今が一番楽しい

吾郎のミュージカル舞台『FREE TIME,SHOW TIME「君の輝く夜に」』が、8月3日より京都劇場で公演がスタートしました。初日を観てきましたが、とても楽しく夢のような時間はあっという間に過ぎてしまいました。何度か観劇するので、後ほど舞台の感想はUPしたいと思います。

公演に伴い、いくつかテレビ番組で吾郎のインタビューが放送されました。

ニュースシブ5時 / おはよう関西
クリス松村さんが聞き役ということでどうなることかと少し不安だったけど(笑)、ちゃんと舞台の話や吾郎の心境を聞き出してくれて良かったですね。公演前の練習風景も拝めて得した感じでした。

吾郎 「僕の人生の中で思い当たることが(脚本の中で)いっぱい出てくるんですよね。あれ(ジョージ)、僕ですよ(笑)

自分を自分で演じているようで照れると話していた吾郎。確かに、男前でクールな面もあるかと思えば、とてつもなくキュートなジョージは吾郎と被る。女性とのシチュエーションの詳細は置いておいて、女性に対しての言動は吾郎らしいなぁと感じる部分が多かった。さすが、鈴木さんが吾郎にあてがきした脚本なだけはある(笑)

結婚観に関しては、40代になってからいつも同じようなことを話す。「出会いがなくはないけど、タイミングが合わなかった」
そして、結婚する=ずっと一緒にいたいという「結婚」の定義を考えると、そこまで思う人が現れていないという流れは、いままで吾郎とつきあったことのある女性が聞いたら複雑だろうなぁと思うと、吾郎さんって無意識に罪深い人だわねとも思う(笑)

吾郎 「中間管理職的な感じで5人の中でやってきたと、よく自分でも周りの人からも言われたんですけど・・・年が真ん中だったので、自分の感情をむき出しにしてはいけない、周りが決めてから自分も決めるっていうクセがついてきちゃってる」

確かに、SMAPでいるときと個人で出るときとは、吾郎のスタンスは違っていた。グループでいると決断力がない人のように映っていたかもしれないけど、誰もが「俺が、俺が!」だったら決まるものも決まらないし、一人グループで最後にまとまるように考えて行動するような吾郎のような存在はとても大事だったんだと今更ながら思う。

吾郎 「再スタートですから、ゼロになってもおかしくないという気持ちで始めたので、そういった中でお仕事にも恵まれて、好きなこともやらせて頂いて本当に楽しいです、今は

同じことを『おはよう関西』でも話していました。
吾郎 「ほんとに今、充実していますし、思っていたよりも本当にお仕事に恵まれて毎日が楽しいですね。いままで生きていて一番楽しいんじゃないのかなぁって」

今が楽しい。そう断言できる吾郎に安心した。「人生折り返し地点で、新しい道を切り拓いていくべきだった」とも吾郎が語っている。もう、そろそろ事務所に無理やり解散させられたとか、仕方なかったとかファンが言うべきではないんじゃないのかな。新しい道を吾郎が選んで、そして同じように考えた剛や慎吾と今、楽しくお仕事をやらせてもらっていると言える吾郎をただただ応援したい。そして、事務所に残ることになった中居くんや木村くんも自分で決めた道にしっかり進んでいる。それこそが、今のSMAPだと思う。

| | コメント (9)

ゆっくりと着実にスタート

梅ゴローのぶらり旅【梅沢富美男&稲垣吾郎が下町・蒲田で初の人情ふれあい旅】 (2018年1月4日放送分)

今年の1月にフジテレビで放送された貴重な(笑)バラエティ番組。思いのほか、梅沢冨美男さんと吾郎の相性が良く、番組タイトルどおり「ぶらり旅」らしいのどかな番組企画となっていて和みましたね。かなり遅いレポのアップとなってしまって申し訳ないです(汗)

午前8時からのロケにもかかわらず、吾郎さんはいたって元気。さすが、毎朝早起きしているだけのことはあります(笑)
吾郎 「よろしくお願いしま~す」
梅沢 「吾郎ちゃんんと一緒にぶらぶらするなんて最高じゃないの?」

実は、梅沢さんとはドラマ共演がある吾郎。TBSドラマ『TAKE FIVE』の第7話に梅沢さんが出演されたんですよね。そのときはあまり吾郎とじっくり話す機会がなかったそうで、吾郎が町をぶらりと散歩するイメージがない梅沢さん。しかし、ファンなら知っている吾郎さんは意外と散歩好き(笑)

吾郎と梅沢さん、そしてアシスタントの宮澤智アナウンサーと下町ぶらり旅のスタート。番組の趣旨は、二人が行き先が決まっていないひとつの町をぶらり旅して、地図を見て行きたい場所を決める。気に入ったら「梅ゴロー認定」印に認定する。

東京・大田区にある『大田市場
向かった先は、青果棟。大きなスペースでセリが見られるのもありますが、実は隠れたグルメスポット。市場で働く人たちの食堂と市場直送の食材を販売する店舗が並ぶ関連棟に移動して、まずは店舗を徘徊。

愛媛県のオリジナル高級みかん『紅まどんな』。とても甘いみかんを試食させてもらうと、梅沢さんが自腹で吾郎にプレゼント。それも試食したのは一個300円のものだったのに、吾郎には一個1000円の『紅まどんな』を! さすが、大御所(笑) 

次に寄った店舗は「わさび」を売っている青果屋さん。立派なわさびだ。
お店の方 「吾郎ちゃん、これ、どっちからするか知ってます?」
吾郎 「いや、わからない、吾郎ちゃん。教えてください」

甘え上手か(笑)! わさびは、葉がついているほうが新鮮なので頭からするのが正解なのだとか。一本2000円もするわさびをまたまたプレゼントしてくれる梅沢さん。お金の使い方が粋ですね(笑)

三洋食堂
お食事処でのロケの交渉はなぜか吾郎(笑) すんなりOKをもらってゆっくり頂くことに。お店のおばさまは、梅沢さん世代で大喜びですが、当然吾郎のこともご存じで「テレビで見るより、まだかっこいいね。びっくりしちゃった。もう、なんにもできない!」と言ってくださり、いつものごとく恐縮しながら照れる吾郎(笑) いや、吾郎さん、本当に男前なんだから、もっと堂々と褒められ上手になってください(爆)

頂いたのは、吾郎が生うにデラックス定食(うにはひと箱まるごとの箱うにで、特大エビフライとマグロの刺身付きで1700円)。梅沢さんははみ出し穴子フライ定食(その名のとおり、お皿だけでなくトレイからもはみ出る特大穴子フライに、まぐろの刺身付きで1200円)。どちらも、本当に新鮮でおいしそう。

この店で、今回のぶらり旅をする町「大田区の蒲田」の地図を広げ行き先を決めることに。梅沢さんは、蒲田は銭湯が多いことに興味を示し、吾郎は数多く点在する製作所の中で興味のある江戸切子の工場見学を選択。神社も散策してみることに決定。お腹もいっぱいになったことですし、二人で行きたい先に向かうことに。

蒲田西口商店街
戦後、闇市として誕生。昭和40年にアーケードが設置され、いまでは155店舗が軒を連ねる。店舗に声をかけながら散策。その中で酒屋さんを発見! もちろん、ロケ交渉は吾郎さん(笑) もちろん、こちらも問題なくOKです(笑)

旭屋
お店のレジにいる若い常務取締役の男性のスーツの襟にソムリエバッヂが輝いているのを吾郎がめざとく見つけると、なんと吾郎のドラマ『ソムリエ』を見て憧れ、自分もいつかソムリエになりたいと思ったという素敵なエピソードが聞けました。いや、すごい確率での出会いに乾杯ですね(笑)
この店には所せましといろんなお酒が陳列されていますが、自社倉庫にはまだ約5000種以上のお酒が保管されているのだとか。せっかくなのでワインを紹介してもらうことに。お薦めされたのは、国内ワインである栃木の足利市で作られている『農民ロッソ』。ここでも、梅沢さんが一本購入してくれて、店内で赤ワインを開けて試飲。

馬淵ダンススタジオ
店を出て交差点にたどり着くと、なにやら楽しい音楽が・・・ビルの看板には『馬淵ダンススタジオ』。ロケ交渉に一人でスタジオに入っていく吾郎を見た皆さんが拍手で「すごい!吾郎ちゃんだぁ!」とお出迎え(笑)
蒲田で開業32年。プロダンサーを輩出してこともある社交ダンスの名門ダンススタジオ。皆さんの踊りを見せてもらったあとに、一緒に踊ってみることに。マダムにリードされる吾郎さん(笑) いや、ちゃんとステップ教えてもらわないとできないよね。

佐久間製作所
0.001ミリ単位の正確さを追求する金属製品を製造。スマートフォンから宇宙ロケットの部品までを請け負う世界に誇る技術を持つ下町工場。ここでも、ロケ交渉をしにきた吾郎を見て「えっ?!吾郎ちゃん、来るんだ、こんなところに(笑)」と言われる王子様(笑) 緻密な作業を見せてもらって感心する二人。

鍋谷グラス工芸社
次に向かったのは、吾郎が気になっていた江戸切子を製造する熟練の技を見せてもらって、二人とも実際に試してみることに。吾郎さん、工程が楽しいみたいでご機嫌さん(笑) いやぁ、私もやってみたい!

