2017年明けての決意

fujiA HAPPY NEW YEAR!!!fuji

2017年、明けましておめでとうございます。
昨年はSMAPにとってもファンにとっても厳しい一年となりましたが、多くの方に訪問して頂き、いろんな考えを聞かせてもらったことに感謝します。ファンの力で伝わることがあると実感した一年でもありました。今年もどうぞよろしくお願い致します。


昨年のレポになり申し訳ないですが、ラジオで吾郎さんがファンに伝えてくれたことを残しておきたいと思います。SMAPで持ち回りで22年間放送されていた「おはスマ」の最後の担当が吾郎でした。タイトル名としては最後の「ストスマ」と合わせて、吾郎のファンへの感謝の言葉だけ引用させて頂きます。

おはようスマップ」(2016年12月30日放送分)

note世界に一つだけの花note

吾郎 「今日は、最後の『おはようSMAP』となります。まぁ、1994年の10月に始まって22年間、皆様ほんとうにこの番組を応援してくださってありがとうございました。もう、感謝の気持ちしかございません。この番組は早朝なんですけども、聴いてくださっている皆様はこの時間から起きてね、学校に行く人、会社に行く人、それぞれの一日がスタートするときにね、ご挨拶させて頂けるっていうのは、本当に光栄なことだったし。この番組の面白いところは、この朝の6時台に僕らが担当してやっているわりには、たぶんSMAPのメンバー皆さん、だいたい寝てるんじゃないのかなっていう。これ、言ってはいけないですけども(笑) でもね、忘れてほしくないのは、僕は意外とこの時間起きてるっていう。僕、自分でこの番組聴くこともありましたし(笑) 結構、皆さん、夜型のメンバーが多いのでね。まぁ、この時間まで起きてて聴いて寝るとか・・・まぁ、香取くんとか言いそうですけれどもね、そういうこと。皆、メンバー各々この番組に対しての想いとか気持ちはあったと思うんですけれども。本当に、こんだけ長い期間応援してくださって、聴いてくださっていた皆様あっての番組なのでね。これは、僕が代表して言うのも変と思うんですけれども、ほんとメンバー5人心から感謝しております。いままでありがとうございました。

文章だけで見るとしんみりしてしまいそうですが、吾郎はずっと明るく、おそらく微笑みながら話しているんだろうなぁとわかる声音で丁寧に感謝の言葉を述べてくれました。まるで、大天使さまのお言葉を聞いているようだった(笑) SMAPの皆様、本当に朝から毎日爽やかで楽しい声を届けてくれてありがとうございました。


稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」(2016年12月29日放送分)

吾郎 「『STOP THE SMAP』がスタートして25年。SMAPのレでレギュラー番組としては、デビュー前の1989年『Hi!SMAP』から27年間。これ、SMAPとしては一番長いレギュラー番組だったんですね。2012年4月から、僕、稲垣吾郎が引き継いで、リニューアルさせて頂きました。その歴史も、今日で最後となるんですけれども。なんか・・・いろんな想いがありますけれども、しんみりはもちろんなりたくないので。ただ、本当にこの番組は僕らSMAPにとっても大きな存在で想い出がいっぱいありますよね。なんか、最初生番組・・・だったよね? 生放送で、西武遊園地からかけつけて(笑)、生放送でやったり。もう、ラジオのやり方なんて全然わからない頃から、ほんとこの番組でいろいろと学んだこと、教えて頂いたこと・・・ファンの皆さんとのひとつの架け橋としてね、繋いでくれたこと、本当に感謝の気持ちでいっぱいなのでね。話していると、ちょっとしんみりしちゃうんですけれども(苦笑) 本当にね、改めまして、長い間ほんとに応援してくださってありがとうございました。感謝でいっぱいです。この番組に対する想いというのは、たぶんメンバー同じだと思うので、まぁ、僕が今ここでなんか代表して話させて頂いているような形になってしまいますけれども、僕が言ってるようなことというのは、皆も思ってることだと思いますので、ほんとに皆様ありがとうございました。

noteCan't Stop!! -LOVING-note

このあと、年を明けてから始まる新タイトルでのラジオ番組『編集長 稲垣吾郎』の概要と引き続き応援お願いしますという言葉がありました。新しいホームページも出来上がっていますので、是非、閲覧しにいってください。

吾郎 「やっぱり、こういうラジオっていうのは、本当に一番、まぁ、テレビもそうなんですけど、ラジオ番組っていうのは本当にすごくこうフラットな、僕らの素に近い部分で皆さんとの対話ができる、コミュニケーションがはかれる・・・そして、このラジオを通じて皆さんとの絆が固まっていくものだと思っていますし。欠かせないものなので、僕の中で。大切にしていきたいと思いますし、大切な皆さんと大切な繋がりをこれからも繋げていきたいので、ラジオ番組今後とも『編集長 稲垣吾郎』というタイトルになるんですけども、皆さん、応援よろしくお願いします」

こういうとき、努めて明るく話そうとするのが吾郎。ぐちぐちと反省したりしないし、とても前向きな人であると思う。それでも、さすがに「しんみりしてしまう」と言ったのが本音なんだろうなぁと。ただ、少し驚いたのが「今後ともよろしくお願いします」という言葉はしっかり話す人ですが、「応援お願いします」という表現で伝えるのはとても稀なのでこれは頑張らないと!と思いました。

吾郎編集長! 私たちも頑張りますっ(笑)!

| | コメント (17)

ストスマから編集長稲垣吾郎へ・・・

STOP THE SMAP」のスタッフが、ここへきて頑張ってくれた。今年、2016年はSMAPもファンも楽しみにしていたデビュー25周年の年。まさか、こんなことになるとは誰も思っていなかった中、急遽素敵なスペシャル番組を生放送してくれた。

STOP THE SMAP 25周年スペシャル!
3時間にも及ぶ生放送で、文化放送の斉藤一美アナがずっとSMAPの当時の楽しいエピソードを盛り込みながら、SMAPシングル曲63曲をすべて放送に流してくれた。ファンからのたくさんのメールを読んでくださったり、過去放送された中でのメンバーからの曲紹介や「イケTELスマップ」などをうまく編集で入れ込むという、おそらくかなり入念に生放送に挑んでくれたのだと思う。

途中、森くんがまだ在籍していた95年の6人のSMAPでのトークも流してくれたりと本当にありがたかった。全員、声が若い、若い。聴きながら、これテープ早送りになってない?!と思うほどの、まだあどけないSMAP6人の声。どうでもいい話を(笑)、全員で楽しく話を膨らませてSMAPの「わちゃわちゃ」感がとてもよく出ていた。この辺りから、若干切ない気持ちになってきたところで、最後二曲目のnote世界に一つだけの花note紹介で、斉藤さんがファンからのメールを読みながら思わず感極まって泣きながら読まれている声に涙腺崩壊(涙) ラストの曲となるSMAPデビュー曲、noteCan't Stop!!-LOVING-noteは、もう涙なしでは聴けなかった。

SMAPは、2016年を最後に解散します。でも、SMAPが終わるわけじゃない。SMAPを見ることができる可能性は彼らがいる限り続く。長くSMAPと一緒に仕事をし続けた文化放送さんの愛ある放送に、希望が見えた気がしました。本当にありがとうございます。

いまだけなんで、最後にワガママを言わせてください・・・
やっぱり、SMAPが解散するなんて嫌だ!嫌だ!嫌だ~~~~~!!!


