「Mr.S -SAIKOU DE SAIKOU NO CONCERT TOUR-」 名古屋ファイナル 1/12(月)レポ

今回のSMAPライブ最後は、名古屋。三連休中ということで、初のオーラスに参加することにしました。(英国にいるときは地元大阪のライブに合わせていたし、英国に渡る前は遠征なんて考えもしなかったので(笑)) 地方遠征も初めてなら、実は名古屋に行くのも初めて。SMAPライブ以外にも、名古屋飯の美味しさに舌鼓を打つ小旅行となりました。とは言っても、日帰りにしたので結構とバタバタになったのですが。名古屋ドームは、大阪の京セラドームに比べると少しコンパクトでいいですね。ファイナルでの一体感がすごく生まれたと思う。すでに、記憶が飛んでしまっていますが覚えていることをレポしておきます。

会場リクエスト
選曲は『負けるなBaby! ~Never give up』か『友だちへ~Say What You Will~』の二曲。ダントツで『負けるなBaby!』でしたね(笑) やっぱり、デビュー辺りの曲を今のSMAPで生で見るというのは貴重。今回は、SMAPも予想していたかな(笑)

ゲストリクエスト

オーラス最後は誰がゲストなんだろうと思っていたら、タモリさん! 会場、すごい大声援でした。最後にタモリさんで良かったなぁと。どのメンバーとも絡みがあって、そしてファンの誰もが納得できるゲストってやっぱりタモリさんしかいないと思う。「いいとも」は終わってしまったけど、あのかけあいをやりたいと思う木村くんがタモリさんに振ります。タモさんの「これからも、SMAPを応援してくれるかな?」という掛け声に、「いいとも~~~!」という大音響の返し。名古屋ドームが揺れたかと思った(笑) SMAPのことをちゃんと入れ込んでくれるタモさん、素敵。

この後、剛が恒例タモさんちにお正月入り浸りだった話が出て、なんと今年は吾郎も参加したのだとか。一番高いタモさんちのワインを開けさせてもらって、さらに半分残していったと(笑) 吾郎的には、訪問されている皆さんにも飲んでもらおうと思ったみたいですが、タモさんちで自由に楽しんでいるから「タモさんは、ごろさんには高いワインを開けさせるんだもん」と可愛く拗ねモード(笑) そんな剛は、タモさんにマッサージもしてあげていたらしい(吾郎談) ちゃんと最後には、「今度は5人全員でおじゃまさせてください」と伝える吾郎は大人(笑)

曲のほうは、実はタモさんがSMAPの中で好きな二曲らしく、『セロリ』と『どんないいこと』。タモさんぐらいの年齢になると、これぐらいのラブソングが心に沁みるらしい(笑) どちらか選べなくて悩んでいるタモさんに、観客から「両方!」というコールが(笑) その会場のコールが聞こえずらいタモさんが「じゃあ、セロリで」というと、会場からは「えぇ~!両方~!」というブーイング(爆) 中居さんが笑って、「セロリは嫌だって(笑)」と言っていたけど、あの流れは両方歌ってほしいからの「えぇ~!」だったと思う。でも、タモさんが「セロリでいいかな?」と言ったので「いいとも~!」というしかないファンも最高でした(爆) 今回のライブ、5回参加したけど、このファイナルのタモさんゲストが一番楽しかった。やっぱ、タモさんってすごい(笑)!

コントコーナーは、クリスマスイブ参加のときと同じだったんだけど、吾郎のCCBがものすごく頑張って時間を取ったらしく(笑)慎吾の慎吾ママはまだしも、吾郎に続いた木村くんのヒカルさんと中居くんのするめさんからプチクレーム(笑) でも、しっかり剛も新人の巨人姿で妖怪ウォッチ体操をしたし、木村くんのBDソングも盛り上がったし、中居くんの舞祭組ダンスも大盛況でした。(あっ、するめさんが持ってくるウチワの中に、剛と吾郎の幼少の頃のが追加されていた)

MC
前回の大阪クリスマスイブのMCがナイナイに邪魔されて不機嫌MAXだったので(笑)、名古屋ファイナルに参加できて良かった。やっぱり、SMAP5人のトークはちゃんと聞きたい。慎吾から、「もう今日でこの「Mr.S」ライブの流れは最後なんだ。ここまで(MCまで)やってきたことはもう二度とやらないんだよ」という振りから、他のメンバーも間違わないように締めようという意気込みがあったことが語られます。ちょっと、ここでじ~んときた。

慎吾 「ミュージカルとかなら再演はあるのに、ライブは再演ってないんだよね」
木村 「慎吾は合間にミュージカルとかやったから再演みたいなものだろ?」
吾郎 「木村くん、僕もミュージカルやってたんだけど(笑)」
木村 「知ってるよ(笑)!」

ここなんですが、木村くんとしては当然吾郎がミュージカルをやっていたのは知っていたけど、再演の話をしたのが慎吾だったので「お前はミュージカルやってたんだから・・・」と話しただけですよね(笑) でも、確かに聞いていると「吾郎もやったよ~」とは言いたくなったので、吾郎が自ら木村くんにプチ抗議しているのに笑ってしまいました(笑) このあと、慎吾が吾郎の楽屋に行ったときに、間接照明で毛の長い絨毯が敷かれていて驚いた話が(笑) どうやら、アロマやソファなども持参だったらしいが、木村くんが「その隅にヒロくんがいたんじゃねぇの(笑)」というくだりは・・・どうしたかったんだろう。もしかと思うけど、ちょっといろんなことにプチ嫉妬(爆)?

このあとは、例の中居くんの「バンバカ」でのコーラスの話(笑) 今回もさらに進化していて、なんか「しゅびどゅびどゅびばっか~ん、ちきちきばんば~ん」みたいになっていたと(笑)(笑)(笑) そして、この日はなぜかソロの部分を誰が歌っているのかわからない、挙句は全員でずっと歌っている状態になっていたのでどうなってんだ?!と木村さんがお怒り(笑) 慎吾が、「だって、俺のソロを皆が歌うから(正確には吾郎と剛ですよね(笑))、全員のソロパートを俺が歌ってやろうと思って。仕返しだよ!」と。それに対して、中居くんだか木村くんだかが、「ちっちぇ、仕返しだなぁ」と(爆) そのあと、木村くんが吾郎に「お前、♪いな~がきの苗字の半分は♪のところ自分で歌うのではなくて、誰かが歌ってくれて成立するもんだ」と諭したり、「今後テレビ番組で「バンバカ」歌うときに今回のライブみたいにソロの部分を取り合いしたらどうしよう」と心配する慎吾がいたり・・・・私からしたら、SMAP全員ガキかっ!と思いました(爆)

この流れで、吾郎と剛の『DaDaDaDa』に入るようにいきなり二人に振る中居くん(笑) 会場からの「えぇ~」という残念な声に吾郎が「どういうこと?!」と(笑) いえ、歌は聴きたいけどトークが面白かったのでという反応ですよね。
慎吾 「もっと話してほしいんだよね」
中居 「稲垣さんのソロを削って、その分話そうか(笑)」
会場 「えぇ~~~!」
吾郎 「イエーィってなんだよannoy!今、1500人ぐらいは言ったよね?俺、もう帰る!」
プチギレする振りをする吾郎(笑) 中居くんが笑いながら止めてました。吾郎、会場は「イエーィ」って言ったんじゃないよ。「えぇ~!」って言ったんだよ。確かに、エコーするドームでは聞き取りにくいけど。名古屋ファイナルでのファンのリアクションはすごく良かった。このくだりで、中居くんが吾郎と剛の『DaDaDaDa』にいく流れに「ぐだぐだ」とか「引っ込め」とかいう掛け声を会場にさせようとしたけど、ほとんど誰もノッてこなかった。素晴らしかったと思う。

fujiお正月メドレーfuji
がんばりましょう
Dear WOMAN
前に!

SMAPの選曲に、2015年にかける彼らからのファンへのメッセージを感じました。ここでもグッときたなぁ。この後に、新曲の『ユーモアしちゃうよ』の披露。

そして、最後のトリプルアンコールでは、メンバー全員からのメッセージが。(そのままではないですが、大体こういうことを言ってましたということで)
中居 「森くんがいなくなった次の年からドームツアーが始まりました。それから2014年、2015年とまたがって最終日を名古屋で迎えるのは初めてです。また、時間がありましたらお付き合いください」

慎吾 「今日、皆とすごく長く一緒にいるよねぇ。長かったなぁ。一曲一曲終わるごとに、あぁ、終わった・・・と思っていたらすごく長かった。2014年から年をまたいでファイナルを迎えました。とても楽しかったです。また遊んでね。」

吾郎 「これまでも、そしてこれからも暖かい愛情を注いでくださってありがとうございます。『世界に一つだけの花』を歌っているときに思ったんですが、僕らSMAPというグループが種だとすると、土が僕らを支えてくれているスタッフ、水が応援してくれている皆で、太陽は未来。どれかひとつ欠けても花は咲きません。これからも素敵な花を咲かせられるようにしていきたいと思います」

 「僕には3人のお兄ちゃんがいて、弟はいつの間にかライブの構成をするようになって・・・僕が5人の中で一番何も考えないで自由にやらせてもらってます。『オレンジ』の時に4人の背中を見ているんですけど、その瞬間がずっと続いていけたらなぁと思います。『CRAZY FIVE』のバク転がだんだん辛くなってきて、ごろさんがおんぶされるのはいいなぁと。でも、これからも限界まで挑戦していきたいと思うのでよろしくお願いします」

木村 「SMAPとしても個人としてもいろんなことをやらせてもらっていて、こういう事を言うのはダメだと思うんですけど・・・投げ出したくなったり、辞めたいなぁって思う事もあります。でも、皆の声をこうやって全身で感じていると、俺まだやっていいのかなぁって思います。この先何が起こるかわからないけど、繋がっていられる間は繋がっていてください」

さすがの私も涙が出そうになった。とにかく、日帰りにしていたので、新幹線の時間も気になっていてすでにコートを着て鞄を持ちながら聞かせてもらった。(お正月メドレーとトリプルアンコで4時間半のライブとなったので) あぁ、SMAPのファンで良かったなぁと。このあと、シャンパンのかけ合いが木村くんから吾郎の一発目で始まって(笑)、全員とても楽しそうだったのを後ろ髪を引かれる思いで名古屋ドームを後にしました。ドームの外に出る前に、吾郎の「コンタクトはずれちゃって見えないよ!」という声を聞いて、寒い中暖かい気持ちで駅に向かった。