ここで、吾郎さんからのリクエスト。商店街での食べ歩き。と、いうことで・・・
雑色(ぞうしき)商店街
お肉専門店『肉のミゾグチ』- 1日200個を売り上げる名物「ハムカツ」
竹沢商店』- 老舗のやきとり店
目黒食品』- 1975年創業のおでん屋

老舗湯どころ『太平湯
大田区には都内最多の39軒の銭湯がある。町工場の増加に住宅事情が追い付かず、お風呂がない住宅が多かったのがその理由。『太平湯』さんに着くと表にはシャッターが・・・吾郎の提案で裏手に回ってみると、店主が薪を割って準備中。創業61年の『太平湯』は、歴史ある銭湯。蒲田でも珍しい薪でお湯を沸かしています。

開店前に特別に中を見せてもらうことに。番台があって、昔ながらの体重計があって、湯舟のタイル壁には王道の富士山fuji(笑) 実は、この富士山が描かれるのには理由があって、洗い場の奥行きを出すための工夫なんだそう。へぇ~、知らなかった。梅沢さんから、昔の江戸の銭湯事情を聞いたあと、男湯と女湯の区切りのタイル壁が低いことに驚く吾郎さん。昔の人は、吾郎みたいにすらっと背が高くないもんね(笑) そして・・・女湯を背伸びして覗いてみる吾郎(爆) もちろん開店前なので誰もいませんが(笑) 洗い場のお掃除も手伝って、銭湯を後にします。

穴守稲荷神社
戦後、羽田空港拡張のため現在の土地に移動。京都の伏見稲荷大社の分祀にあたる200年の歴史を持つ格式ある神社。境内でおみくじを引いてみると、宮澤アナは中吉、吾郎は末吉、そして梅沢さんは・・・凶。ドンマイ!梅沢さん(笑) わかりやすく落ち込んでいる梅沢さんの横で、おみくじの運勢をあ~だこ~だと読み解いている吾郎と宮澤アナの様子が可愛くていい雰囲気でした。

福田屋
大正時代から90年続く老舗甘味処。あんこたっぷりの今川焼が名物。古い店内ですが、一面窓ガラスの外には和庭園。ここで、おいしいお汁粉を頂きながら吾郎が率直に話す今の自分。

吾郎 「2018年は新しい年になりましたし、3人で新しい地図というファンサイトを発足させて頂いてようやくスタートしました」

新しいスタートを切った吾郎に梅沢さんの自然な対応と優しさが身に沁みました。吾郎にとって、2018年が素晴らしい年になりますように。ファンとして、全力で応援していきたいと思います。

| | コメント (0)

おじゃMAPでのシンゴロ

おじゃMAP! SP (2017年12月20日放送分) ゲスト:吾郎

2012年から6年間もゴールデンタイムで続いていた慎吾のレギュラー番組。実際、放送時間が少し早いので仕事をしているとなかなか見ることのできない時間帯でしたが、気負いもなく楽に見れるお茶の間的番組でした。「スマステ」にしろ、慎吾の番組はそういう視聴者に優しい番組だった。

レギュラー番組がなくなってしまうかもしれない・・・そういう覚悟は、独立を決めたときに慎吾にもあったと思います。でも、それでも自分たちのために集まってくれる人たちと一緒に仕事がしたかったんですよね。それは、きっと吾郎も剛も同じ。中居くんや木村くんにもそれぞれの理由があるだろうからいまさら深くは掘り下げないけど、それぞれがこれからの道を頑張っていってほしいと思う。

番組が終了する前に、吾郎がゲストで出演。もう昨年末の話になるわけですが、長く続いた番組に敬意を表して楽しかったところをピックアップしてレポさせて頂きます。

吾郎の番組での企画は、『稲垣吾郎主催のパーティを開催し、慎吾にもっと僕のことを知ってほしい』(笑)
まぁ、確かに同じグループで長年いたけど、お互いに知らない部分が多いというのはありますよね。なんせ、ほとんどプライベートで行動をしないSMAPさんたちなので、家族よりも長い時間を過ごしているにもかかわらずよく知らない(笑)

吾郎が選んだ人たちをパーティに呼んで、その人たちを通して慎吾に自分のことを知ってもらう。隣の慎吾の不安そうな顔(笑) 
事前に、剛のときと同じくザキヤマさんとの打ち合わせがありまして・・・

吾郎 「なんで草彅くんは、おじゃマップでの出演回数が多いの?そこは、同じ扱いでよくない?!」

いきなりザキヤマさんを困らせる『ムカつき御曹司』(爆) 少しはそう思っているかもしれないけど、テンションあげているのは吾郎なりに番組を盛り上げようとしているんだよね。実際、スタジオにいたスタッフさんたちは大爆笑だったし。

吾郎がしたいこと
1. 慎吾と二人でパーティの買い出しに行きたい
2. 二人きりの時間を作って、いろんなことを聞いてみたい (吾郎の愛車で(笑))

打ち合わせどおり、朝早く車で慎吾の待つ場所にやってくる吾郎。乗ってきた車は、実際には愛車ではなくて同じ車種の黒のMINI COOPER S。なぜレンタカーにしたかは、車内を小型設置カメラやマイクをガムテープで貼られたくなかったから。吾郎は、どんなときでも吾郎だね(爆)

とにもかくにも、吾郎の運転するそのレンタカーで吾郎が行ったことがないという「コストコ」で慎吾と買い出しに行くことに。
SMAP時代から、吾郎が運転する車にメンバーが乗っている画というのは初めてで、ものすご~く新鮮(笑) そこで、いろんな話を二人でする様子にも感動だよ。

吾郎のもう一台の愛車は、同じくイギリスの車のレンジローバー(AUTO BIOGRAPHY)。こちらは、ゴルフに行くときなどの大型車。
車内での話は、触りでゴルフ(笑) そして、慎吾が褒める吾郎のブログ。吾郎は朝が好きで、よく散歩をしている。お洒落の話・・・もともと、吾郎さんが実はおしゃべりというのもあるけど、話が途絶えることなくコストコに到着するまでに二人でいろんな話ができました。

コストコで買物をしたことがない吾郎。まず、会員登録をしないと買物ができないということで、会員証の写真撮影に嫌がる、嫌がる。でもわかるわぁ、いきなり写真撮りますって抵抗ありますよね。だけど、イケメンはいつなんどきもイケメン。問題なし(笑)!

買い出しスタート。パーティの調達なのに、いきなりワインセラーに食いつく吾郎(笑) そして、いきなり『稲垣吾郎クイズ』に驚く慎吾に楽しそう(笑)

Q 稲垣吾郎の家には何本のワインがある?
慎吾 「100本」
吾郎 「200本ある」

また、増えた?! すごいなぁ、飲ませてほしいわ(笑)

さらに進むと、ボルドーの名品、シャトー・オリビアの白ワインの試飲コーナーが。勧められるままに飲もうとする吾郎を、すばやく「車!車の運転あるのに!」と慎吾が静止。そりゃ、そうだ。

Q 稲垣吾郎は最近どこでワインを買っている?
慎吾 「ネット」
吾郎 「山梨県の甲府です」

国内ワインも最近美味しくて、友だちが山梨とコラボレーションでワインを造っていて便乗して行っているらしい。

パーティの飲み物の調達には、もちろんサントリーさんの「ALL-FREE」もチョイス。ちなみに、料理は慎吾が興味を持っていた吾郎のご友人の「ヒロくん」の手料理。そのための調達もコストコで。ローストビーフのための肩ロースのかたまりを購入。前菜用にサーモンフィレ。燻製用に生カキ。豪華ですね~。

そして、お会計は88465円!!! 驚く二人(笑) 鉢のお花まで買ってるもん。そりゃあ、そうなるよね(笑)

会計後のコストコのお楽しみはフードコーナーでのお食事。慎吾の食べる量に驚く吾郎(笑) 体格差の理由を知る(笑)
ここでも、いろいろと話す二人ですが、ファーストフードに慣れていない吾郎は「グラコロ」を知らず普段の日常の違いを知る(笑)

稲垣吾郎パーティSTART!

