« 小説の「書き出し」 | トップページ | 役者人生の転機 »

「72時間」を経て得たもの

72時間ホンネテレビ」から「新しい別の窓 7.2時間」が生まれた。
吾郎慎吾の活躍を心から応援していきたいと思っているファンの想いと願いが、AbemaTVでのレギュラー番組に繋がったと思います。その気持ちを全身で受け止めて、3人が長丁場での新バラエティ番組を展開してくれているのは見ていてわかる。

なんせ長いので、正直言うと、全編通して楽しめるわけではない(笑)
少し複雑になるところもあったり、間延びしてしまうコーナーもある。でも、新しいことをやっているんだなぁ、すごいなぁという思いのほうが強く、多少のことは目をつむってます。

レポを書こうと思ったけど、少し時間が経ってしまったのもあり、とりあえず吾郎さんに関して思ったことだけを書いておこうと。

歌のコーナーでは、とても楽しんでいる吾郎がいる。
正直、SMAP時代には5人もいるからか前に率先して出てきたリ、ファンにアピールする人ではなかった。(そのクールな感じでキュートな笑顔のロイヤルお手振りが個人的には気に入っていたけど(笑)) でも、AbemaTVで見た吾郎はちょっと違っていた。ライブでファンを煽る?! しっかりファンの目を見てお手振りをして盛り上げる。あぁ、こういうことできる人だったんだと(笑)

トークでも稲垣吾郎という存在が大きく出るようになった。剛と慎吾が話をそらさずにちゃんと聞いてくれるというのも大きい。SMAPのときの流れが嫌だったからとかではなく、今の吾郎がしっかり出せる環境になったのは素直に喜ばしい。バラエティでも、「スマスマ」のようなコントにも挑戦した吾郎。あぁ、懐かしいなぁ、と嬉しくなった。

「7.2時間」では、個人的には3人以外のゲストの方が多く出てくるコーナーはあまり好きではない。出演してくださった方がどうこうではなくて、どうしても3人のトークがゆっくり聞けないのは残念なので。だって、彼らのファンだからそれは仕方ない。あまり、画面がガチャガチャするのが好きではないというのもありますが。だから、「72時間」でも最初のパーティが長くて長くて断念しそうになったので(笑)

事務所を出てからの彼らは、想像していたより活躍の場を広げている。「ジャニーズ枠」という縛りがなくなったのもあるとは思うけど、雑誌での表紙、ネットでの写真。地上波テレビの制限(忖度?なんじゃ、そりゃ(苦笑))を除けば、幸せすぎるほどの活躍です。

何が一番嬉しいって、夏のミュージカルも決まった吾郎さん。なんと、公演3か月前の公表ですよ! これも、「縛り」から抜け出せて、早くにファンに伝えることができたのではないか。これが、一番大きいかもしれない。なんせ、英国にいるときは公演1か月前を過ぎてからの公表とか常だったので、そこから会社へのホリデーの申請、飛行機の手配・・・ものすごく大変だった。今、海外にいるファンの方はとても助かっていると思います。

いつか、事務所から独立するというのはあったと思うのですが、今この時期に決断した3人は間違っていなかったと思う。その勇気に感謝したい。きっと、なにもかもがうまくいくと思う。まだまだ、嬉しいニュースが出てくるかと思うと楽しみでしかないよ、うん(笑)

|

« 小説の「書き出し」 | トップページ | 役者人生の転機 »

コメント

72時間TVで、ハッキリと確信しました
3人で出発して、よかった。
3人での出発になったことは、最高に幸運だった

歌って踊る5人は大好きですが、今は3人のバランスがとても好きです。
3人になって、それぞれの個性がしっかり出るようになって、彼らの魅力が新鮮です

3年後、5年後、、彼らのまわりで何かが起きるかもしれませんが、
しばらくは今のまま、個人活動を充実させながら、3人の歌やコントや楽しいトークで楽しませてほしいです

TVからは無視されていますが、そのほかでは今のところ順風満帆
吾郎さんの舞台も楽しみですね。
3人の成功を心から祈っています。
働き盛り、男盛り、これからもずっと見ていたいです
72時間TV以降、ますますイキイキと若々しくなった3人を見れば、毎日は満たされていると分かります。
しばらくは、このままで、、お願いしたい。

