ボーダーレスな三人

「SMAPxSMAP」の枠での特番は、吾郎慎吾の特番第二弾となる「つよしんごろうの境界線クイズ」。前回はそのまま一時間の枠だったのが、二時間のSP番組となったのは好評だったんでしょうね。正直に言わせてもらうと、個人的には第一回目のほうが楽しめたかなぁと。今回も、いろんな境界線でテーマは悪くなかったとは思うのですが・・・せっかくSMAPから三人がMCで参加しているのに今回はあまり絡むところがなく残念だったのは否定できない。ちょっと、中だるみしてしまったので(苦笑) でも、三人が出てくるところは間違いなく面白かった。個人的にツボったところだけレポしておきます。

やはり、三人並んでいるだけで面白い(笑)オープニングが最高だった。
吾郎の一回目よりさらに滑らかなクイズ説明のあとに楽しいトークが(笑)
 「前回、一回やったんですけど、僕らのMCがとても、こ、好評で今回は二時間スペシャルです!」
会場 (剛のつまづきに)(笑)
 「今、噛んでませんよ~(笑)」
慎吾 「前回はあれですね・・・草彅さんが正解発表の前に正解を言ってしまうという・・・」
 「まぁ、あれは僕の狙いだったんですけどね。ここの見せ所でしたね」
(ここという肘をポンポンする場所が違う(笑))
吾郎 「あっははは」
盛大に笑う吾郎が可愛い、可愛い(笑)

1.イケメン中学生とアラサーの境界線
最後の方の空手披露で思わず「えいっ!」と声が出てしまい(笑)、口元に「し~(汗)」と指をあてている吾郎が素敵heart
答え合わせの時間で、三番の方にお話をもう一度聞きにいく剛。通り越して二番へ(爆) まだ、二番の方の答えが出ていなかったので、これはまさかの失態(笑)(笑)(笑) 笑った、笑った。
慎吾 「(焦る剛に)汗っ!」 (笑)

2.オーバー40美熟女と女子大生の境界線
女子大生の三人もそうですが、美熟女のアラフォーの皆様お美しいですねぇ。ただ、やっぱりUPになると肌のハリが違う(笑) もう、それは仕方ない。でも、この美肌の維持は素晴らしい!

3.-50キロ超ダイエットとナチュラルボディの境界線
超ダイエットされた方に「二の腕」を披露させるのは酷だよねぇ(汗) 50キロ以上のダイエット辛いだろうなぁ・・・皆さん、根性ある人たちなんだ。つよしんごろうが「素晴らしい!」と口々に言っていたのが素晴らしい(笑)

4.整形美人とナチュラル美人の境界線
吾郎が最後に言っていたように、ご本人たちが前向きに明るくなれたというのが前面に出ていていいですよね。現在は、すごく簡単に整形できるんだなぁ。値段も手頃みたいだし(笑) そこに、最近のメイクテクニックを合わせたら完璧ですね。
 「うん?!にじゅう瞼フォーエバーっていう・・・」
ふたえ瞼ね(笑) 剛、面白ろすぎ(笑)

5.ジェンダーレス男子と女子の境界線
これもわかりにくいような、わかりやすいような(笑) とにかく、最初の方がとてもカッコよくて美しい女性だったわ。
慎吾 「もうちょっとで収録終わるから、もうちょっとしゃべれよ、草彅!」
(笑)(笑)(笑) いやいや、剛も立ち位置があるから(笑)
慎吾 「休んでんじゃね~よっ(怒)!」
吾郎 「あはははは」 また大声で笑ってる。可愛いheart

そして、エンディング。
吾郎 「これ、また第三弾・・・」
慎吾 「あるかな?」
 「あるでしょう!」
慎吾 「なんか、最後ぐらいなんかないの?」
吾郎 「じゃあ、最後は真ん中でね」 (自分のセンターの立ち位置を剛に譲る吾郎(笑))
 「以上、境界線クイズスペシャルでした(笑)また、会いましょう~notes
三人で笑顔。可愛い(笑)

とにかく、ちゃんと進行をまわした吾郎。ボケて笑いを作っていた剛。その剛をひたすら突っ込んで盛り上げた慎吾。つよしんごろう、完璧なチームワークでしたね。また特番を出してくるのなら、SMAPでいろいろ組み合わせを変えて出してくると面白いかも。上二人もアリだと思うよ~(笑) 「スマスマ」スタッフさん、いろんな企画お待ちしております。

| | コメント (9)

Let's ボーダートリオ!

今週の「スマスマ」は、特別編となる「SMAPxSMAPプレゼンツ 境界線クイズ2016」となりまして、これは1997年から1998年にかけて中居くんの番組「中居正広のボクらはみんな生きている」の中のワンコーナーでした。中居くんが番組進行をするのかと思いきや、今回は吾郎慎吾のパリピアトリオがMCをするという変則技(笑) なぜ、この企画を「スマスマ」でやろうと思ったのかわからないのですが、三人のいいところがうまく出た番組となりました。

この三人だと誰がメインで進行するのか・・・誰でもいける感じですが、ここはしっかり番組を進行していく吾郎に。これが、まぁ、実にスムーズでうまい進行で、SMAPの「27時間テレビ」のご当地コーナーでうまく進行した吾郎に白羽の矢が当たったのかな。もちろん、しんつよの二人も適材適所という感じで、剛がクイズの問題となる人たちの紹介。そして、慎吾がうまく番組を盛り上げる役割を担っていました。境界線クイズということで、三人の衣装には黒と白のボーダーが入っています。吾郎は蝶ネクタイとチーフ、剛はインナー、慎吾は同じくインナーとジャケットのポイントに。三人並んでいると、とても可愛い。

慎吾 「慎吾と剛で「シンツヨ」っていうのは聞いたことありますけど、「ツヨシンゴロウ」ですね」
 「三人になるとさぁ、僕が初めになるんだね。「ツヨシンゴロウ」でしょ?でも、いつも「シンツヨ」じゃん?まぁ、どうでもいいか」

(笑)(笑)(笑) 投げっぱなしの剛。これは、良い意味でグダグダになりそうです(爆) 怯むことなく番組を繋げる吾郎。ゲストパネラーは、月9「ラヴソング」チーム。(助っ人 NON STYLE)、火10「僕のヤバイ妻」チーム。(助っ人 濱口優(よゐこ))、木10「早子先生、結婚するって本当ですか?」チーム。(助っ人 平成ノブシコブシ) なんと、どのドラマチームも主役が来ていないという異例の番宣クイズ番組(笑) これが、実にツヨシンゴロウに合っていました。とにかく、誰も彼もが伸び伸びと楽しそうで、自由に発言し動き(笑)、MC三人にツッコミ且つフォローするという不思議な空間となった(笑)

一問目から、タイトルコールをツヨシンゴロウ三人で。
「「「Let's・・・きょ、境界線!」」」 揃わなくて可愛すぎ(笑) 

第一問目 「小学生女子と大人女子の境界線
わかりそうでわからない。最近の小学生は成長が素晴らしい(笑) お化粧すると、童顔の大人女子と話さなければほとんどわからない。(声でわかってしまうので、この境界線クイズの7名はトークNGです)
踊りが得意という女子のダンスが始まると、お約束で慎吾が吾郎を前に押し出し(笑)、一瞬躊躇するもバラエティを考えてなにやら即興で一緒に踊る吾郎(笑) そして、最後にハイタッチ。慎吾のしてやったり顔に、剛の満開の笑顔という特典付き。

吾郎さん(汗)?」というゲストの方たちの焦ったツッコミもものともせず踊りきる吾郎がアッパレすぎて(笑)
井上 「1番進行する吾郎さんがふざけちゃうんですか?」 (確かに、メインMCは普通振るほうだもんね(笑))
吾郎 「たぶん1番ふざけているのは、この人(慎吾を指差して)ですから(笑)」
 「ごろさん、いいね~」 出たっ!剛のとにかく吾郎を褒めたたえる姿勢(爆)

慎吾 「(女子に)ほんとに(踊り)得意なの?」 確かに、ゆるゆると踊っていましたが・・・
吾郎 「良かったですよ!」 さすが、吾郎さん(笑)
 「良かったよ!小学生ですからねっ!」
スタジオ中、一瞬し~んとなり「えっ?!」「えっ~~~(笑)!」の爆笑の渦。剛、なんかポロリした(笑)?

