« 吾郎さんへ贈る『京都に輝くお花企画』 | トップページ | 『FREE TIME,SHOW TIME「君の輝く夜に」』 »

今が一番楽しい

吾郎のミュージカル舞台『FREE TIME,SHOW TIME「君の輝く夜に」』が、8月3日より京都劇場で公演がスタートしました。初日を観てきましたが、とても楽しく夢のような時間はあっという間に過ぎてしまいました。何度か観劇するので、後ほど舞台の感想はUPしたいと思います。

公演に伴い、いくつかテレビ番組で吾郎のインタビューが放送されました。

ニュースシブ5時 / おはよう関西
クリス松村さんが聞き役ということでどうなることかと少し不安だったけど(笑)、ちゃんと舞台の話や吾郎の心境を聞き出してくれて良かったですね。公演前の練習風景も拝めて得した感じでした。

吾郎 「僕の人生の中で思い当たることが(脚本の中で)いっぱい出てくるんですよね。あれ(ジョージ)、僕ですよ(笑)

自分を自分で演じているようで照れると話していた吾郎。確かに、男前でクールな面もあるかと思えば、とてつもなくキュートなジョージは吾郎と被る。女性とのシチュエーションの詳細は置いておいて、女性に対しての言動は吾郎らしいなぁと感じる部分が多かった。さすが、鈴木さんが吾郎にあてがきした脚本なだけはある(笑)

結婚観に関しては、40代になってからいつも同じようなことを話す。「出会いがなくはないけど、タイミングが合わなかった」
そして、結婚する=ずっと一緒にいたいという「結婚」の定義を考えると、そこまで思う人が現れていないという流れは、いままで吾郎とつきあったことのある女性が聞いたら複雑だろうなぁと思うと、吾郎さんって無意識に罪深い人だわねとも思う(笑)

吾郎 「中間管理職的な感じで5人の中でやってきたと、よく自分でも周りの人からも言われたんですけど・・・年が真ん中だったので、自分の感情をむき出しにしてはいけない、周りが決めてから自分も決めるっていうクセがついてきちゃってる」

確かに、SMAPでいるときと個人で出るときとは、吾郎のスタンスは違っていた。グループでいると決断力がない人のように映っていたかもしれないけど、誰もが「俺が、俺が!」だったら決まるものも決まらないし、一人グループで最後にまとまるように考えて行動するような吾郎のような存在はとても大事だったんだと今更ながら思う。

吾郎 「再スタートですから、ゼロになってもおかしくないという気持ちで始めたので、そういった中でお仕事にも恵まれて、好きなこともやらせて頂いて本当に楽しいです、今は

同じことを『おはよう関西』でも話していました。
吾郎 「ほんとに今、充実していますし、思っていたよりも本当にお仕事に恵まれて毎日が楽しいですね。いままで生きていて一番楽しいんじゃないのかなぁって」

今が楽しい。そう断言できる吾郎に安心した。「人生折り返し地点で、新しい道を切り拓いていくべきだった」とも吾郎が語っている。もう、そろそろ事務所に無理やり解散させられたとか、仕方なかったとかファンが言うべきではないんじゃないのかな。新しい道を吾郎が選んで、そして同じように考えた剛や慎吾と今、楽しくお仕事をやらせてもらっていると言える吾郎をただただ応援したい。そして、事務所に残ることになった中居くんや木村くんも自分で決めた道にしっかり進んでいる。それこそが、今のSMAPだと思う。

|

« 吾郎さんへ贈る『京都に輝くお花企画』 | トップページ | 『FREE TIME,SHOW TIME「君の輝く夜に」』 »

コメント

おはようございます💕
吾郎さんやファンへの愛と魂の籠もった記事をありがとう(^人^)
元々個人の活動がしっかりあった人達なので、こうして個人で立てば立つほど「SMAP」が変わらずにあるという幸せな錯覚を起こします。
そしてそれこそが彼等五人があるべき姿だろうし、彼等が選んだ道のりでしょう。
そして歳を重ねると人間時間は限られていると強く思います。
だから吾郎さんにはファンより会社より何より自分の人生を大切に生きてほしい。
良くも悪くも先のことはわからないから、尚更今この時を頑張らないと道が開けないのが今の業界だろうし。
生き生きとしているアイドルを応援する事こそが、ファンの喜びだと改めて教えてくれた吾郎さんや地図に感謝です。

