部長である平木靖成さんにお話しを伺います

「広辞苑」のスゴさ①
国語辞典+百科事典 - 2つの種類の辞書の両方の特性を持っている

様々な知識を持った人が必要なため、改訂の際には各部署から人員を選抜し精鋭チームが結成される。

「広辞苑」のスゴさ②
時代に合わせた新語を収録

今回第七版の改訂には、およそ1万語の項目が追加。「ごち」、「がっつり」、「のりのり【乗り乗り】」(広辞苑のルールとして、漢字で書ける項目は漢字表記にする)、「婚活」、「上から目線」など。新語として追加される項目の基準は、日本語として定着したかどうかで判断される。

今回は、マイケル・ジャクソンやスピルバーグなどの人名も追加されているが、日本人の場合は故人のみ掲載される。(今回、永六輔さんが追加されています) 外国人の場合は、存命されていても掲載される。

「広辞苑」のスゴさ③
昔の言葉や意味も全て載っている

改訂の度に新語が増やされるが、古い言葉を削除することはあまりされない。「源氏物語」にしかない古語も掲載されている。

ここで吾郎さんが、最近「ぶら下がり健康器」をネットで購入したらしく「広辞苑」で確認してみると掲載されていない。
吾郎 「ぶら下がり健康器って言って、知らない人いないじゃん」(つまり「定着」していると言いたいらしい(笑))
外山 「そんな熱弁されてもねぇ(笑)」
平木 「ぶら下がり健康器は、次(の改訂)に入るようにします」

本当に入るか、第八版が出たときに確認したいと思います(笑)

広辞苑の編集方針として、言葉の意味が変わっていくときに一番古い意味からだんだん新しい意味に掲載されている。

書庫に保管されている初期の貴重ゲラを見せてもらうことに。棚にびっしり並べられた紙の束。これだけで、どれだけ細かく大変な作業が行われていたのかがわかります。

「広辞苑」のスゴさ④
膨大な量の情報が一冊に詰まっている

初版に比べると5万語の項目が追加された第七版。しかし、歴代の広辞苑を並べてみると、辞典の厚さは同じ。製本の機械が、8センチの厚さまでしか作れないため、ページが増えると紙を薄くして8センチ内に収めることから厚さに変化がないのだとか。紙の開発だけで2年かかったというから、すごい技術ですよね。

第七版が出版されて、平木さんの今のお気持ちは「作り終えたというよりは、また次だな・・・」というほうが大きく、すでに課題が溜まっているそう。

今回の親太朗くんの消しゴムはんこは、「ゴロデラ」が広辞苑に掲載されたらというもの。
AD山田が最後に消しゴムはんこを出す番組である」(笑)(笑)(笑) 

今回の番組を見て思い出したのは、三浦しをんさんの『舟を編む』でした。辞書一冊が出来上がるのに、とてつもない時間と人の努力があること。その一見地味な作業を心を込めて作られたものが辞書なんですよね。日本一の本だと思います。

|

« 漫画で学ぶ人生論 | トップページ | ひとり暮らしの楽しさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 漫画で学ぶ人生論 | トップページ | ひとり暮らしの楽しさ »