全員が、この先SMAPや個人で起こることに不安もあるけど精一杯やっていきたいという意気込みが感じられて胸熱です。吾郎のソロ『Dramatic Starlight』でのファイナルでの最高のファンサービスでのセクシー視線heart02は忘れません(爆)! トロッコ上から一人でも多くのファンにお手振りと笑顔を贈ろうとしてくれるSMAP全員のファンへの想いも受け取らせて頂きました。また、近いうちにライブをしてほしいなぁと本当に思う。二年に一度じゃ寂しすぎるので。そして、56枚目(ゴロー)のシングルは楽しみにしているね(笑)

| | コメント (21)

「Mr.S -SAIKOU DE SAIKOU NO CONCERT TOUR-」 大阪クリスマスイブ 12/24(水)レポ

正直、クリスマスシーズンは英国人の夫がいる私はイベントに参加できない(笑) でも、わがままを通させてもらってイブにだけ行かせてもらった。大阪でクリスマスライブに参加できるのなんて、もしかしたらこれで最後かもしれないと思ったので(爆) テレビでは、以前「スマスマ」で前回の札幌ドームでのクリスマスライブを少し放送してくれたけど、やっぱり生でクリスマスメドレーを聴きたかったし。SMAPさんたち、とっても素敵だったわぁ。

本当はもっと早くレポをあげておきたかったのですが、クリスマスから年末にかけてSMAPは怒涛の番組出演ラッシュ。レポはもちろん、番組自体を追いかけるのに必死(笑) ありがたいことなので、当然文句はありませんが(笑) なので、すでに記憶が飛んでいってしまっているのですが、少しだけレポしておこうと思います。

京セラドーム隣のAEONの前に巨大ツリーが点灯されていて、「あぁ、クリスマスなんだ・・・」という実感がわいてきました。(下記写真) とにかく、平日なので仕事は普通にあるわけでかなり時間がせった中での参加だったのですが、ドーム内に入ったらテンションがあがってきました(笑) あちこちにサンタ帽を被ったファンの方たちも見えて、全員が楽しもうという気持ちが伝わってきます。そんな中で始まったSMAPクリスマスライブ。うわぁ、昨夜、テレビで見ていたSMAPだよ!爆弾発言した吾郎だ(笑)!とか思いながら、夢の世界へといざなってもらいました。

Photo_2

 

会場リクエスト
選曲の二曲は、『そっときゅっと』か『Smac』。思わず大声で「うわぁ~!」と叫んでしまったわ。幻の『Smac』が生で聴ける! おそらく、今後もライブリストには入らないであろうこの曲を(笑)リクエストしないわけがない。会場の声は二曲とも同じぐらいの大きさで、「ヤバい・・・聴けないかもしれない」と不安になったけど、寸でのところで『Smac』が選ばれ大感動したことは伝えておきたいと思います。SMAPメンバーは、どうやら『そっときゅっと』だと思っていたみたいで(笑)、木村くんが「Smacか・・・Smac(汗)」とブツブツ言う中、全員最初の立ち位置でバタバタしていたのが笑えました(笑) なんせ、木村くんが歌詞が飛んだくらいなので。しかし、実に良かったわ。これ、今後テレビでも歌ってほしいですね。慎吾辺りが、「これ、ファン好きなのかぁ」と覚えておいてくれると嬉しい。

日替わりコーナー
ゲストリクエストは堀北真希さん。堀北さんって・・・ちょっと不思議ちゃんですよね(笑) ドラマの番宣も堂々としていったわ(笑) その堀北さんの後ろで、なにやら素人のように現れたり引っ込んだりしている人物が・・・ウザい!と思っていたら、どうやらプロデューサーの方らしく(苦笑) この方は、中居くんの「ATARU」も、木村くんの「安堂ロイド」もプロデュースされていましたが変わっている方なんですね。木村くんは面白がっていたけど、中居くんは「もう、ひっこめよ」と冷たいこと(笑) 心なしか、ライブで番宣もしていく堀北さんにも「それ、もういいよ(呆)」と。ここでも、木村くんは「いいから、最後まで言わせてやれよ」と本当にライブにおいては真逆の2TOP。私は中居くんに同意ですが(笑) リクエストは、『君色思い』と『This is love』。選ばれたのは、『君色思い』で9月の大阪ライブでも聴いたけど、今回も盛り上がりました。ソロ歌いだしで、自分の前に跪く4人に中居くんがすごく照れていた(笑)

コントコーナー
慎吾 - 慎吾ママ ものすごく可愛かった
吾郎 - CCB吾郎 もう、ほとんど漫談レベル。すごいです吾郎。「ヒロくん、たすけて~!」はどうなのよ(笑)
木村 - ホスト ヒカル この日のBDのファンの方へのHappy Birthday To Youプレゼント
  - 新人の巨人 9月に見たときよりグダグダ感が良い意味でも悪い意味でもなかった(笑)
中居 - するめさん 恒例のご自分のウチワ遍歴のあとは、キスマイの横尾くんと宮田くんの幼少時代、そして嵐の桜井くんのウチワでした。歌は、舞祭組の『てぃーてぃーてぃーてれって てれてぃてぃてぃ 〜だれのケツ〜』で盛り上がりました

MC
本当に残念というか(汗) 前日に「さんスマ」があったので、その話題をたくさんしてくれると思って期待していたんですよ。なのに、ナイナイが乱入した。いいんですよ、番組企画で来てもらうのは。中居くんを始め、SMAPも同意してのことだから。でも、これなら歌のダンスで参加してもらった過去のほうが良かったかも。中居くんの「ヒーロロうちわ」がすごく多いという話から、キムゴロまであったのに。
木村 「客席にセクシーサンタがいっぱいいるからやられちゃうね」
吾郎 「心がトナカイになっちゃうheart
木村 「どういうこと?!」
二人で見詰め合ってクスクス笑う・・・からのナイナイ登場(苦笑) そりゃあ、キムゴリストとしてはテンション下がる流れで。誰も悪くないけど、残念感半端なかったです。このあと、ナイナイ二人がセリで下がっていき、また上がり、中居くんの指示で(笑)吾郎も連れて下がり、また上がってきて今度は木村くんが一緒に下がる。「木村はダメ!」「木村くんがいないと無理!」というサタスマコンビのノリに、じゃあ吾郎はいいの?とテンションが下がり、結構と後々引きずってしまいました(苦笑) あっ、ここでケーキcakeを持ってきたスタッフから、木村くんが中居くんにイチゴを食べさせるという場面があって、それはそれは大騒ぎとなりました(爆) わかってるねぇ、木村くん(笑)

このあと、ナイナイが引っ込んだあとはSMAPだけのトークが少し。中居くんが「まず、Smacを謝っとこうか」と言い(笑)、木村くんが「俺は完璧にできた」と言うと、ドーム中から「えぇぇぇぇぇ?!」の嵐。(歌詞、飛んじゃったからね(笑)) それを受けて、木村くんが「踊りがだよannoy!歌詞は飛んだよ!」と一撃が(爆) 木村くんは、毎回どこかで必ず大阪のファンにキレてしまう(笑) それも、ひっくるめてご本人楽しんでくれているんですけどね。このときも、このあと満面の笑顔だったので。

xmasクリスマスメドレーxmas
雪がふってきた
ジングルベル
サンタが街にやってきた
あわてんぼうのサンタクロース
赤鼻のトナカイ
Song of X'smap

吾郎がソロを聴かせてくれたのは、『あわてんぼうのサンタクロース』。これがですねぇ、実に歌声が通っていて本当に素敵だった。この日、吾郎のソロ『Dramatic Starlight』の次に良かったかも(笑) SMAP全員とても素敵で、参加してよかったなぁと思いました。ナイナイがせっかく来てくれたので、彼らの番組でも少しで放送してもらえるといいですね。これ以外にも、クリスマスとしてソロにも演出が。木村くんは歌う前に「Merry Cristmas!」と。はWham!の名曲『Last Christmas』からソロへ。慎吾は、黒うさちゃん共々サンタさん帽を被って登場。吾郎は、ソロではなくCCB吾郎のときにサンタ帽でした(笑)

あと、拾っておきたいツボをランダムに書いておきます。
・ 『青いイナズマ』だったか 吾郎一人だけ逆の花道側でファンサしていて(どうやら、間違えたか(笑))、それを見てサタスマ二人が大笑いしていたのが微笑ましかった。中居さんが、吾郎が来てもずっとゲラってたのが可愛い(笑)

・ 『CRAZY FIVE』の返事は、「な~ん~や!」という関西弁?みたいなもので、中居くんだけが「どないやねん!」という完璧な関西弁でお返事(笑)

・ 『ココカラ』で、剛ソロで4人が絡むということころを何故か今回は全員が敢えてスルーして剛が戸惑うみたいな(笑)

・ 『Bang!Bang!バカンス!』でのシンゴロは、吾郎から逃げる慎吾ヴァージョンだったのと、中居くんのコーラスが「しゅびどぅび どぅび どっぴゅ~ん ぴ~ぴ~xo*x%」みたいに進化していた(爆)

他にもあったとは思うのですが、とりあえず思い出したのはこれだけ(笑) クリスマスメドレーが入るから何か抜けるんだろうと思っていたら(コントコーナー辺りを縮小するのかな?と思っていた)、フルリストだったのでガッツリ4時間ほどのライブとなりました。帰りは、また終電近くて焦ったという(汗) 翌日も仕事だったけど、SMAPさんたちはそれ以上にハードスケジュールなんですよね。そんな忙しい中、大阪まで来て二日間もクリスマスライブをしてくれたことに感謝。毎年ライブをするのは難しいんだろうけど、やっぱりできるだけ全員でファンの前に出てきてほしいなぁと思える素敵なクリスマスNightxmasとなりました。

| | コメント (11)