稲垣吾郎のSTOP THE SMAP』(2016年12月15日放送分)
感動の余韻に浸りながらの、吾郎の通常「ストスマ」の放送。今夜は、最後に来年から新たに新しいスタートを切る番組のタイトルが発表されるということでドキドキしたファンも多かったと思います。でも、いつもどおり吾郎の軽快でよどみないトークが繰り広げられました。中居くんが、「サムガ」で話した吾郎とのプライベートゴルフはこちらでもレポしましたが、ファンからの伝達お便りを受けて(笑)吾郎からの話も出たので残しておきます。

吾郎 「ニュースで見ました(笑)! (ヤフーニュースとかですかね(笑)?) なんか、「俺の地元のチンピラみたいな奴らと吾郎を会わせてやる」(中居くんの口真似出たっ(笑)!)みたいなことを言っていたんでしょ(笑)? そんな言い方しなくたってねぇ。行ってみて、楽しかったですよ、すごく(笑) まぁ、スタンスが違うっていうのは、もう、それ当然ですよね。僕はどっちかっていうと、こうストイックに黙々とゴルフをやるタイプだし、中居くんはこうエンジョイゴルフで・・・僕もエンジョイしているんですけども、やっぱり大勢でわちゃわちゃ、ワイワイする・・・スタンスが違うんですけども。やっぱり、ゴルフっていうのはね、最初にこう教わった人によるんですよ、プレイスタイルというのは。結構、ストイックにゴルフを黙々とゴルフをやるタイプの師匠だったので、ヒロくんとか、まぁ、他にもゴルフを教えてくださった方とか。まったく相手を見ないっていう黙々ではないんですけども、おとなしくね、静かに熱くする紳士のスポーツという感じで僕は教わったので。ちょっと、まぁ、別に中居さんが紳士じゃないって言ってるわけじゃないんですけどね。ちょっと、まぁ、スタンスはもしかしたら違うのかもしれないんですけども(笑)」

吾郎は、絶対に「楽しかった」と言うと思った(笑) 中居くんがどこまで心配していたかわからないけど、あまりにもスタンスが違うからこそ楽しめる間柄ってありますよね? 中居くんと吾郎って、そういう関係性だと思う。好奇心がそそられる相手なんですよね。そして、それぞれ学ぶところがある。いいと思います(笑)

吾郎 「でもね、僕、そういうゴルフしたの初めてなので、これ、本当に楽しかったです。ビックリした!あっ、俺、もっと気楽にゴルフやろうかなぁと思って、あぁ、なんか楽しいなぁって思って・・・なんか、真面目にゴルフやりすぎてたのかなぁって、いままで自分が。ちょっと、恥ずかしくなっちゃった自分もいて、うん。だって、まず最初にさ、朝ごはんしっかり食べてさ、まぁ、それは僕もそうなんですけど。だと思ったらさ、昼もちゃんと休憩とってご飯食べるの。僕は、だいたいゴルフってスルーでいくんですよ、18ホール。スルーでやらせてもらえるゴルフ場だとそうなんですけどね。だって、途中でご飯食べたらなんかちょっとゲームのリズムとかさ、崩れていっちゃうし。朝、しっかり食べたら、別にハーフで食事しなくてもそんなにお腹空かないと思うんですよね。ハーフあがるのって、二時間半ぐらいですか、かかってもね。僕は、基本的には休憩はとらないでやりたいタイプなんですけど、「お~まえ、それ、昼ご飯みんなで食べんのが楽しいんじゃね~のかよ」みたいな感じで。(スタッフ、爆笑) さらに、スタートホールのときに、僕は・・・4人で行ったんですけども、スタッフの方を含めて。普通にゴルフっていうのは歩きながら・・・あんな大自然をね、芝生の上を歩けるっていうのが最高ですから。もちろん、自分の足で歩いてゴルフをすると思ったんですけど、「おめぇ、それ、カートみんなで乗ってワイワイやるのがゴルフだべ!」みたいなことを言われて。(スタッフ、さらに爆笑) あっ、カート乗るんだ?!(声、裏返った(笑)) 「ちっちゃいカートに4人でギュウギュウ詰めに乗って、ワイワイゴルフやるのが楽しいんだよ、お前。カートだべ!」って言われて。まぁ、全然似てないですけどね、中居さんの真似(笑) (いや、雰囲気はガッツリとらえてるよ(笑)

この他にも、自分が案内をするゴルフ場だったので、その後カートを借りて、レストランを予約した話。とにかく、ずっとワイワイ、ワイワイと話していて、キャディさんの身の上相談にものっていたと笑いながら話す吾郎。愚痴っているようで、中居くんとのゴルフがすごく楽しかったのが伝わってくる。

吾郎 「この人(中居くん)、本当にいい人なんだなぁ」
笑ったよ、吾郎。その後、そのゴルフ場に吾郎が行ったら、キャディさんに「あんな楽しいゴルフ、生まれて初めてでした」と言われて、「改めて、中居正広さんはすごいな」と思ったそう。今後は、中居くんのジモピーとのゴルフコンペに参加しないといけないのかなぁ(笑)って、吾郎(笑) いや、是非、お誘いがあったら行ってください。

そして、吾郎からの暴露。中居くんは、このときベストスコアを出したらしく、自分と一緒に行ったときに出たというのがすごく嬉しいと可愛い吾郎さんでした(笑) 最後まで、ずっと「楽しかった。とにかく楽しかった」と言い続ける吾郎。ナカゴロゴルフ、定番になるといいですね。

そして、最後に予告どおり、来年1月5日(30分繰り上がって21時から)にスタートする新番組のタイトル発表。

編集長 稲垣吾郎

おおっ! これが、昨夜、斉藤アナがキャスター付きの椅子が3メートルは後ろに下がるほど驚いたというタイトル(爆) 吾郎が編集長になって、女性誌を作ろうというコンセプト。女子力高めの吾郎ならではの企画。リスナーである私たちが、編集長となる吾郎にいろんな情報を持ち寄るライターとなる仕組み。加えて、吾郎さんのお仕事の話や質問もそのまま受け継ぐということなので、プラスαが加わる感じですね。

何が嬉しいって、これはラジオ番組がそのまま本になる可能性も充分あるとみた(笑) 頑張って、情報のお便りも入れ込んでいきたいですね。スタッフさん、すごく考えてくれたのではないかと思います。とりあえず、文化放送さんではこの吾郎のラジオは来年の3月までは延長という発表しかされていませんが、これだけ企画を練ってきてくれたことに応えていかねばいけないですよね。

来年から、メルアドも変わります。公式サイトに新番組の情報が出ていますので各自確認してください。来年から、また吾郎の楽しいトークが聴けると思うと嬉しいかぎり。楽しみですね。お便り、またいっぱい出していかないと!

| | コメント (9)

わかりあった関係

ラジオ「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」のレポをしなくなって長いのですが、どうしても残しておきたいほど盛り上がったので久しぶりに書いておきたいと思います(笑) 残しておきたいと思うほどのこと・・・そう、やっぱりSMAPのメンバーの話をしてくれる吾郎は面白い。

どのメンバーのことを話すときも楽しそうな吾郎ですが、最近はやっぱり中居くんのことだなぁ(笑) きっと、とてつもなく中居くんが今、一番好きなんだね(爆) 吾郎は案外正直だと思う。今回は、中居くんに関するお便りが二通あって、そのどちらにも楽しく話してくれる吾郎がいたのでレポしておきます。

お便り 「先日、中居さんが快眠方法を教えてほしいと言っていました。早寝早起きの吾郎さん、是非、中居くんに快眠方法を教えてあげてください。きっとストスマで話してくれれば、リスナーの方がおハガキ書いてくれると思うので、伝達手段は確保できています」

吾郎 「う~ん・・・でもさぁ、これ言ったとしてもさぁ、どうせ中居さんはラジオでこんな感じでしょ? (中居くんの口まねスタート(笑)) 『(気だるそうに)あぁ・・・なんか、稲垣さんからの?はい、メッセージね。これ、稲垣さんだからそうだけど、俺にはそれ関係ないね。はいはいはい。はいはい、稲垣さんらしいね。はいはい』みたいな感じでしょ?たぶん、ラジオだと、テンション的に(笑) きかないでしょ? 『知らね~よ』とか言いそうじゃん、なんか(笑) だったら、そんなこと言われるんだったらさぁ、こっちも一生懸命考えて、なんで伝達しなきゃいけないんだって思いますし(笑) まぁ、こんなちょっと悪口みたいになっちゃいましたけどね。ちょっと言い方きついですけど(笑) でも、これ、冷たく突き放すにしても茶化すにしても、あんまりいうこときかないと思いますよ。『だって、稲垣さんと俺、違うもん。生き方が。根本が』とか言いそうじゃん、そういうこと。『あ~、やだやだ。稲垣さんにはなりたくない』とかさ、言うから(笑) だってさぁ、ポリシーとして湯船に浸かること、本を読むこと、映画を観ることはしたくないって言ってるんだよ。(割愛しましたが、お便りの中で報告あり) そんな、頑固ジジイみたいな人にさ、なんで・・・教えたってさ(笑)、無理でしょ? まぁ、でもね、僕は優しいですから、今から快眠方法を考えますよ(笑)」

スタッフさん、ずっと後ろで爆笑(笑) 吾郎の口まねが止まらない。そして、恐ろしいほど似ている(笑) 冗談みたいに話していたけど、このあとちゃんと真剣に中居くんが快眠できるように考える吾郎。何事も熟考するし繊細な人なので、夜寝るときは頭をまず空っぽにしないといけない。僕が言うとラベンダーのアロマキャンドルを焚いてみたらいいとかになるけど、そうすると『なんだ、それ?!』とか言いそうでしょ?と、本当に中居くんが自分の言ったことに対して何を言ってくるかわかっている吾郎。