場所は、事前打ち合わせで吾郎自身が「こじんまりとひっそりとした場所」を希望でスタッフが選んできた場所はとても素敵。テーブルに並べられた料理は、前日にヒロくんが自宅で調理してくれたものがズラリ。そこで、吾郎が2017年中に会いたい芸能人をご招待。その方たちのお話で、慎吾に吾郎のことを知ってもらうことに。

Mapsp3mpg_20180410_025514634

来てくれたゲストは、とても豪華。トークも楽しかったですが割愛させて頂きます。
真飛聖さん  (舞台『恋と音楽』(2014年)で共演)
北村岳子さん (同上)
田山涼成さん (舞台『No.9』(2015年)で共演)
島崎和歌子さん(ドラマ『学校へ行こう』(2091年)で共演)
高橋由美子さん(堀越学園の同級生、ドラマ『最高の恋人』(1995年)で共演)
北浦靖子さん (舞台『広島に原爆を落とす日』(1997年)で共演)
村上知子さん (ドラマ『ブスの瞳に恋してる』(2006年)で共演)
リサ・ステッグマイヤーさん (深夜の情報番組『WIN』(1997年)にて共演)
岩下尚史さん (ゲスト出演した情報生番組『5時に夢中』(2017年)でのコメンテーターとしてご一緒に)
谷川清美さん (舞台『謎の下宿人』(2003年)、『ぼっちゃま』(2011年)で共演)
神野三鈴さん (舞台『』(2010年)で共演)
鳳蘭さん    (共演がなく一番会いたかった人)

皆さんのお話だけでなく、共演したときの懐かしい映像や世に出ていない舞台の映像も流してくれて思いもかけずお宝の山になりました(笑) いや、本当にありがたいです。

世間の稲垣吾郎のイメージ調査では、まぁ、パブリックイメージのままのお話ばかりで・・・うるさい!黙れ!あなたたちに何がわかるのか!と思いましたが(笑)、吾郎さんが楽しそうに笑っているので良かったですね。イメージは、正直言うとSMAPにいるときにそういうイメージを持たれるポジションを作られていたから仕方ないよね。今後は、素のままの吾郎さんを出していってください。

自分のどこが好きかという神野さんの質問に、悩んだ末「最近よく褒められる指」と答えた吾郎、正解(笑)!
そして、そもそものテーマ「慎吾に自分のことを知ってもらいたい」はどうだったのか。慎吾には充分伝わったようで、「皆さんの話を聞いていて(吾郎ちゃんのこと)ちょっと好きになりました」と・・・慎吾は急にデレるからこっちが驚く(爆)

最後は、また吾郎と慎吾二人きりでワインを。それもスタッフは誰もいなくてカメラ据え置きの本当の二人きり(笑) こうなると、真面目なトーク展開になります。新しく始まった2017年は、二人にとっていろいろ改めて考える年になったよう。SNSを始めて、世間の声が直接届くようになったのは、二人にとってもすごく新鮮なことだったんですね。

お芝居に関しては、吾郎は自分の演技はまだまだだと。役者は天才の方たちがたくさんいる。草彅剛もそうだと。でも、自分は違うと話す吾郎。いやいや、吾郎の静かな演技はとても好きです。そして、そんな吾郎に何かが降臨したようなすごい演技を見せられるときがすごく好き。

踊りは大嫌いだと言う吾郎ですが(笑)、踊っていて気持ちいいなぁと思うことはあるようだ。今後も期待します(笑)

| | コメント (0)

MXに風を運んできた男

5時に夢中! (2017年10月24日放送分)

突然、当日の昼間に飛び込んできた吾郎のテレビ生出演。TOKYO MXでの出演も初めてなら、生放送での出演は1年半ぶり!
しかし・・・ニュースが流れたときには、当然仕事でしたし録画する術もなくとても残念だったのですが、公式でYouTubeに動画をあげてくれるというありがたさ。見逃した方も、まだ見れると思いますので是非視聴してみてください。

とにかく、アットホームな番組(笑) 関東ローカル局の番組なので、良い感じで自由さがあってゆるい感じがいいですね。ゲスト出演ということなので、ひとつのコーナーに出てきてくれるのかなぁと思っていたら、番組の始めから終わりまでずっとゲストコメンテーターとして出演してくれてあらゆるところにツボ満載だった(笑)

どうやら、曜日によってレギュラーコメンテーターが異なるようですが、吾郎が出演した火曜日は「ゴロデラ」での共演も多い作家の岩下尚史さん。吾郎が大好きなのがダダ漏れしていて(笑)、岩下さんがご一緒で良かったなぁと思いました。

コーナーの流れとしては、まず「今週の夕刊ベスト8」なるものがパネルと共に紹介。吾郎もコメントを挟みながら、ちゃんと情報番組として成立しています。

吾郎のコメント
・ 独身で寂しいと感じるときは、広いダイニングテーブルで一人で端に座って食べているとき
・ 不動産探しで気を付けていることは、パパラッチの方への対応として入り口が何ヵ所かあること(笑)
・ 「新しい地図」での映画『クソ野郎と美しき世界』は、まだ詳細は決まっていないけど楽しみにしていてほしい
・ 小池百合子さんは、吾郎のパパと飲んだことがある
 (これは、「スマスマ」で小池さんがビストロゲストで来られたときに話されていたのですが、SMAPも驚いていたけど「ゴジム(5時に夢中)」のスタッフさんたちからも思わず「へぇ~?!」と驚きの声があがる(笑))
・ 見た目とは違い、意外とお酒に強い吾郎。あまり変わらないそう
 (岩下さんは、素敵の連呼。一緒に今度銀座に飲みに行くお約束を番組で交わす(笑)

そして、本日のメイン企画「ゴローの奥様テレフォン相談室」!
特にファンというわけではないと思われる主婦の方お二人からの相談だったと思われるのですが、やはり吾郎さんとお話できるとなるとテンションが上がってしまうのは声音でわかる(笑) 

イチオシ吾郎語録
「旦那様が僕らと同じ顔だったら、商売あがったりなんで」

いつもの吾郎らしく、真面目に真摯に的確なアドバイスをする吾郎の素敵なこと! わざわざ、黒電話まで用意して吾郎に使ってもらう演出もGoodなら、カメラさんの吾郎のUP率の高さにも拍手(笑) 

とにかく、思いのほかとても楽しめたゲスト出演番組で、実際に見てほしいので細かい流れのレポは割愛しますが個人的にツボったところを総括で書かせて頂きます。

まず、メインMCのふかわりょうさんと上田まりえさんの素晴らしい進行。ゲストから適所でコメントを引き出して、返す言葉がどれも優しい、優しい。ふかわさんは、芸人の頃はこう言っては申し訳ないですが、「空気の読めない」キャラで通されていたのですが、なんのなんのやはり頭の良い方なんでしょうね。お二人が番組放送後に、SNSで「とにかく、吾郎さんは素敵だった」と言ってくださったのも嬉しかったです。

岩下さんも、「吾郎さんは打ち合わせでもまったくえらそうにするところがなく、風のように入ってこられた」と表現されていた。吾郎がバラエティ番組に出演するときに、無理に盛り上げようとするのがすごいなぁとは思いつつ少し複雑なところもあったので、今回とても自然体で吾郎の良いところが全部出ていた。尚且つ、普通に話していることがとにかくウィットに富んでいる様子は私の中でパーフェクトでした(笑)

あと、特筆すべきは視聴者からのメッセージのチョイスが秀逸だった。おそらく、この番組を見ている視聴者の質がとても良いと思うのですが、さらりと番組へのプチ毒を含んだメッセージは番組に愛情を感じる。愛されている番組なんですね。そんな番組に吾郎がゲスト出演できたことがとても嬉しい。