「Mr.S -SAIKOU DE SAIKOU NO CONCERT TOUR-」 大阪ファイナル 9/15(月)レポ

夢のように楽しい時間を大阪京セラドームで過ごさせてくれたSMAPさんたち。とうとう、大阪4日間が終わってしまった・・・今年のライブもとっても楽しかった。大阪ではMCの尺を長く取ったみたいで、毎回4時間近くの長丁場となりました。初日、二日目とDVD撮影となったのですが、個人的にはファイナルに近づくほど盛り上がったように感じました。ファイナルは短縮版を覚悟していたけど、ダブルアンコールnoteありがとうnoteも含めしっかりと魅せてくれた最高のステージとなりました。

日替わりコーナーからご報告しておきます(笑)
ゲストリクエストの大阪最後は倉木麻衣さん。「Mr.S」のTシャツにペンライトといういでたち。スタッフの方にグッズ売り場に並んでもらってGETしたという、さすがスマヲタな倉木さん(笑) ゲスト繋がりは「SMAP」ファンだからという、シンプルでいてまっとうな理由でとても楽しませてもらいました。選曲は、note友だちへ〜Say What You Will〜notenoteしようよnoteの二曲。選んでくれたのは『しようよ』。ものすごい歓声! 「ファンの方、いいでしょうか(汗)?」という心配したコメントをされていましたが、スマヲタの気持ちは同じ(笑) 

会場リクエストのほうは、結局ファイナルまで持ち越したnoteHey Hey おおきに毎度ありnotenoteこの瞬間、きっと夢じゃないnote これは、最後もダメなんじゃないかと思ったけど、最後の最後に『Hey Hey おおきに毎度あり』の勝利(笑) 『この瞬間~』はとても良い曲だけど、やっぱり大阪で『Hey~』を歌っておかないとダメだよねぇ(笑) 大阪の観客の皆さん、空気読んだねぇ(爆) 

コントコーナー
慎吾 - 似ていない「HERO」の九利生公平(笑)(笑)(笑) カツラを取るとつるっパゲ(笑)
吾郎 - CCB吾郎 1、2、3、4!でバンバカを歌って踊るハイテンションな吾郎。ワンマンショーのようでした(笑)
木村 - ホスト ヒカル この日のBDのファンの方へのHappy Birthday To Youプレゼント
  - 新人の巨人 変な間ができたときも「・・・ということで」と無理やり次のお題に進む強引さがおかしかった(笑)
中居 - するめさん 恒例のご自分のウチワ遍歴のあとは、キスマイの横尾くんと宮田くんの幼少時代、そしてV6の森田剛くんのウチワでした(笑)
今夜が、ライブで初めてという舞祭組のファーストシングルをダンサーさんたちと披露。「BUSAIKU」のところを「N!A!K!A!I!中居」に替えて、会場大盛り上がりとなりました。

そして、この日のMCはとにかく吾郎ちゃん弄りだった(笑) 全員がとっても楽しそうに参加して、吾郎が困ってしまってふにゃ笑顔を見せてくれるもんだから、もう「可愛い!可愛い!」とあちこちで言われるアラフォーの吾郎(笑) またもや順番があやふやになっていますが、そんな吾郎DAYだったMCの様子を残しておきます。

まず、『バンバカ』で吾郎ソロパートのときに吾郎が出だしワンコーラスを歌いそびれた。木村くんが、「あそこ誰?お前?(吾郎に)」と聞くと、吾郎は「そう。なんで、面白いことしていたのに誰も(メンバー)見てくれてなかったの?!」というクレームに、中居くんが「歌っているときはファンを見ていて、稲垣さんなんか見ていない」とまっとうなご意見(爆) ここですが、吾郎は面白いことと言い訳をしていましたが、違うんですよ~。実は、このときに全員がジャケットを脱がなければいけないタイミングで、吾郎はあろうことか脱ぎ遅れたんです。それも、ありえない脱ぎ方で、マイクを持ったまま袖から手を抜こうとしたという小学生でもしないような「それ、無理だろ・・・」という脱ぎ方でイラッとしながら(爆) このとき、ドームにごつん!というマイクの音が入ったのは、このときに吾郎が「もうやだ!」と乱暴にジャケットを脱ごうとしたからです(笑)(笑)(笑) 中居さんも、初日に3度ほどソロパートを忘れて空白になったのですが、苦笑した顔がスクリーンに映りこみ会場が笑うという流れになるのですが、吾郎の場合はこういうときでも真面目ひと筋の表情で必死感出過ぎ(爆) なのに、MCでは「面白いことをしようとした」と言える吾郎さんにある意味感動したわ(笑)

今回、すでにライブに参加された方はご存知だと思いますが、この『バンバカ』でなぜか中居くんが一人コーラスにマイクで自分の不思議な歌声をラスト近くに入れ込むんですよね。つまり・・・♪しゅびどゅびどゅびどゅび ばっか~ん♪みたいな(爆) ファイナルでは、それに加えてなにやら♪ぴ~ぴろぴ~♪みたいなものも加算され、これには木村くんが驚いて振りが遅れるという事件発生(笑)! 木村くんがMCでクレームしたので、中居くんが「木村の踊りがズレたときにはヤバいと思ったのでやめた(笑)」と告白していました。中居くん曰く、「京セラドームには、歌の好きな幽霊がいるんだよ」と。吾郎がぼそっと「音痴のね・・・」。結構と毒舌な吾郎さま(爆) そんなこと言っているから、あとで全員から槍玉にあげられるんだよ(笑)

『Hey~』では、慎吾の立ち位置が間違っていたらしく、木村くんの真ん前に被って立ってしまった慎吾。くるりと後ろを向くと真後ろにいた木村くんとご対面状態になり、そのときの木村くんの顔が「お前、ぶっ殺すぞ!」という鬼の形相だったらしい(爆) 「昨夜の吾郎ちゃん状態になっちゃった」という慎吾ですが、木村くんが『バンバカ』で中居くんの歌声で踊りがズレたというのを聞いて、吾郎ちゃんは何も聴こえてなかった(踊りに集中して中居くんのコーラスには気づいてなかったと吾郎が自己申告)のに、踊りがズレていた」と話題を摩り替えます(笑) までもが「ごろさん、踊り覚えてないの?マジで(笑)?!」と乗っかります(笑) 吾郎が言うには、『バンバカ』は自分は一番端から端へと移動して大きな振りを踊らなくてはいけなくて大変なんだと主張。それを聞いて、このエピソードが大好きな木村くんが、「お前、『さかさまの空』のときも半端ないんだよ(笑)」と、吾郎の瞬間移動の様子を吾郎の表情のものまね付きで何度もやるもんだから、吾郎がふにゃふにゃになって笑ってました(笑) 木村さん、このとき「吾郎ちゃん」って言ってたわ。テンション高くなって、思わず素が出てしまっているぞ~(爆)

中居さんからも、吾郎の頭が動かない状態の瞬間移動は髪の毛を気にしているからだという突っ込みに、ロハスデュオ前のツヨゴロちゃん向き合いトークは、剛を前に髪の毛をぐちゃぐちゃにして「髪の毛なんか気にしないぞ~」という捨て身のトーク(爆) がびっくりして「ごろさん、面白いなぁ」って笑ってた。そのあと、すぐに後ろに小走りして髪の毛をさささっと直す吾郎。木村くんに「どっちなんだよ(笑)!」と言われておりました(笑) この日の♪DaDaDaDa dancing Goro♪の振り付けは『バンバカ』で会場を笑わせてくれた吾郎さんでした。外さずすべらんねぇ、吾郎さん(爆)

吾郎に関しては、『世界に一つだけの花』でステージ上にあがってくる親子の中で小さい男の子の背にあわせてしゃがみこんで歌う吾郎さんの、なんて素敵なこと! 中居くんも子供っちを抱き上げて、本当に優しいパパ状態。うん・・・早く結婚したらいいんじゃないかな(笑) ラッキーさんのコーナーでは、若い男性が一人選ばれて、吾郎と手を繋いで『SHAKE!』の曲に合わせてピョンピョン。吾郎が一緒になって思い切りピョンピョンして二人でとっても楽しそうでキュートでした。しかし、吾郎って男性とも手を繋いじゃう感じなんですね(笑) 違和感なくてすごかったわ(笑)

そう言えば、何の曲だったかメインステージ花道先端でも吾郎がファンを煽るようにピョンピョンしていたのがすっごく可愛かった。それから、これからライブを見る方に是非見てほしいポイントは、同じく花道先端での曲『やりたい放題』での吾郎のキレのあるダンスです。ここ、何度見てもどのメンバーよりもすごく踊ってます。何か、吾郎のツボに入る感じなんだろうか(笑) とにかく、ここだけじゃなくて、今回の吾郎はファンサも頑張っています。リフターで両手外して思い切りスタンドにお手振りしているし、トロッコでも花道でも吾郎なりにロイヤルcrown感バリバリでお手振りされてます(笑) 頑張って、「吾郎!」と叫んできてください。

ライブ構成全体としては、スケジュールギリギリだったこともあり正直前回の「Gift of Smap」よりはセットもシンプルになってしまっているし、スタンドへの配慮も薄い感じはあります。でも、ここは慎吾を責められない。逆に、これだけの短期間でよくぞここまで素晴らしいステージに仕上げてきたと思えるほどで拍手ものです。セットに凝れなかった分、ライティングスタッフが良い仕事をしている。『Battery』は、スタンドから観ていてチキンスキンになった。欲を言うなら、次回からはデュオの演出はせっかくなのでちゃんと二人が絡めるようにはしてほしいかなぁ。ロハス曲は可愛くていいのですが、キムゴロ曲は二人ともとっても素敵だけど残念な感じもあるので。しかし、このときの木村さんの華麗なダンスと、吾郎のギターと細い脚は見ものです! あっ、絡みという点では、キムゴロさんはロハス曲のときに二人でくっつくところが毎回、木村さんが吾郎にデレられるのでお見逃しなく! それと、『バンバカ』の慎吾ソロパートのシンゴロも毎回とても可愛かったことだけは報告しておきたい(笑)

何はともあれ、とても楽しめたライブだったことは間違いない。今年のライブは、SMAP全員がとにかく楽しそうです。それを見ているだけでファンとしては楽しめるのではないかと。オープニングやジャンクションの映像は間違いなくピカイチなので、DVDは楽しみにしておきたいと思います。ビクターさんには、いろいろとお願い出しておかないと(笑)! 今から、まだまだ続くSMAPライブ。これからの方は、期待しておいていいですよ!

| | コメント (14)

