今後の期待

ブログのレポの頻度が落ちてしまっていますが、けっして吾郎への熱が冷めたわけではなく・・・熱く語りたいのです(笑) 無理をせず、語りたいときにブログを今後は更新していきたいと思っていますので、変わらず読んで頂けるのなら今後ともどうぞよろしくお願いします。(とは言っても、「ゴロウ・デラックス」は番組開始から一度も抜けることなく続けているので更新していきます)

SMAPは偉大なグループだった。ファンがいまでも熱く応援できるのは、彼らがファンに与えてくれたものがとてつもないから。そして、その想いは永遠に続く。でも、吾郎がジャニーズ事務所を独立して「稲垣吾郎」という一人の人間として見えないものと戦いながらやりたいことをやっていく意思を見せてくれるのなら、いままで以上に応援するのみ。そして、そんな吾郎をとても楽しみにしています。

今回、語りたいことは先月発売された『anan』 Vol.No.2059。
毎週、連載されている吾郎の映画レビュー「シネマナビ!」のSP特別対談として、宇多丸さんとの対談カラー4ページ! 題して、「夏に見たい映画」。

まず、なにがって吾郎のヴィジュアルだわよっ! ここ最近の吾郎のお顔と言えば、「ゴロデラ」のみ。それはそれで、大変ありがたく毎回素敵な吾郎を見させてもらっていますが、「ゴロデラ」の吾郎さんはスーツ姿にお髭ありの眼鏡あり。とっても素敵だけど、変化がない(笑)(笑)(笑) そんなときの、このSP対談での眼鏡なしでモードな衣装の吾郎さんが見れるのは本当に眼福! あぁ、吾郎って本当に端正な顔立ちをしているのね。おいおい、今年44歳になるって本当?!というぐらい美しい。真正面、横顔、斜め45度。どこからでも美しい人は美しいheart ソファになが~い足を組んで腰掛ける姿は貴公子。シャンパン飲んでても、ポップコーンを頬張っても、そこにいるのは「ザ・プリンス」!!! 美しいわぁ、ほんと。

宇多丸さんとの楽しそうな映画対談。吾郎が選ぶ作品に納得したり、ガンマニアっぷりで宇多丸さんを驚かせるのも全部楽しく読ませて頂きました。記事の内容はファンなら買って読んだよね?と問い詰めたいぐらいの良さなので(笑)、敢えて割愛させて頂きます。『anan』編集部さんには、遅れてもいいので忘れずにひと言でいいので感謝と感想を送ってください。

そんな吾郎との対談を終えた宇多丸さんが、ご自分のラジオ『宇多丸のウィークエンド・シャッフル』(2017年7月1日放送)でそのときの感想を少し話してくださいました。

宇多丸 「ananの『映画と本と。』という特集の中で、なんと稲垣吾郎さんとわたくしですね、映画対談・・・稲垣さん、ずっと15~6年かなぁ?ananで映画の連載をされていて、15年?すごいですね。稲垣吾郎さんと言えば、やっぱり、僕はですね、『十三人の刺客』の殿様、あれが素晴らしくて・・・まぁ、ご本人にもその話、直接しましたし。で、その稲垣吾郎さんが、まぁ、これは風の噂で聞いた、結構なガンマニアで。お話して、やっぱり最初に好きになった映画は『ダーティーハリー』で、それ以来、やっぱり映画の中の銃器描写みたいのすごく興味があって・・・あっ、僕もまったく同じですよ、と。稲垣さん、言うことが面白かったですね。「ベレッタとなると9ミリだと、ようするに全部映画用の弾丸9ミリで揃えられるから、あれ、撮影のとき便利なんでしょうねぇ」とか、そういう(笑)、さすが作り手ならではのね(笑) あと、どんぐらいこの人ホンモノだと思ったのは、ちょうど、僕が誕生日近くて、玉袋筋太郎さんから誕生日プレゼントに、『マッドマックス』のソードオフした・・・短くしたショットガンのモデルガンを誕生日にもらったんですよぉと言ったら、稲垣さん、速攻で「あぁ、ハドソンのですかぁ?」って(笑) あっ、まさにそのハドソンのやつをクラフトアップルワークスの再発のやつなんですよぉ・・・ってか、なんでそんなことが即答でっていう、その勢いでした、はい、ホンモノでございましたね」

ガンの詳細部分・・・まったくわかりません(爆 ガンマニアのお二人なら、相当盛り上がってお話が弾んだんでしょうね。いや、もっと聞きたいんですが。宇多丸さんは、すでに映画評論の著書を出されているので、「ゴロデラ」に来てもらったらいいのに。(吾郎も、ananで連載されたコラムをまとめて発売してください!)

宇多丸 「いつか、その銃器なんかもどっかで話したいですよねぇ、なんてね。あっ、そうですね、稲垣さん! よく考えたら、この番組呼びやすくなったりするのか、ナシじゃないのかぁ。なんてあたりもね、希望が湧く。じゃあ、それまでは命を繋げたいと思っておりま~す(笑)」

宇多丸さん、ありがとうございます。そうか・・・宇多丸さん側の番組に呼んでもらうのもいいですね。「ゴロデラ」や吾郎のラジオでもいいなぁ。「GORO's Search」もとてもいい企画だけど、ゲストを呼んでたわいないトークをしてくれる企画も始めてほしい。これもお願い出してみようかな(笑)

と、言うか・・・ジャニーズ事務所の所属だとゲストに呼びにくいこととかもあるのかな?!っていうのが衝撃的だったわ(笑) やっぱり、これからできなかったことができるようになることが増えるかもしれない。悪くないよ、うん。

| | コメント (7)

ナカゴロのプライベートゴルフ

ラジオは、やっぱりいいなぁ~。ちょっとしたプライベートなことも聞けるわけで、それが今はファンにとってとても大切で、一番ありがたい媒体だと改めて思いました。ナカゴロちゃんが、最近とてもいい雰囲気なのは見ていてわかる。それが、彼ら二人のプロ意識だというのも認識しているけど、プライベートでもそうだとなるとレポせずにはいられません(笑) もちろん、しっかり残させて頂きます。

中居正広Some girl' SMAP(11月19日放送分)

中居くんが、どうやら吾郎とプライベートでゴルフに出たらしい。ファンからの「安眠」のその後の気遣いのお便りから思わぬ話が聞けました。自ら、聞かれもしないのに唐突に吾郎とのことを話し出す中居くん。ほんと、ありがとう(笑)
(吾郎の話が出てきたところを抜粋)

中居 「(眠れるようになったのは、ゴルフ行くようになって早寝早起きすることになるからという話で・・・)この間、面白かったんだよ。この間ねぇ、稲垣さんとゴルフに行ったんだけどねぇ、初めて行ったのよ、ゴルフに(笑)(ここから、急に声が明るくなります(笑)) たまったま、なんか行かない?行こうって前からなんか言ってたんだけども、毎年言ってて、じゃあ、行こうかっつって俺が誘ったのよ。俺がジモッピーと行くから、一緒に行く?みたいなノリだったのね。その日も、たまたま違う友だちとゴルフに行くんだってんで、ほんと?じゃあ、何日ならだいじょうぶですよっつって。じゃあ、共通の友だちがいるからっつって。うん、二人いて、じゃあ、二人連れて行こうかっつって」

中居さんから誘った?! おいおいおいおい、いつもの「稲垣さんとは一緒にいれない」とかっていうのが「振り」だとバレちゃいますよ? いいんですか? いや、知ってたけどさ(爆) 誘ったけど、その日がダメってことで別日をアレンジし直すぐらい一緒に行きたかったってことだよね? そう言えば、昔、一緒に行こうって言ったけどスケジュールが合わなくて流れた話とかもしていたもんね。今回は、二人とも頑張ったんだ(笑)