答え合わせのあと、緊張している小学生女子のくだりで・・・
井上 「緊張していることとかね、収録現場の独特な雰囲気で、そりゃあ、こっち見抜けますから」
吾郎 「ふんふんふ~ん・・・まぁ、そうだねぇ」
慎吾、大ウケ(笑)
井上 「吾郎ちゃん(笑)!」 (「ちゃん」って言いましたよね?)
石田 「こんなにわかりやすい苦笑いあるんですか(笑)?」
ナイスツッコミ(笑)!

第二問目 「整形美人とナチュラル美人の境界線
ナチュラルな方はまだしも、整形して美人になったことにどなたも誇りを持って堂々と整形前の写真も披露されることに、なんだかとても素敵だと思った。個人的には、親からもらった顔は触りたくない派ですが、整形することで人生が明るくなるのならいいんじゃないかと思う。そんな風に思わせてくれるテーマになっていましたね。

前のほうで見るのは禁止なのに、ちょっと出て見に行こうとする水野さんを警告する八嶋さんに「うるせぇ!」・・・水野さん(汗)?! 番組進行役がそんな様子を止めるでもなく、笑ってるし(笑) これが、中居くんが司会なら迷わず止めているだろうなぁ(笑) この自由っぷりが良かったですね。

第三問目 「ジェンダーレス男子と女子の境界線
これは、なかなか難問だったみたいで、どなたもどちらにも見れる感じが今の世の中なのかなぁと。普通に電車乗っていてもわからない子たち多いですもんね(笑) 男子でも女子でも可愛いわ。センターの「ゴキブリをペットにしている」人だけは、ちょっと理解不可能だったけど(笑)

八嶋 「本当に、ウチは焼肉弁当(勝利チームの景品)ほしいのよ」
水野 「ウチもだよ!」
八嶋 「学校の生徒とかもいっぱいいるから」
井上 「そんなの弁当持って来させればいいんだよ!」
佐藤 「井上、マジお前うるさいなぁ!」
井上 「なんだ!このヤロー!」
吾郎 「皆さん、撮影中とは思えないぐらい元気ですね(苦笑)」 吾郎が、さすがにフォローに入ったのに・・・
水野 「(木10チームに)適当にやってんだよ!」
八嶋 「なんだと!このヤロー!お前!水野真紀黙ってろ!」
水野 「真紀じゃね~わ!美紀だわっ!」
ほとんど漫才(笑)(笑)(笑) 逆にとっても仲が良いんでしょうね。SMAP関係ないのに大笑いしたので書き出してしまったわ(笑) しかし、これがゲストのいたって普通の姿勢だろうと思われる火10チームの目立たなささと言ったら(笑) 

1時間丸ごと全員で盛り上げた番組でしたね(笑) そして、誰もが本当に楽しそうだった。誰を落とすわけでもなく、それでいて自由に発言して、MCの三人がすべて包み込んでくれる、ある意味「ノーボーダー」の番組だった(笑) これは、またSPで別途番組になりそうです。今回、中居くんと木村くんの出演がなかったので、上二人にはまた別企画で何かやってほしいですね。

| | コメント (5)

パリピアリーダー登場!

放送開始から20周年となる慎吾のbayfmでのラジオ「SMAP POWER SPLASH」。ずっと、番組で「吾郎ちゃんを呼ぼう」「ごろさん、絶対来てくれるよ」と昨年から言い続けていた二人。3月でアニバーサリーイヤーが終わってしまうという最終週にしっかり実現してくれた。

台本に「稲垣吾郎先生」と書かれていることにまず苦笑する吾郎(笑) この番組の20周年イヤーFINALに来てくれるかも?!ということで、先週から「大先生」をつけたという慎吾の説明に「SPゲストを迎えられている感があまりないんですけど(笑)」と、さっそくいつものトークの流れ(笑) いやいや、ほんと三人で楽しそうだったよ。まずは、20年続いたことを称える吾郎。そうだよねぇ・・・20年ってすごいですね。当初は、あのリリー・フランキーさんが構成作家として台本を書いてくれていたというのも有名な話。

慎吾 「20年ってことでね、いろんなね、でっかいイベントやろうぜ!って言ってたんだけど、なかなか成立しなくて、どんどん日が経っちゃって、最後だからって、最後ぐらい稲垣吾郎呼ぶぐらいだったら簡単にできるかなぁって(笑)」
吾郎 「それさぁ、わかってるよね、もともと。わかってるけど口にしないでよ」
慎吾 (笑)
吾郎 「あのさぁ、聴いている人もわかってるから。これは、年上の二人呼べなかったんだな。吾郎さんだったら来てくれるんだなって、きっと、これ聴いている人もスタッフも皆わかってることだから、敢えて言わなくていいよ」
慎吾 「お手紙もいっぱい来てて、できないと思いますけど、吾郎さんを最後に!吾郎さんをどうにか!みたいな」
吾郎 「全部わかってるから(笑)」
 「ありがとうございます」

確かに、SMAPの中で誰か呼ぼうって話になったときに、まず上二人のことが頭の中でよぎったしんつよ。でも、すぐに「無理だね、吾郎ちゃん呼ぼう」「ごろさんなら、来てくれるよね」と話していた。それは、いろんな意味でなんだよね(爆) 実際、今回のラジオはしんつよ二人が吾郎に弟気質全開で、すごく甘えた感じで可愛かったわ。あぁ、なんだかんだ言って、この三人が集まれば吾郎はお兄ちゃんなんだなぁって思った。

まずは一曲目何をかけようかという話になり、吾郎のソロ曲をかけようという流れに・・・

慎吾 「結構、かけてるの知ってる? 吾郎ちゃんの曲結構流してるよね(笑)?」
 「流してる、流してる」
吾郎 「&Gとか?」
慎吾 「そんなの、もう余裕で流してる」
 「もっと、マニアックなやつじゃないと」
吾郎 「昔やった『もっと君のこと』とか・・・『時間よとまれ』とか」
 「うん、流してるよ・・・俺と吾郎さんの、なんかいかない? 俺とごろさん、結構一緒に歌ってるのよ」
慎吾 「なに?二人の曲?」 (ちょっと、不満そう(笑))
 「あるよ!」
吾郎 「三人の曲があったんじゃない?」 (空気を読む吾郎(笑))
慎吾 「三人の曲あんじゃん!」 (嬉しそう(笑))
(この三人のトリオ名としてファンで使っているタイトル曲がなかなか出てこない三人に、きっとラジオの前でタイトル曲を叫んでいた方は多かったと思う(笑))

noteparipia!note

この三人の曲は、吾郎のあっまい歌い出しが腰砕けになるのよねぇ(笑) メンバー全員がアルバムが出たときにそれを認めていた(笑) ライブでは、しんつよが「パリピアリーダー吾郎!」と叫んで吾郎にまとわりつくのが可愛くて、可愛くて・・・あぁぁぁぁ、やっぱりライブ見たいよ!SMAPぅぅぅぅぅぅ(涙)!

マンスリーテーマ(略してマンテ)
今月のテーマは、お勧めの散歩コース。リスナーからのお便りには、「ウィーンの町」のお勧めが。ウィーンには行ったことがある慎吾をとても羨ましいと話す吾郎。舞台「No.9」でベートーヴェンを演じてからさらに行きたくなった様子。もうひとつのお便りには、東京の駅構内。改めて見るといろんな発見があると。吾郎はこの前の舞台の打ち上げのあと、共演者の方たちと赤坂から表参道まで電車に乗ったらしい?! これには、しんつよも驚き。吾郎さんは、こういうことをサラッと平気でする。とても肝が据わっている(笑) 表参道からは歩いて帰宅したのだとか。剛が、「俺も真似てみよ~♪」と吾郎の話に影響されるほど、吾郎は駅構内の魅力を饒舌に話すのがさすがです(笑)

ここで、吾郎のソロ曲を。慎吾が選曲。note時間よとまれnote

どうでもいい話
リスナーからの本当にどうでもいい短いお便りを紹介。慎吾が、何件か続けて読んだあとに剛が「どうでもいいから、何も話さなくていいかなぁってコーナーなんですよ」と吾郎に説明するも、しっかり話を広げる吾郎。「ストスマ」でも、ひとつのお便りにものすごくトークを広げる魔術師はゲストに来ても同じだった(笑)

