« 「72時間」を経て得たもの | トップページ | やりたいことを貫く »

役者人生の転機

ゴロウ・デラックス (2018年5月17日放送分)

ゲスト:梶芽衣子

オープニングトーク
外山 「今夜は芸歴54年の女優さんがゲストでいらっしゃいます」
吾郎 「はぁい」
外山 「座右の銘、『媚びない めげない くじけない』」
吾郎 「まったく僕にないですよね(笑) まぁ、立ち直りも早いですけどね」

吾郎本人が気づいているのかわからないですが、実は吾郎はとても強い人だといつも思ってます。

第297回課題図書 『真実』  梶芽衣子著

Photo 映画のような激動の71年間の人生を綴った一冊。

10代の頃にモデルでデビューした梶さんは、自らお芝居がしたいと思ったわけではなくスカウトされて芸能界入り。17歳で映画に初出演した際には、周りから「できない分からないは言うな」と言われ、とにかく見よう見真似で役者の仕事を始める。

デビュー7年目には、婚約者との別れを決意。映画『女囚さそり』が大ヒットとなりスケジュールがいっぱいになり、結婚したら仕事を辞めるというのが婚約者との条件だったため別れることに。別れる際に婚約者に言われたことは、「誰とも結婚するな」「死ぬまで仕事を辞めるな」だったそうですが、仕事を辞めるなはいいとして結婚するなは横暴すぎるでしょ。なんで別れる相手にこんなこと言われなきゃならないのよ(笑)

クールなヒロイン役を演じることが多かった梶さんは、35歳のときの3か月間NY留学が俳優人生の大きな転機となった。NYブロードウェイの役者さんたちはオーディションで役を取り、ひとつの公演が終わると別のオーディションがあるときまでバイト生活。そんな本場の舞台役者の日々の生活を目の当たりにして、人生観も俳優としての心構えもすべて変わったそう。吾郎にも少しの間海外留学を経験してほしいと思うのは、やはり世界を見てきてほしいと思うから。今なら、個人のお仕事の合間にできるんじゃないかなぁ。

以降、梶さんはクールビューティな主演だけでなく、いろんなキャラクターの脇でも積極的に仕事を受けるようになる。吾郎自身も、主演にこだわらずに面白いと思う役は受けてきたけど、結果「やらなきゃよかったなぁ」と思ったことは一度もないと断言。その話を聞いた梶さんが、2010年の映画『十三人の刺客』での吾郎を大絶賛! とてもありがたい言葉を受けて、それでも三池監督がすごかったと自分よりも監督や周りの共演者の良さを話す吾郎の男前のこと(笑)

三池監督からオファーを受けたときは、自分は十三人の一人の役だと思っていたし、明石藩の残酷な殿を演じることになっても深く考えず楽しく演じさせてもらったと話す吾郎。トップアイドルが最後、首を切られるなんて昔は考えられなかったと言う梶さんは、吾郎の殿はとても怖かった、一番光っていたと話してくれました。本当に多くの方が、この役を演じる吾郎を褒めてくださったんですよねぇ。吾郎も言っていたけど、ここが吾郎の役者としてのひとつの良い転機だったと思う。

梶さんは、28年間続いたドラマ『鬼平犯科帳』の「おまさ」を自ら志願してドラマに出演させて頂いていてとても思い入れのあった役だったので、最後の収録が終わった打ち上げでは涙が止まらなかったそうです。役者として、そんな役に出会えるって幸せですよね。

最近は、誘われてロックを歌うようになった梶さん。ステージに立つと観客から元気をもらえると。それは吾郎も同じだと大きく同意。
梶 「吾郎さん、お歌はやめてないんでしょ?」
吾郎 「もちろん、もちろん」
梶 「もう、絶対続けてね!

私たちファンからも、「吾郎さん、役者だけでなく歌も続けてね。そしてライブでファンの前に出てきてください!」とお願いしたいです。

|

« 「72時間」を経て得たもの | トップページ | やりたいことを貫く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「72時間」を経て得たもの | トップページ | やりたいことを貫く »