中居 「初めてなのよ。面白かったんだけど・・・なんか、やっぱり違うんだよ(笑) あの男は、なんかねぇ、なんつ~んだろ、4人で回ったさ。俺なんか、9ホール終わったらご飯食べて、後半戦ってなるんだけど、「あれ?スルーで回るの?」って言うから、な、なんだスルーって?!って。スルーっていうのは、お昼ご飯も食べないでずっと18ホールやるって言うの。何が楽しいって、昼ご飯がなによりの楽しみなのに。「いや、いいんだ、いいんだよ。食べるんだったら、全然食べるから」って。「僕も初めてなんだよね。こうやってガヤガヤして」。なんかさ、ナイスショット!あ~、何やってんだ。惜しいねとかって、なんかやるじゃん? で、カート移動しながら、しゃべりながらとかさ。したら、カートもないし、スルーで回ろうとしているし。カートないの?っつって。「あっ、カートいる?じゃあ、ほしいんだったら、いいよ。じゃあ、カート用意しておこうか」って。なんか、スタンスが全部違うのよ。で、4人でほとんど回ったことないって言うのよ。だいたい、二人か一人で回るって言うの。(スタッフ「(笑) 一人?!」)いや、よく俺のこと誘ったなと(笑) で、稲垣さんがよく行くゴルフ場に行ったから、全部、このコースはこうだよつって・・・なんか、なんだろうね。あいつ、楽しかったのかな(笑)? で、俺なんかガヤガヤして、なんかピクニック気分で楽しかったのよ。で、楽しもうとも思うし。ワイワイガヤガヤ・・・まぁ、人によって、楽しいの基準が違うのかな?あいつ、面白かったのかなぁ ゴルフ、ワイワイガヤガヤしながらやったの初めてだって言うのよ。「こんな騒ぐの?」みたいな。いや、騒いでるわけじゃないよと。相槌みたいなもんだから、お~、ナイスショット!とか、あ~、残念だね!とか、もう少しイケる、イケるとかさ。淡々と一人で・・・あいつ、一人でやってたんじゃない? (スタッフ、爆笑) 俺、一人回ってない気がするわ。でも、途中で合わさないといけないと思ったのか、ちょっと「あ~、ダメだ(汗)」とかやってるけど、たぶんすっげぇサイズの合ってない服着させられてるんだろうなって。つんつるてんのズボン履きながら、「これ、いいね」つってるんだろうなぁって(笑)」


いつものように吾郎のこと言いたいこと言っている風ですが、中居くん、ゴルフしながら「吾郎は楽しんでるのかな?」とか気遣ってくれてたってことですよね? それに、よく見てるわ(笑) 心配しなくても、吾郎は中居くんとのゴルフ、すっごく楽しんでたと思う。これ、おそらくまた吾郎のラジオ「ストスマ」にお便りがいくと思うけど(笑)、「いや、すごく楽しかったですねぇ」という吾郎の声がすでに聞こえるんですけど(爆)

中居 「もう一回、誘ってやろうかなぁ。あはははは(笑) あいつ、もいっかい誘ってやろうかなぁ(笑) おい、ちょっと来いよって。今度は、俺のジモッピーの、ちんぴらのところに入れてやろうかなぁ。ははは(笑) すっっっげぇ、上手いから、稲垣さん

楽しそ~(笑) はいはいはい、今度は中居くんのジモッピーの人たちと回るときに、是非、吾郎をまた誘ってください。そんな大声で笑っているけど、昔、吾郎にジモッピーの友だちと連れて行かれた「占いの館」みたいな状況にきっとなると思うよ(爆) 英国紳士が回るような今まで経験したことないゴルフ経験させられて、皆で小さくなっちゃうんじゃない(笑)? 吾郎のことが中居くんと同じで大好きだというジモッピーの皆さんと、楽しい時間を過ごしてほしい。あっ、ジモッピーさんたちが「吾郎ちゃん」のこと好きなのは、中居くんがいつも吾郎のこと好きだという気持ちが溢れているから同じ気持ちになってくれるからですよね。きっと、楽しいゴルフ会になると思います(笑)

| | コメント (7)

パリピアリーダー登場!

放送開始から20周年となる慎吾のbayfmでのラジオ「SMAP POWER SPLASH」。ずっと、番組で「吾郎ちゃんを呼ぼう」「ごろさん、絶対来てくれるよ」と昨年から言い続けていた二人。3月でアニバーサリーイヤーが終わってしまうという最終週にしっかり実現してくれた。

台本に「稲垣吾郎先生」と書かれていることにまず苦笑する吾郎(笑) この番組の20周年イヤーFINALに来てくれるかも?!ということで、先週から「大先生」をつけたという慎吾の説明に「SPゲストを迎えられている感があまりないんですけど(笑)」と、さっそくいつものトークの流れ(笑) いやいや、ほんと三人で楽しそうだったよ。まずは、20年続いたことを称える吾郎。そうだよねぇ・・・20年ってすごいですね。当初は、あのリリー・フランキーさんが構成作家として台本を書いてくれていたというのも有名な話。

慎吾 「20年ってことでね、いろんなね、でっかいイベントやろうぜ!って言ってたんだけど、なかなか成立しなくて、どんどん日が経っちゃって、最後だからって、最後ぐらい稲垣吾郎呼ぶぐらいだったら簡単にできるかなぁって(笑)」
吾郎 「それさぁ、わかってるよね、もともと。わかってるけど口にしないでよ」
慎吾 (笑)
吾郎 「あのさぁ、聴いている人もわかってるから。これは、年上の二人呼べなかったんだな。吾郎さんだったら来てくれるんだなって、きっと、これ聴いている人もスタッフも皆わかってることだから、敢えて言わなくていいよ」
慎吾 「お手紙もいっぱい来てて、できないと思いますけど、吾郎さんを最後に!吾郎さんをどうにか!みたいな」
吾郎 「全部わかってるから(笑)」
 「ありがとうございます」

確かに、SMAPの中で誰か呼ぼうって話になったときに、まず上二人のことが頭の中でよぎったしんつよ。でも、すぐに「無理だね、吾郎ちゃん呼ぼう」「ごろさんなら、来てくれるよね」と話していた。それは、いろんな意味でなんだよね(爆) 実際、今回のラジオはしんつよ二人が吾郎に弟気質全開で、すごく甘えた感じで可愛かったわ。あぁ、なんだかんだ言って、この三人が集まれば吾郎はお兄ちゃんなんだなぁって思った。

まずは一曲目何をかけようかという話になり、吾郎のソロ曲をかけようという流れに・・・

慎吾 「結構、かけてるの知ってる? 吾郎ちゃんの曲結構流してるよね(笑)?」
 「流してる、流してる」
吾郎 「&Gとか?」
慎吾 「そんなの、もう余裕で流してる」
 「もっと、マニアックなやつじゃないと」
吾郎 「昔やった『もっと君のこと』とか・・・『時間よとまれ』とか」
 「うん、流してるよ・・・俺と吾郎さんの、なんかいかない? 俺とごろさん、結構一緒に歌ってるのよ」
慎吾 「なに?二人の曲?」 (ちょっと、不満そう(笑))
 「あるよ!」
吾郎 「三人の曲があったんじゃない?」 (空気を読む吾郎(笑))
慎吾 「三人の曲あんじゃん!」 (嬉しそう(笑))
(この三人のトリオ名としてファンで使っているタイトル曲がなかなか出てこない三人に、きっとラジオの前でタイトル曲を叫んでいた方は多かったと思う(笑))

noteparipia!note

この三人の曲は、吾郎のあっまい歌い出しが腰砕けになるのよねぇ(笑) メンバー全員がアルバムが出たときにそれを認めていた(笑) ライブでは、しんつよが「パリピアリーダー吾郎!」と叫んで吾郎にまとわりつくのが可愛くて、可愛くて・・・あぁぁぁぁ、やっぱりライブ見たいよ!SMAPぅぅぅぅぅぅ(涙)!

マンスリーテーマ(略してマンテ)
今月のテーマは、お勧めの散歩コース。リスナーからのお便りには、「ウィーンの町」のお勧めが。ウィーンには行ったことがある慎吾をとても羨ましいと話す吾郎。舞台「No.9」でベートーヴェンを演じてからさらに行きたくなった様子。もうひとつのお便りには、東京の駅構内。改めて見るといろんな発見があると。吾郎はこの前の舞台の打ち上げのあと、共演者の方たちと赤坂から表参道まで電車に乗ったらしい?! これには、しんつよも驚き。吾郎さんは、こういうことをサラッと平気でする。とても肝が据わっている(笑) 表参道からは歩いて帰宅したのだとか。剛が、「俺も真似てみよ~♪」と吾郎の話に影響されるほど、吾郎は駅構内の魅力を饒舌に話すのがさすがです(笑)

ここで、吾郎のソロ曲を。慎吾が選曲。note時間よとまれnote

どうでもいい話
リスナーからの本当にどうでもいい短いお便りを紹介。慎吾が、何件か続けて読んだあとに剛が「どうでもいいから、何も話さなくていいかなぁってコーナーなんですよ」と吾郎に説明するも、しっかり話を広げる吾郎。「ストスマ」でも、ひとつのお便りにものすごくトークを広げる魔術師はゲストに来ても同じだった(笑)