そして、吾郎が最終的に辿り着いたことは・・・「僕と一緒にヨガを始めよう!」だった(笑) 思わず、スタッフも「いいね」と(笑) それ、番組企画でやってくれないかな(笑) そして、「伝達はしなくていいです」と締める吾郎。頭から終わりまで、中居くんが聞いていたらきっと笑いながら100点満点をくれると思います(笑)

ふたつめの中居くん発言のファンからの伝達(笑)

お便り 「中居さんが言っていました。番組で『稲垣さんはモテるよ』って。そのあとに、中居くんが『女性に優しくするからモテる』って言っていましたが、吾郎さんはやはりモテるんでしょうか?」

吾郎 「いやいやいや、これ、中居くん言ってたみたいですね。これ、誰かからも言われましたよ(笑) でも、そんなことは・・・基準ってわからないですからね、モテるモテないってね。いやぁ、そんな僕モテないですよって、のっけから否定しないっていうね(笑) だって、あんまり否定するのも変でしょ、だって。でも、本当にそんなことないですよ。女性に優しいって・・・僕、男性にも優しくしているつもりですけどねぇ。優しさって、人それぞれですからね。やっぱ、ほら、中居さんの優しさと吾郎さんの優しさって違いますからね。優しさの場所が違うっていうか、表現が違うからね。中居くんも優しいからモテると思いますし(笑) 人に優しく、自分にも優しいっていう。まぁ、人に厳しく、自分にも厳しい人になりたいんですけど、比較的、僕はどっちかって言うと、人に優しいぶん、自分にも優しいところがダメだなぁって、大人として、ねぇ、もうちょっと成熟しないといけないなぁって思うこともあるんですけど」

いや、吾郎はモテるでしょ(笑) 世間一般の話ではなく(いえ、もちろんSMAPとしての人気はあるのですが)、業界の中で吾郎と接した女性からはものすごくモテる人だと思います。その業界にいる中居くんは、そんなところを見ているから、モテる話になるといつも吾郎はモテると言う。人に優しいぶん自分に優しいからダメだと自己分析しているけど、逆に自分に優しくなれる人は他人に対しても優しくなれると思うので悪いことじゃないと思う。

そういえば、中居くんは「吾郎はすごく優しい」っていつも言いますよね。今回、番組で吾郎が女性に優しいからモテると言っていたけど、「男性にも優しい」と話したことは一度や二度ではない。熟考タイプの中居くんが、吾郎の優しさで、今、厳しい中癒されているといいなぁと思います。SMAPそれぞれの個性で、この時期をやり過ごしてほしいと願ってます。

| | コメント (8)

ラジオでの報告

SMAP解散の報告があってから、メンバーがそれぞれ個々のラジオでコメントを残してくれることになりました。その先陣を切ったのが吾郎です。一月の騒動のときも、舞台に立っていた吾郎から観に来ていたファンに対してカーテンコールでしっかりとコメントしてくれた。そのときと同じく、ファンをできるだけ不安にさせないように穏やかな声で、それでいてしっかりと伝えてくれたことは変わらなかった。吾郎の優しさと強さに敬意を表したいと思います。

稲垣吾郎のSTOP THE SMAP (2016年8月18日放送、冒頭コメント)

吾郎 「こんばんは、稲垣吾郎です。すでに報道で皆さんご存知だとは思いますが、SMAPは解散という形をとらせて頂くことになりました。ファンの皆様には、突然の報告で驚かせてしまって本当に申し訳ございません。わたくし稲垣吾郎は、これからも頑張っていきますので、『STOP THE SMAP』も引き続きよろしくお願い致します」

急遽、通常放送の冒頭にこのメッセージを差し込んだ形になったわけですが、聴いている方それぞれによって受け取り方は違うと思います。個人的に思ったこと。もしかしたら、文面で書かれたことを読み上げただけかもしれない。でも、それは紛れもなく新聞で吾郎がコメントしたこととほぼ同じで、誠実に自分の口から伝えてくれたのだと思う。

ファンにとっては、文面なら彼らが出したものではないかもしれないと思っても、直接伝えられる言葉はもう動かしがたいものとして耳に入ってくる。「事務所に言わされている」と思っているファンも大勢いると思う。確かに、ラジオでコメントするには内容のチェックは入っているかもしれない。でも、そうであったとしても、吾郎がラジオを通してファンに報告しなければいけないことは吾郎自身の意思で伝えてくれていると思いました。何が理由とか、解散に至った経緯とか、そんなことは現状SMAPの誰もが言えないんだと思う。言ったら、それこそ大騒ぎになってしまいかねない。「これだけ?!」と感じた人は、これ以上何を言ってほしいんだろう。ファンとそしてSMAPのことを考えるからこれ以上言えないんじゃないだろうか。そこは、汲み取って自分の口で伝えてくれたことに感謝したいです。

吾郎に続いて、翌日木村くんが、そして昨夜は中居くんが同じく個人のラジオの冒頭でメッセージを伝えてくれました。中居くんも吾郎と同じく、新聞の記事で出されたコメント以外は何も伝えていません。ただ、オリンピック開催時期の報告への謝罪を、TBSでオリンピックキャスターとして仕事をしている立場上もあり付け加えてくれた。木村くんは、自分の言葉を加えてファンに申し訳ないと伝えてくれました。誰もが理由なんて言えない立場で、プロとしてそれは当然のことだと思えた。きっと、続く慎吾も同じような報告の仕方だと思います。ちゃんと理由を知りたいという気持ちは確かにありますが、どうしても言えない彼らの立場もわかる。言ったことで、納得できる人は結局いないからなんじゃないかと思う。さらにファンが悲しむことになるぐらいなら、何も言わないというのが正しい選択だと思う。

気になるのは、SMAPが解散することで5人の冠番組である「SMAPxSMAP」が今年いっぱいで打ち切りになるという報道がありました。解散となるのなら、それは想定内ではあったけど本当に残念です。そして、それぞれの個人の番組かどうなるかですよね。吾郎の場合は、このラジオ「ストスマ」と、TBS深夜で放送されている「ゴロデラ」がどうなるのかというのが不安です。打ち切りと発表になってからでは、復活の要望が通るのはほぼ皆無です。そうならないためにも、声を出してくださるようお願い申し上げます。ちょっとした時間で動くことで、今後の吾郎の将来が決まるかもしれない。ずっと活躍してほしいと願う気持ちを各所に是非届けてほしいと思います。どうぞ、よろしくお願い致します。

冒頭メッセージのあとは、いつもどおり楽しくSMAPメンバーのことや自身の趣味の話、先輩後輩の話で盛り上げてくれた吾郎。なんだか安心したよ。吾郎がファンに伝えてくれる場所は、なにがなんでも死守したいですね。

| | コメント (13)

構ってちゃん♪

COUNT DOWN TV
新曲披露ということでスタジオライブゲストに出演のSMAPさんたち。いつもぬるいトークが歌前紹介として入りますが、今回もナカゴロだった(笑) あぁ、そうだった・・・「CDTV」ではじゃれるナカゴロは「売り」のひとつだったね。今回は、上下と分かれているのに絡んでた(笑) 座り位置は、前列向かって左から中居木村慎吾。後列は左から吾郎

木村さんが新曲が出たことをコメントした後にロハスでトークが始まった途端、前でへばっていた中居くんが急に動き出して・・・
 「汗、かいてますよね、皆ね」
吾郎 「はい。MIYAVIさんがね、曲を提供してくれて」
 「そうですね」
吾郎 「もう、ハードロック!って感じでね」
中居 「あれ?舞祭組の二人(ロハスを指して)、衣装一緒だね?」
吾郎 「うるせ~なぁ」 (吾郎さん(笑)?!)