視聴者層の幅も広く、主婦だけでなく男性からのメッセージも多かったのは素晴らしいですね。普段はゆるく放送されているので(笑)、恒例の番組生アンケートでの今回の吾郎に関する質問の回答が通常より桁違いで多かったらしく、それだけの人が見ていてくれたというのも嬉しい結果となりました。放送後、Twitterやネットニュースでの反響がものすごく、AbemaTVでの新しいチャレンジももちろんすごいことですが、やはり地上波のテレビには出なくてはいけないと実感しました。

最後に視聴者からのメッセージがとても良かったのでピックアップしておきます。
いつもはサクサクと開く「ゴジム」のサイトがなかなか開きませんでした。おそるべし!」
「日頃、「ゴジム」を見ていた私を馬鹿にしていた友人から「今日見るね!」とLINEがきて、少し優越感をおぼえました
「驚きました。以前、サモハンキンポーさんが出て以来の衝撃です!」
「都内の家電量販店のテレビ売り場は、全部のテレビでMXが流れていてたくさんの方が集まっています」
一流番組に仲間入りしたと勘違いしなければいいなぁと思いました。視聴率も話題性もすべては稲垣さんの力ですよ」

最高ですね(笑)(笑)(笑)

吾郎も最後に、「とても楽しかった。また来たい。生放送でたくさんの視聴者の方からのメッセージもとても嬉しかったです」とコメントしていて、大笑いしたあとになんだか胸にこみあげるものがありました。吾郎の生放送出演の噂が広がって、MXの前にはたくさんの方が吾郎をひと目見ようと集まっている映像が翌朝のニュースでガンガン流れましたね。そこに、女性ファンだけでなく一般のサラリーマンの男性の姿も多く、たくさんの世間の方が吾郎を待っていると感じました。是非、各テレビ局の方は「忖度」とか言っていないで動いてほしいですね(笑)

| | コメント (6)

バラエティ番組の流儀

レギュラー番組はあれど、『ゴロウ・デラックス』は関東圏のみ(一部地域放送あり)のため、多くのファンは吾郎をテレビで久しぶりに見ることができた8月19日は至福の時を過ごせました(笑) 番宣の可愛さに萌え焦げ、安定の特番で一緒に震えあがり、テンションおかしくなりそうだった(笑)


金の正解!銀の正解!

まず、クイズ番組自体にあまり出たことがないと話す吾郎。確かに、思い出してみると・・・SMAPで出演した『マジカル頭脳パワー』ぐらいしかすぐには思い出せない。あとは、『フレンドパーク』内でのクイズ形式のチャレンジぐらいか。
と、いうことで若干緊張気味の吾郎に、両脇から挟む女芸人のお二人と、「吾郎ちゃん」と親しみを込めて呼んでくれる的場浩司さんの優しさに触れ、吾郎だけウォーミングアップをさせてもらうことに。

出題するのは、番組の神の声。しかし、この中の人は吾郎の舞台『No.9』で共演した片桐仁さん。この舞台仲間たちはいまでもプライベートで会って食事をしたりと仲良しさん。なので、「神の声」の吾郎への愛あるツッコミは番組中ずっと続きますが、吾郎へのヒントはとても優しかった(笑)

図形を見てひらめき具合で、「鉄・銀・金」の正解を導かなければいけないクイズ番組。金の正解を出すには、これが意外と難しい(笑) 吾郎は、最初ちょっと要領がわからなくて苦労するわけですが、『SMAPがんばりますっ‼』のときのような饒舌な言い訳。もちろん、これはテレビ向き。そして、多少の負けず嫌い(笑) バラエティ番組を盛り上げるための技は、長年『スマスマ』で培ってきた筋金入り。盛り上がらないわけがない!

SMAPカラー全開で挑んだバラエティクイズ番組。なにがすごいって、味覚クイズ。味覚だけでなく、匂いでもって回答を導き出す吾郎のかっこいいこと。吾郎がワインの利きがプロ並みなのも、この鋭い感覚の持ち主ならではなのです。そして、上質な食事はご友人たちと頻繁に食する機会もある吾郎は、2問とも大正解。2つ目の問題なんて、ガッツリ一人勝ちでした(爆)

「僕はわかるので、だいたい」
「少数で勝ちたいですね、これ」

久しぶりに言わせてください・・・「この、むかつき御曹司heart!」(笑)(笑)(笑)

なのに一人だけ正解すると、子どものように「やったー!やったー!やったー!」と飛び跳ねる可愛さよ。稲垣吾郎の魅力のひとつは「ギャップ」である。そして、私はこういうギャップを持った男性がと~~~っても好きなのであった(笑)

番組を通して見ていて、いかに自分が参加することで番組が盛り上がるかを常に考え、出演するからには番宣だけでなく全力で挑む。気負いすぎることなく空気を読みつつ微調整を加え、キュートだったり、男前だったり、大人だったり、子どもだったり・・・吾郎の魅力が余すところなく出ていました。役者としても定評はあるけれど、バラエティで使える男。今後もテレビでの活躍を期待させる番組出演となりました。

ほんとにあった怖い話 夏の特別編2017

そして、番宣のあと一時間空けて、恒例の「はい!吾郎さん!」の実録心霊ドラマスペシャル番組。毎年、「ほん怖クラブ」のちびっ子たちの顔ぶれが変わり、吾郎さんと一緒にVTRを見たあとの感想を伝えてくれるわけですが・・・今年も癒しの時間だったわぁ(笑) 今年は、吾郎の左隣に座っていたあきとくんが、VTRが終わるたびに吾郎にピトッ!とくっついている姿が可愛かった。うん、うん、吾郎さんにくっついていると安心するよね(笑)

年々、吾郎さんと子どもたちのカット時間が短くなるのが残念だったのですが、今回は最後にお久しぶりの下先生を交えて心霊写真鑑定のコーナーが復活。実録VTRだけでいいという視聴者もいるだろうから、こういった心霊コーナーでの追加はいいかもしれません。心霊写真自体は、最近は加工が簡単にできる時代になったので検証は難しいと思うけど、入れ込んでくれた番組には敬意を表したいと思います。

今年の5本のビデオですが、最後「なんで?!」と思うものもあって検証してほしかったなぁ。今回の作品の元となるコミック「HONKOWA」を購入して読んでみたら(吾郎さんのお写真が表紙にあり、中もカラーページで記事掲載あり)、ちゃんと理由が描かれているんですよね。テレビでもしっかりそれは放送してほしかった。ただ怖がらせるだけのVTRは、実はあまり怖くないというのが個人的な意見です。シリーズ放送での心霊研究家の方からの検証があってこそ、この番組の醍醐味だったので。

最後の「イワコデジマ」のおまじないのあとの、セピア色の吾郎さんの笑顔が素敵でしたheart01

関東でも2桁をたたき出しましたが(申し訳ないですが、現在のフジテレビさんのバラエティ番組なら優秀な数字)、地方ではさらに高い数字が出ました。制作スタッフさんが、喜びの呟きをTwitterでされていたのも微笑ましかった(笑) 数字がすべてではないけれど、多くの人が見てくれたという事実はやはり嬉しい。来年も、また夏の風物詩として吾郎さんの「ほん怖」が放送されますように。

| | コメント (4)

ボーダーレスな三人

「SMAPxSMAP」の枠での特番は、吾郎慎吾の特番第二弾となる「つよしんごろうの境界線クイズ」。前回はそのまま一時間の枠だったのが、二時間のSP番組となったのは好評だったんでしょうね。正直に言わせてもらうと、個人的には第一回目のほうが楽しめたかなぁと。今回も、いろんな境界線でテーマは悪くなかったとは思うのですが・・・せっかくSMAPから三人がMCで参加しているのに今回はあまり絡むところがなく残念だったのは否定できない。ちょっと、中だるみしてしまったので(苦笑) でも、三人が出てくるところは間違いなく面白かった。個人的にツボったところだけレポしておきます。

やはり、三人並んでいるだけで面白い(笑)オープニングが最高だった。
吾郎の一回目よりさらに滑らかなクイズ説明のあとに楽しいトークが(笑)
 「前回、一回やったんですけど、僕らのMCがとても、こ、好評で今回は二時間スペシャルです!」
会場 (剛のつまづきに)(笑)
 「今、噛んでませんよ~(笑)」
慎吾 「前回はあれですね・・・草彅さんが正解発表の前に正解を言ってしまうという・・・」
 「まぁ、あれは僕の狙いだったんですけどね。ここの見せ所でしたね」
(ここという肘をポンポンする場所が違う(笑))
吾郎 「あっははは」
盛大に笑う吾郎が可愛い、可愛い(笑)

1.イケメン中学生とアラサーの境界線
最後の方の空手披露で思わず「えいっ!」と声が出てしまい(笑)、口元に「し~(汗)」と指をあてている吾郎が素敵heart
答え合わせの時間で、三番の方にお話をもう一度聞きにいく剛。通り越して二番へ(爆) まだ、二番の方の答えが出ていなかったので、これはまさかの失態(笑)(笑)(笑) 笑った、笑った。
慎吾 「(焦る剛に)汗っ!」 (笑)

2.オーバー40美熟女と女子大生の境界線
女子大生の三人もそうですが、美熟女のアラフォーの皆様お美しいですねぇ。ただ、やっぱりUPになると肌のハリが違う(笑) もう、それは仕方ない。でも、この美肌の維持は素晴らしい!