吾郎 「俺のどうでもいい話聞いてもらっていい?」
慎吾 「おぉ~」 (感心する(笑))
吾郎 「俺ねぇ、リップクリームをねぇ、常に10個ぐらい持ってるんだよね」
慎吾 「えぇ?!」 (驚く(笑))
吾郎 「俺もびっくりしたの。車にまず1個でしょ。寝室にもあるでしょ。洗面所にももちろんあるでしょ。メイクバッグにあるでしょ。いつもポケットにあったりするの。で、鞄にも入ってるじゃん。そう考えると、常に10個ぐらい持ってるの」
 「すごいなぁ」
吾郎 「でもさぁ、必要なんだよね、リップって。使いたいときになかったりしない(笑)?」
 「いや、使わないね、俺」
吾郎 「(笑) 俺は使うのよ」
慎吾 「決まってないの? このブランドのこれって」
吾郎 「だいたい同じのが多いけども、何種類か頂き物もあったりするじゃない」
 「あっ、そう?」
吾郎 「どうでもよくない(笑)?
 「どうでもいいねぇ(笑)」
あははははと笑いあう三人。癒されるぅ。

「今、聴いているファンの子は「マジかよ?ごろさん」って思ってる子多いんじゃない?」と笑う剛に、「でも、わかるわかるって子もいるんじゃない?」という吾郎と同じ女子力の高い慎吾。そんな慎吾は、吾郎ほどではないけど、お風呂上りには必ずつけるらしい。剛は、乾燥することがないので使わないと。どうでもいい話から、一度リップクリームをつけると中毒性が出るのかなぁという話にまで広がりました(笑)

吾郎のソロ曲を吾郎自身が選曲。noteDramatic Starlightnote

しんつよ即興ソング(まっきープレゼンツ)
リスナーのまっきーさんが企画したコーナーに驚く吾郎(笑) プレゼンツとしてファンの方の名前が使われているのがすごいわ(笑) このコーナーは、リスナーの方が送ってきてくれた歌詞に、剛が即興でギターを弾いて、慎吾が即興で歌うというコーナー。せっかくなので、吾郎にも参加してもらうことに(笑) 戸惑いながらも慎吾と一行ずつ交代でしっかり歌ってしまえるすごさ(笑) いや、剛と慎吾らしいコーナーですね。

吾郎 「こういうの恥ずかしいんだけど(笑)」
周りのスタッフ爆笑
 「これ、毎週やってるんだよ(笑)」
吾郎 「ちょっと緊張したんですけど」
慎吾 爆笑
吾郎 「なんかね、ラジオじゃない緊張感だった」
 「プレッシャー与えちゃった(笑)? ごめん、ごめん(笑)」
吾郎 「バラエティ番組ぐらいの感じ?」
 「いや、良かった。さすがだね!」

この流れで、番組20周年として剛が作った番組のテーマ曲を三人で歌うことに。ここでも、吾郎が即興で参加して歌えそうなところを一緒に。最後のサビ「bayfm bayfm bayfm bayfm」を「はい、もう一回!」と何度も一緒に歌わされて、終わったあとに「恥ずかしい。歌詞から目が話せなかった」という吾郎が可愛い(笑)

ここでSMAPの曲noteありがとうnote、そして三人の曲noteGAIAにお願いnote

慎吾 「吾郎ちゃん、どうでしたか?このラジオ来て頂いて」
吾郎 「いや、面白かったですよ、とにかく歌の即興がね、ちょっと緊張しちゃったけど。おもしろいね、この素っ裸になるっていうのがね・・・notes三人で行こうぜ~notes(二人の歌詞の部分を)ってうまくいきたかったんだけどできなかった」
 「(笑) 次回、今度、次回!」
慎吾 「ということでね、20周年」
 「いや、これほんとリスナーの皆喜んでもらってると思うよ」
慎吾 「ありがたいね、吾郎ちゃんに来てもらって」
 「ありがたいよ。助かったよ、僕らも」

最後にテレ朝で4月29日からスタートするドラマ『不機嫌な果実』の告知。
吾郎 「不倫もののちょっとドロドロした・・・」
 「ごろさん、似合いそうじゃん」
慎吾 「SEXシーンが見れますかね、吾郎ちゃんの」 (おぉ!ファンが聞きたいことをストレートに(笑))
吾郎 「僕はどちらかというと不倫されるんだよね」
慎吾 「されちゃうほうなんだ」
吾郎 「でも、僕も(不倫)したりとか、結構ドロドロした元祖不倫ものの原作ものなんで」

note世界に一つだけの花note
これがアルバムヴァージョンで、二番のAメロ吾郎の歌い出しから流してくれた! ありがとう!パワスプ!!!

剛、慎吾、アニバーサリーイヤーの記念すべき最後に吾郎をゲストに呼んでくれて本当にありがとう。すごく癒された。吾郎がずっと自分のことを「俺」と言っているのがきゅんきゅんして。しんつよの前だから、一人称が「俺」になる吾郎って貴重なんだもん。正直、このドタバタの時期にSMAPのライブはどうなるのかとか・・・いろいろ考えることも多かった。でも、三人で選曲をしていて楽しそうな様子と、曲を聴いていてやっぱりライブが早く見たいなぁと。音楽の力って、やっぱりすごいですよね。そのときだけは、いろんなことを忘れさせてくれる気がしてSMAPのライブに行きたくなった。もやもやすることが早くスッキリするといいなぁ。

| | コメント (12)

お気に入りのベッド (追記レポあり)

稲垣吾郎のSTOP THE SMAP (5月28日放送分)

家が南向きなので、寝室は西枕。
慎吾の「おじゃマップ」で北枕はいいという話だったらしいですが、部屋の模様替えはするつもりがなく(きっと、綿密にインテリアと共に考えて配置したんでしょうね(笑))、北枕にしようとしたらマンションを引っ越すしかないという吾郎(笑) 気を大切にするか、インテリアを大切にするかで配置は変わりそうですね。

TVガイドの「スマスマ20周年企画」でのアクリル板への木村さんと一緒に描いたハートheartが右利きだったというお便りに・・・コンビで入れ替わり立ち代りで短い時間で写真を撮っていたので、木村くんがすでにいた場所に入ったので右手で描いた。場所を入れ替わる時間がなかった(笑)
「スマスマ」撮影の合間の時間に撮影されたので、自分が左利きだからと替わることもしなかったらしいですがそれぐらいは言える時間はありますよね(笑)? きっと、文字ならまだしもハートを描くぐらいくらないならいいか・・・と思ったんだろうなぁと(笑) 

noteKeep onnote (SMAP)

ラジオでが、パンツを前後ろ逆に履いてしまったけど履き直さなかったという報告・・・いや、直すでしょ!だいたい、気づくよね、履くときに。
直さなかった剛を信じられないというような吾郎の口調(笑) たまに行くオイルマッサージなどで出される紙の下着は間違えることもあると思うし、むしろ足を入れる穴を間違えることはあると言っていた吾郎ですが・・・剛の気にしなさすぎもすごいですが、吾郎の穴の間違いが私にはよくわかりません(爆)

外で一人で食べに行くことはあまりない。買い物は一人のほうが好き。
中居くんは一人で外食に行くことが多いらしいというお便りに、「中居くんは、何をするにも一人が多いですよねぇ」と知っているような感じの吾郎ですが、吾郎も外食を一人でしているところ目撃されたりしていますよね(笑)? まぁ、回数的にはあまりないのかな。

note無我夢中なLIFEnote (SMAP)

長く使っているベッドは結構な値段のした厚さ60センチぐらいあるもので気に入っている。
自分のおへそあたりの位置までベッドの高さがあると話していましたが・・・どんだけマットレスぶ厚いのよ!と思いました(笑) 寝心地いいんだろうなぁ。吾郎は、寝室の電気はちょっと薄暗い感じに灯しているほうが寝やすいのだとか。これ、ずっと言ってますよね。そう言えば、SMAPの「5人旅」でも吾郎の足元のほうに小さなスタンドが点いたままだったような。木村くんは真っ暗じゃないと寝れないと言っていたけど、そこは吾郎に合わしてくれたのかな。疲れていて気にならなかったか(笑) ちなみに、どうでもいいですが、私も真っ暗で寝るほうが心地よいです。

ホテルのベッドは、「袋とじ」みたいになっているけど、サイドは膝あたりまではがして寝る。チェックアウトのときは、清掃の方がびっくりするぐらい綺麗にして部屋を出る。
ホテルの部屋を使ったときは、ペットボトルとかはごみの分別に困るのでゴミ箱の横に置いておくらしい。SMAPの稲垣吾郎が泊まっていたと思うと、清掃の方も少しは思うだろうから「飛ぶ鳥、後を濁さず」でちゃんとして帰るという吾郎は素敵だわ(笑)

noteWonderful Lifenote (&G)

衣装は動きやすいものを考えてくれているので気にならないけど、革靴は踊りにくいのでライブのときは底にゴムを張ってもらっている。
毎回、違う服に靴ですもんね。自分の身体になじんできたものではないので踊るってすごいなぁと思います。それでも、「それが、僕らの仕事なんで」とハッキリと言う吾郎はかっこいい。