「Mr.S -SAIKOU DE SAIKOU NO CONCERT TOUR-」 大阪三日目 9/14(日)レポ

大阪4連戦(笑)のうち、初日、ファイナル前日とファイナル三日間と参加させて頂き、初日のレポをUPしたものの・・・最後の二公演の様子がすでにごちゃごちゃになってしまっているという体たらく(汗) せめて、自分がツボったところはメモで残しておくべきだった(苦笑)

とりあえず、三日目のレポを簡単にあげておきます。

まずは、初日同様に日替わりコーナーから。
ゲストリクエストは小日向さんからで、メンバーそれぞれと共演が多いことからひと言ずつ挨拶をするも生中継なため慎吾を飛ばしてしまう小日向さん。あれ?!とは思ったけど、誰もつっこまない中で慎吾が自分で小日向さんに「僕、飛ばしましたよね?」と(笑) 「飛ばしてない!飛ばしてない(汗)!」という小日向さんに、「飛ばしたよね~」と観客に同意を求める慎吾が可愛かったです。 曲は、note君は君だよnotenoteそのままnote 何気に『そのまま』を聴きたいなぁとは思いつつ、きっとここは『君は君だよ』だろうなぁと思ったらその通りだった(笑)

会場リクエストは、関西弁で歌う曲が大阪初日からずっと残っています(笑) noteHey!Hey! おおきにまいどありnotenoteはじめての夏note対戦。この日も、スルーされて『はじめての夏』が選ばれました(笑) 関西でHey!を歌わなくて大丈夫か(汗)? まず選ばれるだろうと思って、初日から組み込んできた曲だと思うのに、なかなか大阪で日の目を見ないシングル初のオリコン1位を獲得した曲(爆) なかなか面白い流れですよね。

コントコーナー
慎吾 - 「アナ雪」のエルサ ぶわ~って周りを氷にするジェスチャー付きで(笑)、英語版Let It Goのサビを歌いきる慎吾
吾郎 - ざわちん コントそのものよりも、脚の下からカメラをパンアップされて会場での「脚細い!」ザワザワがすごかった
物まねメイクは出川さんで、出川さんの女子高生姿がVTRで(笑)
木村 - ホスト ヒカル この日のBDのファンの方へのHappy Birthday To Youプレゼント
剛  - 新人の巨人 あるある話の「京セラドームがマカロン」に笑いました(笑)
中居 - するめさん 自分のウチワ遍歴のあとの後輩ウチワは、初日と同じキスマイのお二人の幼少時代と嵐の櫻井くん
そして、同じく舞祭組の新曲をダンサーさんたちとご披露。「立つほどのものじゃないので座って見てください」指摘あり(笑)

MCですが・・・ちょっと順番がすでにわからなくなっているので順不同になっていることをご了承ください(汗)
会場リクエストで選ばれた『はじめての夏』のときに、吾郎ちゃんの立ち位置が間違えていて自分の真ん前にモロ被りだったと慎吾からの暴露話(笑) 目の前数センチのところにずっと吾郎ちゃんがいたというクレームに、前向いてたからわからなかったと納得できるようなできないようなお答え(爆) しかし、4人が間違えて自分だけが振り付けが合っていても誰もが俺が間違えていると思うといきなり逆反論する吾郎(笑) 実は、『はじめての夏』の最後のお尻で回る振り付けは慎吾だけ回り忘れていたと中居さんも指摘。この一人だけ間違う感じがSMAPは大好き(笑)

Amazing Discovery』の最後、振り付けにはない拳を高く突き上げる振りで終わる中居くん。それは違うと何やら全員で話し合ったことがあるらしく(木村さん談)、それでも変わらず中居くんが拳を突き上げるもんだから、木村くんがじゃあ敢えて皆でやってみようと最後の音の前に木村くんが目配せで合図。しかし、前を見ていたにはその合図が見えず、一人だけ手を下ろしたままで決めポーズ。ここで問題です。見ている者には、どう見ても剛が振りを間違えたかのように見えるわけです。 「ここ、振り付けないじゃん!」 そう、その通り!君は間違ってない(笑) でも、木村くんの合図は絶対なんですよ。ゆえに、見えてなかった剛の悲劇が生まれたわけで、これがいわゆる吾郎が言いたかったことなのである(爆)

中居くんが、「今回のアルバムは、やたら吾郎のパートが多い」と指摘。もう飽きてきちゃったと(笑) これには、吾郎が反論。「自分持込み企画だろ(笑)?」と意地悪を言う中居くんに、「違いますよ。頼まれたから歌っただけ!」という吾郎に嬉しそうな中居くん(笑) そのあと、ロハスデュオの前振りとして、吾郎で向かい合って相撲をとるようなポーズ。そして、そのままフェードアウト状態(笑) これには、サタスマコンビから「ちゃんと、締めろよ!」と厳しい突っ込みが(笑)(笑)(笑) いやいや、そのぬるさが面白いんだけど、オチを決められないのには手厳しい二人からダメ出しが。結局、「DaDaDaDa dancing Goro!」のあとの吾郎ダンスソロは、この相撲ポーズでした(爆) 吾郎さん、アドリブ力半端ない(笑)

今回のライブは、あまりコンビ萌えが落ちてこないのが残念なのですが、それは全員でとにかく楽しそうに絡んでいるというのはあるからかもしれない。そして、地方でのお食事話がMCで出現しない。行ってないのか、言わないのかわからないのですが・・・木村さんが、大阪二日目まで風邪で体調が本調子じゃなかったことをご自分で三日目に報告されていたので、もしかしたら食事に出ていないのかもしれません。地方ならではのお食事トークがないのは残念で仕方ない。大阪のあと、出てくるといいですねぇ。

でも、そんな中でも三日目のこの日、キムゴロさんがありました。それも盛大に(笑) ラッキーさんのコーナーで、いつもはラッキーさんへのサービスで忙しい木村くんがなぜか吾郎にデレた。これ、理由がまったくわからないし、実はスクリーンを見ていたのでいきなり後ろから吾郎に近づいて肩を抱く木村くんの映像しか見ていないのですが・・・ずっとその様子を見ていた方の報告によると、後ろからあろうことかガッシリとハグしていたらしい!? その場にいてこれを見そびれたことは、鞭たたき100回の刑に値するわ(爆)! 

ひとつだけわかったこと・・・DVD撮影のときのライブに参加するのは嬉しい反面、絡みが薄くなるのでおいしくないこともある(笑)(笑)(笑) ライブ撮影は、大阪初日、二日目でした。三日目から何かが外れたのね(爆) 最終日もいろいろとすごかったのですが、それはまた後日(笑)

| | コメント (6)

「Mr.S -SAIKOU DE SAIKOU NO CONCERT TOUR-」 大阪初日 9/12(金)レポ

9月12日、SMAPライブMr.S -SAIKOU DE SAIKOU NO CONCERT TOUR-大阪初日に参加しました。ライブ演出などの感想も率直に書くと言っていたのですが・・・思いのほか良席だったため全てのことがぶっ飛んでしまいました(爆) バックステージのスタンド一列目で、ちょうど高速トロッコ(ほんと今回のトロッコはすごい勢いで通り過ぎていきます(汗))がバクステに辿り着いてSTOPする真ん前でして、必然的に見てくれるというありがたい席だったんですよ。

SMAPライブは今までに数え切れないぐらい参加させてもらっているし、お手振りも頂いたことはあります。でも、なんていうか「こっち見た?」じゃなくて、「見てるわ・・・」という状態でお手振りをもらえたのは初めてかもしれない。なので、情けないことにSMAPヲタ歴二十年になる私がウブな乙女のようになってしまって使い物になりません(爆) よって、全体の感想は大阪最終日が終わるまでお待ちくだされ~。←いいわけ大魔王状態(笑)(笑)(笑)

ということで、初日のレポは日替わりコーナーだけをピックアップして記録しておきます。

まず、ゲストのリクエストコーナーですが、大阪初日は後輩のキスマイくんたちでした。会場から暖かな声援が。中居くんがメンバー全員を弄る弄る(笑) さすが、舞祭組のミュージックプロデューサー(笑) そして、慎吾横尾くんがツボだそうで「その、右端の見切れのスタッフさん」と呼びかけたのには笑いました。SMAPでのキスマイ弄られキャラNo1は横尾くん、次いで千賀くんのようです(笑) 弄られ慣れしてきた二人なので、なかなか返しもうまい。ここで終わらなかった大阪。木村くんから藤ヶ谷くんに大阪京セラドーム5万人が酔いしれる言葉を!と無茶振りが(笑) 戸惑う藤ヶ谷くんですが、それでもさすがキスマイエース。表情を引き締めて・・・

藤ヶ谷 「SMAPもいいけど・・・」 キスマイもと言いたかったんだろう。しかし、大きな間違いを彼は犯してしまった(笑)
会場 「えぇぇぇぇぇ?!」 (何言うてんねん!状態(笑)(笑)(笑))
キスマイ組、オロオロ(汗) SMAPさんたち大爆笑(笑)
木村 「さすが大阪(笑)」

このキスマイくんたちのやりとりに結構時間を取りまして、慎吾が二回ほど軌道修正しようとしてリクエスト曲をなんとか聞こうとするのですが、中居くんがまた弄って元に戻ったり(笑) ライブ構成担当の慎吾はちょっと焦ってたかも。肝心のリクエストですが、note朝日を見に行こうよnotenote僕の半分note 若干、微妙な空気が流れる会場(爆) なんて、正直なんだ(笑) (いえ、どちらも名曲ですよ~) キスマイくんたちが選択したのは『朝日を見に行こうよ』でした。吾郎の甘い声からの歌い出し。今の吾郎の声で聞けてとっても嬉しかった。

木村くんがこの後に、「キスマイには言わなかったけど・・・」として連絡事項が。今夜のライブはライブDVDの映像撮影カメラが入っているということで、大歓声があがりました。そのためか、この日の中居くんはMCでも絶好調だった。積極的にトークを回してくれて、あぁ、やっぱりライブMCは中居くんだよなぁと改めて思ったわ。中居くんがご機嫌さんだった(おそらくDVD撮りで盛り上げようとしてくれたんだと思う)ので、2TOP同士の突っ込みもあって和気藹々となりました。

