« 映画 『クソ野郎と美しき世界』 感想 | トップページ | ゆっくりと着実にスタート »

大家さんとの素敵な関係

ゴロウ・デラックス (2018年4月12日放送分)

ゲスト:矢部太郎(カラテカ)

今回の課題図書は、お笑いコンビ「カラテカ」の矢部さんが描いた大家さんとの心温まるほのぼのした作風の漫画。

第292回課題図書 『大家さんと僕』  矢部太郎著

Photo 独特な大家さんと著者との関係。大家さんが洗濯物を取り込んでくれていたり、余った食べ物をくれたり、休日に二人でお茶に行ったり・・・挙句の果ては、二人で鹿児島旅行など大家さんと入居者の枠を超え8年も続いている。昨年、発売と同時に話題となり20万部の大ヒットを記録。

大家さんの二階に住まわせてもらうことになったのは、以前いたワンルームマンションでの番組のロケが続き、大家さんから更新を断られたどり着いたのが今の大家さんの二階の間借り。初対面で「ごきげんよう」という素敵な挨拶を受けて一目惚れ(笑)だったそうです。

吾郎が矢部さんを外山さんが大家さんを担当して朗読してくれた大家さんと矢部さんの関係は本当に素敵。
矢部さんの誕生日のサプライズケーキは、おはぎに仏壇のろうそく(笑) 大家さんの買い物は、すべて伊勢丹(たらこが二千円もし、ランチは一万円超え。いつも大家さんが支払ってくれるそう)。

二人のお出かけを「ランデブーheart」と称される矢部さんに、吾郎は「恋人みたいな関係でデートですよね」と。二人での鹿児島旅行で大家さんが一番行きたかった場所は、知覧特攻平和会館。若い特攻隊員のたくさんの写真に遺書。同世代だった彼らを追悼するために、大家さんは一度行きたかったのではないかということですが、そんな大切なことに矢部さんと一緒に行きたいと思ってくれた大家さんは、とても矢部さんを信用されているんですね。

番組に出演するにあたって大家さんに話したエピソードも漫画にして持ってきてくれました。大家さんは、普段ニュースや国会中継以外はあまりテレビを見られないのに、吾郎の写真を見せたら予想に反して反応が。

大家さん 「この方、ずっと好きよ。かわいいheart04 矢部さん、すごいわね。今が一番いいときですね」

(笑)(笑)(笑) 吾郎さんと会うことで、矢部さんは大家さん的には今、人生のピークを迎えているらしい(笑) 「ゴロデラ」が本の番組ということで、大家さんに好きな作家を聞いてみる矢部さん。

大家さん 「そうねぇ・・・芥川と太宰は顔がタイプだったわ。あとは、女学校の頃、通俗小説だけど菊池寛は殆ど読んだわ。素敵な文章を書くの。顔はブスだけど」

(笑)(笑)(笑) どうやら、大家さんは面食いらしい(笑) 

大家さん 「稲垣さん、太宰に似てる
吾郎 「嬉しい! 僕のこと知ってくれてるんですね」
矢部 「ほとんど、本当に(芸能人のこと)知らないんです。でも、(吾郎さんのことは)わぁ~、ずっと好き!って言って」
吾郎 「大家さん、僕とランデブーですよ」(カメラ目線)
矢部 「取らないでください、僕の大家さん(汗)」

大家さんは、吾郎の作家っぽい知的な男前のところがタイプなんだろう(笑) 外山さんが、矢部さんが間借りしているお部屋を訪問した際、部屋には大家さんから頂いた物がたくさんあった。どれも、とても高価なものだと伺える。でも、矢部さんが一番大事にしているのは、大家さんが郵便受けに入れてくれる直筆のお手紙。いままで頂いたお手紙を捨てずに全部保管されていて、二人の関係がとても良いのが伺えます。

04122mp4_20180418_001750870 今回、収録時には矢部さんが大家さんから頂いたティーカップで紅茶が出されていました。
吾郎 「これねぇ、絶対に矢部さんの部屋より僕の部屋のほうが合います」

大家さんが好きな紅茶の銘柄は、英国の「FORTNUM & MASON」。吾郎も伊勢丹でよく買うらしい。

矢部さんは、芸人さんなのにおっとりした方で優しい方なんだろうなぁというのが滲み出ています。きっと、大家さんは矢部さんのことが本当にとてもお好きなんだと思います。これからも、素敵な関係のお二人でいてください。

|

« 映画 『クソ野郎と美しき世界』 感想 | トップページ | ゆっくりと着実にスタート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画 『クソ野郎と美しき世界』 感想 | トップページ | ゆっくりと着実にスタート »