吾郎 「俺のどうでもいい話聞いてもらっていい?」
慎吾 「おぉ~」 (感心する(笑))
吾郎 「俺ねぇ、リップクリームをねぇ、常に10個ぐらい持ってるんだよね」
慎吾 「えぇ?!」 (驚く(笑))
吾郎 「俺もびっくりしたの。車にまず1個でしょ。寝室にもあるでしょ。洗面所にももちろんあるでしょ。メイクバッグにあるでしょ。いつもポケットにあったりするの。で、鞄にも入ってるじゃん。そう考えると、常に10個ぐらい持ってるの」
 「すごいなぁ」
吾郎 「でもさぁ、必要なんだよね、リップって。使いたいときになかったりしない(笑)?」
 「いや、使わないね、俺」
吾郎 「(笑) 俺は使うのよ」
慎吾 「決まってないの? このブランドのこれって」
吾郎 「だいたい同じのが多いけども、何種類か頂き物もあったりするじゃない」
 「あっ、そう?」
吾郎 「どうでもよくない(笑)?
 「どうでもいいねぇ(笑)」
あははははと笑いあう三人。癒されるぅ。

「今、聴いているファンの子は「マジかよ?ごろさん」って思ってる子多いんじゃない?」と笑う剛に、「でも、わかるわかるって子もいるんじゃない?」という吾郎と同じ女子力の高い慎吾。そんな慎吾は、吾郎ほどではないけど、お風呂上りには必ずつけるらしい。剛は、乾燥することがないので使わないと。どうでもいい話から、一度リップクリームをつけると中毒性が出るのかなぁという話にまで広がりました(笑)

吾郎のソロ曲を吾郎自身が選曲。noteDramatic Starlightnote

しんつよ即興ソング(まっきープレゼンツ)
リスナーのまっきーさんが企画したコーナーに驚く吾郎(笑) プレゼンツとしてファンの方の名前が使われているのがすごいわ(笑) このコーナーは、リスナーの方が送ってきてくれた歌詞に、剛が即興でギターを弾いて、慎吾が即興で歌うというコーナー。せっかくなので、吾郎にも参加してもらうことに(笑) 戸惑いながらも慎吾と一行ずつ交代でしっかり歌ってしまえるすごさ(笑) いや、剛と慎吾らしいコーナーですね。

吾郎 「こういうの恥ずかしいんだけど(笑)」
周りのスタッフ爆笑
 「これ、毎週やってるんだよ(笑)」
吾郎 「ちょっと緊張したんですけど」
慎吾 爆笑
吾郎 「なんかね、ラジオじゃない緊張感だった」
 「プレッシャー与えちゃった(笑)? ごめん、ごめん(笑)」
吾郎 「バラエティ番組ぐらいの感じ?」
 「いや、良かった。さすがだね!」

この流れで、番組20周年として剛が作った番組のテーマ曲を三人で歌うことに。ここでも、吾郎が即興で参加して歌えそうなところを一緒に。最後のサビ「bayfm bayfm bayfm bayfm」を「はい、もう一回!」と何度も一緒に歌わされて、終わったあとに「恥ずかしい。歌詞から目が話せなかった」という吾郎が可愛い(笑)

ここでSMAPの曲noteありがとうnote、そして三人の曲noteGAIAにお願いnote

慎吾 「吾郎ちゃん、どうでしたか?このラジオ来て頂いて」
吾郎 「いや、面白かったですよ、とにかく歌の即興がね、ちょっと緊張しちゃったけど。おもしろいね、この素っ裸になるっていうのがね・・・notes三人で行こうぜ~notes(二人の歌詞の部分を)ってうまくいきたかったんだけどできなかった」
 「(笑) 次回、今度、次回!」
慎吾 「ということでね、20周年」
 「いや、これほんとリスナーの皆喜んでもらってると思うよ」
慎吾 「ありがたいね、吾郎ちゃんに来てもらって」
 「ありがたいよ。助かったよ、僕らも」

最後にテレ朝で4月29日からスタートするドラマ『不機嫌な果実』の告知。
吾郎 「不倫もののちょっとドロドロした・・・」
 「ごろさん、似合いそうじゃん」
慎吾 「SEXシーンが見れますかね、吾郎ちゃんの」 (おぉ!ファンが聞きたいことをストレートに(笑))
吾郎 「僕はどちらかというと不倫されるんだよね」
慎吾 「されちゃうほうなんだ」
吾郎 「でも、僕も(不倫)したりとか、結構ドロドロした元祖不倫ものの原作ものなんで」

note世界に一つだけの花note
これがアルバムヴァージョンで、二番のAメロ吾郎の歌い出しから流してくれた! ありがとう!パワスプ!!!

剛、慎吾、アニバーサリーイヤーの記念すべき最後に吾郎をゲストに呼んでくれて本当にありがとう。すごく癒された。吾郎がずっと自分のことを「俺」と言っているのがきゅんきゅんして。しんつよの前だから、一人称が「俺」になる吾郎って貴重なんだもん。正直、このドタバタの時期にSMAPのライブはどうなるのかとか・・・いろいろ考えることも多かった。でも、三人で選曲をしていて楽しそうな様子と、曲を聴いていてやっぱりライブが早く見たいなぁと。音楽の力って、やっぱりすごいですよね。そのときだけは、いろんなことを忘れさせてくれる気がしてSMAPのライブに行きたくなった。もやもやすることが早くスッキリするといいなぁ。

| | コメント (12)

ずっと ずっと ずっと 変わらない

一週間を楽しみにしていた、今週の「SMAPxSMAP」。「スマスマ」20周年記念特別企画として、SMAPのメンバーが交代にゲストで出演するシャッフルビストロ。栄えある第一回目のゲストは剛。

いやぁ、ビストロをこんなに集中して見たのは久しぶりかもしれない(笑) CMもまったく入らなかったので冒頭から最後まで勢いで持っていってくれましたね。ファン企画と思われがちですが、世間の皆さんにも案外と楽しんでもらえたと思います。今回の司会役のオーナーは、いつものように中居くん。シェフは個人戦となり、シャッフルということで、司会もメンバーで回すようなので楽しみですね。

私服の黒の正装で登場した剛。中居くんのうまい話の展開に、率直にいろんなことを話してくれてファンでも初聞きのことがてんこ盛り(笑) いつもと違うポジションにいるため、心なしか緊張して少し落ち着きのない剛でしたが、聞かれたことに正直に話してくれてありがたかった。

シャッフルビストロ:草彅剛

・ 歌は自分でもヤバイと思っている。音程が取れない(笑) 中居くんからしたら、たまに「俺より酷い」と思っているらしい(爆)
・ 休日は友人たちと飲みに行くことも多くなった。でも、夜10時前には寝る
・ 年上の友人が多く、吾郎さんと同じで泊まりに来る「おじさん」が二人ほどいる
・ 独身で困ることがひとつもない。結婚はここ5年ほどはしないと思うけど、子供は40代になってほしいなぁと漠然と思うときがある
・ 女性の好きなタイプはないけど、脂身を残したりおいしいところだけ食べる女性は嫌い(笑)
・ 約束がちゃんとできないので、つきあうと振られることのほうが多い。結婚は考えたことはあるけど、タイミングが合わなかった。

クイズ草彅剛 (優勝者:木村
ゲームの前に、キッチンで少しトークをするSMAP。世間にもよく知られている「シンツヨ」の仲ですが、慎吾曰く「意外と知らない」。特に、お酒を断った時期からはプライベートで出かけることがなくなったから話すことがなくなったと。上二人はまずプライベートなことは話さない中、吾郎だけは楽屋が一緒で結構話すことから、ゲームも強かったですよね。

Q1 「くさなぎつよし」を漢字で書いてください
全員○

Q2 草彅剛の生年月日は?
全員○
剛の吾郎の誕生日を間違える流れは、なんでなの? 知ってるくせに(笑) 確か、他のメンバーも同じ流れをつくりますよね? そこは、ちゃんと言ってあげてください(笑) 結構、吾郎は地味に凹んでいると思うわ(苦笑)

Q3 剛の初ソロ曲の曲名と収録されているアルバム名は? (早押し)
吾郎: タイトル「5月の風を抱きしめて」 正解
木村: アルバム名「004」 正解

Q4 草彅剛の1番の魅力は? (剛の独断で正解を決める(笑))
慎吾: 考えてないようで考えているようで・・・考えてない 正解
木村: ACT (演技) 正解
吾郎: ギャップ (ほわわんとした優しいところがあるかと思えば、男らしい狂気を感じるときもある) 正解
中居: 努力家 不正解(笑)