ケータリングで好きなものは、ガッツリしたものが多い中でサブメニューみたいなサラダや前菜みたいものを頂く。
現場で食べるときも、健康に気をつけて食べているんだろうか。そんなことを考えると、「SMAPのがんばりますっ!」であの時間でバカほど食べさせられたのって本当にきつかったんだろうなぁと思った。この番組、感想あげようと思って全員きつそうで筆が進まなくて断念したことを思い出したわ(笑)

noteビートフルデイnote (SMAP)

【追記レポ】
MBSラジオで、吾郎が「ゴロバー」で共演していた次長課長のお二人とTOKIOの城嶋くんが毎週木曜日のパーソナリティの番組があって、SMAPの話題が少しだけ出たのでレポにしておきます。

アッパレやってまーす (5月28日放送分)

城嶋 「僕、表参道初めて歩いたとき、ほんまにスタイルいい~お姉さんがよう歩いている町やと思いましたねぇ」
河本(次長課長) 「いいっすよね」
城嶋 「なんか、わからんけど」
河本 「でも、リュック背負って、表参道の風な感じではない人も表参道をいろいろ見たりするんやなぁって思ってたら・・・」
井上(次長課長) 「どういう感じの方?田舎の人ってこと?」
河本 「いや、男性でリュックで、気取ってないっていうか」
城嶋 「あぁ、わりと普通なカジュアルな格好で」
河本 「カジュアルで、表参道、地元にしているんじゃないの?っていうぐらい・・・」
城嶋 「もしかしたら、そこに自転車止めてはんのちゃうの?みたいな」
河本 「みたいな感じの人もおるんやと思って、パッと見たら剛さんでした。草彅剛さんでした」
城嶋 「そうやったんすか(笑)」
河本 「俺、旅に出んのかと思った。俺、思わず「剛さん」って声かけましたもん」
井上 「俺、前からマイケル・ジャクソン歩いてきたと思ってん。夜。表参道で」
河本:笑
井上 「んで、2メートルぐらい近づいたときに、「井上くん」って言われてパッと見たら稲垣吾郎さんでした(笑)」
全員:笑
城嶋 「原宿でむか~し、ラフォーレのほうからなんか派手なチンピラみたいな奴来るなぁ思て、「城嶋くん」って言うから「わぁ、怖っ(汗)」って思ったら中居くんでした(笑)」
全員:爆笑
城嶋 「(SMAP)皆、なんかのキャラやん(笑)」
井上 「面白いっすねぇ(笑)」

SMAPさん、どんだけ普通に歩いてるの(笑) って言うか、三人とも違うタイプでものすごく目立ってたってことですよね。こんなエピソードでも、オチ三段階しっかりついていてSMAPはやっぱり違うわ~と思いました(爆)

| | コメント (8)

再共演の夢

稲垣吾郎のSTOP THE SMAP (4月30日放送分)

くんとは楽屋が同じだけど、空気みたいな存在なのでそんなにお話しない。
他人ではもちろんないし、かと言って友達の空気でもない。しいて言うなら、家族に近いのかなぁと思った。つまり、話していなくても気まずく感じることはないし、世間話やお仕事の話をしたりと吾郎が言っていて・・・ある意味、とても心地よい関係なんだろうなぁと。

14年ぶりの出演となった『世にも奇妙な物語』で、「影の薄い男」は基本コメディで面白かった。手塚とおるさんと二人芝居みたいにやらせてもらって、とても楽しかった。
見たあとにファンの間でも「二人芝居」のようで面白かったという感想が多かったですが、演じた吾郎自身もそのように感じていたみたいですね。手塚さんとは役を通してグッと近づいて、他の作品に出演されていても気になるようになったのだとか。4日間という短い撮影だったけど、感情が入ったところもあったみたいで、きっとあの思わず吾郎が涙ぐんでいたところだろうなぁと。最後に、また二人芝居のようにいろんなものに挑戦していきたいと言う前に「ぶ」と言ったのは「舞台」と言いたかったんだろう(笑) 舞台のお仕事のニュースも待ってますよ~。

note僕の素晴らしい人生note (SMAP)

携帯を家に忘れたら・・・時と場合によるけど、7~8時間出かけるのなら取りに帰る。
そこまで携帯に依存していないけど、ないと気にはなる。昔は、よく失くしていたけど最近はないという吾郎ですが、確かに、メンバーからよく物を失くすと昔は言われていたなぁと。ちなみに、タクシーで失くした携帯が交番から連絡があって取りに行ったそうですが、そのときは通話履歴で友達のところに連絡がまずあって吾郎のところに連絡があったのだとか?! いや、失くすのも不注意ですが、誰でも見れるというのは怖いので、芸能人である吾郎さんはロックをかけてください(汗)

noteスーパースターnote (SMAP)

うどんとそばはどちらも魅力があるので選べないけど、どっちかって言うとそばのほうが多い。
種類というよりも「美味しさ」だという食通であろう吾郎らしいコメント。うどん屋さんはそば屋さんほど多くないし・・・と聞いて、関東と関西の違いを感じました(爆)

家で何もしない日というのはあまりなく、なにかしら動いている。時間がもったいないと思ってしまう。
家にいても、本を読んでいたりしてテレビをぼけ~っと見ていることはないという素晴らしいお答え(笑) そういう意味では、私もぼ~っとしていることはあまりない気がするけど、まぁ・・・週末は特に用事もいれずに体を休めていることが多いかなぁ。動いていないと時間がもったいないというのは、吾郎も言っていたけど性質だと思う。会社でもまっぷたつにタイプが分かれるので(笑)

note二人のLove Trainnote (SMAP)

昔のドラマで共演して全然会っていない人って言ったら・・・萩原聖人さんとか筒井道隆くんとかは10代から20代の頃に何度か共演させて頂いて、それ以来会っていない。
役者の仕事をするようになってから25年以上も経っているわけだから、そりゃあ、共演した俳優さんや女優さんの中で最近お会いしていない方たちは多いでしょうねぇ(笑) 吾郎が名前をあげたお二人とも良い役者さんなので、またご一緒する機会があればいいなぁと思う。逆によくご一緒するのは大杉漣さんということですが、大杉さんは他のSMAPのメンバーもすごくお世話になっていますよね。豊川悦司さんとはご一緒したときとても楽しかったので、また共演させて頂きたいと声のトーンがちょっと変わったのを聴くと、本当にご一緒したいんだろうなぁ(笑) そのあとも、渡辺謙さんや役所広司さんなどのダンディな俳優さんの名前が続くわけですが、映画で是非再共演をしてほしい。(役所さんとは『笑の大学』以来お芝居でお会いしていないと言っていたけど、名作映画『十三人の刺客』で共演してますよ、吾郎さん(笑))

今後演じてみたいキャラクターは?というお便りに・・・結構とキャラクターが濃いものや専門職の役が多いので、どこにでもいる普通のお父さんの役とかをやってみたい。
普通が一番難しいけどと言っている吾郎ですが、さすがよくわかってらっしゃる(笑) キャラクターが確立されていない役のほうが演じるのは難しいし、ドラマに魅力を出すのは難しいと思う。吾郎ならうまく演じると思うので、ファンとしても見てみたい。

スマスマ運動会の後は、筋肉痛にならなかった。走ることよりも、綱引きで若干筋肉痛になったように思う。
常日頃から体を動かしているのは大事なんだと、改めて思ったという吾郎に、見ているほうもそう思ったよ~と言いたい(爆)

noteDaDaDaDanote (SMAP)


ここで、もうひとつ吾郎の話題が少しだけ出たラジオレポをあげておきたいと思います。後輩であるキスマイくんたちのラジオなので、聴いていなかった方は多いと思うのでそのままレポしておきます(笑) 今回は、藤ヶ谷くんと玉森くんのお二人でした。

Kis-My-Ft2 キスマイRadio (4月29日放送分)

お話の話題は、藤ヶ谷くんがドラマ『TAKE FIVE』の舞台版を公演するという話から・・・

玉森 「舞台、だって、ガヤも今アレでしょ?やるんでしょ?舞台」
藤ヶ谷 「やります。『TAKE FIVE』舞台版ですね」
玉森 「ヤバくない?『TAKE FIVE』観てたよ、俺」
藤ヶ谷 「あれ、面白いよね?」
玉森 「観てた、観てた」
藤ヶ谷 「稲垣さんのねぇ」
玉森 「観に来るんじゃない?本番」
藤ヶ谷 「稲垣さん?!
玉森 「うん」
藤ヶ谷 「ぅわぁ、緊張しちゃうなぁ(汗)」
玉森 「ヤバいね!すごいね!」
藤ヶ谷 「SMAPさん、いらっしゃるとね。より、緊張・・・後輩のこう緊張みたいなのはありますよね」
玉森「ねぇ。楽しそうだよ、すげぇ」