投稿: YUE | 2018/08/12 07:14

事務所に残った側のファンにとっても優しい記事をありがとうございます。
推しメンが違えば、見方も違う。擁護もして当然…なのはよくわかっているのですが、
あまりにも「それって、どうよ…」という意見が多いのも事実でして…。
SMAP時代に出来なかったことを今やれているのは、中居木村も一緒なのになぁ…と思ってます。
わたし達ファンもメンバーを見習い、人に優しく、
今出来ることを頑張るというのが、理想なのかもしれませんね。

kazuyoさんの舞台のご感想、楽しみにしています♪

投稿: アセロラ | 2018/08/12 12:30

今週見に行く予定です。
鈴木氏の脚本は、それほど笑えないんですが、
とにかく1回は見ておかないと…

又指摘に来ましてすみません。
クリスさんは松本じゃなくて松村ですよ。

投稿: hiro | 2018/08/12 15:23

こんにちは☀
動画でおはよう関西のインタビューをみることができ、とても幸せな気分になりました。芸能界の事務所云々のことは何もわからないし、知りたくもないです。過去があり、現在をどう過ごすかが未来につながると思っています。吾郎さんが今のお仕事を楽しみ、日々を大切に過ごしていることがわかり、嬉しい‼
もう10年位ご無沙汰の京都在住の友人から先週日曜日の京都駅の様子のメールと写真が送られてきてびっくり👀偶然居合わせたそうです。うらやましいないなあ。
Kazuyoさんのブログ読むと温かい気持ちになります。私の観劇はまだ先ですが、舞台の感想も又お願いします☺

投稿: 葵 | 2018/08/12 17:01

kazuyoさん お久しぶりです。
お仕事がお忙しい中、いつも絶妙のタイミングで記事アップありがとうございます(笑)。
初日私も今回吾郎さんの舞台で初めて拝見しました。また、文春・シブ五時・おはよう関西も。
私の中で心に残っているのは、アイドルとしての稲垣吾郎を応援しているファンが多くいるのは理解したうえで、「俳優が軸」というのは昔から思っていることで、「変えることができない」というきっぱりした発言・記事です。
今回2年半以上、様々な媒体で、吾郎さんファン・SMAPファン・その他一般ファンの方々の考えをいっぱい拝聴しましたが、結局のところ、環境や心の変化を止めることはSMAPの当事者もファンでもできなくて、各々に求められている最良の道は、その変化の際で何を選ぶか、どう向き合うかについてベストを尽くすことなのかなのだと思います。1年前のめざましのインタビューでも、その前の解散する新聞発表も、今回も、吾郎さんのスタンスはまったくぶれず変わっていないと思います。現状がフォローの風に変わって、少し発言が具体的にはなっていますが。
その時々で、いえる範囲のことをなるべく心と言葉を尽くして伝えようとする稲垣吾郎という人間性にまた惚れ込んでしまいました。
吾郎さんはSMAP全員の広報ではないですが、SMAPの一員としてできる限りの対応・発言をしているのは、サラリーマンで言うと渦中の栗をあえて拾う損な人という人もいるかもしれません。ただ、私はそのような吾郎さんだからこそ、どのような立場で吾郎さんやSMAP等のファンでいようが、ファンとして丸ごと愛されていると感じました。
インタビュー等の発言の真意については、文春の吾郎さんの全文をなるべく虚心坦懐に目を通してから批評してほしいかなと思います。

投稿: おとと | 2018/08/12 17:52

Kazuyoさん、吾郎ちゃんのインタビューのコメントあげて頂きありがとうございます。「今が一番楽しい」って言う言葉は吾郎ちゃんやつよぽん・慎吾ちゃんのお顔を見ていればそうなんだろうと思いますよね。三人とも目がキラキラしていてお顔が生き生きしている。去年の今頃は想像できなかった。TVの制限や言葉や歌の制限はあっても彼等は今のお仕事をSMAPの頃のように充実して、いや「駆け出しのアイドル」のように忙しさも併せ持っているけど一番楽しく仕事をしているんでしょうね。三人でいっぱい話し合っている時は本当にゼロからの出発と覚悟を決めていたのは本当でしょう。40過ぎてからの再出発、普通ではなかなか思うようにはいきません。でも彼らには今までの実績と仕事に対しての真摯な態度。周りのスタッフや関係者に対しての思いやり。そして応援してくれるスタッフ・関係者・ファン。力を貸してくれるさまざまな方々(感謝しても足りないぐらい感謝しています)。彼らには人を魅了する人柄があるのですね。過去のいろいろあったことはもう元には戻らない事は解っています。でもSMAPの存在をなかったかのようにする業界の報道はどうなのかとは口には出さないけど思います。人の思いや気持ちは彼らがどう上書きしようとも真のところは変えられません。

投稿: ピカチュウ | 2018/08/12 23:55

tulipYUEさん
SMAPのメンバーはいつも、個人で仕事をしていてグループとして戻ったときにまた頑張ろうと思えると話していました。良い刺激をそれぞれが受けていたんですよね。グループとして一緒にSMAPとして活動していたことが、今、彼らを花開かせていると思っています。SMAPという基盤があって、今の彼らがいる。そんな風に思いますね。とにかく、吾郎に関しては今がとても充実しているのが表情から見てとれる。それだけで、あぁ、良かったなぁと思える。ファンはいろいろ求めてしまうし期待もするけど、やっぱり幸せであってほしいというのが一番の願いなので、吾郎のコメントはとても嬉しかったですね。


tulipアセロラさん
ファンもそれぞれ考え方も違うだろうから、いろんな意見があって当たり前だと思いますけど、違う道に進んだメンバーを悪く言いたくはないですね。お互いの立場になって考えてみれば、どちらも自分たちが決断したことでどちらが正しいとかないと思います。5人一緒でいてほしかったという想いはもちろんあるけど、今、すでに心機一転歩き出したそれぞれの道を否定したくないです。ただ、まっすぐ前を見て進んでいってほしい。希望としては、いつか再結成とまではいかなくても、また全員で笑って話すところが見てみたいですね。