投稿: ゆずこしょう | 2018/05/14 23:16

doorゆずこしょうさん
本来なら、5人一緒に独立するのが良かったんだとは思います。でも・・・本当にいろいろあったんだと思う。いまだ、ファンにもハッキリとは言えないことがあったんだろうと。「72時間」の最後に見せた3人の涙が、けっして楽して辿りついた道ではなかったんだろうと感じました。それでも、「とても楽しい」と今、彼らが言えることが本当に良かったと思えます。ファンも最初は不安だらけだったけど、前に進むしかないというのは同じ気持ちでしたよね。「新しい地図」というのはグループではない。でも、同じ想いで3人が今の道を選んだことは間違っていない。今が少し厳しい状況でも、きっとあのとき新しくスタートさせて良かったと思えるときがあると今の彼らを見ていると思えます。人生の転機は、普通に会社員をやっていてもあります。転職だってかなりの勇気が必要ですよね。芸能界の独立は、きっとそれ以上に大変なんだろうと推測できる。それでも、一歩踏み出した3人を応援していきたいと思います。

投稿: kazuyo | 2018/05/15 02:41

ここ2年いろんな事があって、私たちの精神状態も嵐の様な時間だったですね。でもやっと晴れ間が出てきて、今はそれを広げようとする大切な時なのかなと。
「新しい地図」が出来てから9ヶ月。ここ最近「3人でいる事」についてよく考える。
3人だから出来る事、3人にしか出来ない事。確かに個々だけど、3人の居場所があるってことが彼らの力になっているのかと思うと、悪くないなと思う。
この先はどうなるか分からないけど、ななにーが放送される様になって、表現できる場所が出来た事は嬉しい。
ただ、みんなが楽しかったと思える番組にして欲しいなあ。
そして、3人が思いっきり楽しんで、幸せでいられます様に。私たちは応援するだけですね。

やっと吾郎さんの舞台が見れる。チケットもまだなのに行く気満々。しかし、チケット争奪戦に勝てるのか・・・
1回でも観たい。トータルすると恋と音楽よりも観客総数は多いけど・・・
注目度ありありだし、夏休みだし・・・
噂によれば「No.9」の再演も・・・
私たちにもチケットゲットと言う素敵な風が吹くといいですね。

投稿: ゆっこ | 2018/05/15 14:10

ご無沙汰しております。クソ野郎と美しき世界、ななにー、そして剛くんのファンの私にはバリーターク、ととにかく嬉しい忙しさと、足元がフワフワするような喜び、それと同時に、慎吾がよく言う「こんな僕たちの番組に出ていただいて…」と言う一言に、どれ程の決死の覚悟をしたのか、と改めて感じます。雑誌などのインタビューでは、吾郎さんの率直な言葉にいつも助けられています。常々そう感じていますので、最近、そのお礼を吾郎さん宛のファンレターに書いて新しい地図に送りました。私は3人の間に吹く、優しい雰囲気の風が大好きです。グループの時とは違うのは当たり前。比べたりしたくないのです。でもこの3人が顔を見合わせて、周りにニコッと笑いかけながら歩き出すような、そんな心地よさがとても気に入っています。新しい地図を本当に大事にしたいなぁ、そのためならどんな応援もしたいなぁ、とますます思っています。クソ野郎の舞台挨拶は運よく、吾郎さんの回が取れ、3メートル先まで近くに来てくれたお花見後の吾郎さんに胸がドキドキしました!幸運にも「バリーターク」はすでに2回、行くことができましたので、京都での吾郎さんの舞台もぜひ観たい気持ちで一杯です。「恋と音楽」が大好きな主人と共に、日程を相談中です♪

投稿: つじ | 2018/05/15 15:43

doorゆっこさん
あの騒動から1年半ほどが経って、長かったような短かったような・・・不安でいっぱいの気持ちとこれからの期待で入り混じった感情をただただ応援することのエネルギーに変えたファンの力はすごかったと思います。今、3人は自分たちがやれることでやりたいと思えることをできるようになってきたと思います。テレビ出演は置いておいて、吾郎は変わらず役者の仕事はやっていきたいというのが実現できています。舞台「No.9」に関しては、少しチェックしてみれば再演があるのがわかります。楽しみですよね。剛にしても、役者の仕事もやっていきたいし、趣味のギターもファンに披露していきたいというのもできています。慎吾ももっと絵を描く時間を増やして、違う分野の仕事も広げていっている。3人の希望をしっかりマネージメントが把握しているのが伺えます。あとは、ゴールデンチケットをどうにかしてGETするという嬉しい心配だけ(笑) 画面を通してではなくて、この目で吾郎の演技をまた見れる機会がこんなに早く実現したことがとても嬉しいですね。