3.-50キロ超ダイエットとナチュラルボディの境界線
超ダイエットされた方に「二の腕」を披露させるのは酷だよねぇ(汗) 50キロ以上のダイエット辛いだろうなぁ・・・皆さん、根性ある人たちなんだ。つよしんごろうが「素晴らしい!」と口々に言っていたのが素晴らしい(笑)

4.整形美人とナチュラル美人の境界線
吾郎が最後に言っていたように、ご本人たちが前向きに明るくなれたというのが前面に出ていていいですよね。現在は、すごく簡単に整形できるんだなぁ。値段も手頃みたいだし(笑) そこに、最近のメイクテクニックを合わせたら完璧ですね。
 「うん?!にじゅう瞼フォーエバーっていう・・・」
ふたえ瞼ね(笑) 剛、面白ろすぎ(笑)

5.ジェンダーレス男子と女子の境界線
これもわかりにくいような、わかりやすいような(笑) とにかく、最初の方がとてもカッコよくて美しい女性だったわ。
慎吾 「もうちょっとで収録終わるから、もうちょっとしゃべれよ、草彅!」
(笑)(笑)(笑) いやいや、剛も立ち位置があるから(笑)
慎吾 「休んでんじゃね~よっ(怒)!」
吾郎 「あはははは」 また大声で笑ってる。可愛いheart

そして、エンディング。
吾郎 「これ、また第三弾・・・」
慎吾 「あるかな?」
 「あるでしょう!」
慎吾 「なんか、最後ぐらいなんかないの?」
吾郎 「じゃあ、最後は真ん中でね」 (自分のセンターの立ち位置を剛に譲る吾郎(笑))
 「以上、境界線クイズスペシャルでした(笑)また、会いましょう~notes
三人で笑顔。可愛い(笑)

とにかく、ちゃんと進行をまわした吾郎。ボケて笑いを作っていた剛。その剛をひたすら突っ込んで盛り上げた慎吾。つよしんごろう、完璧なチームワークでしたね。また特番を出してくるのなら、SMAPでいろいろ組み合わせを変えて出してくると面白いかも。上二人もアリだと思うよ~(笑) 「スマスマ」スタッフさん、いろんな企画お待ちしております。

| | コメント (9)

ぷっすまダンス部に入部!

4月29日から始まる、吾郎出演のドラマ「不機嫌な果実」の番宣はテレ朝でのSMAPメンバーが持つ番組ジャック(笑)! あとは、慎吾の「スマステ」に出演すれば制覇なわけですが、これは生放送なのでドラマ収録の都合が合えば出てくれるのではないかと思っています。の「ぷっすま」にゲスト出演する吾郎。二週続けて放送してくれたことに、「ぷっすま」スタッフさんへも感謝!

アイドルが大好きなユースケさんが部長となって、アイドルの振り付けを完コピするという「ダンス部」企画。以前から、吾郎が「ぷっすま」に出るのなら一度は「ダンス部」で出演してほしいというファンの願いが今回叶ったわけです(笑) ここでひとつ思い出したのは、テレ朝さんの「SMAPがんばりますっ!」で、メンバーそれぞれのチャレンジで吾郎にAKB48に入って一緒にダンスをするという企画が実はあがっていたこと。(諸事情で、このときの「がんばりますっ!」が飛んでしまったので残念ながらこの企画もなくなった) それが、こういう形で見れることになったのも嬉しいです。

今回の挑戦者は、吾郎ともう一人芸人ドランクドラゴンの鈴木拓さん。ジャージ姿の吾郎の足のほっそいこと(笑) 皆、同じ「ぷっすま」ジャージを着ているのに、なぜに吾郎はスタイリッシュに見えるのか(笑) 9年ぶりに「ぷっすま」に出演の吾郎は、ちょっと照れている感じだったけど、それよりもさらに照れている剛(笑)(笑)(笑) いつも会っていても、自分の番組にSMAPのメンバーが来るとちょっと照れちゃうのかな。吾郎も「ゴロデラ」にメンバーが来てくれるとそんな感じですもんね。

吾郎 「僕、なんで、これ・・・今日呼ばれたんですかね?」
ユースケ 「そりゃ、吾郎くんのダンススキルが。SMAPだからね!」
 「ねっ、ごろさん、ダンススキルいいんじゃないですかね(笑)」 (にっこにこ(笑))
吾郎 「ダンスが苦手とか、踊りが1テンポどうだとか、昔からSMAPの皆さんにいろいろ言われてるけど、それキャラのネタだから!それでも、SMAP何十年もやってきてるわけだから」
 「じゃあ、ちょっと演技してんだ、1テンポ遅れてる」
ユースケ 「草彅さん、そう思っているんですか(笑)?」
 「たまに、ちょっと遅い人がいるなぁと思ったら、だいたい皆、ごろさんを見てるんだよね」
自分でハードルをあげる吾郎に、前振りで緩和させてくれる剛(笑) まぁ、SMAPのダンスが揃わないのは吾郎だけのせいじゃないからねぇ(笑) 確かに、吾郎のダンスはテンポが先走ったりズレることもあるけど、SMAP皆個性出しすぎだから(笑)

今回のダンスは、モーニング娘。‘16の7名。今回は、彼女たちが全員に振り付けの指導をしてくれます。課題曲は、noteワクテカ Take a chancenote ポイントは、踊りを揃えるというよりはしっかり立ち位置を把握することが大事なフォーメーションダンス。これは、SMAPはライブでもやっているのでうまくできそうです。目標は、課題曲のワンコーラスを4人で分けて自分のパートを完璧に踊ること。ミスは全員で5回まで。吾郎には、二番目の一番長くて難度が高くソロのフリーダンスが入るところを部長のユースケさんが割り当てる。順番は、ユースケ→吾郎→剛→鈴木。

お手本を見ているときに、すでに一緒に振りを踊ってみる吾郎。じっと見ている剛。きっと、この一回目だけでなんとなく頭に入ったであろうSMAPのメンバー二人。あとは、細かいところを入れ込んでいくだけですね。練習に入るまえに、なんとエガちゃんこと江頭2:50さんの乱入(爆)! まさかの、対決となりました。いや、盛り上げてくれたよね(笑) 絡みづらいエガちゃんに、果敢に攻撃をかける吾郎の男前なこと(笑) バラエティ力は結構ある吾郎だと思います。(さすがに、番組側は予告で流れたエガちゃんから吾郎への頭を叩くところはカットした模様(笑))

そんな大騒動のあとに、メンバーそれぞれが30分間個人レッスン。何度も繰り返して確認するいつものように真面目な吾郎。3分で振りを覚えてOKを出す剛。SMAPの振り付けレッスンのときも、だいたい同じような感じなんだろうなぁとこういうところで見せてもらえたのもありがたかった。本番では、白と黒の衣装に着替えるわけですが、吾郎の衣装がスカートのような巻物つき。これは、ダンスしにくそうなタイトな巻物で(苦笑) 