tuliphiroさん
鈴木さんの脚本は苦手ですか(笑)? 確かに、良い意味でも悪い意味でも若干ぬるいとは思いますが(笑)、観たあとにとても温かいものを感じるんですよね。演者に愛があると感じます。吾郎とはミュージカルとの相性がとてもいいと思います。吾郎の美しい歌声を聞かせてもらえるだけで、鈴木さんには感謝だなぁ。間違いのご指摘もありがとうございました。


tulip葵さん
吾郎は、言えることはいつもファンに真摯に話してくれていると思っています。ファンがここまでは知らなくていいだろうということは話さないだろうし、話したところで安心するとは限らないのなら言わないのが最善だというのは吾郎はよくわかっている。グループのことに関しては、それぐらい慎重に語ってくれていると思いますね。その代わり、自分のことは結構と正直に心境を話してくれているのが嬉しいじゃないですか。吾郎さんのファンをやっていて良かったなぁと本当に最近になってよく思いますね。今回の舞台は、まだ観に行かれていないということですが楽しみにしていてください。吾郎さんの歌声が進化していますし、カーテンコールでのコメントには感動しますよ(笑)


tulipおととさん
「文春」での阿川さんとの対談もとても良かったですよね。ファンの間で賛否両論が出ているみたいですが、これこそがまさしく吾郎の本当の今の心境であり、とても正直に話してくれたと思っています。アイドルとしてお仕事をしていたことも、バラエティでの仕事もとても大事で今の自分を作り上げたとは思うけど、やはり自分は役者としてやっていきたいという言葉も嬉しかったです。グループで自分の立ち位置を考えるがために、そのイメージがついて役も偏ってしまっていたというのは本音だろうなぁと。今が楽しいというのは、きっとそんな制限から解放されて、いろんなことがやれているのだろうと感じました。SMAPにいた頃を悪く言うのではなく、そのときはそのときでとても楽しくて大事なもので、その過程があったからこそ今の自分がある。そして、楽しいと思えるというのが伝わってきました。
ファンと言えども、一人の大人の人生にあれこれ言えるわけもなく、SMAPの5人それぞれが決断した道を応援していくことがファンとして一番正しいのではないかと思いますね。嫌ならファンをやめればいい。あまり、批判を巻き散らかしてほしくないなぁと正直思いますね。彼らが一般の人であったなら、「余計なお世話」ですよ(笑) 今後の吾郎さんの活躍がとても楽しみです。


tulipピカチュウさん
正直、独立してからの3人の表情は本当に生き生きしていますね。吾郎だけでなく、剛も慎吾もやりたいことをやっているというのが伝わってくる。もっとああしてほしい、こうしてほしいとか要望はあるかもしれないけど、基本は本人たちが楽しんでいてもらうことが一番。AbemaTVでの毎月の7.2時間生放送も、大変だと思います。でも、ファンの応援がしっかり彼らに伝わっているからやってくれることですよね。本当にありがたいです。事務所がすでにSMAPは過去のものであり、それだけでなくSMAPの存在はなかったみたいに扱うのもたまに感じるときがあると寂しくなりますね。それでも、後輩くんたちがいまだにSMAPの曲を歌ってくれていたりすると、寂しさも感じるけどそれよりも感動してしまう。独立した人たちがテレビ地上波になかなか出てこれない状況は、どうしたらなくなるんでしょうね。そこが一番引っかかりますが、吾郎が楽しいと言う言葉を信じて応援していきたいと思います。

投稿: kazuyo | 2018/08/13 00:45

Kazuyo さん、今頃書きにきてすみせん。文春での記事を読みました。ファンの間でいろんな意見が出ていることを始めて知りました。みんな、自分が思うSMAP像があるでしようし、個人の思いもあるでしょう。でも、今の彼らを好きになって欲しいですね、今回かなり詳しくいままでの事を話してくれたと私は思っていますし、嬉しかったですね。私は5人のこれからの活躍を楽しみにしてます。地上波のテレビもそろそろ出られるのではないかなぁと、呑気にあつかましく思って楽しみにしています(笑)

投稿: こまち | 2018/08/22 06:39

tulipこまちさん
コメントありがとうございます。文春の吾郎のコメントは、ファンに対してとても真摯で正直だった。本当のことを知りたいと言っているのに、それが自分が思っていることと違えば批判するっておかしいんじゃないかと個人的に思いますね。解散したショックは、ファンなら誰でも持っています。でも、今、5人それぞれがとてもいい表情をしているのに否定してしまうのはあまりにも失礼だし悲しいことだと思います。続けていれば、いつか必ずまた全員で笑って話している姿をファンが見られると信じているので、それまで個々のお仕事を応援したいですね。

投稿: kazuyo | 2018/08/22 20:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吾郎さんへ贈る『京都に輝くお花企画』 | トップページ | 『FREE TIME,SHOW TIME「君の輝く夜に」』 »