Q5 最近、本気で悩んでいることは? (早押し)
吾郎: ペットを飼う 正解
すごいな、吾郎(笑) 剛は犬、それも木村くんが以前飼っていたラブラドールがほしいらしいが・・・現状、忙しすぎて無理なのだとか。猫にすればいいのに。

Q6 最近、中居くんに言われて感謝したことは? (早押し)
木村: 話の最中に相づちをうったほうがいい 正解

試食
試食の前に、剛の提案と音頭で全員でビールbeerで乾杯。いいですね~。

オーダー:僕に食べさせたい料理
慎吾: 酵素パスタ、オーガニックサラダ
木村: スッポン鍋しゃぶしゃぶ
吾郎: 信州牛のすき煮、エビと信州の山菜天ぷら、信州そばと大根の千切り
吾郎は、剛のために知り合いの長野の野菜を材料にして作り、剛にも好評だったけどスッポンに負けてしまった(笑) 残念そうな顔が印象的。でも、間違いなく、また中居オーナーは吾郎の料理に1番食いついていた。だから、「ISORO」二人でしちゃいなよ(笑)

勝利者: 木村
剛からの勝利者プレゼント: 木箱に入った牛ヒレ肉

次回のシャッフルビストロはいつになるかわからないけど、今回ゲストだった剛が司会。さてさて、ゲストは誰になるでしょうか? なんとなく、全組合せが想像できるけど(笑)、とりあえず言わずに楽しみにしておきましょうかね。奇跡が起きるかもしれないし(笑)

次のコーナーの「ざわちんの物まねメイク」は、哀川翔アニキをお呼びして、SMAPの木村くんと中居くんの物まねメイクに挑戦。年齢差を考えると、さすがざわちんですごく似せてきていたとは思うけど・・・やはり、SMAPメンバー同士でやったほうが数倍似ていましたね(笑) 中居くんの物まねメイクでは、「中居くんより北大路欣也さんに似ている」という、哀川さんの自己申告のオチが最高でした(爆)

そして、何気にSMAPの衣装が素敵。上三人が、素足なんだもん。吾郎の足首の細いこと、細いこと。萌えるわぁ(笑) 最後、哀川さんの番宣前にのけぞって笑っている吾郎がすごく可愛いかったので、見逃した人は見直してください(笑) しかし、SMAP同士で物まねメイクした結果を何気に記憶が薄れているんですかね? 木村くんの、吾郎が自分の物まねメイクした写真に「それは覚えてる!」というのを聞いて驚きました(笑)

最後のS-LIVEは、日本レゲエアーティストとして初のグラミー賞にノミネートされたSPICY CHOCOLATEさんの曲noteずっとマイラブnoteを、HUN-KUNさんとTEEさんを交えてSMAPがコラボ。とっても素敵でしたね。吾郎のちょっとハスキーな歌声がすごくよかった。どこかで聴いたことあるなぁ・・・と思っていたら、そうだ、吾郎がFNSでコラボしたORIGIINAL LOVEの「接吻 kiss」にサビのメロディが似ているんですね。そりゃあ、吾郎はうまく歌えるわけだ。

何気に、今週の「スマスマ」内容が濃かったですね(笑)

| | コメント (7)

吾郎マニアの疑問

ラジオレポは、シンツヨの吾郎の話があったところと合わせてUPしておきます。

稲垣吾郎のSTOP THE SMAP (4月9日放送分)

お弁当に入っていて凹むおかずは、エビフライだと思って食べたら意外と身が細いエビフライ。
わかる(笑) なんか、そういうのって脂っこいだけで食べなきゃ良かったって思う。でも、英国のエビってそんなのばっかりで、日本のえび天は少し小さくても立派と思える人になってしまいました(爆)

「中居正広のISORO」でのヒロくん初お披露目は、ひそかに、これは面白い番組になるんじゃないかなぁとは思っていたけど、世間の皆様からもすごく反響があってすごいことになっていた。
吾郎は、この番組で面白いことをしようとかまったくなく、ごくごく自然体でヒロくんとのいつもの交流をしていたそうで無理がなかったらしい。きっと、変な演出が入っていたらファンは複雑になっていたでしょうね。ヒロくんのほうにもすごい反響があったみたいですが、それさえも楽しめる余裕の大人の男性なようで、吾郎がだから成立した番組なのかなと言っていたけど、まさにそのとおりだと思いました。中居くんとは特に番組収録後に話さなかったのでわからないけど、自分にはありえないと思いつつも面白く見てくれたのならメンバーとして本望だと言える吾郎も大人ですね。

木村くんは、ケータイのバッテリーが残り70%になると焦り始め60%になると充電するらしいが・・・70%なら焦ることはないけど、状況による。出かけ先で残り50%ぐらいになると焦るかもしれない。朝、残りが20%ぐらいで仕事で出かけるときは移動車の中、その後楽屋で充電する。
木村くんって、意外と心配性なんだね(笑) 残り70%なら、私も気持ち的にはかなり余裕ですけど(笑) 結構、ケータイを触る人なのかな? だから、吾郎の言っていることはわかる。個人的には、寝る前に必ず充電して朝は100%で迎えるほうですが(爆)

草彅くんは、自分の台詞だけ覚えるのでたまに何に対して怒っているのかわからないまま演技していると言っていた。覚えるときは歩きながらが多いそうですというお便りに対して・・・相手の台詞覚えないんですね?!それで、あんなに素晴らしい演技ができるってすごい。歩いているリズムで台詞が入ってきやすいというのはわかる。ジョギングしながらとかも多い。
剛が相手の台詞をまったく読まないとは言っていても、ちゃんと台本はひと通り目を通して把握はしていると思うと話す吾郎のフォローは優しいですよね。台本の台詞は、脚本とにらめっこしているより外に出て散歩しながらのほうが気持ちよく覚えられるというのも、健康志向のロハスは同じ方法みたいです(笑)

「ゴロウ・デラックス」の関係で、週に一冊は本を読む。基本的に読み終わった本は捨てられない。ちなみに、図書館や電子書籍は使わない。
吾郎が言うように、大事にしておきたい本ばかりでもなかなか読み直すってことはあまりしないんですよね。でも、記念に取っておきたいというのはすごくよくわかる。電子書籍よりもちゃんと本を手に読みたいというのもまるっと同意。加えて、印刷物の匂いが好きなので絶対に本派です(笑) 少しぐらいかさばっても鞄に入れておきたいのは電子書籍じゃなくて書物。これは、きっと一生変わらないと思う。

中居くんは高層マンションには興味がない。旅行で泊まるのなら上の階がいいと言っていたらしいですが、吾郎は・・・高層マンションだとエレベーターにいろんな人が乗るので、その気配を感じるのが苦手。世帯数が少なくて低階層のマンションのほうが好き。
幼少のときに高層団地に住んでいたので低いところに憧れがあったのかもという吾郎ですが、イメージは高層マンションで夜景が見える階でワインを傾けていると思われているかもしれないけど(笑)、毎日同じ夜景を見るよりも四季折々の自然を感じることができる景色のほうがいいというのは、確かに世間では良い意味で「イメージダウン」ですね(爆) 吾郎って、結構と地に足がついたことのほうが好きですよね。

「華麗なる逆襲」の振り付けでネクタイをベストから出して後ろを向いている間に入れ込む技は、仕掛けがある(笑) ベストの前は僕だけマジックテープ
えぇぇぇぇぇ?! そうなの?まったくそんな仕掛けがあるような衣装に見えないけど。他の振り付けのときによくはずれないなぁ・・・結構としっかりしているマジックテープなんでしょうか。というか、それなら簡単にネクタイを戻せそうだけど、案外と吾郎さんモタモタしていますよね(笑)? そうか・・・マジックテープが見えないように確認するのに時間がかかっているのか。すごい仕掛けだなぁ。ちょっと、「華麗なる逆襲」の映像を見直してみよう(笑) ライブでも着替える時間がないところではマジックテープの衣装になっていることがあるという秘話に、夢を壊すようで気が引けるけど・・・このラジオを聴いているマニアな方にはこれぐらいの情報はいいのかなぁというのを聞いて、「吾郎マニア」という団体の画が浮かびました(爆)