ダンスの審査は、なかなか厳しくちょっとしたミスでもミスはミス(笑) 一回目は、トップバッターのユースケさんですでに5回ミスで強制終了(笑) 二回目は2回ミスで次の吾郎に繋ぐ。さぁ、我らが王子の登場(笑) 
吾郎 「余裕、余裕」
ユースケ 「20年以上やってんだから」
 「5万人の前で踊ってますからね」
少し緊張すると言っていた吾郎ですが、音楽が始まるとアイドルさながらの可愛い笑顔でワンミスで、フリーダンスも吾郎らしく可愛い、可愛い。終わったあとに、「表情がいい!表情がいい!」と大声で言ってくれる剛。確かに、このダンスならSMAPだったら余裕なんだろう(笑) SMAPの振り付けも難しいもんね。5人のフォーメーションも毎回複雑だし。

三番目の剛は、踊る前にもう一度だけ振り付けの確認(笑) そりゃあ、覚えただけでOKにしちゃったもんね(笑) ノリは良かったのに細かいところで合わなくて強制終了。ということで、最初のユースケさんから・・・確かに、これはトップバッターが大変だ。でも、吾郎のダンスがまた見れる。ユースケさん、こういうことも考えてくれて吾郎を二番にしてくれたのかも。そして、今回はノーミスでソロダンスはあい~ん(笑)?!と投げキッスkissmark 続く剛も今度はワンミスでクリア。そして、最後の鈴木さんが・・・まぁ、こうなるよね(爆)

4回目のチャレンジは、ユースケさんワンミス。吾郎ノーミス。(フリーダンスのじゃんけんがおそろしいほど可愛かった件(笑))、剛ワンミスで最後の鈴木さんに繋ぐ。5ミスとなって強制終了。これは、全員で鈴木さんを個人的指導(笑) 5回目のチャレンジは、ユースケさんがワンミス。吾郎がノーミス。(フリーダンスは、コマネチとエガちゃん(笑)(笑)(笑))、剛ノーミス、そして・・・鈴木さんが2ミスでクリア!

しかし、吾郎が毎回フリーダンスを変えてくるのが大変ですよね。最後のコマネチとエガちゃんダンスには終わったあとにうつむいて照れているのが本当に可愛くて。バラエティわかってますよね~。ここで、エガちゃんとの対決となるわけですが・・・まさかの、一回目でノーミスでクリアしてくるエガちゃん。DVDだけ見て4人のパートを全部一人で踊ってキレも良く(笑)・・・バラエティはどうした?!エガちゃん(笑)! とは言え、逆に笑えた(笑)

最後に、しっかりドラマ「不機嫌な果実」の番宣もさせてくれて剛、ユースケさんありがとう。ドラマ、さらに楽しみになりましたね。

| | コメント (8)

上機嫌な図書館

ずっと待ってたよ。ここ数年、ナカゴロがとてもいい感じなので、また二人で何かバラエティ番組に出てくれないかなぁと思っていた。吾郎が春ドラマ『不機嫌な果実』に出演することから、番宣を兼ねて中居くんの「中居正広のミになる図書館 3時間SP」にゲスト出演すると決定してから指折り数えて待ってました。期待どおり、いや、期待以上に二人で盛り上げてくれましたね。

中居 「日頃のぶんもありますんで、いじめ倒しますんでよろしくお願いします」
吾郎 カメラ目線で目を細め、受けて立つ!がごとくガッツポーズ(笑)

オープニングから、中居と吾郎で今からガッツリ絡むのでファンもついてこいよ!というサインが! その宣言どおり、とにかく中居さんが吾郎に振る。そして、それを全部受け止めて打ち返す応酬があちこちで見られてもう至福のスペシャルな時間となりました。

ゴールデン知らなきゃよかったSP」と題して、ゲストが日頃心がけていることが専門家から見て正しいのかどうか検討する企画。バラエティとして笑えるだけでなく、ためにもなる良い企画ですね。「スマスマ」と違い(笑)、とにかく吾郎のテーマ以外でもカメラさんが吾郎をUPで抜いてくれるのが優秀で本当にありがたく嬉しかったです。

きみまろさんのジョギングの話で、吾郎もジョギングをしているという話を振ってくれる中居くん。外よりは部屋の中でルームランナーで走ることが多いという吾郎。この流れで、吾郎の3LDKのマンションの詳細を知りたがる中居くん。
吾郎 「そういうことさぁ、普段、楽屋とかで聞いてくんない? カメラがないと聞けない?プライベートなこと」
中居 「そうね・・・(カメラが)回ってないとしゃべれないね」
吾郎 「あんまり、こう目が合うの珍しいね」
中居くん、素で爆笑して、ちょっと赤面。照れるな、照れるな(笑) 見ているほうが照れるわっ!

ルームランナーは、ライブや舞台で息があがったときにどう声を出せるかという意味でも歌いながら走っているという吾郎に、「スポーツ医学的にはプロの鑑」というお褒めの言葉を頂いてドヤ顔の吾郎に、ちっくしょ~という振りの顔をする中居くん(笑) すでに小芝居だらけのナカゴロちゃん(爆)

吾郎のテーマにいく前に、以前この番組に出演したがバッサリ専門家の方々に斬られる映像が流れます。つまり、番組側から吾郎に言いたいことは・・・
SMAPだからって容赦しませんよ
ということらしい(爆)

稲垣吾郎のマル秘入浴法
中居くんが、「女性入浴法?」とか「混浴法?」とか茶化してタイトルを読むのに苦笑して異論を唱える吾郎(笑) とにかく女の子が好きという路線にもっていく中居くん。それが当たっているのに(笑)、なぜか本人はヒロくんに持っていこうとする。ここは、もう中居くんに乗っかって女の子好きに戻してください(笑) それでこそ、稲垣吾郎の本領発揮だと思うので。ヒロくんはあくまでご友人で、たまに泊まることもあるでいいじゃないですか(笑)

・ 朝と夜1日2回入浴する
・ 朝から汗が出るほど入浴する
・ 風呂の中で台本を覚える
・ 入浴剤にこだわっている
・ 日によってボディクリームを変える
・ 髪の毛はドライヤーなしで自然乾燥
・ 入浴後はヘアバンド着用

話を聞いていて、中居さんから吾郎へ言いたいこと。
中居 「それ、女優さんだぜ」
吾郎 「うん、たぶん女優だと思う。頭の中、女性誌みたいなもんだから」
中居 「話を聞いていると、女子力は高い」

バスソルトに食いつく男性陣。えっ?!男性って、バスソルト知らない人多いんですか? 水素風呂や重曹はまだしも、バスソルトは普通に知っていると思った。「食塩入れるの?」のオンパレードに、説明するのがめんどくさくなる吾郎(爆) そして、極めつけはファンには耳タコの、東京ドームでの吾郎の一人失楽園シャワーのエピソード(笑)(笑)(笑) 毎回、はずれなく受けるので楽しそうに話す中居くん。吾郎も涙流して笑っているし。この人たち、本当に同じことで何度も一緒に笑い合えるんですね(笑)

とにかく、女子力が高い、SMAP5人で風呂に入れば一人でシャワー、癖毛が半端なくキュルンキュルンとか吾郎のSMAPメンバーだけの秘密を自慢して皆に話しているリーダーという画にしか見えません(笑) 「どうだ!うちの稲垣、ぶれないだろ?」と言いたくて仕方ないっていうのがダダ漏れですよ、中居さん(爆) そして、吾郎の自己管理は「アイドルの鑑」だとしっかり断言していましたね。

毛髪の専門家からダメ出しされたのは、「髪の毛はドライヤーなしで自然乾燥」。髪の毛は、洗髪後軽くタオルで包み込むように拭き取ったあと、ドライヤーを20cm離してしっかり乾燥させることが一番ダメージを防ぐベストな方法。これは、ヘアサロンに行けば必ず言われるので女性は知っている方が多いのではないでしょうか。まぁ、私も自然乾燥させちゃうことが多いですけどね(苦笑) タオルでガシガシ拭くのは避けてます。

水野真紀さんの健康法で、プロポリスの原液を直接喉にスポイトで垂らすという(実際は、水と混ぜるのと効果は変わらず刺激が強いだけなので避けたほうがよい)ことで、思わぬナカゴロ萌えとなる吾郎から中居さんへの餌付けが(笑) 
中居 「えっ?!これ喉に・・・?」
吾郎 「このまま原液で垂らしてごらん」 出た!中居さんをあやすのが世界一うまい吾郎のひと声(笑)
こういうとき、中居くんは嫌だという表情をするも、必ず吾郎の言うことを聞く(笑) 

SMAPは上二人の圧倒的な年上ポジションが成立しているわけですが、中居くんは吾郎にめっぽう弱い。弱いというか甘えちゃう・・・いや、吾郎が甘えさせてくれるから心地良いのかな? SMAPの中では最年長でリーダーである中居くんはいつもしっかりメンバーをまとめてきたわけですが、基本は末っ子で生まれてきた人で甘え上手な人でもあるんですよね。それは、SMAPを離れて鶴瓶さんやヒロミさんといるときの様子でわかる。そして、SMAPで唯一甘えさせてくれるのが吾郎。ときたま出るこの良い意味での下克上は(笑)、中居さんにとって癒しだと思っています。

栗山千明さんの大好物のなまこ酢でも、やいやいと吾郎に絡む中居くん。それに応えて「先生!僕、元気なんです(笑)!」と言う子供ような声で可愛い笑顔の吾郎が見られて、中居さんに感謝! そんな二人に番組からこんな公式のナレーションが・・・
さっきから仲の良さを見せつけてくれている二人ですが、ライブのときってどんな感じ?