吾郎が両手の人差し指で角を作って中居くんの頭上に・・・これは、吾郎の中居くんへのブームなの(爆)? この流れだけで隠れ萌えがたくさん。
・ 突然の吾郎の乱暴な言葉
・ それに驚いて思わず振り返ってしまう木村、慎吾
・ そんな前の二人とは違い、ニコニコとナカゴロの様子を見ている剛
・ 吾郎の手を笑顔で振り払いながら、吾郎の腕を掴もうと伸ばした左手は吾郎が後ろに下がったため空をきる(笑)

皆さん、全部逃さず見れましたか(笑)? 中居くんの吾郎を掴みきれなかった手がひらひらと悲しそう(笑) これ、掴めてたら何かが起こったんだろうか? いや、起こりません(笑)(笑)(笑)

そんなナカゴロは置いておいて(笑)、最後にしっかり歌の話題に戻す木村くんと慎吾。TBSでの収録をどうやら全部まとめてやったようで、このCDTVが一番最初なので一番いい!という言葉で始まったnoteOthersidenote 確かに、ダンスのキレもいいし、表情もいいです。TBSさんのカメラチームも優秀(笑) 今回のカメラワークで、木村さんの大サビのときにメンバーが中居、剛、慎吾、吾郎と順番に踊っていくのがわかりましたね。そして、吾郎さんの乱れ髪とセクシーな表情を一番捉えてくれたカメラチームだったかもしれない。


稲垣吾郎のSTOP THE SMAP (2015年9月10日放送分)
ナカゴロ祭りが続いているので、ラジオでの二人のエピソードトークもレポしておきます(笑) 
ビストロ出張ロケで一緒に食事をした、中居くん、吾郎さん、慎吾くんの様子が気になるというお便りに吾郎が話してくれました。

吾郎 「いやぁ、面白かったですよ。この三人のロケってあまりないのでね。昔、なんか卓球のロケをしたことがありましたね、三人で。たぶん、これファンの皆さんも覚えてないぐらいだと思うんですけどね。特に、このカメラ回ってなかったんですけど、昼休憩で町の定食屋さんみたいなところに入って三人でご飯を食べたのがすごく面白かったですね(笑)」

いや、三人で福原愛ちゃんと対決した「スマスマ」は覚えているけど、あれロケだったっけ?! ちょっとスタジオからは離れたところだったか・・・このとき、大爆笑だったんだよねぇ。吾郎のミラクルにサタスマが大笑いしているのがすごく印象に残っている。木村、剛ペアが真剣にハンドボール対決するのもカッコよかったけど、この三人の爆笑スポーツ対決も面白かったので。

吾郎 「中居くんが最初にチャーハンと餃子を注文したんで・・・あぁ、でもなんかチャーハンって一緒に頼むと皆一緒に早く来るじゃないですか。しかも、なんか同じもの頼んだほうが早くていいのかなぁと思って。あまり時間もなかったと思うんで。「じゃあ、僕もチャーハンでいいです」っつって。僕はもちろん餃子は頼まなかったんですけど。まぁ、チャーハンに餃子までいっちゃうと、ちょっとカロリーを摂取しすぎてしまうかなぁと思ったんで、僕はチャーハンを頼んで・・・で、まぁ、他のスタッフの方々も中居くんと僕がチャーハン頼んだから、まぁ、皆もチャーハンにするのかなぁと思いきや、意外と「あぁ、じゃあ、僕みそラーメンで」とか、意外と「やきそばで」とか(笑)皆、意外と自由に注文して・・・そうすると、お店の人も結構大変ですからねぇ。たぶん料理作る人って一人か二人ぐらいしかいなかったと思うので。しかも、チャーハンを他に頼んだ人もいたので、第一回目できあがってくるチャーハンっていうのはたぶん三人前ぐらいだと思うんですよね。フライパンで、だって揺すれる量って決まっているじゃないですか。二人前ぐらいかなぁ、最初、うん」

お店で食事を注文するとき、こんなことまで考えたことがない(笑) そりゃあ、スタッフだってSMAPさん関係なく食べたいものを頼むだろうよ(笑) えぇ?! 吾郎って、いつもそんなことまで考えているのか・・・いろいろ気遣いさんだねぇ。すごいなぁ。この話から、「スマスマ」で話していた中居くんのチャーハンが30分ほど来ない話に(笑)

吾郎 「最初、僕のチャーハンがきちゃったんですよね。僕のテーブルに置かれたって言ったほうが早いですかね。で、もう一人スタッフの方のチャーハンがきて、う~ん・・・中居くんの餃子が先にきてしまって、それから。そうすると、なかなかチャーハンがこないから、中居くんも餃子を食べづらくしていて。たぶん、チャーハンのおかずで餃子を食べたかったんじゃないかな。餃子、4切れか5切れあったんですけど、3切れぐらい中居くん残してまして。(スタッフの含み笑いが後ろに(笑)) あっ、たぶんこの人チャーハンと一緒に餃子食べたいんだな、餃子オンリーじゃ食べれないんだなと思いながら見てましたけどね。たぶん中居くんより先にチャーハンを食べた僕もそうですけど、もう一人中居くんより先にチャーハンを食べたスタッフの方は内心ちょっとね、どういう感じだったんでしょうかね、んふふ(笑) 中居くんより先にチャーハン食べづら~いって思ってたんじゃないでしょうかね。先にその場所に置かれちゃったんでね、「あっ、どうぞどうぞ、中居くん、先にこのチャーハン食べてよ」って言うふうにも言えない感じだったしね。言ったとしても、中居くんの性格上「あっ、いいよ、いいよ。先、食べていいよ」って言いますからねぇ。気まずかったんじゃないかなぁ、中居くんより先にチャーハン食べたあのスタッフ。僕は、もう全然しら~と誰ともしゃべらないで食べてましたけどねぇ。香取くんは香取くんで、やきそばとなんか・・・親子丼みたいな両方頼んでて(カツ丼ね(笑))、びっくりしましたよ、ほんとに! すごいですよね?!香取慎吾ってほんと食べるんですね」

このレポだけで、「チャーハン」っていう単語ものすごくタイプした(笑)(笑)(笑) どんだけ、チャーハンエピソードが楽しかったのよ、吾郎(笑) このあと、慎吾の「やきそばと丼もの」に驚きつつ、それでも中居くんのチャーハンが来ないことに自分で話してて爆笑する吾郎がとっても可愛かった。

吾郎 「中居くんのチャーハンがきた頃には、もう・・・残りの3つの餃子冷え切ってましたからね(笑)! あそこ、カメラで回したほうがよっぽど面白かったんじゃないのなぁって思いながら・・・(曲終わりに)今日ねぇ、しゃべってて思ったんですけど、定食屋さんに入って皆が均等に同時にご飯食べたいときには、チャーハンをいっぱい頼んじゃダメですね。やっぱ、チャーハンはフライパンで二つぐらいしかあおれないじゃないですか。だったら、中居くんがチャーハンを頼んだときに、俺はラーメンを頼めばよかったんだよ!いっぺんに茹でることができるじゃないですか、あのカゴで。(湯きりね(笑)) スープなんてある程度できてるわけだから、だからね、中居くんのチャーハンが30分こなかったのは、僕のせいですね!ふっ(笑) 今、結論が出ました」

いやいやいや、吾郎のせいじゃないよ(笑) これ、中居くんに聞かせたいなぁ。しかし、見たかったなぁ、この定食屋さんでの出来事。カメラ回してなかったのが残念! この話を「スマスマ」でしているときの中居くんのそのときを思い出したような苦笑が忘れられません。慎吾は、やきそばと丼食べながら何を考えていたんだろうなぁ(笑) 三兄弟、楽しいですね(笑)

| | コメント (12)

吾郎から見るメンバーの結婚観

先週末バタバタしていてラジオレポが抜けてしまったので、二週分まとめてレポにしておきたい箇所を残しておきます。

稲垣吾郎のSTOP THE SMAP (6月11日放送分)

ドラマでの涙を流す演技について

吾郎 「役者さんにとって、ひとつの大きな関門ですよねぇ、涙を流すっていうのは。もちろん、涙を流せばいいってもんじゃないのでね。水のような感情の伝わらない涙を流してもあまり感動しないですし、難しいですよね。涙を流すシーンっていうのは、皆それぞれいろんなやり方をしている方がいると思うんですけどね。基本的には男性より女性のほうが涙を流しやすいですよね、俳優さんも、見てて。僕も得意でははないですね。得意な人ってあまりいないんじゃないかなぁ・・・いないってことはないですよね、女優さんで。右の目から涙を流したり、左の目から涙を流したりってコントロールができるって言う人もいますしねぇ。いろんな人がいると思うんですよねぇ。本当に気持ちうんぬんというよりも、感情がこもってなくても涙を落とせる人もいると思うし。よくまばたきしないと目が充血して涙が出るなんていう話も聞いたことがありますけど。まぁ、でもそれはごく稀な人かなぁ。どっちかっていうと、皆、気持ちをつくってというか、自分がその感情によって自然とその表情によって涙が出てくるっていうことなんじゃないでしょうかねぇ、大半の人が。泣けない人は目薬を入れたり、ハッカ棒っていってス~っとするものを目の周りにつけて涙を出すなんていう、まぁ、そんな方もいたりしますし。最近ではねぇ、映画とかだとCGとかで涙を足すこともできるみたいなことも聞きますしね。まぁ、ほんといろいろだとは思うんですけど、やっぱり涙しなきゃいけないシーンで涙がうまく出ると良かったなぁとは思いますよね。僕もいままで何度かありますけど、そういうときって無理に泣こうとしては絶対に無理ですね。無理に泣こうとすると大体力入ってしまうんで。力入った瞬間に、感情っていうのはストッパーがかかってしまうので。勝手に自分の感情がコントロールを自分自身でできなくなるような無の状態っていうんですかね。そういう自分で管理して、自分で制御できて、自分の管理下にあるとやっぱりそういうのは無理だと思うんですね、究極の演技っていうのは。無の状態になって、役柄が自分の中にしみわたっていて、シーンのストーリーに対してちゃんと感情がのってくると自然に涙が出るんじゃないのかなぁと思いますけどね。それでも、やっぱり難しいときも僕らも全然あるんですけどもね。新鮮なリアクションって大事で、(リハを)重ねると一回できたことをなぞっちゃう自分がいるんでね。だから、舞台とかで毎日やっているとしたら、毎日同じところで涙するっていうのは相当難しいんじゃないのかなって思いますね」