MCですが・・・会場からの声援によって二曲のうちどちらかを決めるコーナー。ここでは、この日はnote君色思いnotenoteThis is lovenote 結果は、『君色思い』。まぁ、そうなるよね(笑) 慎吾が、「This is love」は東京からずっと対戦曲として出ているのにいつも選ばれない。皆、あまり好きじゃないのかなぁ(汗)と心配する中、吾郎が「皆、過去の曲を聴きたいんだよ」と正論を静かに放つ(笑) そうなんです。もちろん「This is love」は大好きなんだけど、せっかくなら生でむか~しの曲って聴きたくなるんですよね。中居くんの朗々と歌いあげるソロから始まる『君色思い』ですが・・・あろうことか、そのソロの途中でつまづいた(爆) でも、当然のことながら、やり直しもせずそのまま一曲歌い終わる。

この後、中居くんが「ソロのところで、ざわざわするのやめて(笑)!」と大阪のファンにクレームが(爆) 今夜、DVD撮りなのにこんなんじゃ入れてほしくない!と駄々っ子中居さま発動。それを聞いた大阪の観客が申し合わせたように大阪名物の「もう一回!」コールが(笑) これには、中居くんが驚いた。「いやいやいや(汗)」と。木村くんが、「やり直してしていたら、この後3ブロック(コーナーの数だと思います)は飛んじゃうよ?!」と言うと、それで収まるかと思いきや、「それでもええからやり直せ!」と言うがごとく、さらに大きな「もう一回!」コールが京セラドームに鳴り響く(笑)(笑)(笑) SMAPさんたち、大阪の観客のノリを忘れたらあかんわ(爆) 思わず、木村くんが噴き出してしまい、中居くんがコールに負けてやり直すことに。

とにかく、中居くんの出だしのところの音だけ録ってあとで編集で入れ替えるということになり、中居くんからやり直すのならソロ終わり大歓声をお願いしますとリクエストが。任せとけ!の空気がドームに流れる中、中居くんのソロのあとの地鳴りのような大歓声。これには、中居くんから「やりすぎ!」とダメ出しが(爆) 「今まで、ソロで歌ってこんなに歓声受けたことない!ヤラセっぽくてやだ!」と(爆) 駄々をこね出した中居くんですが、すでにMCの尺は大幅に過ぎているわけで・・・ここで、吾郎が軌道修正にいきなり入る(笑) つまり、二人のデュオ曲のラップ部分のネタですね(笑) 流れをぶったぎるロハス。間違ってないよ~(笑) なんせ、この日のライブは4時間となりまして、規制退場のもと終電ギリギリだったというオマケがついたので(苦笑)

そして、さんまさんの進行VTRのもと、前回のライブ同様にメンバーそれぞれのコントコーナー。
慎吾 - 慎吾ママ すっごく可愛かった!ものすごく盛り上がりました
吾郎 - CCBゴロー 吾郎ファンとしては、また?!とは思ったものの会場ものすごい大歓声だった
木村 - ホスト ヒカル この日のBDのファンの方へのHappy Birthday To Youプレゼント
  - 独身貴族 どうやら、この日が初の試み? グダグダになる剛に慎吾ママが手助けに来て、最後二人でちゅ~kissmarkしてました(爆)
中居 - するめさん(アイドル追っかけ) 中居くんはソロがないので、ここで舞祭組の新曲をダンサーさんたちと披露。
ちなみに、この日の後輩アイドルウチワは千賀くん、二階堂くんの幼少時代、kink kidsのお二人でした。

最後に、やっぱりどうしても書いておきたいこと。とにかく、吾郎ソロが本当に素敵で。会場のあちこちから漏れる「かっこいい~heart」と溜息に便乗しつつ、思わず声援を送るのも忘れて見惚れる時間となりました。吾郎さんの憂いのあるセクシーな表情に、脚の長さに似合うロングコート姿。そのコートの裾を華麗に翻してステップを踏む吾郎のまぁそれはそれは優雅でヨーロッパの貴公子然shineとした姿に惚れ惚れした。

あと、オープニングの映像はヤバいですね~。これは、もう早くリピしたいので、DVD早くリリースして~とすでに思っています(笑) 映像あとのダンスもすごく素敵。まさしく、「ザ・イナガキ」ですよ! まるで、舞台のようないでたちと動き、そして表情。完璧でした!吾郎さん! そして、最後に・・・素敵なロイヤルスマイルcrownとお手振りpaper、本当にありがとうございま~~~す! もう、これでしばらくは生きていけます(笑)

なんだかとりとめない感想になってしまいましたが(汗)、全体のライブ感想は大阪ファイナル後までお待ちくださるとありがたいです。あと、二日、SMAPに招待されたパーティに行ってまいります(笑)!

| | コメント (14)

GIFT of SMAP (特典映像)

もう、クリスマスホリデー中に、なんとかできるだけ記事をあげていきます(笑) ホリデー前ギリギリに海を越えてやってきたSMAPのライブ「GIFT of SMAP」DVD。やっと見始めまして・・・ところが、感想が非常に書きにくい(汗) まず、私が大阪4日間参加したにもかかわらず細かいところをまったく見ていなかったという事実。基本的に、ライブも舞台もどんな席でもオペラグラスをほとんど使わない人なんですね。つまり、漫然とライブを体感しているだけ。加えて、今回ラッキーなことに何年か振りのアリーナ席だったことから、メンバーの顔を間近で拝ませてもらった衝撃のほうが大きすぎたんですね。

なので、巷でファンの方がライブはすこぶる良かったのに、ライブDVDはいまいち不満があるというのが私にはあまりなかったのです(笑) まず、画質が非常に悪いということですが、PCでしかDVDを昨今見ない私にはまったく問題なし(笑) そして、カメラワークがすごく悪いというのも聞いて覚悟していたので、そう酷いと感じなかったというね。あと、毎回客席の映像が必要以上に映るのも好きではなかったので、それが今回少なめだった気がしたので。お気楽でしょ(爆)? ただ、あぁ、あそこは見せてほしかったなぁという部分がところどころ抜け落ちてるのは残念でしたね。

とりあえず、本編はあとからもう一度リピして語らせてもらいますけど、disc3となる特典映像のほうから感想あげておきます。

リハーサル風景
これ、今回のライブDVDの中で一番良かったんじゃないかと(笑) あぁ、こうやってリハーサルしているんだというのに加えて、それぞれのリハに対する姿勢というかモチベーションの持っていきかたがすごくわかった気がする。吾郎は、ずっとサングラスをしているので表情はよく読み取れないんだけど・・・かっこいいわ(笑) 本人はメイクなしの顔は見せたくないとよく言うけど、素顔の男らしい顔・・・私、すごく好きですよ。キュートで美人な吾郎はもちろん大好きだけど、別に稲垣吾郎を「女っぽい」とはまったく思っていないので。年齢を重ねてからは余計に、こういう男っぽい吾郎のほうが私は好きです。カメラ前で5人で集まっているときは、いつもふわふわしたイメージを受けますが、なんと男らしいことよ。

あとは、どのメンバーとも満遍なく話している様子の吾郎が映っていましたが・・・やっぱり、キムゴロさんは別格でしたね(爆) なんだろうなぁ・・・この自然な感じは。木村くんがギターを弾いている隣に自然にいて、ふっと木村くんのほうを見るとすぐにそれに気づいて吾郎の顔を見つめる木村くん。ここ以外にも、一緒に楽譜を見て談笑しているワンカットも入っていましたね。いいなぁ、男同士の友情ってとつくづく思ったわ。美しい人たちだと、見ているのも幸せだし(笑)

各公演地のMCダイジェスト
これは、本当にありがたいですよね。おもしろいところ引っ張ってきてくれていたと思うし。個人的には、その中でもやっぱり「大阪のおばちゃん」のくだりでの、吾郎を自分に見立ててベタベタ触りまくる木村くん。それと、味の素スタジアムでの雨で濡れたステージの床掃除のぽんこつトリオ(爆) 吾郎と剛の「中居」呼び捨て事件が秀逸でした。ただ・・・ちょっとカメラが話している人を映さないことが多くてイラついたかな。「MIJ」DVDのときのように要所要所以外は引きで全員を映しておいてほしかった。

Memories of GIFT
まぁ、これは全部入れ込むことは不可能だし、フルで入れるのも無理なのでこんなもんかなぁ・・・残念ですけど。

で、最後のわけわかんない「Introduction for stage」ですね。外国人の俳優さんを使って英語で説明する意味がわからん(笑) 知りたいステージングのことなのに、なぜにサブタイトルでいれこまなきゃいけないのか。日本語にすれば、そんな手間かからないのに。ここは、今回ステージ構成を考えた慎吾の説明にしてくれたら良かったのに。

簡単に感想書いておきましたけど、一回見たきりなのでリピしたら「リハーサル風景」は追加したくなるかも(笑) 
(すでに追記(笑))
というのも、それぞれのメンバーのマルチアングルの感想を書き忘れたので。と言っても、まだ吾郎のしか見ていないのですが。なぜに、マルチアングルの曲を「Moment」にしたのか・・・シングル曲なので、あらゆる歌番組ですでに見ているのに。できたら、ここは「真夏の脱獄者」あたりを持ってきてほしかったわ。グルグル回っているステージな上に、しっかり自分のパートでないところもダンサーと踊っていてかっこよかったので。あっ、ちなみに吾郎さん、真剣に踊っています。その表情だけで嬉しかったけどね。


お知らせ
「Special Thanks企画」にご参加された方へ。
吾郎のミュージカル「恋と音楽」は、今月27日には仙台で千秋楽を迎えます。
そのときに、いつものようにお花と一緒に吾郎さんにメッセージを贈ります。
お花のアレンジをしてくださっているサイトーさんとaquaさんにメールにてお送りください。
詳細は、こちらになります。締め切りは1月14日(月)なので、お忘れなく。

| | コメント (10)

GIFT of SMAPライブ in 大阪京セラドーム 9月2日(最終日)

泣いても笑っても、私にとって今夜が最後の今年のSMAPライブ。大阪最終日は、盛り上がった大阪公演の中でも最高に盛り上がりを見せました。スマップもファンも一緒に頭から終わりまで楽しんでやる!という意気込みも感じられた。とっても良いライブだったと思います。とりあえず、大阪最終日もネタバレ含みでツボ落としておきますね。