吾郎がライブ前でもルームランナーで走っているという話があったが、中居さんは?という皆さんの疑問。なかなか自分のことは言わない中居くんに、後輩キスマイの二階堂くんからウォーミングアップしているのをしっかり見たという暴露(笑) SMAPのメンバーでは、慎吾は本当に何もしない、着替えも持ってこずスーツでリハをしてサッサッと終わる。だけど、本番できちゃう人という話も。同じSMAPでもそれぞれなんですね(笑)

後半、ゲストの顔ぶれを入れ替え。吾郎の隣には、あの『二十歳の約束』で吾郎とW主演された牧瀬里穂さん。吾郎が言うように、変わらずお美しい。牧瀬さんは、吾郎がぜんぜん変わらなくて驚いたとおっしゃっていましたが・・・わかります。ファンでも不思議なので(爆)
中居くんの、冗談での「二人は当時つきあってたな」に否定しないお二人(笑) それに、焦る中居くん(笑) スタジオ中騒然となりましたが、二人ともウィットに富んで場の空気を読めるんですね。もちろん、つきあったわけではないのですが、ドラマ作品のファンの方にファンタジーを残しておきたいという吾郎にすごいなぁと。きっと、ヒロくんのことを周りからいろいろ言われて否定しないのも同じようなことなんでしょうね(笑) 人それぞれで勝手に妄想するのは自由だと。レベルがすご過ぎて、偏った考えの人には理解されないだろうなぁ。

キスマイ北山くんの、「ジャニーズ、(恋愛遍歴の)時効聞いたことないですよ!」という叫びにも涼しい顔の吾郎。この年齢になったからではなくて、吾郎は20代の頃から恋愛に関してはオープンでしたよね。そんなところも先駆者だった気がする。

稲垣吾郎が30代からハマっている趣味
SMAPのメンバーもファンも知っている「ゴルフ」
・ 週1回はレッスンに通っている
・ 実際のコースにはあまり出ない
・ 美しいフォームを追求している

普段、吾郎のレッスンを見てくれている森守洋コーチから、お世辞抜きにスイングはプロゴルファーと変わらないと言われて嬉しそうな吾郎。ただし、もうできあがっているのでもっとコースに出てくださいと(笑) さらに、美しさを追求するのもいいけど、基本、体が硬いので限界があると言われてしまう始末(笑) まぁ、追求するものが上すぎてという意味ですよね。普通なら、充分すぎるほどだということなので、お仕事がひと段落したときにはまたコースに出てみるのもいいのではないでしょうか(笑) いや、ほんとそんな時間ないよね(汗)

そして、最後には栗山さんと春からの新ドラマ『不機嫌な果実』の番宣告知。中居くんが、「これ、いやらしいやつ?」と食いついていましたが、まぁ、夜遅い放送だし、テーマも不倫なのでそれなりに・・・ですよね(笑) 吾郎の役どころが、「潔癖でマザコンの不倫されてしまう夫」という設定なのが、原作に色がついてしまったわけですが、どう転ぶか。とにかく、吾郎のヴィジュと演技は楽しみにしておきたいと思います。

楽しく見させてもらった3時間。やっぱり、ナカゴロはいいなぁと。騒動なんてなかったかのごとく、素の笑顔で笑いあっている二人を見て嬉しかった。本元「スマスマ」でも、そんな楽しそうなSMAPさんたちが早く見れるといいですよね。

| | コメント (8)

笑顔を運んできてくれる人たち

毎年、震災後NHKで放送される番組が、今年で5年目となりました。「震災から5年“明日へ”コンサート」、中居さんが有働アナとMCを務め、SMAPもアシストをしながら、日本の頑張りと共に日本全国を掛値なしで笑顔にしてくれる素晴らしい番組。今年は、年初めの騒動からいろんなところから注目されていたみたいですが、SMAPは中居さんを初めとして毎年のごとく幸せを運んできてくれた。

生放送の中、オープニングに会場となる福島県の会津若松にある會津風雅堂の前にSMAPが登場。向かって左から木村中居吾郎慎吾と横並びで、寒い中いつものようにくっついて並ぶ5人(笑) なぜか少し小声で話す中居くんに・・・
木村 「なんで、そんなちっちゃい声でしゃべってんの(笑)?」
中居 「ちょっと、近所迷惑になっちゃいますからね、はい」 (夜7時を過ぎると辺りは真っ暗でとても静か)
木村 「あぁ、そっか、そっか」
 「すぐ近くに鶴ヶ城もありまして、町の歴史を感じますね」
慎吾 「やっぱり夜になると、すっごい冷えますね」
吾郎 「今ですねぇ、気温は6度です。暦の上ではもう春とは思えないですよね」
(中居さん、はぁ~と白い息を)
吾郎 「しっかりしてください(笑)」
中居 「寒いですね」
もう、オープニングからSMAP色満載。嬉しい(笑)

会場に移ると、いきなりオープニングはSMAPのnoteオリジナルスマイルnoteからスタート。会場の後ろからステージに通路を歩いて向かうSMAPに観覧のお客さんたちも大喜び。まさしく老若男女入り乱れる中、握手やお手振りを笑顔で返すSMAPさんたち。もう、先頭の中居さんから触りまくられてすごいことに(笑) そんな中、テレビカメラに向かって視聴者も置き去りにしない吾郎のお手振り。本当にロイヤルなお方だ(笑) 

しかし、ものすごい歓声! SMAPのファンで埋まったわけではない会場で、これだけSMAPが声援を受け待っていてもらえたことに見ているほうも感動。とにかく会場の皆さんがとっても幸せそうで、SMAPの力をすごく感じたなぁ。notes笑顔抱きしめ ココロに活力(ちから) 腹の底から笑い飛ばせnotesってまさしくSMAPの想いが詰まっている歌詞。かしこまったことを話さなくても、SMAPには国民から愛された歌がある。その歌をSMAPが歌うことで素敵なメッセージになるってすごいですね。

今回登場してくれたアーティストの方たち全員がステージにあがる。中居さんの名司会のスタートです(笑) 去年、プライベートでキスマイの藤ヶ谷くんと福島に一泊二日で訪れたという中居くん。そのときの二人の写真が・・・中居さん、怖いです(笑) 番組が始まる前にも、キスマイのメンバーと近くでお蕎麦を食べに行ったのだとか。
中居 「なんか知らないけど、稲垣さんもついてきちゃったの」
吾郎 「いいじゃないですか~。おいしかったよねぇ、本当に」
中居 「おいしかった」
これは、ネタ扱いになっていたけど、本当に中居くんがキスマイとお蕎麦を食べに行くというのを聞いてついてきたのか、中居くんが声をかけたのか・・・そこが知りたい(笑) 声がかからないと、吾郎は行かないんじゃないかとも思ったんだけど・・・どうだろう。

同じNHKで放送された「のど自慢」で岩手の山田町にSMAPが向かったときと、エントリーされたその後の皆さんが仲良くなった映像が流れます。あのときの皆さんが、交流を始めるきっかけとなって今でも親しくされているというのはいいですね。人との繋がりにSMAPも関わったというのが素晴らしい。ナレーションのようにメンバーが一人一人話す言葉がとても優しく耳に伝わる。そして歌ってくれたのがnoteこの瞬間、きっと夢じゃないnote SMAPの番組での選曲は、いつも間違いない(笑) 心に響きますね。