20代の頃に、中居くんがメンバーそれぞれに違うブランドのスーツの刺繍の名前入りをプレゼントしてくれて、ブラックスーツで今でも大事に持っている。
プライベートではスーツを着ることはあまりないけど、中居くんからもらったグッチのスーツは冠婚葬祭のときに重宝しているのだとか。後輩にもプレゼントした中居くんの話を聞いて、自分も後輩想いにならなきゃいけないという吾郎ですが、ちゃんと先輩らしいことをやっていますよね。SMAPメンバーは、もうそういう年代なんだなぁと感慨深いです。

生まれ変われるのなら、違う人生を選ぶ自分。生まれ変わっても男性がいい。
吾郎は、いつもこういうとき「自分」を選びますよね。とても今の自分に満足している証拠だと思う。自信とかではなくて、自分の生き方が本当に好きなんだろうと思うと、そんな吾郎を応援している自分も気持ちがいい(笑) ちなみに、お便りにあった女子高のアンケート結果では、1位がイケメン、2位が猫、3位が美女だったらしいですが、それを聞いて「アラブの王様の娘virgo」とかないんですねという吾郎に笑ってしまったわ。夢があるのかないのかわからない、そのチョイスとセンスが素敵だわ(爆)


SMAP POWER SPLASH (4月12日放送分)

剛と慎吾の中で、長くやっていたラジオが終わることもあるから頑張って続けたいという流れで・・・

慎吾 「この番組を続けたいよね」 
 「そうだね」 
慎吾 「だから、もうつよぽん一人になっても頑張って続けようぜ!」 
 「俺が一人でやってもしょうがないでしょ、だって」 
慎吾 「いや、おいおいさ、そう、あるかもしんないじゃん」 
 「えぇ?!やっぱ、二人で続けるから意味があるんだよ、これ」 
慎吾 「だって、文化放送全員でやっていたのに、今、吾郎ちゃん一人でやってるんだよ?」 
 「あぁ、そうか(笑)」 
慎吾 「そうだよぉ」 
 「5人から1人だもんなぁ」 
慎吾 「万が一のときは、つよぽん、一人で頑張ってよ」 
 「二人から一人もあるか、これ・・・」 
慎吾 「あるよ」 
 「えぇ?!それはないでしょ」 
慎吾 「そんときはさ、もしあれだったら、稲垣吾郎のSMAP POWER SPLASHになる」 
 「ごろさん、また一人でやんの?すごいねぇ(笑)」

どんな会話よ(笑)! いや、シンツヨからどちらか一人になるなんてないわと思いつつ・・・慎吾の言う、「ストスマ」が5人から1人になったという例は現実味があり、剛を不安にさせ、そして吾郎のすごさを改めて実感するという(笑)

しかし、いつから後ろでスタッフの馬鹿笑いがこの番組入るようになったのだろうか。それも、案外ハッキリと(笑) いや、楽しそうですけど。そして、エンディングでも慎吾の勢いは止まらない。

慎吾 「この1年はお祭り騒ぎで行こうと(パワスプ20周年企画の一環で)、なんですかね・・・つよぽんが曲を作り始めたり」 
 「そうですね」 
慎吾 「あと、つよぽんのSMAP POWER SPLASHライブがね・・・」 
 「そんなのあるんですか?ないですよ。今、初めて聞きましたよ」 
慎吾 「8月ぐらいに幕張で・・・」 
 「嘘はいけません、嘘は!嘘はダメでしょ」 
慎吾 「来週は、稲垣吾郎が登場」 
 「それも嘘ですよ」 
慎吾 「吾郎ちゃんに出てもらおうよ、マジで!どっか」 
 「そうだね」 
慎吾 「あのぉ、あんまり本気なやつでやるとさ、ちょっとはおおごとになるからさ、ほんとにさ、スマスマの合間とかにさ」 
 「そっか」

吾郎ちゃんを呼ぼう、ごろさんを呼ぼうと、二人がずっと言ってくれていますけど果たして実現するんでしょうか(笑) それこそ、ちょっとご挨拶だけというのはあるかもしれませんね。その日を楽しみにしておこうと思います(笑)

| | コメント (7)

下三人の関係

剛と慎吾のラジオ「SMAP POWER SPLASH」で、また吾郎の話題になったのでレポを入れておきます(笑)

2014年11月9日放送
フリートーク

 「ゴルフコース歩いたじゃん。吾郎さんと」
慎吾 「あぁ、あぁ。こないだね」
 「うん、それって結構さぁ、なに?ラジオで聞いている人にとってはさぁ、「えっ?!慎吾くんと剛くんと吾郎くんがゴルフコースを歩くってどういうこと?!」って(笑) あったよねぇ」
慎吾 「うん、お食事みたいなのに誘われてね。で、行ってみたらゴルフ場の近くで」
 「そう、吾郎さんはゴルフ好きだからさ」
慎吾 「うん、そんで吾郎ちゃんに案内してもらってというか・・・」
 「そうそう」
慎吾 「こんなとこでこうやってんだぁとか言いながら・・・気持ちよかったねぇ」
 「気持ちよかったね」
慎吾 「歩くだけだけどさぁ、すっげぇ、これは気持ちよさそうだなぁと思ったよね」
 「やっぱ、大人の贅沢なたしなみって感じだよな?」
慎吾 「うん」
 「な、あれな、すげぇ~な、あれな」

どういう状況でのお誘いだったのかわからないけど、SMAP全員に招待があったけどスケジュールが合ったのが下三人だったのかな? なんか、そのときに吾郎が二人にいかにゴルフ場が素敵か語ったのか見えてくるというか(笑) それに、素直に感動する下二人が可愛いというか(笑) 尊敬のまなざしで見られる吾郎さんの様子が伝わってきます。そして、急に話題が変わる・・・

慎吾 「吾郎ちゃん・・・他の局だけど、一人でラジオやってるのかな?」
 「やってるよ」
慎吾 「やってるの?」
 「やってる」
慎吾 「やってんだ」
 「そうそう、だから慎吾と俺だけなんだ。ゴルフやんないの。あんま興味ない?」
慎吾 「今、ゴルフに戻ったの?!話が」
 「うん」
慎吾 「吾郎ちゃんのラジオの話をさ、今(呆)」
 「吾郎さんのラジオはさぁ、だって、何?聴いたことないから」
慎吾 「ちゃうちゃうちゃう」
 「聴いたことないでしょ(笑)?」
慎吾 「皆・・・全員でやっていたラジオが、吾郎ちゃん一人になって、違う局だけどやってんのかなぁっつって。ゴルフの話に急に戻すから」
 「ゴルフの話とかしてんのかなぁ、じゃあ。ごろさん」
慎吾 「してんじゃない」
 「してんだ。どうだろ?どんな話しているか聴きたくない(笑)?吾郎さんの、ははっ(笑)一人ラジオって(笑)」
慎吾 「それこそさぁ、20周年のときとかにさぁ、吾郎ちゃん、呼ぼうよ?
 「呼ぶ? あぁ、いいね~」
慎吾 「吾郎ちゃんだったら、すぐ呼べんだろう」
 「何、それ(笑)?」
慎吾 (笑) 
 「それ、何?それ!ごろさん!いや、ごろさんだって、なかなか来てくれないですよ」
慎吾 「いや、吾郎ちゃんだったら、マジで呼べると思うわ」
 「えっ? 木村中居は来なくて?」
慎吾 「無理! そこのオファーは無理だな」
 「ごろさん、来てくれるかなぁ」
慎吾 「うん、来る、来る、来る、来る」
 「ほんと?」
慎吾 「ごろちゃん、来るわ」
 「でも、ねぇ、ごろさんね。一人でラジオやってるんですね」
慎吾 「稲垣吾郎ソロ曲でも流そう」
 「はい。いいね、じゃあ、何しよっか。『それはただの気分さ』がいいな」
慎吾 「いや、ちゃうちゃうちゃう(笑) 今、新しいやつにしてあげなよ」
 「うん、なんだっけ?」
慎吾 「noteDramatic Starlight』!」
 「あっ、そうそう。あの、カッコつけてるやつね(笑)」