doorつじさん
お久しぶりです。映画、ドラマ、舞台、歌、バラエティ・・・お仕事としては、SMAP時代のときと変わらず、忙しくしている3人。イベント企画も盛りだくさんで、ファンの前に元気な姿を見せてくれるのはとても嬉しいです。もちろん、中居くんや木村くんも頑張ってほしいと思っています。彼らはまだジャニーズ事務所在籍なので、仕事は変わらず入って来るとは思っていたので心配ではなかったので、やはり3人の応援には力が入りますよね。ファンが声を出しても、どうしても変わらない芸能界の暗黙の闇のルールがあるんだろう。でも、ファンの力で映画の第2弾が決定したり、それをちゃんと報告してくれるのは応援のし甲斐があります。吾郎のミュージカル公演が発表されましたが、只今、剛くんは絶賛舞台中(笑) 今後、まだまだ役者としての仕事での活躍が期待できます。民放でのテレビ出演は、いつ解禁されるのでしょうか。新しい事務所を発足して1年経った秋頃には出てこれるのかな? そうでなければ動かないとですね(笑)

投稿: kazuyo | 2018/05/16 02:41

kazuyoさん、こんにちは!
なかなかコメントできなくてすみませんが、ここにくると安心します。

ブロガーさん訪問、良かったです。
あれを見て、素の吾郎が明るい人だとわかってもらえたのではないでしょうか?

それにソファーで説明聞いてる時のかわいいこと。
お花見に呼ばれた時も、あんな風にしていたかと思うと、萌えしかないです。

質問を読む時の滑舌のいい大きい声もいいですよね。
それに明るい。

企画によっては、微妙になることがあるかもしれませんが、ななにーをやってもらえて、感謝しかないです。

投稿: なおなお♪ | 2018/05/16 10:13

doorなおなお♪さん
コメントありがとうございます。「ななにー」での吾郎の料理教室(笑)良かったですね。女子力の高い吾郎のいいところがすごく出ていました。ちゃんと、あの後、家で「なすの揚げびたし」を作ってブログに載せているのも素晴らしい。教えてくださった、そっち~さんも大絶賛でしたね。そっち~さんの生卵割りの男前度に、素直に驚いて可愛いったらなかったです(笑) 「ゴローの日」のななにーということで、しっかり吾郎をフューチャーしてくれたAbemaTVさんにも感謝。なぜか、ゲストの方たちから花束をもらって「おめでとうございます」と誕生日でもないのに言われて、「ゴローの日」が定着しそうです(笑)

投稿: kazuyo | 2018/05/16 20:50

Kazuyoさん、ご無沙汰しております。
「72時間を経て得たもの」のタイトルからいろいろなことを考えてしまって、Kazuyoさんが記事をアップされてからすっかり時間が経ってしまいました。でも、やはり独立後の3人の、吾郎さんの活躍の感想をどうしても語りたくて、今更投稿させていただきます。

2016年1月解散報道とスマスマでの公開謝罪。8月に解散発表、12月26日スマスマ最終回、31日にsmap解散。2017年6月に3人の退社発表、9月8日3人退社・・と、今でも苦しみ、泣き、憤り、無力感に打ちのめされた当時を思い出し、また当時は先行きの不透明さに絶望しかけました。

と思っていたら、9月22日に新しい地図の公式サイトが立ち上がり、ファンクラブ発足。abemaでの特別番組配信にオムニバス映画制作、3人各々がSNS発信参入。そして個人またはユニットで次々に決まる大手CMに雑誌、映画、舞台、アート活動にパラリンピック応援イベント。地上波TVも、忖度されているといいつつちょくちょく剛がNHKに出たりしていますよね。

絶望どころか、活動が多彩すぎて、私が追いつけない状況に陥っている。私、SNSの活用やネット配信といったものに全く縁がなく生きてきていたので。目下の問題は72時間や7.2時間という長期間ネットTV番組を全て視聴することが不可能。地上波みたいに録画・・しちゃだめなんですよね・・72の円盤は買いましたけど。ツイッターのアカも作って、フォローはしてますけれども。っていうか、地元局ゴロデラ放送しろよ。