久しぶりに聴く「ときゆめ」、すっごく良かったなぁ。そのとき、その場面でどんなときにも心温まる歌詞とSMAPの歌声。吾郎の優しいエンジェルボイスの歌いだしにきゅ~んとしました。そして、指先。なんて綺麗なんだろう。そして、SMAPが歌うとなんでこんなに涙が出そうになるんだろう。歌が下手だといわれ続けても、胸にストレートに響いてくる5人の歌声は日本の宝だと思った。

綾瀬はるかさんの手紙の朗読と、その後のnote花は咲くnoteの全員での歌唱も実にNHKらしくて良かった。ここから、最後にSMAPの「世界に一つだけの花」だったのかなぁと思いました。このあとに、北島三郎さんの「まつり」で会津の若者たちと一緒に全員で盛り上がるのもいい。SMAPも赤い法被(はっぴ)を着てうちわや旗を持って参加。北島さんの後ろで、パタパタとうちわを持って拍手しながら、優雅に歌っている吾郎がずっと映りこんでいた。力強い男らしさがみなぎる中、「うむ、民の祭も悪くない」というがのごとく楽しむ殿のような雰囲気に、サブちゃんありがとうと思ったよ(爆)

番組の締めくくりは、やっぱりSMAP。note世界に一つだけの花note イントロで、メンバーそれぞれの後方からのスポットライトがスマスマカラーになっていた。この曲でも会場まで降りていってサービスをしてくれるSMAP。こういうことが成立してしまうのが、「国民的スターshine」なんだろうなぁと思う。吾郎がステージになかなかあがってこないのも、冷静に映っているとは思うけど温かい人だなぁと思いました。ここでも、わかりやすいファンサはしないですけどね(笑) 損な人だなぁと思うけど、それが稲垣吾郎であって、そこがいいところでもあるから仕方ない。本当に「異色のジャニーズ」・・・素敵だわ(爆)

最後は、生放送で時間ピッタリにコメントをしっかり入れ込んで締める中居さん。
中居 「また来年お会いしましょう」
一年に一度だけでなく、自分たちの冠番組である「スマスマ」で最後にずっと義捐金を呼びかけているSMAPだからこその番組だった。終わったあとに、世間から「さすがSMAP」「やっぱりSMAPだな」という声がたくさんあがっていて嬉しかった。SMAP、本当にありがとう。

| | コメント (8)

ミッションCLEARを目指せ!

突然、入ってきた吾郎の特番「土曜プレミアム・THE MISSION」。どんな番組かと思ったら、冒頭は他の番組でのロケと説明する軽いドッキリ企画から、MISSIONマンからの指令を受けるというもの。企画自体は大掛かりな感じを受けますが、ゴールデンSP番組のわりにはかなりぬるい番組でしたね(爆) でも、こんなときだから、吾郎の変わらぬキュートな笑顔に癒されました。

スタジオでVTRを見ているのは、吾郎と交流があるヒロくんと友近さん。この二人のワイプ付きコメントが、吾郎をとてもよくわかっている感じなのも楽しかったです。

「スマスマ」のロケだという嘘企画に、なんだか嫌そうな表情の吾郎(笑) そして、本日の企画が書かれたメモを朗読させられる。
これは、フジテレビのゴールデン特番だ。既にカメラは回っている。ちなみにマネージャーにはOKをもらっている。やるなら旅館の外へ出ろ。嫌ならやめても良いが、そこまで含めて必ず放送する

読み終わって、旅館の部屋のカメラの位置をすぐさま確認する吾郎。そして、ひと言・・・
吾郎 「じゃあ、やだ

(笑)(笑)(笑) このテンションの吾郎だからこそ、この企画が面白い。テンション低く始めるものの、なんだかんだ言って楽しくなっていくのが吾郎らしいなぁと、最後まで見ていて思いました。とにかく、愚痴は出る(笑) これは、もう吾郎のお家芸みたいなもんだから(爆) しかし、素敵な日本の風景にも合う吾郎さまですね。

MISSION1: 30分以内に一般の方に「ありがとうございます」と言ってもらえ
とにかく、人がまったくいない田舎の駅で、電車が来るまで人通りがない。ホームに入ってきた電車から降りてきたお婆さんに、階段を気遣う吾郎。
吾郎 「段差、気をつけてくださいね~」
お婆さん 「ありがとうございます」

開始2分47秒でCLEAR! あまりの早さにスタッフも大ウケ。いつも紳士な態度の吾郎ならではの自然な流れでしたね。

MISSION2: 1時間以内に「本当にありがとうございます」を言ってもらえ
これは、意外と難しそうと思ったら苦戦しましたね。お礼を述べるときに、あまり「本当に」までつけて言うことはないもの。ここから、吾郎は心優しい男性一般人をお供じゃなくて(笑)・・・味方につけて最後までミッションを果敢に挑戦していくことになります。この男性、あまり吾郎と年は離れていないのに、かなり年の差があるように見えて、二人の足湯でのツーショや会話がとても微笑ましかった。すごく優しい方ですよね(笑)

しかし・・・ミッションをクリアするために、普段はジャニーズのタレントということもあり写真NGなのに、自ら「写真撮ったりとかしたくないですか?」「AKB48全員のサインもらってきてあげますよ」「木村くんのサインはもらえると思う」など、攻める、攻める(笑) この方、吾郎と二人で写メしたり動画撮ったりとかなり貴重なものをGETできて羨ましい。スタジオにいるヒロくんも、これだけ長くいてもあまり二人だけの写真はないと少しやきもち発言が(笑)

場所を変え、畑でほうれん草畑の雑草取りをしているおじいさんを手伝うことに。しかし、吾郎がずっと手に持っている電車の手提げかばんがとっても可愛いのです(笑) これ、持たされた感バリバリなんですけど、言われたままに吾郎はずっと持っていた(笑) 

最後ギリギリ58分15秒で、吾郎の粘り勝ちにてミッションをCLEAR!

MISSION3: 百人一首日本一と対決して1枚取れ!
お相手は、百人一首の大学生チャンピオン。これは、なかなか難しいよね。カードを取るときのコツを教えてもらわないことには、最初の一手で勝てる要素はないわ(苦笑) とにかく、戦法としては、20枚中2枚にだけ的を絞ってみるが、やはり取れない。取り合うときに、相手の爪が当たったのか指を切ってしまってペロリと舐める吾郎がセクシーheart そして正座ができなくて、女の子みたいに横座りする様も素敵(笑)

最後の1枚は、VTR判定で惜しくも逃しCLEARせず。

MISSION4: 2時間以内にハープで1曲弾ける人を探せ!
日本には1000人ぐらいしかハープを弾ける人がいないと言われる中で、この片田舎で探せるはずがないとグランドハープをゴロゴロ引きずりながら歩く吾郎がシュールで(笑)(笑)(笑) 途中出会った中学生の子たちに、音楽の先生に電話してもらうも学校から撮影の許可を取るのが時間がかかりそうなので断念。ここで、自分のスマホを吾郎に手渡した女の子すごく喜んでいましたね。友達も「いいな~!」って。わかる、わかる。これ、この後サランラップで包んでおきたいぐらいだよね(笑) でも、それより電話渡すときに手が触れ合ってるほうが羨ましいよ(笑)

その後、保育園でヴァイオリンを弾ける方がいるということで、そこからハープを弾ける人を紹介してもらう。その方の家に行くと、不在・・・と思いきや、ちょうど帰宅! (この辺りは、完全に偶然なのか呼んで帰ってきてもらったのかわかりませんが、時間制限があったことを考えるとミラクルに違いなし) 普段は、グランドハープではなくアイリッシュハープを弾いてらっしゃるようです。

問題なく「ロンド」を演奏され1時間47分21秒でCLEAR!

吾郎 「なんか、すごいねぇ・・・いい一日だった!(一緒にずっとついてきてくれた男性は)僕にとっては、第二のヒロくんが生まれちゃったんじゃないかなと」

スタジオのヒロくん、ちょっとやきもち(笑) しかし、友近さんはまだしも、ヒロくんは一般の方なのにコメント上手ですよねぇ。吾郎のご友人たちは、きっと吾郎と同じで社交上手な方が多いのだろう。とにかく、吾郎が楽しめた企画で良かったです。

| | コメント (4)

より以前の記事一覧