そして、しっかり吾郎の曲をかけてくれる二人。聴いていて思ったんだけど・・・剛は詰めが甘すぎるわ(笑) いくら剛が「ごろさん信者」でも吾郎がサラリと流してしまうときがあるのはこういうところなのよねぇ。逆に、いくら憎まれ口を叩いても可愛がってもらえる慎吾は、ちゃんと吾郎のことを把握している(笑) 剛が、吾郎の「それはただの気分さ」がほんと~に好きなのは伝わってくる(笑) でも、それがちゃんと吾郎に伝わらないのがわかった気がしました(爆)

「パワスプ」20周年の収録に、吾郎を呼ぼうという二人。吾郎も二人のラジオが楽しそうで羨ましいと言っていたので、声がかかれば来てくれると思います。しかし・・・2TOPは年下組にとって本当に威厳あるポジションなのね(笑) SMAPの縦社会shine、万歳(爆)!

| | コメント (5)

二人だけの約束

最近はテレビ番組レポにしか手が回らなくてジレンマなのですが、ラジオも雑誌も書いておきたいことは山のようにあるんですよね。とりあえず、吾郎と慎吾の舞台大阪公演において、素敵なコメントがそれぞれからラジオであったので記録しておきます。

SMAP POWER SPLASH慎吾
10月12日放送分

 「あれ?大阪・・・舞台まだ?やった?」
慎吾
 「23?からかな」
 「もうちょっとだ」
慎吾
 「うん」
 「すごいねぇ、SMAPねぇ、コンサートないときも頑張ってんだね。すごいね」
慎吾
 「そう、今、稽古中ですね」
 「あぁ、ほんと。ごろさんもやるんだよね?大阪でね」
慎吾
 「そうなの」
 「被るの?」
慎吾
 「被ってるみたいだよ」
 「ほんと?俺も大阪行こうかな!」
慎吾
 「(被ってるの)知らなかったからさぁ。吾郎ちゃんとちょっと二人で飲みに行こうかなぁと」
 「えっ?!いいなぁ」
慎吾
 「大阪で」
 「俺も、ちょっと大阪行こうかなぁ、マジで!言っちゃったら、アレか・・・」
慎吾
 「えぇ?!」
 「なんか、ちょっとアレかぁ。俺、行こうかな!大阪!」
慎吾
 「いや、大阪でさぁ、吾郎と二人で飲もうかなぁと思って」
 「いいじゃん。俺も、そこに行きたいなぁ。いいな、いいな、いいなぁ。マジ、行こうかなぁ」
慎吾
 「いいよ、来なくて!」
 「行きたいんだよね」
慎吾
 「いいよ(笑)、来なくて」
 「休みだったら行くと思うよ、ほんと、その日」
慎吾
 「(来なくて)いい、いい、いい(笑)」

慎吾は中居くんよりは少し素直(笑) 吾郎のいないところではいつもデレまくる。剛が一緒に飲みたいと言っているのに拒否(爆) 本当は三人で飲めたら楽しいとは思っていると思うんだけど・・・少しは実はせっかくだから久しぶりに二人で飲むのもいいかなぁと思っているのかも。まぁ、実際は吾郎は大阪公演は三日間だけでギッシリ詰まっているので難しいとは思うんですけどね。本当に行けたらいいのになぁ。そのときは、是非、教えてほしい。

SMAP POWER SPLASH慎吾
10月19日放送分

前週に引き続き吾郎の話が慎吾の口から・・・
『都道府県No.1決定戦』という、ファンの方から一番好きな都道府県を理由と共にお便りを出してもらうという企画。その中で、福岡のお話が。

慎吾 「福岡はねぇ、「おじゃマップ」で行ったのよ、ロケで。行ったお店でとっても美味しいところがあって・・・」
 「うん、いいじゃん。(SMAPライブの後に)行きたいんだ?」
慎吾
 「そこを行くのかどうなのか・・・」
 「いいじゃん、行こうよ!じゃあ、俺も行くよ、そこ」
慎吾
 「いや・・・つよぽんはアレだけど・・・」
 「いやいやいや(笑) そんな美味しいんだったら行きたいな、俺も」
慎吾 「いや、あれは絶対!」
 「行こうよ、じゃあ」
慎吾
 「そこは、ごろちゃんと二人でどうにかして行けないかなぁと」
 「それも辛いだろう、たぶん・・・」
慎吾
 「いや、そっちのほうがまだ楽じゃない?」
慎吾 (笑)

このトークの前に、実は2TOPと三人だけで飲みに行くと慎吾が言って、それは厳しいだろうという剛の言葉に笑いながら納得していた慎吾がいたというくだりがあり、その流れで剛は慎吾は吾郎ちゃんと二人でも辛いでしょ?と言いたいらしい(笑)

これは、本当に慎吾はここいらで吾郎と二人だけで飲んで話したいことがあるのだと思いました。きっと、ちゃんと素直に誘えば吾郎は一緒に喜んで行ってくれると思うのですが・・・やっぱり、剛も一緒に行きたいかもね。ぬけがけはダメだよねぇ(爆)

そして、吾郎も・・・

おはようSMAP吾郎
10月22日放送分

この日、吾郎から舞台『恋と音楽Ⅱ』の大阪公演の告知がありました。

吾郎 「再演って言っていいぐらいですよね、三ヶ月ぐらい経っているんで(笑) なんとも言えない気持ちなんですけど。でも、楽しみですね。大阪公演がこの間できなかったので、東京でパルコでやっただけなので。大阪の方、関西の方にも会いに行きたかったですし。楽しみにしてくださっている方も多いと思うので、いい舞台にしたいなぁと思うんですけどもねぇ」

関西のファンにはとても嬉しい言葉ですよね。そして、この後に慎吾の舞台のことも話してくれます。

吾郎 「ちょうどこの時期に、香取慎吾くんの大阪公演もね、「オーシャンズ11」があるんですけども。僕、「オーシャンズ」のほう行けなかったので、時間のタイミングが合えば行きたいですね。12月にもね、また大阪にコンサートで行きますし、なんか最近大阪行くことが多いですね。「27時間テレビ」でも、僕、大阪に行ってますしね。(正確には京都ですが(笑)) 9月にも行きましたし。(ライブでね(笑)) 大阪率高いですねぇ。楽しみですね。10月末からの「恋と音楽Ⅱ」大阪公演。皆さん、期待していてくださ~い」

吾郎も、慎吾の舞台を観に行きたいと言っているのですが・・・自分の舞台が始まってからは無理なので、一日前に大阪入りしてみるというのはいいかも。そのあとで二人で大阪の夜の街へ飲みに行くというのはどうでしょうかね。まぁ、忙しいSMAPのメンバーなので、東京以外でスケジュールを合わすのは大変だろうな。二人の舞台が、無事千秋楽を迎えられますように。


お知らせ
吾郎さんの『恋と音楽Ⅱ』大阪公演に贈るお花は、担当のお二人から何度も問い合わせして頂いてやっと昨日確認が取れました。
正式にGOサインが出ましたので、是非、ご参加ください。
(TOP記事にて詳細を記載しております) 
締め切りは、10月25日(土)までですのでお早めに。(吾郎さんへのメッセージもお忘れなく)

| | コメント (8)

あんぽんたんず、永遠に!

見るまでは期待半分、不安半分だった「めちゃ2イケてるッ!2時間スペシャル」でしたが、見事にその予想が当たってしまったという(苦笑) 27時間番宣を兼ねて、SMAPから中居くんと吾郎がめちゃギントンに参戦。いろいろ問題点もあったのですが、楽しませてもらったところもありました。今回は、ファンの間でも意見が分かれるでしょうね。

とりあえず、問題点からサラッと書いておきます。まず、今までのめちゃギントンの罰ゲームがむさくるしい男ども(太リーマン)が詰まった満員電車に放り込まれるという、これもどうよ?!と思うものだったのですが・・・今回は、違う意味で最悪だったわ。女性格闘家の満員電車から一人出てきて蹴ったり痛めつけたりするという不快感。もちろん、女性の方たちはプロですから、ちゃんと手加減して急所は外して技をかけているとは思うのですが、三人とも本当に痛がっていたので(苦笑) あと、「画が弱い」という理由から助っ人と称して参入が入るのもテンポが悪くなるし、その分余計な弄りが入ってSMAPの絡みが減ったと思うのも残念でした。

でも、やっぱりあんぽんたんずは可愛い(笑) その痛めつけらるカットだけはうまくスルーして前後含めとても面白く、そしてとても萌えた(爆) なので、複雑になった人は問題点は明確にしてご意見を送るのがいいのではないかと思います。三人の絡みはとっても良かったので。眉唾ものの格闘シーンは省いて、「萌え」をガッツリあげておきます。