涙の演技だけで語る語る。演技の話になると吾郎は熱いですよねぇ。そう言えば、先日の「スマスマ」で1秒あれば泣ける子役さんたちが出演していましたけど、あれはもう技術なんで。天才と周りが言っていたけど、天才ではなくてもう努力の賜物ですよね。それはそれですごいとは思うのですが、本当の天才の役者なら涙を流すつもりではなく、そのときの感情の持っていき方で流せるのだと思う。吾郎が言うように、無理に涙を流そうと思わなくてもいいのではないかと。見ている側としては、たとえ役者さんが涙を流さなくても感情がのっている演技を見させられたら涙が出てしまう。まぁ、でも吾郎の涙を流す演技は何度か見たことがありますが・・・怒りと悲しみで涙を流すのが吾郎さんは得意だと思います。そしてそれを見させられると、「神降臨」と思ってしまう(笑)

吾郎の変わらないヘアスタイルについて(笑)

吾郎 「分け目が6:4ではなくて7:3ぐらいのときはありましたけど、基本的にはこれ以上真ん中にはきていないと思うんですけどねぇ。つむじとか分け目っていうのは同じにしていても変わってきますからねぇ。変えた気はないんですけど、髪型や印象によってもしかしたら(お便りをくださった方には)真ん中に見えたのかもしれませんね。分け目っていうのは、僕はほとんど・・・一度もないですね。でも、これ逆にしたほうがいいとか、頭が薄くならないとか(笑)よく言いますよね。いやぁ、でも(変えるのは)考えられないですねぇ。でも、真ん中・・・確かに、真ん中寄りにするときはありますよね。でも、5:5にはなってないですね。ほんと、微妙なんですけどね。4.5:5.5ぐらいのね、そういうのはあるかもしれないですね」

いやいや、10代のころセンター分けのときあったよ!と思ったけど・・・そうか、あれど真ん中じゃなくて微妙にずれているんだ(爆) 吾郎がセンター分けにすると癖毛で「茄子吾郎heart」になって可愛いから好きなんだけどなぁ(笑) 基本は、今の分け方がセクシーでとても似合っているとは思うのだけど、前髪下ろしたときも似合っていたし、たまには変えてみるのもいいのではないかと。あと、分け目は変えたほうがいいと思います(笑)


稲垣吾郎のSTOP THE SMAP (6月18日放送分)

夏から出演する連ドラ「HEAT」のお話

吾郎 「ちょこちょこ撮影は始まっているんですけども、結構、僕のパブリックイメージというかまんまじゃん!みたいなそんな役柄だとは思うんですけども。不動産会社のデベロッパーの社長さんで。どちらかと言うと、主人公のねAKIRAさんとか田中圭さん演じるAKIRAさんのライバル役、この二人を翻弄していくというか。ちょっと皆さんが想像つきやすいような役ではあるんですけども、僕にピッタリに見えるのでよりそのまんまではよくないのかなぁという。期待以上のことというか、良い意味で期待を裏切るというか、なんかその中でも新しいものにはしたいなぁという感じには思ってますね。薔薇を育てる役で、ハーブティが大好きだっていう本当に僕にあてがきしたのかなぁとか思うんですけども(笑) でも、そのまんまじゃんって思われるのもおもしろくないので、何かしらの新しさとドラマにとってなにか力になることができればなぁって思ってますし。主演のAKIRAさんなんかもお芝居で共演させて頂くっていうのは僕、初めてなんで、それもすごく楽しみですしね。ドラマのほうも、本当にこれは面白い消防団の話とそこにサラリーマンたちのドラマがあったりとか。あとは、ほっこりするようなヒューマンドラマがあったりとか、ラブストーリーも少し入っていたりとかいろんなものが混ざってますよね。ちょっと「海猿」とかの感じにも似ているのかなぁ。ちょっと「半沢直樹」みたいな面もあったりとかね、ちょっと家庭的なところもあったりとか盛りだくさんで、ほんと老若男女皆さん楽しめるような・・・7月クール火曜10時なんですけども、期待してもらいたいと思っていますので、是非楽しみにしていてください」

とても楽しそうにドラマの話をしていた。声がワンオクターブ高かったもの(笑) 吾郎もとても楽しみにしているんだなぁと感じた。あらすじを読んだときに、男くさい「海猿」は私も感じました。そして、映画は吾郎が「スマステ」でバッサリ斬ったのを覚えているので複雑になったのよね(爆) AKIRAさんもドラマではものすごく男らしい役が多いし、他の面子も濃いし(笑) でも、雑誌のドラマ収録の記事では、AKIRAさんが吾郎が出演してくれることに感謝のコメントを残してくれていてすごく好感度がUPしまして(笑) ドラマではおそらくAKIRAさんと田中さんとのシーンが多いと思うので、交流がまたできればいいなぁと思っています。吾郎のキャラクター、日比野仁社長ですが・・・これ、絶対にあてがきでしょ(笑) もう、吾郎さんにオファーした段階でキャラ設定が増えたと思うわ。そこに吾郎が新しい何かを吹き込んでくれると思う。楽しみにしておきたいと思います。

「スマスマ」での中居くんとの『ヒロくんとゴロチ』のパロディコントについて

吾郎 「ヒロくんが有名人になってきましたねぇ。僕は普段「高野さん」と呼んでいるから不思議なんですけども、でも、最近は高野さんのこともちょっと冗談で「ヒロくん」って呼んだりしているんですけどね(笑) 中居くんが「ISORO」のときのヒロくんのVTRとかを見て、すごく役作りをして研究してきてくれて。あと、コントの台本も中居くんがこうしたほうがいいんじゃないかなぁ、ああしたほうがいいんじゃないかなぁって結構言ってくれて。「スマスマ」のそのときちょうどそれまでADさんだった方がディレクターデビューする初めての作品だったので、すごくスタッフも皆一致団結して気合が入っていて。中居くんもそうやってアイデアを出してくださって面白いコントに仕上がったんじゃないのかなぁと思うんですけれども。こういうコントはね、一発OKなほうが面白いことのほうが多いので。中居くんとは、本当に暗黙の了解でコントを演じさせてもらったので。中居くんと細かい打ち合わせをしてっていうことはなかったんですけど。これまた続くっていうふうに出てたんでね。第二弾、第三弾ももしかしたらあるかもしれませんよねぇ。本物の高野さんことヒロくんが出演するかもしれませんし。ちょっと、また楽しみにしていてください」

中居くんとの第二弾はいいと思うのですが、高野さんはもうそっとしておいてあげて~(笑) これは中居くんが演じているパロディだから面白かったと思うので。中居くんがすごく役作りをしてきてくれたことも、きっと一発OKで二人でアドリブだったのも見ていて伝わってきましたよね。二人とも素で笑っているところあったし。こんなひとつのパロディコントにセットがものすごく凝っているなぁと思って見ていたのですが・・・そうかぁ、初プロデュース作品でプロデューサーさんが力入っていたのね。だから、スタッフの笑い声も大きかったんだ(笑) これを聞いて、またこのコント見直してしまいましたよ(笑)

SMAPメンバーの結婚について(中居くんがメディアにSMAP独身組は癖がそれぞれあって結婚できないという話から)