新しい地図を応援したくても既存と違うメディア活用を私が上手くできなくて、彼らが提供してくれるコンテンツを堪能出来る状況に自分が達していないのは今後の課題として・・

クソ野郎2回見ました。取っつきにくい作風に思えましたがたくさんの監督さん、スタッフさん、役者さんが共同して下さり、インパクト十分の、そして質も担保された作品になっていたと思います。

パラチャリティやCMでは楽曲も発表し、配信してくれる。

舞台と主役映画を控えた吾郎さん。吾郎さんが演じることが大好きなことは伺ってましたし、演技でのご活躍を私はもちろん楽しみにしています。

ただ、私はsmapで歌ったり踊っている吾郎さんも好きだった。これから俳優業やナレーター、文化人寄りタレントのお仕事は楽しみではあるけど、もう歌ったり踊ったりする吾郎さんが見られないのは寂しいなあと思っていた。
 
目覚ましの復帰インタビューで吾郎さんが「何らかのロスのようなものを感じているファンがいるなら、何らかの形でそれを少しでも埋めて差し上げられれば」と仰っていたように思います。
3人は、それを本当にファンに向けて全身全霊で埋めてくれようとしている。
もう十分な資産を得、芸能界の裏も知り尽くし、今回このような不条理に翻弄された中年アイドルが、引退して悠々自適でもなく、好きなジャンルの仕事に特化するでもなく、多くのファンがイナクテサビシイと思っていた歌、ダンス、コント、バラ、つまりsmapっぽいなにかをこの3人でなくさずに続けてくれている。それも、本当にとても清々しい、40才代にしてフレッシュな、のびのびした表情を随所で見せて切れて、ファンとしてはそれだけで嬉しい。

それが、後日他のメンバーが合流するための受け皿なのか、そこまでの意識はしていないのかはunknownですが。  

ファンでさえあんなにも動揺し嘆いた解散ショックを乗り越え、ネガティブな事情をほとんどファンに感じさせず、奇跡の早さと濃度でファンを安心させ、癒やし、リードしていく。きちんと実力を磨き、人間関係を築き、世間に受け入れられ、身を持してきたプロアイドルは、逆境にあっても褪せることのない輝きでファンを魅了し続けてくれる。私は、この3人を、タレントさんとして、エンターテイナーとして本当に尊敬し、その活動をありがたく思います。

ま、まずは京都のチケットが当たりますように!

投稿: mei | 2018/05/26 01:46

doormeiさん
お久しぶりです。この記事を書いた時点ですでに放送時からかなり時間が経ってしまっていたので、コメントを戴けるだけでも感謝です。「72時間」のほうはDVDも購入したし、森くんと3人のトークがとても良かったので、余裕があるときにさらに遅いレポをUPするかもしれません(笑)
騒動のあとのメンバーとファンの力はすごかったなぁと、今、少し落ち着いてきてから改めて考えています。先行きは不安だったのが正直なところだったし、実際厳しいことも多かったのですが、3人の笑顔に落ち込んでいる場合ではないと思えましたね。マネージメントがしっかりしているのもあり、彼らの活躍は想像以上です。NHKさん以外の民放では、出演だけでなく普通なら大きくニュースになることも流してもらえずもやもやすることもありますが、テレビで見れなくても活躍の場は他にもある今の状況に感謝です。AbemaTVを始め、ネットで彼らを追いかけることが必須になってきて、苦手な人にはなかなか大変なこともあるとは思いますが、TwitterやSNSなどで3人の現状がわかるのは嬉しいですね。映画や舞台、そして雑誌などの媒体ではSMAP時代より早いスピードで新しいニュースが出てきます。それだけでも、独立して新しく一歩を踏み出せたことがとても良かったのではなかったかと思います。吾郎がファンに向けて話したことは、しっかり有言実行してくれていると思います。もとから、ファン想いの人だったと思っていますが、SNSを通じて吾郎の考えていることがわかるようになりました。積極的に動いてくれる限り、たとえテレビでの露出が少なくてもファンは応援できます。逆に、応援していくことの本質を考えられるようになりました。悪いことばかりじゃないですよね。舞台はとても楽しみにしています。チケット頑張って取らないとですね!

投稿: kazuyo | 2018/05/27 04:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小説の「書き出し」 | トップページ | 役者人生の転機 »