大阪四日目(最終日)MC
大阪では、とにかくMCの初めのひと言が「暑い!」で一貫していたのですが(笑)、昨日と同じく木村くんからファンに「ウチワで扇いでください」というお願いがあり、皆でスマさんたちに向かってパタパタとご奉仕(笑) 「涼しい~」と吾郎さんが大喜び(爆) 暑い大阪にまいってしまったのか、中居くんが「もう、大阪にはいつ来るかわからないし、もう来ないかもしれない」という言葉に、会場から大ブーイング(笑) 「その流れ、好きだよな(笑)」という木村くん。慎吾の「もう、あっち(天国)に行っているかもしれないしね」という言葉に、「死なすなよ(笑)」と中居くん。「あっちじゃなくていいから、ドームのあの辺(天井を指差して)で見ていてくれよ(笑)」という気持ち悪いことを言う木村くんに笑いが起こりました(笑)

「京セラでの一番上まで入るイベントはなかなかないと聞いたけど、満員御礼で本当にありがとうございます」という木村くんからの感謝の言葉が入り、中居くんが「上の人たちにライトあててあげて」という声に、ドーム全体が明るく映し出され本当にぎっしり上まで詰まった客席に感動でした。ここで、木村くんが「吾郎は、絶対にあそこは行けないな」と、確か「もだすま」ライブツアーでも同じことを話したと思うのですが、木村くん的には言っておきたかったことらしい(笑)

ここで、慎吾が「昨夜の「スマステ」見てくれた?吾郎ちゃんの月イチゴローも生放送で」という言葉に、会場のファンから「見たよ~!」という大きなリアクションに、吾郎が「嬉しい!」と素直に喜んでいました。「朝日放送の屋上から放送したんだけど、暑くて湿気がすごく吾郎ちゃんが髪の毛をずっと気にしていた。最新文房具の紹介がテーマだったんだけど、スタジオで試してもらう流れがあるじゃないですか。吾郎ちゃんが、ほとんど何もできなかった」とメンバーに暴露する慎吾に、吾郎が「あのあとに、生で月イチゴローで、80秒以内でコメントすることで頭がいっぱいで、正直、文房具なんてどうでもいいんだよ!」という反論がありましたが、実際、「スマステ」での余裕がない表情見ていてそう思ったよ(笑) 中居くんがいきなり「月イチゴローって、吾郎が80秒内で映画のコメントを入れるコーナーなの?」という基本的な質問に、木村くんが「スマステ見たことないんだろ(笑)?」と(笑) 「知っているけど、知らない体(てい)だよ」と言う中居くんに、「絶対に、見てないよ!」という吾郎(笑) それに対して、「ちゃんと、高倉健さんが初のテレビ生放送出演とか見たから」と中居くんの反論があり、しばし高倉健さんが「スマステ」に剛も出演した映画「あなたへ」の宣伝で来られたときの話が続きます。

中居くんが「昨夜、剛は何してたの?」というメンバーの夜の行動を聞く質問が入り、「木村くんと食事に出かけました」と報告するに、大きな声で「いいなぁ!」と返す吾郎。聞き捨てならないと、そこで慎吾が「スマステだったんだから、いいじゃん!」と吾郎に反論。ちょっと、本当に寂しそうだったので、吾郎には「それは楽しかった」と言ってあげてほしかった(笑) 吾郎が月イチゴローでいっぱいっぱいだったのは、ちゃんと慎吾はわかっていたと思うので。木村くん曰く、剛は食べながらずっと話していると実演して「なんで?」と(笑) 茄子を食べながら、「う~ん、(モグモグ)これ(モグモグ)おいしい(モグモグ)」という感じらしく、そういう『食べながら話す』なのかと(爆) そこで慎吾が、「つよぽんは、ライブ前ものすごく食べる。ギリギリまでずっと食べている」と話すと、全員が同意していました。吾郎が「細いのにねぇ」と感心していた(笑) 慎吾がいろいろ剛が食べていたものを教えてくれたのですが、スイーツも含め半端ない数で覚えきれなかった(笑)

SMAPのライブでのMCを聞いていると、本当に全員で上手く回しているんですよね。誰かがメンバーの誰かの話を必ず入れ込んで、それを他のメンバーが突っ込むというパターン。話が終息に近づくと、中居くんか慎吾あたりが、他の面白そうなネタ(笑)をぶっこんでまた回すというスムーズにトークが進むことを考えているように感じました。MCは毎回おもしろいので普通に聞いているけど、ものすごいトーク力だと思いました。各地のMCを、ライブDVDに収めてほしいですよね。

コントコーナー
コントコーナー:慎吾(綾小路しんまろ)→(映画「任侠ヘルパー」映像の後にチンピラ+助っ人の中居扮するステテコおやじ)→木村(Pちゃん)→吾郎(CCBゴロー)→中居(しょうわ時代)

今夜は、まさかの慎吾のしんまろ(笑) これは、すごく大阪に合っていたキャラだったと思います。慎吾はこうやってライブで使えるキャラが多いなぁと改めて感じた。

吾郎のCCBゴローは、大阪最終日ものすごい盛り上がりと声援を受け無事やりきりました。吾郎が、「もう、毎回いっぱいいっぱいで」とか、「正直、CCBゴローはキャラが定まっていない」とか笑えることも入れ込んでいてすごいなぁと。この吾郎のキャラは、下手したら微妙な空気になる流れだと思うのですが、ファンが一緒に盛り上げてくれて助かった感じでした。吾郎のコントキャラが今後の公演場所で変更になるかどうかわからないのですが、CCBゴローだったら吾郎を応援する意味も込めて盛り上げてあげてください(笑)

スロットマシーン思い出SONGは、なんと「正義の味方はあてにならない」(1991年)でした。これはチャレンジだったと思っています。かなりのスマヲタじゃないとこの曲は盛り上がらないと思うので(笑) ファンが一緒に大声で歌って楽しんでいて、スマップもそんな様子にとっても楽しそうでした。笑顔がスクリーンに映しだされていたけど、どのメンバーも本当に嬉しそうだった。ちょっと、うるっときてしまったわ(苦笑)

あと、ツボとして書いておきたいのは、パリピアトリオの「I wanna be your man」で吾郎のソロパートでの三人の群れパリピア(笑) 今回は、慎吾が吾郎の前に跪き、腰をしっかり抱え込んで頬をスリスリ状態。その慎吾の後ろにくっつく剛。「何?なんなの?!」と言いながら歌う吾郎は、どうしていいのかわからず困っていたのが萌えるなど(爆) そのあと、三人が集まるギフトボックスから出てきた木村くんが吾郎ウチワを持って「あ~~~っ!」と叫んでくれたことに萌え死にしました(笑)

最終日はアンコールが入りました。福岡の二曲とは異なり、大阪では「freebird」と「Dear WOMAN」。ちょっと、慎吾が出だしのソロの最後の部分の歌詞を忘れてしまったり、全員音程が怪しくなったりしたけど、もう京セラドーム全体がお祭り騒ぎで盛り上がっていたので、誰も気にしていなかったと思います。それどころか、そういうのも含めて楽しめた大阪公演の幕が閉じました。

本当に楽しませてもらった大阪4日間。SMAPの5人には、忙しいスケジュールの中ライブを敢行してくれたことに本当に感謝です。スタッフ、関係者の方たちにもお礼を。そして、京セラドームで一緒にSMAPに声援を送って4日間盛り上げてくれたファンの皆さんにも感謝! 私は、今度いつライブに参加できるかわからないけど、また絶対に参加したいと思いました。

Special Thanks to All Of You...

| | コメント (20)

GIFT of SMAPライブ in 大阪京セラドーム 9月1日

大阪公演、三日目参加。最初にご報告しておきたいことは、昨夜あまりにもマナーの悪いファンの方たちが多かったので、最後追記で書かせて頂いたのですが、今夜は本当にマナーを守ってSMAPライブを楽しんでいるファンの方が多かったみたいです。後で聞いたところ、京セラドームのスタッフの方たちが感謝のアナウンスをされていたとか。明日、最終日もそうだといいな。

今夜の大阪も、暑い! そして、キムゴロが熱い(笑)(笑)(笑)! (以下、ネタバレ注意!

大阪三日目MC】 (MCの話題の順番がいささか前後しているかもしれません(汗))
とにかく暑い大阪で、ファンの盛り上がりもすごいことから京セラドームの温度がどうなっているのか(汗) 体育座りでファンと一緒にお座りする慎吾と、肩膝上げてひと休みする中居くんに、「こらこらこら、そこ(笑)!」と突っ込む吾郎に、「いいともチーム!」と渇を入れる(笑) どうやら、今夜はツヨゴロ二人が最初のトーク回しの役割のようです(笑)

そんな中で、木村くんの顔に噴出す汗を自分のマイハンカチでそっと優しく拭いてあげる吾郎。嫌がる素振りも見せず、お口むにゅっとさせて拭かれるがままの木村くん。なんだか、すごいものを見させてもらったぞ(爆) 「20年一緒にやっているグループのメンバーから、汗を拭いてもらったの初めて(照) それに、普通にハンカチ自分の衣装のズボンから出してきたからね(笑)」という木村くんに、優しい笑顔でニッコリと笑う吾郎。ここで、いたたまれなくなった慎吾が、「吾郎ちゃんは、つよぽんのソロのときにバックで歌っているときもこっそり拭いている(笑)」と暴露したり、その剛のソロで剛を中心に残りのメンバーが囲む振りのとき、吾郎が歩みが遅いので後ろの慎吾、そしてその後ろの木村くんが詰まってしまうとクレーム。「ここでダメ出し?!」と言う吾郎に、いじめっ子のような笑顔を見せる慎吾(笑) 「お前、俺が後ろだったら、そんなこと言わないだろ?俺のほうが、年上なんだからなっ!」という子供のような口喧嘩(笑)に、笑みこぼれる木村さん。そして、そっと吾郎の腕を触って宥めるという微笑ましい状況3連発を拝ませて頂きました(爆)

とにかく、そんな暑くて熱い大阪ですが、どうやらラップ調にアレンジされた「夜空ノムコウ」では、ステージ上に一般の方も参加されているようで、木村くんが「大阪のおばちゃんすごい!」と。カメラが映っていないところで、ベタベタと木村くんの身体を触り「べっちょべちょやな」と言われたらしい。それを、吾郎を自分にして吾郎の身体をベタベタベタベタpaper触りまくる木村くんに、横からぽか~んと口を半開きにしている無防備でセクシーな吾郎さんという萌えと、「いや、そこまで触っていないだろうよ」と木村くんにつっこみたくなる自分との戦いタイムでした(爆)

いつもすごく盛り上がる大阪に、木村くんが「ダンサーさんたちが塩を舐めていたぐらいすごい!」(塩分を摂取して、体力増幅と維持を図る模様) 「塩?!」と聞くに、「いつも、ライブ前に梅干食べろっつってんだろ!」と言う木村くんに、慎吾が「だって、梅干って酸っぱいんだもん」と可愛く末っ子気質で反論。そこで、吾郎が「だから、納豆と一緒に食べたらいいんだよ。僕は、いつも木村くんのアドバイスを聞いてちゃんと食べてるよ」と可愛く言う吾郎に、これまた笑み崩れる木村くん(爆) カメラにドヤ顔を抜いてもらう吾郎に、すかさず中居くんが「稲垣さんって、こんな変な顔していたっけ?」と弄りだし、若干慌てる吾郎に「昔はかっこよかったのに・・・」と褒めているのかけなしているのかわからないフォローを自分で入れ込む中居くん(笑) 「今でもかっこいいから!」と素晴らしいフォローを入れる慎吾というサタスマ連携プレー(笑) ファンの子たちからも「かっこいい~!」とあちこちで声があがります。ファンもGJ(爆)!