吾郎 「草彅さんが愛がわからないって言っているのは、これはそんなことはないと思うし。もしかしたら本当にそういう人と出会ってないのかもしれないですしね。愛がわからないっていうのは、まぁ、冗談ではあると思いますけれどそんなことはないと思いますけれどねぇ。愛のかたまりみたいな人だと思うんですけども。香取くんは一番ダメっていうのも・・・まぁ、でも、中居くんはちょっと香取くんと自分は近いと思っているのかな。なんか、昔からね。たぶん、近いのかもしれないですね、一人が好きで。意外と神経が細やかなので、いろんなことが気になってしまうっていう。だから、結婚してもたぶん相手のことを気にしすぎちゃったりとか、気遣いしすぎてパンクしてしまうんじゃないかとか、たぶんそういうことなのかなぁ。いつも思うんですけども、中居くんのそういう性質?にしても、そういうことをでもわかってくれて、それでも大丈夫な人、それでも気遣いしない人。たぶん、そういう人が現れたら、中居くんも全然大丈夫だと思うんですよね。よく、俺は結婚不適合者だとか、はは(笑)、そもそも恋愛不適合者だとかみたいなことを自虐的に今言ってますけどねぇ。でも、そういう相手が見つかれば、人は変わるんじゃないのかなぁって思うんですよね。たぶん、中居くんは本当に気遣いの人だから、相手のことを気にしすぎちゃうんだろうね。中居くんが、もう10年以上も連れ添っているマネージャーとの関係性みたいになれば、ふっ(笑)、いいのかなぁ。まぁ、香取くんもそうだとは思いますけれどもねぇ。僕も、たまたまそういう相手がいないから結婚に到らないだけであって、こういうのは本当にタイミングと出会いですから、(結婚が)ゼロっていうことはないんじゃないのかなぁって思いますけどね」

ファンの方が僕ら40を過ぎて心配してくれているっていうのが伝わってきて、すごく心温まるという吾郎。全員、結婚しないわけでもないし、タイミングと良い出会いがあれば結婚はするということですよね。それは、別にSMAPに限らずそうだと思うのでよくわかります。吾郎が、メンバーの性格も汲み取って結婚観をズバリ言い当てている気がしてさすがだなぁと(笑) 全員が、良いお相手の方に出会えるといいなぁと思います。

今週、以前番組内で吾郎が言っていた「女子力研究所」にお便りがすごくきたみたいで。今回は食器の話でしたけど、できれば吾郎がリスナーの皆さんからこれぞ女子力!みたいなのを送ってほしいと。吾郎が興味が沸くもので、何か素晴らしいものを見つけた方は「ストスマ」に是非(笑)!

| | コメント (4)

芝居と本と健康

稲垣吾郎のSTOP THE SMAP (6月4日放送分)

気合を入れるときに特別なこと・・・あまり気合を入れることがない。気合を入れずフラットな状態でいたい。

高まらせて入れるというよりは、朝早くにお風呂に入ってリラックスして落ち着かせるという逆の理論で仕事に取り組む吾郎が大好きです(笑)

そして、先週の収録ではまだ行けていないと言っていた慎吾の二人芝居『burst! ~危険なふたり』の観劇感想。

吾郎 「良かったですよ、すごく。まず、パルコ劇場に二人がオンステージしているというのがすごく不思議な感じがして、やっぱり普段(パルコ劇場で)やる側が多いので。普段、僕が使っている楽屋に二人がいるのもすごく不思議な感じがして(笑) 開演前にちょこっと顔を出してから、もうすぐ開演だったんですけども。お芝居のほうも、本当に三谷さんらしい作品であっという間に時間が過ぎてしまったという感じで、すごい面白かったです。普段の香取くんと草彅くんの関係性とちょっと違う感じがして・・・普通、コントとかバラエティ番組だと、どっちかって言うと慎吾のほうが目立っていて・・・ボケ役が慎吾くんというのが多いからなのかな。慎吾のほうがどっちかって言うと主人公でなく目立っている感じがして、草彅くんは横にちょっとおとなしく慎吾に振り回される草彅くんがいるっていう感じの役回りが今までは多かったと思うんですけども。逆に草彅くんのほうが最初目立っていて、慎吾が控えめに見えたと言うか。控えめに見える慎吾っていうのも、僕にとっては新鮮に映って普段の二人の関係性とかテレビでやっている二人のコンビネーションとかはちょっと違う感じがしたのがすごく新鮮で、僕の中でも新しい発見でしたし面白く観劇させてもらいました」

この時点では、まだ二人の舞台の千秋楽を迎えていなかったのでネタバレせずに剛と慎吾の二人芝居の良さをうまく伝えてくれたと思います。そうなんだ!そんな二人を観てみたい!って思っちゃいましたもんね(笑) いや、実にうまいです。慎吾の呼び方が、「香取くん」「慎吾くん」「慎吾」と変化していくのが面白い。クールにコメントしている風に聴こえたけど、二人のお芝居を興奮して観劇したのではないかと。きっと、もっと具体的に二人には感想は伝えているんでしょうね。二人にも、是非、吾郎の舞台もまた観に来て感想を伝えてほしいです。

「ゴロデラ」に出演された又吉さんの感想・・・作品を読ませてもらって、又吉さんの人柄を感じた。薦められて太宰治を読み返した。文豪の役は機会があればまたやってみたい。
舞台では啄木は演じたことがある吾郎。映像でやってみたいというお話に大きく頷いてしまった。小泉今日子さんが吾郎にプレゼントした、コミック『えへん、龍之介。』は、小泉さんが吾郎に贈ったのがとてもよくわかる作品。作品の風貌も似ているのですが、芥川を吾郎が演じているのを見たいと思った。太宰治もいいですよね~。と、その前にベートーヴェンですが(笑)

noteHIKARInote (SMAP)

のギターの現状・・・楽屋で聴いていて上達したなぁと思う。メトロノームを使ってカッティングの練習をしていたので、そろそろエレキギターもやればいいのになぁと思って見ていた。「剛くんの武器はギター」
エレキギターよりもきっと剛はアコースティックギターに惚れこんだんじゃないのかなぁ。なんせ、お高いクラシックのコレクションも始めているようだし(笑) また、ライブで披露してくれるんでしょうね。最後の「武器はギター」は名言だわ、吾郎(笑)

吾郎お勧め映画『her/世界でひとつの彼女』を観て感動したというお便り・・・自分を投影している役柄の作品をついお勧めしているのかもしれない。
この作品は、まだ観ていないのですが吾郎が状況が自分に似ているというのを聞いて俄然観たくなりました。確か、人工知能型コンピューターに恋する男性のラブストーリーだったと思うのですが・・・どこが似ていると感じたんだろう? そこも含めて鑑賞したいですね。

noteMajornote (SMAP)

体重の増減は多少はあるけど、自分で縛りを作らずに最低限のルールを決めて運動、食事療法に気をつけている。
食べたいものを食べていたらダメだと思うので、いつも「腹八分目」で一日2.5食(朝しっかり食べて、お昼は軽め、夜は普通)。夜に外食するときは気にせず、一人で家で食べるときに気をつけるようにしているという吾郎ですがいいですよね。友人と外食したときにあまり食べないと、一緒に行く人も気になっちゃいますしね。「(体重の)数字にこだわらずに、自分自身を観察する」という理想的な健康維持をされているようで素晴らしいわ(笑)

「スマスマ」のビストロのコック衣装は、スタジオ録りなのであまり気にしたことはないけど暑くはないです。
夏は暑くないか心配するお便りへの返事でしたが、スタジオは空調が利いているから問題ないんでしょうね。吾郎は、それよりもコスチュームが当初から変わらないほうが不思議だと。着ているほうとしては変化がほしいときがあるそうですが・・・ほんと、変えてもらえばいいと思うわ。そうしたら、ビストロカラーの複雑さもなくなるし(爆)

タモリさんの「ブラタモリ」でがナレーションを始めたという話から・・・東京はもう知り尽くしているので、地方都市(京都や大阪)をブラブラしたい。
ライブや舞台で出かけてもゆっくり見て回る時間なんてないですもんね。「大阪の町なんて普通に歩けない」という吾郎ですが、言ってくれたらいつでも案内するのに(笑) いや、そんなこと絶対にないし、もしそういう機会があってもいろんな意味で困ります(笑)(笑)(笑)

noteこの街で今も君はnote (SMAP)
(この曲何?と思われた方もいると思うのですが(笑)、シングル曲「俺たちに明日はある」のカップリング曲で、SMAPがロッテのガムのCMをしていたときに流れていました)

| | コメント (6)

お気に入りのベッド (追記レポあり)

稲垣吾郎のSTOP THE SMAP (5月28日放送分)