吾郎がドラマ『TAKE FIVE』に出演していたことから、舞台公演の前に藤ヶ谷くんはドラマも見てみたとは思うのですが、玉森くんはリアタイで見ていたのかな? 稲垣さんが観に来てくださるんじゃないかと、想像してすでに緊張する藤ヶ谷くん(笑) いえ、その前に、ちゃんとやることを伝えたほうがいいよ。吾郎は、ABC-Zの戸塚くんが以前吾郎が演じた『広島に原爆を落とす日』が公演されることも、ファンのお知らせで最初知ったぐらいなので(笑)

ラジオを聴いていて、玉ちゃんって結構と若い子特有の話し方で、藤ヶ谷くんが真面目くんなんだなと思った(笑) 藤ヶ谷くんは舞台頑張ってください。

| | コメント (9)

吾郎マニアの疑問

ラジオレポは、シンツヨの吾郎の話があったところと合わせてUPしておきます。

稲垣吾郎のSTOP THE SMAP (4月9日放送分)

お弁当に入っていて凹むおかずは、エビフライだと思って食べたら意外と身が細いエビフライ。
わかる(笑) なんか、そういうのって脂っこいだけで食べなきゃ良かったって思う。でも、英国のエビってそんなのばっかりで、日本のえび天は少し小さくても立派と思える人になってしまいました(爆)

「中居正広のISORO」でのヒロくん初お披露目は、ひそかに、これは面白い番組になるんじゃないかなぁとは思っていたけど、世間の皆様からもすごく反響があってすごいことになっていた。
吾郎は、この番組で面白いことをしようとかまったくなく、ごくごく自然体でヒロくんとのいつもの交流をしていたそうで無理がなかったらしい。きっと、変な演出が入っていたらファンは複雑になっていたでしょうね。ヒロくんのほうにもすごい反響があったみたいですが、それさえも楽しめる余裕の大人の男性なようで、吾郎がだから成立した番組なのかなと言っていたけど、まさにそのとおりだと思いました。中居くんとは特に番組収録後に話さなかったのでわからないけど、自分にはありえないと思いつつも面白く見てくれたのならメンバーとして本望だと言える吾郎も大人ですね。

木村くんは、ケータイのバッテリーが残り70%になると焦り始め60%になると充電するらしいが・・・70%なら焦ることはないけど、状況による。出かけ先で残り50%ぐらいになると焦るかもしれない。朝、残りが20%ぐらいで仕事で出かけるときは移動車の中、その後楽屋で充電する。
木村くんって、意外と心配性なんだね(笑) 残り70%なら、私も気持ち的にはかなり余裕ですけど(笑) 結構、ケータイを触る人なのかな? だから、吾郎の言っていることはわかる。個人的には、寝る前に必ず充電して朝は100%で迎えるほうですが(爆)

草彅くんは、自分の台詞だけ覚えるのでたまに何に対して怒っているのかわからないまま演技していると言っていた。覚えるときは歩きながらが多いそうですというお便りに対して・・・相手の台詞覚えないんですね?!それで、あんなに素晴らしい演技ができるってすごい。歩いているリズムで台詞が入ってきやすいというのはわかる。ジョギングしながらとかも多い。
剛が相手の台詞をまったく読まないとは言っていても、ちゃんと台本はひと通り目を通して把握はしていると思うと話す吾郎のフォローは優しいですよね。台本の台詞は、脚本とにらめっこしているより外に出て散歩しながらのほうが気持ちよく覚えられるというのも、健康志向のロハスは同じ方法みたいです(笑)

「ゴロウ・デラックス」の関係で、週に一冊は本を読む。基本的に読み終わった本は捨てられない。ちなみに、図書館や電子書籍は使わない。
吾郎が言うように、大事にしておきたい本ばかりでもなかなか読み直すってことはあまりしないんですよね。でも、記念に取っておきたいというのはすごくよくわかる。電子書籍よりもちゃんと本を手に読みたいというのもまるっと同意。加えて、印刷物の匂いが好きなので絶対に本派です(笑) 少しぐらいかさばっても鞄に入れておきたいのは電子書籍じゃなくて書物。これは、きっと一生変わらないと思う。

中居くんは高層マンションには興味がない。旅行で泊まるのなら上の階がいいと言っていたらしいですが、吾郎は・・・高層マンションだとエレベーターにいろんな人が乗るので、その気配を感じるのが苦手。世帯数が少なくて低階層のマンションのほうが好き。
幼少のときに高層団地に住んでいたので低いところに憧れがあったのかもという吾郎ですが、イメージは高層マンションで夜景が見える階でワインを傾けていると思われているかもしれないけど(笑)、毎日同じ夜景を見るよりも四季折々の自然を感じることができる景色のほうがいいというのは、確かに世間では良い意味で「イメージダウン」ですね(爆) 吾郎って、結構と地に足がついたことのほうが好きですよね。

「華麗なる逆襲」の振り付けでネクタイをベストから出して後ろを向いている間に入れ込む技は、仕掛けがある(笑) ベストの前は僕だけマジックテープ
えぇぇぇぇぇ?! そうなの?まったくそんな仕掛けがあるような衣装に見えないけど。他の振り付けのときによくはずれないなぁ・・・結構としっかりしているマジックテープなんでしょうか。というか、それなら簡単にネクタイを戻せそうだけど、案外と吾郎さんモタモタしていますよね(笑)? そうか・・・マジックテープが見えないように確認するのに時間がかかっているのか。すごい仕掛けだなぁ。ちょっと、「華麗なる逆襲」の映像を見直してみよう(笑) ライブでも着替える時間がないところではマジックテープの衣装になっていることがあるという秘話に、夢を壊すようで気が引けるけど・・・このラジオを聴いているマニアな方にはこれぐらいの情報はいいのかなぁというのを聞いて、「吾郎マニア」という団体の画が浮かびました(爆)

20代の頃に、中居くんがメンバーそれぞれに違うブランドのスーツの刺繍の名前入りをプレゼントしてくれて、ブラックスーツで今でも大事に持っている。
プライベートではスーツを着ることはあまりないけど、中居くんからもらったグッチのスーツは冠婚葬祭のときに重宝しているのだとか。後輩にもプレゼントした中居くんの話を聞いて、自分も後輩想いにならなきゃいけないという吾郎ですが、ちゃんと先輩らしいことをやっていますよね。SMAPメンバーは、もうそういう年代なんだなぁと感慨深いです。

生まれ変われるのなら、違う人生を選ぶ自分。生まれ変わっても男性がいい。
吾郎は、いつもこういうとき「自分」を選びますよね。とても今の自分に満足している証拠だと思う。自信とかではなくて、自分の生き方が本当に好きなんだろうと思うと、そんな吾郎を応援している自分も気持ちがいい(笑) ちなみに、お便りにあった女子高のアンケート結果では、1位がイケメン、2位が猫、3位が美女だったらしいですが、それを聞いて「アラブの王様の娘virgo」とかないんですねという吾郎に笑ってしまったわ。夢があるのかないのかわからない、そのチョイスとセンスが素敵だわ(爆)


SMAP POWER SPLASH (4月12日放送分)

剛と慎吾の中で、長くやっていたラジオが終わることもあるから頑張って続けたいという流れで・・・

慎吾 「この番組を続けたいよね」 
 「そうだね」 
慎吾 「だから、もうつよぽん一人になっても頑張って続けようぜ!」 
 「俺が一人でやってもしょうがないでしょ、だって」 
慎吾 「いや、おいおいさ、そう、あるかもしんないじゃん」 
 「えぇ?!やっぱ、二人で続けるから意味があるんだよ、これ」 
慎吾 「だって、文化放送全員でやっていたのに、今、吾郎ちゃん一人でやってるんだよ?」 
 「あぁ、そうか(笑)」 
慎吾 「そうだよぉ」 
 「5人から1人だもんなぁ」 
慎吾 「万が一のときは、つよぽん、一人で頑張ってよ」 
 「二人から一人もあるか、これ・・・」 
慎吾 「あるよ」 
 「えぇ?!それはないでしょ」 
慎吾 「そんときはさ、もしあれだったら、稲垣吾郎のSMAP POWER SPLASHになる」 
 「ごろさん、また一人でやんの?すごいねぇ(笑)」

どんな会話よ(笑)! いや、シンツヨからどちらか一人になるなんてないわと思いつつ・・・慎吾の言う、「ストスマ」が5人から1人になったという例は現実味があり、剛を不安にさせ、そして吾郎のすごさを改めて実感するという(笑)

しかし、いつから後ろでスタッフの馬鹿笑いがこの番組入るようになったのだろうか。それも、案外ハッキリと(笑) いや、楽しそうですけど。そして、エンディングでも慎吾の勢いは止まらない。