とにかく言っておきたいことは、今夜もスマップさんたちはご機嫌さんだったということです(笑)

コントコーナー
コントコーナー:慎吾(カツケンマハラジャ)→(映画「任侠ヘルパー」映像の後にチンピラ+助っ人の中居扮するステテコおやじ)→木村(Pちゃん)→吾郎(CCBゴロー)→中居(しょうわ時代)

慎吾のカツケンマハラジャは、大阪初日に歌詞を忘れ、歌もグダグダになり上手く締められなかった慎吾が「もう、カツケンは封印しようと思ったぐらい凹んだ」と言っていましたが、今夜はそのリベンジで一度また同じところでつまづき、またまた大阪のファンからブーイングをくらい(笑)、何度か練習してきれいに収め、会場から拍手(笑)

吾郎のCCBゴローも、あらぬことに大阪三日目となるここで福岡と言い間違い大ブーイング(爆) 焦る吾郎は、「ここで間を作っちゃうと素に戻ってしまってできなくなるので勢いでやらないと(汗)」と自己申告をして、「BANG!BANG!バカンス!」をアカペラで押し進め、「アンコール!」の歓声と共に「ロマンティックが止まらない」のフェードアウトという通常のパターンでした。ただ・・・その間に、「Moment」の中居くんパートを歌真似するのは新しい試み。生で聞けた貴重感。嬉し涙が出そうでした(笑) 「中居くん、あとで怒らないでね(笑)」が激カワだった。

これ以外には、中居くんが自分のソロで一部歌詞を忘れ空白になり、これまた「えぇ?!」と笑いが沸き起こり(中居くん自身が歌いながら薄ら笑いが止まらなくなったので(笑))、最後に可愛く両手でごめんねという仕草にファンから「可愛いぃheart01」という声があがっていました(笑)

スロットマシーン思い出SONGは、ここで「ススメ!」(2003年)が入ってきて、大阪最終日の選曲がまたまた楽しみになりました。

エンジェルハート」のナカゴロさんたちの今夜のハモリの後のやりとりは、中居くんが吾郎にお辞儀をして、それに親指を立てて返す吾郎。可愛くバイバイする中居くんに、ふっとニヒルな笑みをこぼすツンデレ吾郎という新しいヴァージョンでした(笑) というか、明日の最終日、私のために「さかさまの空」でのナカゴロ福岡ヴァージョン(中居くんの♪愛されてんだよ♪で吾郎に絡み、吾郎からのリアクション)を見せてくださ~い(涙) ちなみに、ツインギターのキムゴロさんたちは、いつもの木村くんのギターに貼ってあるブラックパイレーツのステッカーのくだりという、恒例の安定トーク。同じことをさも初めて話して、初めて聞くという流れを毎度ファンに公共報告するというスイートなやりとり続行です(笑)(笑)(笑)

| | コメント (8)

GIFT of SMAPライブ in 大阪京セラドーム 8月31日

昨夜(今朝(笑)?)、朝5時半に寝ました(笑)そして、起きたのが9時前。すでにランチをご一緒する約束があったので即効で準備してそのままライブへ突入。はっきり言っておきます。私、テンションおかしいことになってます。まるで、今日の吾郎のようだった(爆) でも、楽しんでますからねぇ。皆さん、体調を気にしてくださいますが、ほんと~に無理なときは更新しませんので(笑) 読んで楽しんでくだされば本望です。

すでに、大阪初日のレポで自分なりのライブの全体的な感想は落としていますので、二日目からはMCを中心にツボだけ書いておきます。詳細は、後日レポ部屋で・・・ということでご了承ください。当然、今回もまるっきりネタバレ投下になっていますので、避けたい方はこの先は読まないようご注意ください。

大阪二日目MC
まずは、木村くんからが今日「笑っていいとも」に出ていたのを見たという話の振りがあり、すごく眠たかったのでひと言ふた言ぐらいしか話さなかったという剛からの報告(笑) 「吾郎さんは、見てくれた?」という剛からの質問に吾郎は珍しく寝ていたと。ここで、中居くんの策士っぷりがあとからあとから出てきます。中居くん、おそらくすべて知っていていろいろ吾郎を質問攻め(笑)

中居 「何してたの?」
吾郎 「せっかくなので外に食事に行きました」  
中居 「一人で行ったの?」 
吾郎 「一人で行くわけないじゃん!」
中居 「誰と行ったの?」
吾郎 「誰だと思う?・・・木村くんと行きました。いいでしょ~(笑)」
中居 「何、食べたの?」
吾郎 「肉です」

中居くんどころか、剛は食事に出るのは知っていたけど「いいとも」が翌日あるので控えたと。慎吾はおそらくいつもの反省会。そして、会場にいたファンの大半がおそらく木村くんとだろうという空気の中、大声で自慢げに話す吾郎に「キター!」状態の会場(笑)(笑)(笑) いたたまれなくなったか、とにかく自分から報告したかったかここで木村くんがあとを次ぎます。大阪は何を食べてもおいしいと大阪のファンを喜ばせ、網の上で肉を焼いていたら、店のおばちゃんが「木村さんは(肉を)焼く人なんだ」とそれだけ行って立ち去ったと(爆)

あぁ・・・また、吾郎のお肉も焼いて世話焼き120%だったんですね(爆) そりゃあ、誰も一緒に行きたがらないわと(笑)(スマスマスタッフが一緒に行ったらしいですが、どうせテーブルは別でしょ(笑)?)

中居 「何、話したの?」
木村 「普通にライブの話をしましたけど・・・」

ふ~ん。そういう話も当然しただろうねぇとだけ言っておきます(笑)

まぁ、大阪ではたいがい毎回キムゴロさんのお食事報告を聞かされる羽目になりますが(笑)、必ず中居くんが良い仕事をしてくれる。でも、ナカゴロもこのあとあったというおいしいMCの日となりました。

今夜のスロットマシーン思い出SONGが、大阪ということもあり「Hey Hey おおきに毎度あり」(1994年)でした。大阪は1994年パターンでいくのかな? このあとがMCだったのですが、慎吾が吾郎がラップのソロパートで笑っていたと指摘。吾郎曰く、「昔、どんなテンションで歌っていたかわかんなくなっちゃって(汗)」と。「それで笑ってたんだ(笑)」と優しく返す慎吾。久しぶりに歌う曲ということで、中居くんが振りを吾郎に確認しにきたらしいが、その後で「他に誰かわかる人いる?」と慎吾に聞きに行ったのを見て、「なんで信用してくんないの?!」と吾郎が中居くんを責めると、「だって、お前一回目と二回目の振りが違うんだもん(笑)」と実演付きで言い訳。慎吾が「あぁ、来た(笑)でも、吾郎ちゃんはヘアメイクさん三人がかりで髪の毛のセットをしてもらっているところだったから中居くんが悪い」とフォロー。

このあと、中居くんの鉄板吾郎の髪いじりがはじまります(笑) 「吾郎の隣に初めて座ったんだけど(いえ、以前もありましたよね?)、三人がかりでドライヤー使ってて驚いた」という中居くんは、「どうせ、ちんちくりんなんだから」と。ここで、吾郎のくりんくりんの後頭部がスクリーンに大写しに(笑) 吾郎の癖毛可愛いよ。気になるのはわかるけどね(笑)

実は、この曲のとき吾郎が珍しく立ち位置を逆サイドと間違えて、木村くんが「三人いなければならないのに、なぜか二人しかいない。誰かがいない」と、「森くん?」と瞬時に思った私と同じこと考えた慎吾(だったかな?)が「森くん?」と言って、木村くんが笑っていました(笑) 本当は、吾郎が間違えたので二人だったと。が「吾郎さん、最近MC面白いよねぇ~」と違うテンションで話す様子に、次の曲のフォーメーションへと移動。ずっと、「吾郎さん、面白いんだよなぁ」と言いながら移動する剛がおかしかったです(笑)

コントコーナー
(若干、昨夜と順番がシャッフル)
慎吾(天才子役:鈴木まなぶ+助っ人、剛:マネージャー)→吾郎(CCBゴロー)→木村(Pちゃん)→(ツギちゃん)→中居(しょうわ時代)

特筆すべき箇所ですが、吾郎のCCBゴローが昨夜より京セラものすごい大歓声でした。関西の人はこういうの大好きなのかもしれない(爆) 昨夜である程度は大阪での披露になれたのか、吾郎もつっきってたし笑顔で余裕があったような。吾郎って、実は案外度胸のある人ですよね。とにかく、今夜もアカペラにスタンドから「頑張れ~(笑)!」と優しいコールがたくさん入り、最初になぜか「がんばりましょう」を歌うCCBゴローに会場全体から大きなアンコール。(正直、SMAPライブ自体のアンコールより大きい掛け声(爆)) それに戸惑いつつも「ロマンティックが止まらない」を出だしだけ少し歌うとファンがその後を繋いでもっと歌わせようとするノリはものすごく。会場が暗転になっても歌い続けるファンのサポートに吾郎が思わず「ふふっ(笑)」と笑っているのが聞こえました。吾郎ファンとしては、CCBゴローは微妙というか冷や汗をかくのですが(汗)、福岡でも大阪でも大好評だったので、木村くんのPちゃんの定番キャラとは別にまちがいなく続行すると思われます(爆)