家が南向きなので、寝室は西枕。
慎吾の「おじゃマップ」で北枕はいいという話だったらしいですが、部屋の模様替えはするつもりがなく(きっと、綿密にインテリアと共に考えて配置したんでしょうね(笑))、北枕にしようとしたらマンションを引っ越すしかないという吾郎(笑) 気を大切にするか、インテリアを大切にするかで配置は変わりそうですね。

TVガイドの「スマスマ20周年企画」でのアクリル板への木村さんと一緒に描いたハートheartが右利きだったというお便りに・・・コンビで入れ替わり立ち代りで短い時間で写真を撮っていたので、木村くんがすでにいた場所に入ったので右手で描いた。場所を入れ替わる時間がなかった(笑)
「スマスマ」撮影の合間の時間に撮影されたので、自分が左利きだからと替わることもしなかったらしいですがそれぐらいは言える時間はありますよね(笑)? きっと、文字ならまだしもハートを描くぐらいくらないならいいか・・・と思ったんだろうなぁと(笑) 

noteKeep onnote (SMAP)

ラジオでが、パンツを前後ろ逆に履いてしまったけど履き直さなかったという報告・・・いや、直すでしょ!だいたい、気づくよね、履くときに。
直さなかった剛を信じられないというような吾郎の口調(笑) たまに行くオイルマッサージなどで出される紙の下着は間違えることもあると思うし、むしろ足を入れる穴を間違えることはあると言っていた吾郎ですが・・・剛の気にしなさすぎもすごいですが、吾郎の穴の間違いが私にはよくわかりません(爆)

外で一人で食べに行くことはあまりない。買い物は一人のほうが好き。
中居くんは一人で外食に行くことが多いらしいというお便りに、「中居くんは、何をするにも一人が多いですよねぇ」と知っているような感じの吾郎ですが、吾郎も外食を一人でしているところ目撃されたりしていますよね(笑)? まぁ、回数的にはあまりないのかな。

note無我夢中なLIFEnote (SMAP)

長く使っているベッドは結構な値段のした厚さ60センチぐらいあるもので気に入っている。
自分のおへそあたりの位置までベッドの高さがあると話していましたが・・・どんだけマットレスぶ厚いのよ!と思いました(笑) 寝心地いいんだろうなぁ。吾郎は、寝室の電気はちょっと薄暗い感じに灯しているほうが寝やすいのだとか。これ、ずっと言ってますよね。そう言えば、SMAPの「5人旅」でも吾郎の足元のほうに小さなスタンドが点いたままだったような。木村くんは真っ暗じゃないと寝れないと言っていたけど、そこは吾郎に合わしてくれたのかな。疲れていて気にならなかったか(笑) ちなみに、どうでもいいですが、私も真っ暗で寝るほうが心地よいです。

ホテルのベッドは、「袋とじ」みたいになっているけど、サイドは膝あたりまではがして寝る。チェックアウトのときは、清掃の方がびっくりするぐらい綺麗にして部屋を出る。
ホテルの部屋を使ったときは、ペットボトルとかはごみの分別に困るのでゴミ箱の横に置いておくらしい。SMAPの稲垣吾郎が泊まっていたと思うと、清掃の方も少しは思うだろうから「飛ぶ鳥、後を濁さず」でちゃんとして帰るという吾郎は素敵だわ(笑)

noteWonderful Lifenote (&G)

衣装は動きやすいものを考えてくれているので気にならないけど、革靴は踊りにくいのでライブのときは底にゴムを張ってもらっている。
毎回、違う服に靴ですもんね。自分の身体になじんできたものではないので踊るってすごいなぁと思います。それでも、「それが、僕らの仕事なんで」とハッキリと言う吾郎はかっこいい。

ケータリングで好きなものは、ガッツリしたものが多い中でサブメニューみたいなサラダや前菜みたいものを頂く。
現場で食べるときも、健康に気をつけて食べているんだろうか。そんなことを考えると、「SMAPのがんばりますっ!」であの時間でバカほど食べさせられたのって本当にきつかったんだろうなぁと思った。この番組、感想あげようと思って全員きつそうで筆が進まなくて断念したことを思い出したわ(笑)

noteビートフルデイnote (SMAP)

【追記レポ】
MBSラジオで、吾郎が「ゴロバー」で共演していた次長課長のお二人とTOKIOの城嶋くんが毎週木曜日のパーソナリティの番組があって、SMAPの話題が少しだけ出たのでレポにしておきます。

アッパレやってまーす (5月28日放送分)

城嶋 「僕、表参道初めて歩いたとき、ほんまにスタイルいい~お姉さんがよう歩いている町やと思いましたねぇ」
河本(次長課長) 「いいっすよね」
城嶋 「なんか、わからんけど」
河本 「でも、リュック背負って、表参道の風な感じではない人も表参道をいろいろ見たりするんやなぁって思ってたら・・・」
井上(次長課長) 「どういう感じの方?田舎の人ってこと?」
河本 「いや、男性でリュックで、気取ってないっていうか」
城嶋 「あぁ、わりと普通なカジュアルな格好で」
河本 「カジュアルで、表参道、地元にしているんじゃないの?っていうぐらい・・・」
城嶋 「もしかしたら、そこに自転車止めてはんのちゃうの?みたいな」
河本 「みたいな感じの人もおるんやと思って、パッと見たら剛さんでした。草彅剛さんでした」
城嶋 「そうやったんすか(笑)」
河本 「俺、旅に出んのかと思った。俺、思わず「剛さん」って声かけましたもん」
井上 「俺、前からマイケル・ジャクソン歩いてきたと思ってん。夜。表参道で」
河本:笑
井上 「んで、2メートルぐらい近づいたときに、「井上くん」って言われてパッと見たら稲垣吾郎さんでした(笑)」
全員:笑
城嶋 「原宿でむか~し、ラフォーレのほうからなんか派手なチンピラみたいな奴来るなぁ思て、「城嶋くん」って言うから「わぁ、怖っ(汗)」って思ったら中居くんでした(笑)」
全員:爆笑
城嶋 「(SMAP)皆、なんかのキャラやん(笑)」
井上 「面白いっすねぇ(笑)」

SMAPさん、どんだけ普通に歩いてるの(笑) って言うか、三人とも違うタイプでものすごく目立ってたってことですよね。こんなエピソードでも、オチ三段階しっかりついていてSMAPはやっぱり違うわ~と思いました(爆)

| | コメント (8)

吾郎の女子力研究所

稲垣吾郎のSTOP THE SMAP (5月21日放送分)

甘いものはあまり好きじゃないけど、ポテトチップスみたいなスナック菓子は昔から好き。
大人になってからは、極力控えるようにしているのだとか。偉い(笑)! そりゃあ、太らないよねぇ。

シンツヨ二人芝居はまだ行けていない。(このラジオ収録後に観劇したんですね) パルコ劇場でファンの皆さんと観るのは不思議な感じになると思いますが、観たら感想をお伝えしようと思います。
くんが慎吾くんとの二人芝居をしたいというのは夢だったとか、三谷幸喜さんが脚本を書いてくださった話とか・・・ネットで知ったそうです(笑) すでに二人の芝居は観に行ったのは慎吾の「SD慎吾」で報告済み。吾郎の感想が楽しみです。

クマムシさんとSMAPの「笑顔のゲンキ」のメロディが似ているという「スマスマ」でのトークから・・・似ていることに気づいていなかった(笑) パクリではないですよね。良いメロディというのは決まっているんでしょうね。
芸人さんにも優しい吾郎(笑) 似ていることに気づいたのはSMAPのファンの方じゃないかと吾郎が言っていたけど、確かにデビュー当時の曲ならファンしかわからないかもしれない。それが広がっていったのかな。後、松田聖子さんの曲でも似ているのがあるらしい。どの曲か気になりました(笑)

note笑顔のゲンキnote (SMAP)

木村くんはサーフィンのあとお稲荷さんを食べていることが多いというお便り・・・木村くんのお稲荷さん好きは、昔から有名ですけど(笑)、僕は運動したあと決まったものはないけど、ゴルフのときはハーフ休憩しないで回るので朝、ゴルフ前にゴルフ場で和朝食を食べることが多い。
木村くんのサーフィンのあとのお稲荷さんに、手がベトベトになりそうとか巾着からごはんがこぼれそうと心配していた吾郎ですが・・・木村くんは吾郎みたいにお口が小さくないので、カプッとひと口で食べるのでそんな心配いらないんじゃないかな(笑) どんなときでも優雅な吾郎さんです(爆)