慎吾 「この1年はお祭り騒ぎで行こうと(パワスプ20周年企画の一環で)、なんですかね・・・つよぽんが曲を作り始めたり」 
 「そうですね」 
慎吾 「あと、つよぽんのSMAP POWER SPLASHライブがね・・・」 
 「そんなのあるんですか?ないですよ。今、初めて聞きましたよ」 
慎吾 「8月ぐらいに幕張で・・・」 
 「嘘はいけません、嘘は!嘘はダメでしょ」 
慎吾 「来週は、稲垣吾郎が登場」 
 「それも嘘ですよ」 
慎吾 「吾郎ちゃんに出てもらおうよ、マジで!どっか」 
 「そうだね」 
慎吾 「あのぉ、あんまり本気なやつでやるとさ、ちょっとはおおごとになるからさ、ほんとにさ、スマスマの合間とかにさ」 
 「そっか」

吾郎ちゃんを呼ぼう、ごろさんを呼ぼうと、二人がずっと言ってくれていますけど果たして実現するんでしょうか(笑) それこそ、ちょっとご挨拶だけというのはあるかもしれませんね。その日を楽しみにしておこうと思います(笑)

| | コメント (7)

下三人の関係

剛と慎吾のラジオ「SMAP POWER SPLASH」で、また吾郎の話題になったのでレポを入れておきます(笑)

2014年11月9日放送
フリートーク

 「ゴルフコース歩いたじゃん。吾郎さんと」
慎吾 「あぁ、あぁ。こないだね」
 「うん、それって結構さぁ、なに?ラジオで聞いている人にとってはさぁ、「えっ?!慎吾くんと剛くんと吾郎くんがゴルフコースを歩くってどういうこと?!」って(笑) あったよねぇ」
慎吾 「うん、お食事みたいなのに誘われてね。で、行ってみたらゴルフ場の近くで」
 「そう、吾郎さんはゴルフ好きだからさ」
慎吾 「うん、そんで吾郎ちゃんに案内してもらってというか・・・」
 「そうそう」
慎吾 「こんなとこでこうやってんだぁとか言いながら・・・気持ちよかったねぇ」
 「気持ちよかったね」
慎吾 「歩くだけだけどさぁ、すっげぇ、これは気持ちよさそうだなぁと思ったよね」
 「やっぱ、大人の贅沢なたしなみって感じだよな?」
慎吾 「うん」
 「な、あれな、すげぇ~な、あれな」

どういう状況でのお誘いだったのかわからないけど、SMAP全員に招待があったけどスケジュールが合ったのが下三人だったのかな? なんか、そのときに吾郎が二人にいかにゴルフ場が素敵か語ったのか見えてくるというか(笑) それに、素直に感動する下二人が可愛いというか(笑) 尊敬のまなざしで見られる吾郎さんの様子が伝わってきます。そして、急に話題が変わる・・・

慎吾 「吾郎ちゃん・・・他の局だけど、一人でラジオやってるのかな?」
 「やってるよ」
慎吾 「やってるの?」
 「やってる」
慎吾 「やってんだ」
 「そうそう、だから慎吾と俺だけなんだ。ゴルフやんないの。あんま興味ない?」
慎吾 「今、ゴルフに戻ったの?!話が」
 「うん」
慎吾 「吾郎ちゃんのラジオの話をさ、今(呆)」
 「吾郎さんのラジオはさぁ、だって、何?聴いたことないから」
慎吾 「ちゃうちゃうちゃう」
 「聴いたことないでしょ(笑)?」
慎吾 「皆・・・全員でやっていたラジオが、吾郎ちゃん一人になって、違う局だけどやってんのかなぁっつって。ゴルフの話に急に戻すから」
 「ゴルフの話とかしてんのかなぁ、じゃあ。ごろさん」
慎吾 「してんじゃない」
 「してんだ。どうだろ?どんな話しているか聴きたくない(笑)?吾郎さんの、ははっ(笑)一人ラジオって(笑)」
慎吾 「それこそさぁ、20周年のときとかにさぁ、吾郎ちゃん、呼ぼうよ?
 「呼ぶ? あぁ、いいね~」
慎吾 「吾郎ちゃんだったら、すぐ呼べんだろう」
 「何、それ(笑)?」
慎吾 (笑) 
 「それ、何?それ!ごろさん!いや、ごろさんだって、なかなか来てくれないですよ」
慎吾 「いや、吾郎ちゃんだったら、マジで呼べると思うわ」
 「えっ? 木村中居は来なくて?」
慎吾 「無理! そこのオファーは無理だな」
 「ごろさん、来てくれるかなぁ」
慎吾 「うん、来る、来る、来る、来る」
 「ほんと?」
慎吾 「ごろちゃん、来るわ」
 「でも、ねぇ、ごろさんね。一人でラジオやってるんですね」
慎吾 「稲垣吾郎ソロ曲でも流そう」
 「はい。いいね、じゃあ、何しよっか。『それはただの気分さ』がいいな」
慎吾 「いや、ちゃうちゃうちゃう(笑) 今、新しいやつにしてあげなよ」
 「うん、なんだっけ?」
慎吾 「noteDramatic Starlight』!」
 「あっ、そうそう。あの、カッコつけてるやつね(笑)」

そして、しっかり吾郎の曲をかけてくれる二人。聴いていて思ったんだけど・・・剛は詰めが甘すぎるわ(笑) いくら剛が「ごろさん信者」でも吾郎がサラリと流してしまうときがあるのはこういうところなのよねぇ。逆に、いくら憎まれ口を叩いても可愛がってもらえる慎吾は、ちゃんと吾郎のことを把握している(笑) 剛が、吾郎の「それはただの気分さ」がほんと~に好きなのは伝わってくる(笑) でも、それがちゃんと吾郎に伝わらないのがわかった気がしました(爆)

「パワスプ」20周年の収録に、吾郎を呼ぼうという二人。吾郎も二人のラジオが楽しそうで羨ましいと言っていたので、声がかかれば来てくれると思います。しかし・・・2TOPは年下組にとって本当に威厳あるポジションなのね(笑) SMAPの縦社会shine、万歳(爆)!

| | コメント (5)

二人だけの約束

最近はテレビ番組レポにしか手が回らなくてジレンマなのですが、ラジオも雑誌も書いておきたいことは山のようにあるんですよね。とりあえず、吾郎と慎吾の舞台大阪公演において、素敵なコメントがそれぞれからラジオであったので記録しておきます。

SMAP POWER SPLASH慎吾
10月12日放送分

 「あれ?大阪・・・舞台まだ?やった?」
慎吾
 「23?からかな」
 「もうちょっとだ」
慎吾
 「うん」
 「すごいねぇ、SMAPねぇ、コンサートないときも頑張ってんだね。すごいね」
慎吾
 「そう、今、稽古中ですね」
 「あぁ、ほんと。ごろさんもやるんだよね?大阪でね」
慎吾
 「そうなの」
 「被るの?」
慎吾
 「被ってるみたいだよ」
 「ほんと?俺も大阪行こうかな!」
慎吾
 「(被ってるの)知らなかったからさぁ。吾郎ちゃんとちょっと二人で飲みに行こうかなぁと」
 「えっ?!いいなぁ」
慎吾
 「大阪で」
 「俺も、ちょっと大阪行こうかなぁ、マジで!言っちゃったら、アレか・・・」
慎吾
 「えぇ?!」
 「なんか、ちょっとアレかぁ。俺、行こうかな!大阪!」
慎吾
 「いや、大阪でさぁ、吾郎と二人で飲もうかなぁと思って」
 「いいじゃん。俺も、そこに行きたいなぁ。いいな、いいな、いいなぁ。マジ、行こうかなぁ」
慎吾
 「いいよ、来なくて!」
 「行きたいんだよね」
慎吾
 「いいよ(笑)、来なくて」
 「休みだったら行くと思うよ、ほんと、その日」
慎吾
 「(来なくて)いい、いい、いい(笑)」

慎吾は中居くんよりは少し素直(笑) 吾郎のいないところではいつもデレまくる。剛が一緒に飲みたいと言っているのに拒否(爆) 本当は三人で飲めたら楽しいとは思っていると思うんだけど・・・少しは実はせっかくだから久しぶりに二人で飲むのもいいかなぁと思っているのかも。まぁ、実際は吾郎は大阪公演は三日間だけでギッシリ詰まっているので難しいとは思うんですけどね。本当に行けたらいいのになぁ。そのときは、是非、教えてほしい。

SMAP POWER SPLASH慎吾
10月19日放送分

前週に引き続き吾郎の話が慎吾の口から・・・
『都道府県No.1決定戦』という、ファンの方から一番好きな都道府県を理由と共にお便りを出してもらうという企画。その中で、福岡のお話が。