あっ、あと大丈夫かな(汗)?と思った剛のツギちゃんのネタが最高に面白かった(笑) 途中で、カンペを開いて「なんで、ツギちゃんのファンは古いツギちゃんのウチワを持ってくるんだ?(今年のは微妙?)ワイルドだぜぇ!」が一番腹抱えて笑った。(実際、会場の剛ファンの方たちの古い剛ウチワ持参確率が多いのか、何枚か大写しになっていました(笑)) どのネタもすごく受けていたので、剛は今後このキャラが定番になるかも。毎回、新ネタを考えるのは大変そうですが(笑)

あと、追加で書いておきたいこと。木村ソロから吾郎ソロの二人のトークは甘く優しく(笑)、「WOW!WOW!WOW!」ではリフター下で木村くんが吾郎の肩を思い切り後ろから抱きこむように掴んで吾郎が驚いて崩れ落ちそうにふにゃ笑いしていたこと。そして、恒例「エンジェルはーと」のナカゴロのハモリの後は、中居くんが親指を立てたOKサインに、吾郎が小さく片手でガッツポーズ。それに、小さくバイバイと手を振る様子に吾郎が優しく微笑むという、なんともふんわりとさせてくれるパターンでした(笑) 

注意事項ですが・・・大阪ノリはいいですがアリーナのバッファが多すぎます。おそらく、昔からのファンでない方はマナーとかよくわかってらっしゃらない方もいると思うのですが、危険だし何より木村くんはものすごくバッファに厳しいですから前に走りこむと無視確実ですよ。注意できないほどほとんど全員がトロッコ近くに走っていったので、木村くんからちゃんと席に残っているファンに盛大なファンサービスを頂きました。(前に押し寄せたファンは全スルーでした) あと、ウチワは肩から上にあげるのもご法度です。まったくステージが見えません(涙) これは、自分の前に座っている方には注意させて頂きました。ちゃんと聞いてくれたので、今後気になる人がいたら知らない方もいると思うので教えてあげてください。

| | コメント (12)

GIFT of SMAPライブ in 大阪京セラドーム 8月30日

待ちに待ったSMAPの「GIFT of SMAP CONCERT TOUR 2012」の大阪公演が始まりました。このために日本に里帰りしたと言っても過言ではない(笑) とにかく、朝から雨模様で少し心配になったものの、午後からありえない暑さでとりあえずスタート。あとで、詳しいレポはこちらのサイトのレポ部屋に残すとして(とてもじゃないけど、そうしないと4日間乗り切れません(笑))、概要だけ書いておきますね。この感動はすぐに書いておいたほうがいいと思うので。

【注】:かなりのネタバレが入りますので、ご自分が参加されるまで細かいところは知りたくないという方は、この先は回避してください。

とにかく、吾郎が「ほん怖」の番宣で「いいとも」に出たときに、剛と一緒に言っていたとおり、オープニングから度肝を抜かされます。高いところからの宙吊りもさることながら、5人が白い羽をまとったような衣装で両手を肩から水平にあげてのぼっていく様子は、まるで5大天使のようでした。そして、オープニング曲「Just Go!」に続きます。もう、頭からガンガン飛ばしていくSMAP。あとで、「福岡より暑い・・・」by 慎吾という愚痴が出るほどの熱気むんむんの京セラドームでのライブとなりました。

今年のライブはいいです! 行くか行かないか迷っている方は、当日でもスタンド席ならチケットを回して頂ける可能性もあるので、是非参加してほしいと思います。まず、後方アリーナ(本日、私はこちらのブロックで見ました)にも、バクステ近くのスタンドやどこで見ても楽しめるようにステージングが工夫されています。(若干、アリーナ埋もれ席があるもよう) 花道もメインステージからかなり後方まで左右に伸びていて、リフターやトロッコも活用されていました。

そして、衣装がいいっ! 正直、ちょっと微妙になるライブステージ衣装が昨今多かった中で、今年のライブ衣装はどれも萌え度が高く、尚且つ電飾を利用したサプライズ的衣装も見ることができて、ちょっと会場どよめきました。あとは、アルバムの楽曲の良さがすごく効いていた。アルバム評でも書きましたけど、とにかくライブ向けにぴったりの曲だったというのがすごくよくわかった。各個人のソロも、ライブ会場で見て聴くほうが楽しめます。

さらに言っておきたいことは・・・ジャンクションの質の高さ。構成からSMAPのヴィジュアルを活かした映像VTRで、飽きさせず映画を見ているように魅いってしまう。吾郎さんの美しさは、もう言葉がありません。とにかく、DVDにこのジャンクションが入るんだと思うだけで購入決定です(笑) あっ、もちろん生で見たSMAPのかっこよさには改めて惚れ直すし、プリンス吾郎に到ってはため息しか出ないので、今から見に行かれる方は覚悟してライブに出かけてください(笑)

肝心のMCですが、前述したように詳細はレポ部屋に後日落としますが、流れがわかる程度に書いておきますね。

まず、木村くんから「大阪、イエェ~イ!」という掛け声で盛りあがり、暑い、暑いと(笑) 慎吾のお座りくださいのあとに、中居くんから京セラのエアコン設定に対してクレーム(笑) 木村くんが横から低い声で「なかい~!」って聞こえたと報告があり、慎吾の男の人がすごく多いという振りで、中居くんが男性だけ立ってみてと。おぉ、確かにすごく多かったです(笑) そのあとに、男性だけで「うぉ~!」という掛け声をかけさせ、AKBの総選挙みたいだと中居くん(笑)

その後、メインの前半の話題はの100キロマラソンの話で、会場から大きな暖かい拍手あり。しかし、中居くんが「自分から話を膨らませろ」というお達しがありテンションがあがっていく剛に、「大阪の観客は厳しいぞぉ」と木村くん(笑) スベってないのにスベった流れに持っていこうとされが「スベってないよ!」と(笑) なので、慎吾がこの大阪公演からドラマの役作りで短髪になった木村くんの話題へと無理矢理話題を変更します。「いきなりその話(汗)?」と木村くんが聞くも、「だって、今日初めてファンの前で披露したんだよ!」と良いことを言う慎吾

そこで、いきなり今度は中居くんが実は吾郎も少し髪を切ったんだと暴露。「それに気づいてくれたのheart?」と嬉しそうな吾郎。まずはナカゴロ。そのあと、吾郎がとにかく木村くんの短髪を褒めて褒めちぎって、ファンにも「いいよねぇ?」と同意を促し「オリジナルスマイルのときみたい」と言って、木村くんが「お前、何言って・・・(笑)」とものすごく照れていたというキムゴロも落ちました(爆)

そして次の歌に行く前に、慎吾から「中居くん、ひどい顔しているよ!おじいちゃんみたい(笑)!」と指摘があり、マイクセッティングでは吾郎がモタモタしているのが可愛かったです。一人でブツブツ言っていて笑いが起こっていました(笑)

あと吾郎ファンとして書いておくことは、木村くんのソロから吾郎のソロへと続くときに、木村くんが花道からメインステージで待っている吾郎のもとへ行き、バックでギターを伴奏してくれるというおいしい演出があります。その前に必ず、キムゴロでのトークがあるもよう。木村くんはソロで皆が「La~La~LaLaLa」とファンがコーラスを入れてくれたところがすごく嬉しかったらしく、吾郎のもとへ行く前にアカペラでもう一度歌ってファンのコーラスに聞き入ってました。その間、おとなしくセンターで待つ吾郎(笑) 吾郎のソロのあと、たくさんの「吾郎ちゃ~ん」というファンの声援が聞けました。もちろん私も叫びましたけど(笑) その後の全員で歌う「僕の半分」ではアコースティックギターに持ち替えたキムゴロ二人が伴奏となるので、これも新鮮ですごく良かったです。

I Wanna Be Your Man」でのパリピアトリオのわちゃわちゃがすごいです(笑) 吾郎のソロパートのときに、まずは後ろからガッシリ吾郎に抱きつく慎吾。その後ろからシンゴロ二人を抱きかかえるようにする剛。縦に団子になって、吾郎の体が浮きまくって笑って歌えなくなるぐらいすごいことになっておりました(笑) あとは、「エンジェルはーと」でのナカゴロですね。花道に左右分かれて歌うのですが、スクリーンでは二人が向き合って歌っているように映し出され、最後にGood!と親指を立てたりお手振りを互いにする可愛いナカゴロが見れます。

書き出したら、あれもこれもとなって大変なことになるのですが、これだけは最後に言わせて(笑)! 噂の「CRAZY FIVE」では、とにかく一緒に「○○くん~!(吾郎ちゃん~(笑))」と叫んで、5人全員から生で「な~あ~に」が聞けるのは至福の喜びでした。なんか、ファンの間では前回の「FIVE RESPECT」のほうが人気があるみたいですが、私はライブで一緒に歌うという意味でなら断然こっちのほうが好きです(笑)

bell恒例コーナーbell
スロットマシーン思い出SONG:「Major」(1994年)

コントコーナー:慎吾(カツケンマハラジャ)→(映画「任侠ヘルパー」映像の後にチンピラ+助っ人の中居扮するステテコおやじ)→木村(Pちゃん)→吾郎(CCBゴロー)→中居(しょうわ時代)

とにかく、大阪での生コントということでしょっぱな慎吾から「好っきゃねん」の歌詞を間違え「えぇ~?!」と冗談で大ブーイングという中、吾郎のアカペラCCBはものすごく吾郎が緊張しているのが手に取るようにわかった。しいていうなら・・・あの、新宿ゲリラCCBゴローと同じテンションでやり遂げる吾郎に大きな声援とアンコールがかかったことだけは報告しておきます(笑)

とりあえず初日なので、速報で感想あげておきました。まだ大阪公演は3日間残っているので、あとはかる~く萌えだけ即レポあげていきますね。それとは別に詳細は、後日レポ部屋にUPするようにします。明日も楽しみ♪

| | コメント (8)