27時間テレビの番宣ということで、まずはめちゃイケメンバーと一番絡んでいる中居くんが一人で登場。あーだこーだとやっている中、吾郎を乗せた電車が到着。もう、この二人の様子が、デパートの屋上遊園地の電車に乗っているかのごとく可愛くてねぇ。そして、中居兄ちゃんにたてつく様子もいと可愛し(笑)

めちゃギントンのゲームが始まってからも、SMAPのあんぽんたんずはあんぽんたんずだった(爆) (だから、罰ゲームが違えば全体的に最高の出演だったのよねぇ・・・) 登場シーンや罰ゲーム前など、ところどころにSMAPの曲をかけてくれるのも嬉しかったです。罰ゲームがあまりにも酷かったので、細かい萌えツボ拾っていきますよ~(笑) 見てられなくて断念した人も、もう一度だけ確認して楽しめるところを見直してみてください。

ゲームSTART。矢部ちゃんの「俺たち電車は(全員:ガタンゴトン)、めちゃギントンで(ガタンゴトン) Let's ride on!」という掛け声から。・・・なんですが、この最初の振りで必死でついていく吾郎を見て、対面にいる中居さんがすでに優しく笑っています(笑) 中居くんを吾郎の正面に持ってきてくれてありがとう(笑) めちゃイケメンバーの皆さんも吾郎の様子で笑っている。皆、「吾郎ちゃん」に優しいですよねぇ。

このレギュラーメンバーとSMAPの並びですが、スタッフ考えたよねぇ。もう、絶対に中居さんと吾郎は答えにくいお題を出す人を前に置いているもの。剛は、天然で自爆してくれる面白さがあるのも知ってるからどこに置いても問題ないですから(爆) (お題に「ネコ」を出すと、笑いが起こるのはなぜなんだろう(笑)?ひと休みの暗黙の了解なのかな?) しかし、レギュラー陣は慣れているのもあって強い、強い。SMAPの中の最初の犠牲者は(笑) おかしな擬音にすでに中居くんが笑っている中、よくわかっていない吾郎のきょとん顔が可愛い。でも、この表情を見たときに、これは吾郎もヤバいなと思いました(笑) つまり・・・よくわかってない(爆) 言い訳する剛が最高でしたね。そして、バッサリ無視のベルの音。中居さん、手を叩いて喜んでます(笑)

そして、やっぱり次なる犠牲者は吾郎だった。(もう、技自体は腹立つのでスルーします) とにかく、本当に苦しそうで中居くんにずっと助けを求める吾郎。中居くんがやりすぎ感を感じて助けにきてくれて、その中居くんの手にすがる吾郎・・・すみません、ここ萌えた(苦笑)
中居 「死んじゃう!死んじゃう!死んじゃうだろっ(怒)!」 中居くぅぅぅん(嬉涙)
ギブアップのタップの仕方がわからなくて、思わず床を叩いてしまう吾郎。再現するときの、ピンッと伸びきった細い指で床をパタンパタンと叩く様子と表情が素敵で(笑) 「ずっと中居くん見てても無理やん」という岡村さんの言葉に、思わず中居くんを見てふにゃっと笑ってしまう吾郎が可愛い。そして、息切れしている吾郎に「ごろさん、だいじょうぶ?」と声をかけてくれるの優しさにも萌えました。

態勢立て直してゲーム再始動するも、続けて引っかかってしまう吾郎(汗) もう、加藤さんのお題が吾郎には厳しすぎて(笑) 即効で、「ダメだよ~!」と加藤さんに指差して指導する中居くん。「あぁ・・・」と崩れ落ちてしまう剛。SMAPメンバー愛が感じられるひとコマでしたが、めちゃイケは容赦ない(苦笑) また、同じ技にかかって悶絶する吾郎。終わったあとに、思わずちんまりと正座する姿でさえ愛おしい。床じゃなくて人をタップしないと!と言われて、魂が抜けたように床を正座しながらポンポンする吾郎に、中居くんの「下は誰もいないからね」に笑いました。ここで、中居くんから加藤さんへのクレーム。
中居 「やめてもらえます?稲垣さん、ぶっこむの」 中居くぅぅぅん(嬉涙)
加藤 「『村上ショージさん』は、定番、俺らの」
中居 「稲垣さん、だって見ないもん。本しか見ないもん」 中居くぅぅぅん(嬉涙)

最後に中居くんが罰ゲームに・・・しっかり、SMAP全員回るところは、バラエティ番組として成立していますね(苦笑) 技がほんっとひどかったわ(怒) 思わず笑いを忘れて苦笑してしまう剛。まったく笑わない吾郎。二人とも、正直だ。中居くんも、ニセモノ中居(笑)のせいで続けて罰ゲームにあわされ、吾郎の心配そうな顔に、剛のこれまたひきつったような苦笑い。

・・・あぁ、あんぽんたんず、最高です(笑)!

番組を盛り上げようと頑張った三人には、心から拍手! めちゃイケメンバーにも感謝です。SMAP萌えもありました。でも、やり過ぎには本当に注意してください(汗)

| | コメント (14)

広報活動続行中

今週は、新曲が来週発売となるためSMAPのメンバーがラジオでもあちこちコメントを入れてくれています。それだけでも、追っかけるのが大変ですよね(汗) 吾郎出演の分だけでも、皆さんキャッチできたでしょうか?

FM横浜 「THE BREEZE
新曲「Mistake!」の紹介コメントを吾郎と剛が、「Battery」のほうは慎吾がコメントを入れてくれました。広報担当(笑)稲垣吾郎、さすが簡潔でとてもわかりやすい曲紹介でした。三人のコメントをレポしておきます。

吾郎 「SMAPとしては久々なアップテンポの曲で、実際にすごく踊りますしね。曲調は少し懐かしい歌謡曲の王道をいっているようなメロディであったりとか、結構久々に踊っている僕らを見て頂きたいなぁと思うんですけども。結構、複雑な歌詞で、人それぞれいろんな解釈ができると思うんですけども。男と女のラブソングがテーマなんですけども、自分自身の人生にたとえたりとか。恋愛だけでなく、いろんなことにたとえて解釈することもできるし・・・難しい歌詞ではあるんですけれども。皆さん、それぞれに取り入れてもらって解釈してもらって楽しんでもらえればなぁと思っているんですけども」

 「今回、ミュージックビデオも撮ってまして、赤と黒の衣装をモチーフにして大人っぽく。フラメンコのダンサーの女性の方も、すごく素敵な方が踊ってくれて、すごく大人っぽくて新しいSMAPの魅力なんじゃないかなぁって感じですねぇ。かっこいいなぁと思ってくれると思うので、是非、皆さん、ミュージックビデオも期待してください」

慎吾 「USJのハリウッドドリーム・ザ・ライドというジェットコースターに乗りながら聴けるという楽曲提供になっております。ジェットコースター大好きなんで、ほんとに。乗って一周して着いたら、そのまま降りずに出発しほしいぐらい好きなんで。まさかの自分の歌を聴きながら、ジェットコースター乗れるなんて本当に・・・SMAPっていろんな夢を叶えてくれますけれども、こんなことが実現されるんだというような本当新しい楽しい試みで、そして全編英語という。SMAPシングルでは、初の全部英語の歌詞で難しかったですよ。僕、途中のラップの部分とか歌わしてもらっているんですけども、難しかったですけどもノッてくるとその曲の勢いにドンドン体がノッていき気持ちよく歌えた曲ですね。ほんとに元気の出る、それこそジェットコースターのような曲なんで、こちらのほうも皆さんに気に入って頂けたらなぁと思っております」


文化放送 「スパカン!
こちらでは、文化放送ということで「ストスマ」の収録のときにコメントを録音しておいたのかな。なので、「ストスマ」を聴いているようなリラックスした吾郎のコメントでした。結構と長く話してくれました。これ、「ストスマ」の公式サイトで出演の紹介が本日22日にされていて慌てたんですけどね(汗) 踊りが激しくて、結構自分はてんてこ舞いになっているのだとか(笑) 