慎吾 「福岡はねぇ、「おじゃマップ」で行ったのよ、ロケで。行ったお店でとっても美味しいところがあって・・・」
 「うん、いいじゃん。(SMAPライブの後に)行きたいんだ?」
慎吾
 「そこを行くのかどうなのか・・・」
 「いいじゃん、行こうよ!じゃあ、俺も行くよ、そこ」
慎吾
 「いや・・・つよぽんはアレだけど・・・」
 「いやいやいや(笑) そんな美味しいんだったら行きたいな、俺も」
慎吾 「いや、あれは絶対!」
 「行こうよ、じゃあ」
慎吾
 「そこは、ごろちゃんと二人でどうにかして行けないかなぁと」
 「それも辛いだろう、たぶん・・・」
慎吾
 「いや、そっちのほうがまだ楽じゃない?」
慎吾 (笑)

このトークの前に、実は2TOPと三人だけで飲みに行くと慎吾が言って、それは厳しいだろうという剛の言葉に笑いながら納得していた慎吾がいたというくだりがあり、その流れで剛は慎吾は吾郎ちゃんと二人でも辛いでしょ?と言いたいらしい(笑)

これは、本当に慎吾はここいらで吾郎と二人だけで飲んで話したいことがあるのだと思いました。きっと、ちゃんと素直に誘えば吾郎は一緒に喜んで行ってくれると思うのですが・・・やっぱり、剛も一緒に行きたいかもね。ぬけがけはダメだよねぇ(爆)

そして、吾郎も・・・

おはようSMAP吾郎
10月22日放送分

この日、吾郎から舞台『恋と音楽Ⅱ』の大阪公演の告知がありました。

吾郎 「再演って言っていいぐらいですよね、三ヶ月ぐらい経っているんで(笑) なんとも言えない気持ちなんですけど。でも、楽しみですね。大阪公演がこの間できなかったので、東京でパルコでやっただけなので。大阪の方、関西の方にも会いに行きたかったですし。楽しみにしてくださっている方も多いと思うので、いい舞台にしたいなぁと思うんですけどもねぇ」

関西のファンにはとても嬉しい言葉ですよね。そして、この後に慎吾の舞台のことも話してくれます。

吾郎 「ちょうどこの時期に、香取慎吾くんの大阪公演もね、「オーシャンズ11」があるんですけども。僕、「オーシャンズ」のほう行けなかったので、時間のタイミングが合えば行きたいですね。12月にもね、また大阪にコンサートで行きますし、なんか最近大阪行くことが多いですね。「27時間テレビ」でも、僕、大阪に行ってますしね。(正確には京都ですが(笑)) 9月にも行きましたし。(ライブでね(笑)) 大阪率高いですねぇ。楽しみですね。10月末からの「恋と音楽Ⅱ」大阪公演。皆さん、期待していてくださ~い」

吾郎も、慎吾の舞台を観に行きたいと言っているのですが・・・自分の舞台が始まってからは無理なので、一日前に大阪入りしてみるというのはいいかも。そのあとで二人で大阪の夜の街へ飲みに行くというのはどうでしょうかね。まぁ、忙しいSMAPのメンバーなので、東京以外でスケジュールを合わすのは大変だろうな。二人の舞台が、無事千秋楽を迎えられますように。


お知らせ
吾郎さんの『恋と音楽Ⅱ』大阪公演に贈るお花は、担当のお二人から何度も問い合わせして頂いてやっと昨日確認が取れました。
正式にGOサインが出ましたので、是非、ご参加ください。
(TOP記事にて詳細を記載しております) 
締め切りは、10月25日(土)までですのでお早めに。(吾郎さんへのメッセージもお忘れなく)

| | コメント (8)

広報活動続行中

今週は、新曲が来週発売となるためSMAPのメンバーがラジオでもあちこちコメントを入れてくれています。それだけでも、追っかけるのが大変ですよね(汗) 吾郎出演の分だけでも、皆さんキャッチできたでしょうか?

FM横浜 「THE BREEZE
新曲「Mistake!」の紹介コメントを吾郎と剛が、「Battery」のほうは慎吾がコメントを入れてくれました。広報担当(笑)稲垣吾郎、さすが簡潔でとてもわかりやすい曲紹介でした。三人のコメントをレポしておきます。

吾郎 「SMAPとしては久々なアップテンポの曲で、実際にすごく踊りますしね。曲調は少し懐かしい歌謡曲の王道をいっているようなメロディであったりとか、結構久々に踊っている僕らを見て頂きたいなぁと思うんですけども。結構、複雑な歌詞で、人それぞれいろんな解釈ができると思うんですけども。男と女のラブソングがテーマなんですけども、自分自身の人生にたとえたりとか。恋愛だけでなく、いろんなことにたとえて解釈することもできるし・・・難しい歌詞ではあるんですけれども。皆さん、それぞれに取り入れてもらって解釈してもらって楽しんでもらえればなぁと思っているんですけども」

 「今回、ミュージックビデオも撮ってまして、赤と黒の衣装をモチーフにして大人っぽく。フラメンコのダンサーの女性の方も、すごく素敵な方が踊ってくれて、すごく大人っぽくて新しいSMAPの魅力なんじゃないかなぁって感じですねぇ。かっこいいなぁと思ってくれると思うので、是非、皆さん、ミュージックビデオも期待してください」

慎吾 「USJのハリウッドドリーム・ザ・ライドというジェットコースターに乗りながら聴けるという楽曲提供になっております。ジェットコースター大好きなんで、ほんとに。乗って一周して着いたら、そのまま降りずに出発しほしいぐらい好きなんで。まさかの自分の歌を聴きながら、ジェットコースター乗れるなんて本当に・・・SMAPっていろんな夢を叶えてくれますけれども、こんなことが実現されるんだというような本当新しい楽しい試みで、そして全編英語という。SMAPシングルでは、初の全部英語の歌詞で難しかったですよ。僕、途中のラップの部分とか歌わしてもらっているんですけども、難しかったですけどもノッてくるとその曲の勢いにドンドン体がノッていき気持ちよく歌えた曲ですね。ほんとに元気の出る、それこそジェットコースターのような曲なんで、こちらのほうも皆さんに気に入って頂けたらなぁと思っております」


文化放送 「スパカン!
こちらでは、文化放送ということで「ストスマ」の収録のときにコメントを録音しておいたのかな。なので、「ストスマ」を聴いているようなリラックスした吾郎のコメントでした。結構と長く話してくれました。これ、「ストスマ」の公式サイトで出演の紹介が本日22日にされていて慌てたんですけどね(汗) 踊りが激しくて、結構自分はてんてこ舞いになっているのだとか(笑) 

「コンサートでやってしまったMistake!ベスト1」というテーマまで作って話してくれました(笑) これが、「ストスマ」でファンの方からご指摘のお便りがあった、「さかさまの空」の吾郎のソロ部分、♪君がであったみんなに♪を♪君とであったみんなに♪と歌っていたというエピソード。ところが・・・このコメント内では、吾郎は逆に覚えてしまっていてだいじょうぶか(汗)?と思いましたよ。「君が」であっているんだよ~、吾郎(笑) 


文化放送 「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP

あまりにラジオレポが長くなるので簡単にレポさせて頂きますね。(なんせ、今週はドラマ「信長のシェフ」も「心療中」もあるので(汗)) 

ゴロケン」を見たファンの方が、面白かったのでまたいろんな題材で検定してほしいというのを受けて、「今回は江戸検定だったけど、ゴロケンさんというキャラクターは存在しているので、今後も続けていけたらなぁと思っております」という吾郎のコメントがありました。期待しましょう(笑)

讀賣新聞近畿版についてくる「読売ファミリー」にSMAPの記事が掲載され、中居くんと木村くんの吾郎へのコメントがとても良かったというお便り。(二人のコメントを読むときに、若干二人の口真似あり(笑)) 普段、面と向かって話すことはあまりないので、取材で求められることが多い。たまに、他のメンバーが近くで同じように取材を受けているときは照れるし、自分のことを話しているときは耳がダンボになると(笑) 自分だけが「一番いなくちゃ困る」とかではなく、全員がそれぞれがそうなので。五人が五人、唯一無二の存在なのでと、しっかりSMAP全員が大事なんだと話す吾郎が素敵でした。

今週のイケTELも、吾郎ファンにかけてくれて話が弾んでいました。しっかり、札幌ドームでのライブ後、飛行機は木村くんと隣同士になれたのかとか(隣だったみたいです(笑))、ライブDVDでのファン同士の会話や、吾郎の癖などを楽しくキャッチボールしていましたね。吾郎が「ファンの方、皆さん聞きたいことだと思うので、この番組では暴露していこうかなと思って」という言葉に、ちゃんと「聞きたいです!」と返していたのもGJでした(笑)