舞台のときは、そのときに好きなものを口にするけど、油物を控えたり野菜を摂るようにはしている。
くんが最近酵素ドリンクに嵌っていて舞台のときにも飲んでいるという話を聞いて、自分も酵素ドリンクは日常で飲んでいると。すぐに効果が出ないと思うので続けているらしいですが、ロハスのお二人は長期戦の健康計画が得意ですよね(笑) 無理なくストイックな健康体でいるって精神が強くないと無理ですよね~。

プライベートでは、いつものようにゴルフに出たり、時間に余裕のあるときしかできない人間ドックとか健康管理に気をつけている。
とてもプライベートが充実しているご様子。他のメンバーが今忙しい中、比較的時間に余裕があるので、趣味が多いこともあり充実していると聞いてなんだかちょっとホッとした。もちろん、早く役者のお仕事のニュースは聞きたいけど、時間があるときにゆっくり趣味の時間に費やすことも人間としてとても大事なことだと思うので。他のメンバーが忙しいからと比較することなく、自分のペースで過ごしている吾郎は、きっと次の役者のお仕事で本領発揮してくれると思います。

noteJoy!!note (SMAP)

吾郎さんの「ストスマ」を聴いて女子力が高まるというお便り・・・健康美容に率先し心身共々美しく生きるということですが、男でも言えることだと思う。
おかしいですよね?男子力が高くないといけないんですけどね。僕、男ですからね(笑)」と笑っていた吾郎ですが、吾郎が言うように男性にも大事なことで、それを臆することなく率先してやっていると言える男性が「女子力が高い」となるのではないでしょうか。このラジオで「吾郎の女子力研究所」として、ファンの皆さんと一緒に女子力を高めるコーナーがあってもいいですねと言っていたので、何かテーマがある方は是非お便りを出してみてください(笑)

ハワイに一人旅に出るという方へのアドバイス・・・英語が片言でも生活できるけど、海外感も味わえる。人は多いけど海は綺麗でよくできたリゾート地。買物もあるけど、せっかく海外に出るので外に出たほうがいいんじゃないかな。
あまりハワイによく行くわけではないのでアドバイスというほどのことはできないけど・・・と、言いながら、たくさんオアフ島の魅力を話してくれる吾郎。「ひとり旅なので気をつけて素敵な思い出を作ってきてください」とやっぱり最後は紳士だった(笑)

noteDear WOMANnote (SMAP)

「ストスマ」スタッフの方は、いつもお便りに関連があるSMAPの曲を選んでくれるのもひとつの楽しみになっています。ちなみに、最後にも「吾郎の女子力研究所」という新コーナーができたと言っていたので決定ですかね(爆) 女子力ないから難しいわぁ(汗) 皆さん、頑張って探して吾郎を語らせてください(笑)

| | コメント (6)

舞台感想でも語る

稲垣吾郎のSTOP THE SMAP (5月14日放送分)

ジョギングをするときは必ず音楽を聴く。家でランニングマシーンを使うときはiPodをマシーンに差し込んでアップテンポの曲を聴いている。
ライブの時期は、SMAPのライブで使う曲のラインナップを流してイメージトレーニングをしているという吾郎。ファンも同じようにジョギングしてみると、ライブもさらに楽しくなるかも(笑)?

お便り 「ジャニーズの吾郎さんの後輩、戸塚さん主演の『広島に原爆を落とす日』を観に行ったところ、吾郎さんも観劇されていました。以前、ご自分が演じたお芝居をご覧になって当時のことなど思い出が蘇ったでしょうか。是非、感想を聞かせてください」 

吾郎 「楽しみにしていて、ようやく観に行くことができたんですけど、本当に素晴らしかったですね。よく演じきったと言うか・・・僕なんかは、23か24歳のときに二回やったんですけどね(翌年に再演でしたね)、この作品の持つ意味とかテーマみたいなものっていうのが理解しきれていない部分もあったのかなぁという。それってすごく難しいんですけど、必ずしも理解しきっていることが全て演じる上で正解でもないので。理解をしようとして演じるっていうのも、ひとつの形でもあるので。言いわけかもしれないんですけど、当時若いときの僕はあまり分からずただがむしゃらに一生懸命やっていたのかなぁと。でも、それがつかさんの舞台は一番大切なところで、大先輩の風間杜夫さんも1970年代にこの戯曲を初めて渡されて稽古してやったときには、ほとんど内容のことは分かってなかったって(笑)、僕のお芝居を観に来てくださったときにおっしゃってて・・・たぶんご謙遜されているだけだと思うんですけど。そういった意味で、戸塚さんは本当にこの物語を理解して演じているんだなぁというのが、すごく伝わってきましたね。だから、物語自体もすごくわかりやすかったですね。錦織さんの演出のキメの細かさもあると思うんですけど、つかさんの要素というのはもちろんまったく損なわせずに、錦織さんの持つエンターテイメント性の部分もミックスされて現代風でスタイリッシュになってましたねぇ。戸塚くんは、つかさんの舞台に合ってましたね。先輩面して言うわけではないんですけど、この役が持つ一番大切な魅力や狂気もバランスよく出ていましたし、役者として綺麗にしゃべれてましたね。活舌よく、立ち姿も綺麗でしたし。その辺は、ABC-Zはアクロバットもされるグループじゃないですか。肉体表現としても優れていて、よく動けるし運動神経がいい俳優だなぁって、観ていて思いましたね。これからも、舞台がんばってほしいですね」

後輩の舞台のことで語る吾郎は、本当にフェアな人である。そして、良いところを後輩だからではなくて「俳優」として惜しみなく話す吾郎は、しっかり舞台を観て感想を述べてくれていますよね。普通なら、なかなかここまで後輩の舞台を褒めることは心理的に(笑)難しいと思うのですが、吾郎は良いところを拾って出してきてくれる素敵な人だと思いました。こういうのを聞くと、SMAPのメンバーにももっと吾郎の役者としての良いところをちゃんと話してほしいと思ってしまう。そして何より、やっぱり吾郎自身の舞台がとても観たくなりました。

フジテレビ入社式にて『僕らの音楽』で谷村新司さんと「いい日旅立ち」をコラボ・・・とても好きな曲を谷村さんと歌わせてもらって良い思い出になった。ももひきに関しては、寒い日にはスパッツのようなものを履いたりします。
本当は、新入社員の方たちの思い出となるイベントなのに自分が良い思い出になったと笑って話す吾郎が可愛い(笑)

note胸さわぎを頼むよnote (SMAP)

木村くんが得意料理として「肉キムチ」を紹介していたという話から・・・オリゴ糖を木村くんがすごく勧めているという印象がありますが、酵素ドリンクを最近よく飲んでいる。最近はサラダのバリエーションを増やしたくていろいろ試したくて、ざくざくしたカップレーゼをよく作っている。
木村くんは「肉キムチ」にオリゴ糖を入れるのがポイントらしく、そのオリゴ糖の話を吾郎は最近よく木村くんから聞いているのかな(笑) 新たまねぎのレシピを教えてほしいとお便りにあったのですが、タモリさんちで食べた新玉ねぎをそのままおでんに入れていたのがとてもおししかったから試してみたいという吾郎。とても女子力高いコメントでした(笑)

ネクタイの結び方は普通の結び方しかできない。ネクタイやファッションによるけどこだわりは特になくて申し訳ない。
お便りには「ウィンザーノット」という結び方の名前が出て、吾郎が知らなくてスタッフの方から「どうやら普通の一般的な結び方らしい」という話を聞いていましたが(笑)、ネクタイの結び方がわかる大人になりたい。蝶ネクタイを自分で結べたらかっこいいですよねと話していてとても紳士(笑) ウィンザーは名前のとおり、英国の王が結んでいたという話からついた結び方ですが・・・そう、いわゆる一番誰もがしている結び方です(爆)

あるとつい食べ過ぎてしまうものは、ゴルフ回っているときの茶店にある柿ピーとか揚げピーとかカリカリピーナッツとか思わず食べてしまう。
吾郎はナッツ系が好きらしいですが、家からわざわざ持っていくのは自分として許せないけど(笑)、ゴルフ場にあるとついつい食べてしまうらしい(笑) リスみたいで可愛いわheart

「ゴロウ・デラックス」に青木功さんが来てくれたときのお話し・・・青木さんのパタースタイルは独特なので参考にはならなかったけど(笑)、人生の先輩からいろんなお話を伺うことができて勉強になった。
体も心もでっかくて愛に満ち溢れた方だったと話す吾郎ですが、是非、ゴルフをご一緒できればいいですね。できたら、その機会があれば番組で放送してほしいです(笑)

note世界に一つだけの花note (SMAP)

| | コメント (5)

より以前の記事一覧