「コンサートでやってしまったMistake!ベスト1」というテーマまで作って話してくれました(笑) これが、「ストスマ」でファンの方からご指摘のお便りがあった、「さかさまの空」の吾郎のソロ部分、♪君がであったみんなに♪を♪君とであったみんなに♪と歌っていたというエピソード。ところが・・・このコメント内では、吾郎は逆に覚えてしまっていてだいじょうぶか(汗)?と思いましたよ。「君が」であっているんだよ~、吾郎(笑) 


文化放送 「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP

あまりにラジオレポが長くなるので簡単にレポさせて頂きますね。(なんせ、今週はドラマ「信長のシェフ」も「心療中」もあるので(汗)) 

ゴロケン」を見たファンの方が、面白かったのでまたいろんな題材で検定してほしいというのを受けて、「今回は江戸検定だったけど、ゴロケンさんというキャラクターは存在しているので、今後も続けていけたらなぁと思っております」という吾郎のコメントがありました。期待しましょう(笑)

讀賣新聞近畿版についてくる「読売ファミリー」にSMAPの記事が掲載され、中居くんと木村くんの吾郎へのコメントがとても良かったというお便り。(二人のコメントを読むときに、若干二人の口真似あり(笑)) 普段、面と向かって話すことはあまりないので、取材で求められることが多い。たまに、他のメンバーが近くで同じように取材を受けているときは照れるし、自分のことを話しているときは耳がダンボになると(笑) 自分だけが「一番いなくちゃ困る」とかではなく、全員がそれぞれがそうなので。五人が五人、唯一無二の存在なのでと、しっかりSMAP全員が大事なんだと話す吾郎が素敵でした。

今週のイケTELも、吾郎ファンにかけてくれて話が弾んでいました。しっかり、札幌ドームでのライブ後、飛行機は木村くんと隣同士になれたのかとか(隣だったみたいです(笑))、ライブDVDでのファン同士の会話や、吾郎の癖などを楽しくキャッチボールしていましたね。吾郎が「ファンの方、皆さん聞きたいことだと思うので、この番組では暴露していこうかなと思って」という言葉に、ちゃんと「聞きたいです!」と返していたのもGJでした(笑)

雑誌で吾郎がキスマイの藤ヶ谷くんから、香りのいいバスソルトを誕生日に頂いたと言っていたことについてのお便り。共演したときに楽屋に挨拶に来てくれて渡してくれて、とても気遣いのできる人で嬉しかったと。何かお返ししなくちゃなぁと言っていました。自分がバスグッズが好きなのもリサーチしてくれた心遣いも嬉しいと。思うに・・・ドラマで共演していた木村さんに「何がいいですかね?」と聞いたんじゃないのかなぁ(笑) これは、是非、藤ヶ谷くんに聞いてみたいですね(笑)

| | コメント (4)

COMPLETE BOOK ~草彅剛編~

先週の「スマスマ」は大阪ライブ後に落ちてしまい(笑)、あとでレポをあげようと思ったのですが・・・そうするほどの内容だったかと問われればそうでもなかったので、すみません!スルーします(笑) まぁ、吾郎の「負けず嫌い殿リーマン」が、個人的に見ているのが苦痛というのもあります。でも、世間の方にはとても好意的に受け取られたみたいでそれはやっぱり嬉しいかな。

ラジオ「ストスマ」のほうは、「ロンドンにまた行ってみたいなぁ」という吾郎の言葉だけで胸熱heart01で、もう言葉がありません(爆) 剛の話とか書いておきたいことがあるにはあるんですが・・・もう、二週もすっ飛んでしまったので、他の方がしっかりレポしてくださっているので割愛させて頂きますね。ただ、これだけは言っておきたい。「スマスマ本」で吾郎の青本が本人は「前二冊に比べると売れないだろうなぁと思った」とか、「僕の写真集なんて誰もほしくないんじゃない?」と吾郎の口から出てくるのがショックdownでした。もっともっと応援していこうと改めて思った。とりあえず、「ストスマ」には聞けない地域の方も読まれるのが前提ではなくて、たくさん吾郎にお便り出してください! こんなにたくさんの人が自分のラジオを楽しみにしてくれていると実感してほしいので。本人が、じゃあ写真集も出したほうがいいのかな?と思わせるほどに(笑)!

吾郎が珍しく消極的なことを発言した「スマスマ本」ですが、ものすごく売れました(笑) 青本発売後に売り上げ総合計90万部ってものすごい数ですよ。もちろん、先月出版された黄本も順調。まだ感想あげていなかったので日が経ってしまいましたが軽くあげておきます

今回は、「SMAPXSMAP COMPLETE BOOK」 第四弾 YELLOWの草彅剛版ということで、表紙もスマさんたちの衣装も黄色で統一されています。衣装のほうはレモンイエローに身を包んだ5人が固まって座っていて可愛い可愛い。え~と、中居さんは吾郎の足の間にすっぽり入っているんでしょうか(笑) ちょっと表紙だけでナカゴロだよねぇ。

5人でのフォトは、剛を4人で抱きかかえる画など、とっても微笑ましくって全員いい笑顔です。そして、ソロショットでは、ヒマワリをそれぞれが持っての撮影と、百面相なんかしたりして。しかし、吾郎って本当に上睫毛も下睫毛にも癖毛が出てお人形さんみたいにくるんとしているんですね。ここは、他のメンバーと比較しても一目瞭然で、ビューラーいらずで羨ましいですよね。一番面白かったと思うコントが中居くんとやった「職人シリーズ」というのはいいとこ突いてますよね(笑) ナカゴロのコントは、ボケと突っ込みが絶妙の「キリヌケトオル」も優秀だった。今の二人で見たいです。印象に残っていることは新宿アルタ前でやらされたCCBゴローだと吾郎本人が言っています。罰ゲーム系はイタイし忘れられないと。吾郎ファンも同じ気持ちだった。吾郎はやっぱり厳しかったんだよね。あのとき、怒り狂って正解だったわ(爆)

スペシャル企画は、毎回ガイドさんがすごくよく考えてくれてますが、今回はメンバー自身、それぞれのメンバーの好きなキャラクターと、全員のコントをプロデュースするならどんなコント?という質問に答えてくれます。それぞれ、「らしい」選択で面白いです。プロデュースするコントは、ここはもうやっぱりサタスマコンビが優秀ですね。ファンが何を求めているかしっかり理解している。ライブ構成だけじゃなくて、スマスマコントも彼らがプロデュースしたらいいのに(ぼそっ)。

そして、恒例ツーショット写真。今回は、もちろん剛と一緒に絡む各メンバーという画ですが・・・吾郎と剛の二人は、想像していたとおり前回の青本での二人と同じ雰囲気が出ましたよね(笑) 同じような笑みをこぼす二人にやっぱり癒されたのであった。それぞれのメンバーからの剛への言葉を一箇所また拾っておきます。

中居 「手を伸ばしたらすぐ手を取ってくれるタイプ」
木村 「吸収したことを持ち帰ってくるヤツ」
吾郎 「言葉を選んでから話すタイプ」
慎吾 「みんなに見えないようにひとつ殻をかぶっている」

メンバーによって関係性が違うのがSMAPの面白いところ。そして、各個人からのメッセージは、いつもそんな部分がしっかり出てくるから興味深い。この人だから贈れる、この人だけしか贈れないメッセージが随所に詰まっている。同じことを言っているようで微妙に違うのはそういう関係性の違いが理由でしょうね。

剛のソロインタビューを読むと、素でいることの大切さを考えつつも、実は何も考えてないわけじゃないことがよくわかる。SMAPはいつもグループの中でメンバーで被らないように考えていて、それが自然に他のグループとは違う持ち味になって出てきているんだろうなぁと感じる。馴れ合いもなければ、遠い存在でもなく、いつまで経っても5人集まるときの緊張感は消えないというプロ意識をそれぞれが持っている。だから、今の地位があるんでしょうね。お互いを尊敬しつつも、一番身近なライバルでもあるんじゃないのかなと思った。今後も切磋琢磨してSMAPは輝き続けると思います。

今回は、売り上げ90万部突破記念として、特別付録が最後についています。『SMAPがゲームで三番勝負しちゃいましたBOOK』! これは、もう手にとって隅から隅までじっくり写真を見て楽しんでほしいですね。これこそ、ファンが「スマスマ」に求めるもの!と声を大にして言いたい。彼らの表情もとっても楽しそうで、これがスマスマスタッフに伝わるといいなぁと思います。

| | コメント (21)