雑誌で吾郎がキスマイの藤ヶ谷くんから、香りのいいバスソルトを誕生日に頂いたと言っていたことについてのお便り。共演したときに楽屋に挨拶に来てくれて渡してくれて、とても気遣いのできる人で嬉しかったと。何かお返ししなくちゃなぁと言っていました。自分がバスグッズが好きなのもリサーチしてくれた心遣いも嬉しいと。思うに・・・ドラマで共演していた木村さんに「何がいいですかね?」と聞いたんじゃないのかなぁ(笑) これは、是非、藤ヶ谷くんに聞いてみたいですね(笑)

| | コメント (4)

垣根を越えたキャッチボール

吾郎のミュージカル『恋と音楽』が、無事パルコ劇場で初日を迎えたようで、観て来られた方は吾郎から素敵な贈り物をもらったように帰路につけたのではないでしょうか。まだ、これから観に行かれる方は楽しみに、そして今回、観に行けないという方たちも、素晴らしいミュージカルが始まったことに心ときめかせたいですね。

さてさて・・・ラジオ「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」のほうは、今回もファンからのお便りに楽しそうな吾郎の声が聞けましたが、ちょっと素晴らしいキャッチボールになったところがあったので、そこをメインに書かせてもらいます。本当は他のお便りもとても素晴らしかったのでUPしておきたいのですが、これだけでかなり長くなったので(汗) お時間のあるときにどうぞ(笑)

pencil「先日、男二人で男の誕生日プレゼントを買いに行ったとお話していましたね。一瞬、木村くんの誕生日?と思ってしまいました。去年の今頃は、ファンミーティングで木村くんの誕生日に花の写真を送ったと言っていましたね。今年は、何かしましたか?」

吾郎 「木村くんの誕生日を贈ると、来月、俺近いから、俺にもちょうだいねって言っているみたいでいつも迷うんですけどね。でも、去年もらっているんですよね、僕(笑) まぁ、気持ちの問題なんでね。メンバー同士だからって、必ずしも毎年あげ合っているわけじゃないんですよ。不思議なんですよね、僕らSMAPって。忙しいときは、なかなかそういうことは考えられないでしょうし。でも、ちょっと今年は、木村くんにはプレゼントしたんですよね。まぁ、去年、僕も頂いたんで。内容を、まぁ、皆さん、聞きたいですよねぇ。別に言っていいですよね(笑) コンサートやっているときに、飛行機で移動するときって意外と席順って決まってて。木村くんとが座ることが多くて、うん。なんか、深い理由は全然ないんですけど。家族の朝ごはんのテーブルの椅子の座る位置みたいな感じで。別にこだわりがあるわけじゃないんだけど(笑)、なんとなくそこに座る癖があるっていう感じで、よく二人座ることが多いんですけど」

話が長くなりそうです(笑) というのも、まず、飛行機で木村くんと隣になることが多いという話を、吾郎が言い訳がましく説明するからです。これ、そんなに必死に言わなくてもわかるから。友達同士のグループで出かけることになったときに、電車に座るときもなぜかいつも同じ人と隣になることが多い。これって、やっぱりいつものことなんだからだと思う。吾郎と木村くんって、きっとそういう仲なんだろう。他のメンバーも遠慮すると思うしね(笑) 木村くんが吾郎の隣は「指定席chair」だって言ってたしねぇ(笑)

吾郎 「そのとき、僕が履いていた靴を、朝飛行機の中で見て、「おぉ、それいいね!」っていう話をしてくれてて、それを覚えていたんで。う~ん、でも、なんか・・・僕とお揃いの靴あげても嫌なのかな?とかいろいろ考えて(笑) 微妙じゃないですか(笑)こう、靴お揃いって(笑) まぁ、でも同じ現場じゃないところで履いてもらえればいいし、僕はもちろん全然いいんですよ、木村くんとお揃いでも、うん。木村くん、大好きですから、僕も(笑)全然、いいんですけども。まぁ、木村拓哉的に、吾郎とお揃いの靴ってどうなのかなぁとかいろいろ悩んだんですけどね。色違いとかもいいかなぁとは思ったんだけど、「おっ!それいいじゃん」っていう言葉が印象に残っていたんで、おんなじのプレゼントしてしまいましたっ!んふぁっ(笑) まぁ、履いてくれるかどうかはわからないですけどね(笑)」

ここから、ずっと吾郎が含み笑いしながら話しているので、レポでどこに(笑)マークを入れたらいいのか悩みました。というか、レポしておられる方にお聞きしたいのですが、吾郎の笑い声って「文字」に起こすの難しくないですか? 中居くんならまさしく「カカカ」でOKだし、木村くんなんかは「ふははは」のまんまなんですよ。剛や慎吾は基本型「あははは」で充分再現できるので、吾郎の笑い声は本当に難しい(爆)

話が逸れましたが、結構と長くプライベートでもお付き合いがあるのに、プレゼントひとつでこれだけ悩んだりするんだろうか? 木村くんって、そんなに贈る側が悩まなくても、なんでも喜んでくれる人じゃないのかな。特に吾郎からとなったら、満面の笑みでOKだと思うんだけど(笑) あぁ、それとどさくさ紛れに告白するのはやめてください(爆) ちなみに、も木村くんの誕生日に「お洋服」をプレゼントしたらしいです。「今年は、草彅くんは僕にもプレゼントくれるのかな?」と期待している吾郎が可愛かったです。剛、申し訳ないけど何かプレゼントしてあげてください(笑)

このあとに、ストスマスタッフから、「吾郎ちゃん、木村くんから昔、靴もらってなかった?」というご指摘があった模様。よく覚えてるなぁ、スタッフの方。本当にSMAPのことを想ってくれているんですね。もちろん、私も覚えてますよ~。これは、木村くんが吾郎と慎吾に二人がちょうど同じクールの冬のドラマで撮影があるので暖かいアグブーツをプレゼントしたんですよね。「佐々木夫妻」と「薔薇のない花屋」だから、2008年のことです。スタッフがさらに、木村くんが「吾郎が履いてきてくれたとこ見たことないんだよなぁ・・・」という報告もしてくれるというオマケつき(笑) 吾郎は結構履いていたらしいですが、木村くんがそうやって愚痴るということは、自分が履いていた靴をプレゼントしたのは間違っていなかったんだ!と喜ぶ吾郎。スタッフさん、お疲れさまです(爆)

これね、余談なんですが・・・このとき、確か12月の吾郎の誕生日に、木村さんは別に吾郎にプレゼント贈られたと思うんですよ。「ブーツあげたからいいじゃん!」って思った記憶があるので(笑) 喜ぶ顔を見るのが何より嬉しい方なんですね。

そんな木村さんの元に、またファンの伝書鳩がいっぱい飛ぶんだろうなぁと思った翌日・・・「木村拓哉のWhat's up SMAP」で、木村くん自らが話してくれたという異例の速さのキャッチボールとなりました(爆)

ファンの方から、「お誕生日の当日、メンバーからお誕生日のプレゼントやメールはありましたか?吾郎ちゃんからとか・・・吾郎ちゃんからとか」というものすごく絞った回答を導き出そうという素晴らしいお便りに、「・・・なんで、ここ吾郎からしかないんですかね(笑)」と言いながら、嬉しそうな木村くんの声に期待が高まりましたよ。後輩の藤ヶ谷くんや慎吾からのメッセージを受け取ったという後に、期待どおりのコメントを残してくれる木村くん(笑)

木村 「稲垣吾郎からのプレゼント・・・はい!頂きました!あのぉ~、靴を頂きまして。今年の夏、いろいろドームに行っていたじゃないですか。福岡だったり、名古屋だったり、大阪だったり。で、地方のドームに行くときに、吾郎がパッと履いていた靴があったんですよ。ふんで、「おっ、吾郎、それ、いいじゃん」って言ったら、「えっ、ほんとぉ?あっ、えっ、嬉しい」とかいう風にそういう会話になってたんですよ。で、そのときに履いていた同じものを、「これ、夏、いいって言ってくれてたんで、良かったら履いてください」って言って、吾郎がくれましたね」

吾郎の口真似(笑)(笑)(笑) 「ほんとぉ?!」って吾郎の言い方だよねぇ。しかし、吾郎の靴を褒めたときの木村くんの言葉・・・吾郎、一語一句間違えずに覚えていたのね。よっぽど嬉しかったんだろう。今回は、珍しく、吾郎のほうがたくさん語ってくれたというね(笑) しかし・・・キャッチボールは「ストスマ」でやらなくても実現可能なのねと、つくづくこの二人のラジオを聴いていると思います(爆)

| | コメント (7)